タナランブログ

-ヒスロム活動報告会 2016-2017-

2017.01.05 Thursday | 美術

2ad4848604c5aec1b9e4bef617173a00c081c16b2.jpg

せんだいメディアテークのプロジェクト「study」の2016年度企画の関連イベントとして、
下記報告会が当スペースにて開催されますのでご案内いたします。
(以下smtサイトより)

ヒスロム活動紹介展示とトークイベント
ヒスロムは、宅地開発される造成地やレース鳩の文化など、消えゆく風景や未知の対象に接触し、その体験を映像記録や集められたモノなどによって伝える表現をしています。今年度「study」では、ヒスロムのこれまでと近年の活動を展示で紹介します。


[関連イベント]
-ヒスロム活動報告会 2016-2017-
日時:2017年1月14日(土) 14時〜16時
会場: ギャラリー ターンアラウンド、カフェスペースにて
参加:無料 (飲み物代は別)
席数:30席程度(先着となります)

[展示] 
-アーティストグループ「ヒスロム」の滞在調査と制作活動-
日時:2017年1月14日(土)〜2月21日(火)
   *1月26日(木)は休館
   9:00〜22:00
会場:せんだいメディアテーク 7階ラウンジ
観覧無料
 

ヒスロム hyslom
加藤至、星野文紀、吉田祐からなるアーティストグループ。2009年より活動をはじめる。
造成地の探険で得た人やモノとの遭遇体験や違和感を表現の根幹に置き、身体を用いて土地を体験的に知るための遊び「フィールドプレイ」を各地で実践し映像や写真、パフォーマンス作品としてあらわす。またその記憶を彫刻作品や舞台、映画へと展開させている。
2015年から任秀夫氏と共に「任・ヒスロム鳩舎」として日本鳩レース協会に入会。レース鳩に関するワークショップや展示などもおこなっている。



主催:せんだいメディアテーク
http://www.smt.jp/projects/study/
助成:一般財団法人地域創造

TALK かないみき 『ベルリン、そしてヨーロッパの現場から −芸術と社会の相関関係』

2016.12.29 Thursday | 美術

せんだいメディアテークが2016年度よりスタートした新事業「アートノード」。
その一環として行われるTALKシリーズは現代アートやその周辺領域で活動されている方をお招きし、自身の制作での経験に基づいた考えをお話しいただくトークイベントです。

TURNAROUND(関本欣哉)も今年度"TALK"のパートナーとして関わらせていただいております。
タナラン企画、2回目の今回はこちら↓!


TALK-2 0.jpg

TALK
ベルリン、そしてヨーロッパの現場から
− 芸術と社会の相関関係


かないみき
(アート・ジャーナリスト)

聞き手 五十嵐太郎
(建築史・建築批評家/東北大学教授)


今回のトークは、ベルリンを拠点に、ヨーロッパで活動を続けるアート・ジャーナリスト、かないみき氏を招き、ベルリンのオルタナティブ・スペースや、アーティストたちの活動、コマーシャル・ギャラリーの状況をはじめ、2016年のヨーロッパの国際展で交わされていた議論、そして国際展の当たり年である2017年に開催されるドクメンタ、ヴェネチア・ビエンナーレ、 ミュンスター彫刻プロジェクトまで、最新のヨーロッパのアートの動向についてお話を伺います。

会場は青葉区上杉にある「Galerie ITSUKI」。
オーナーの齋さんは、2002年よりドイツで数年間フローリストの修業をし、その後ドイツ国家認定フローリストの資格を取得。2007年に帰国後、現在上杉にてアトリエ兼ギャラリーを開いています。



    ■日時
    2017年1月13日 (金)
    19:00-21:00 定員35名

    ■参加料 1,000円 1drink付
    要事前申込み
    定員に達したため、予約を終了しました
    (席に余分がないため予約なしでのご参加はできません)1/11付

    ■会場
    Galerie ITSUKI
    仙台市青葉区上杉1丁目14-15 グラン・スポール1F
    http://achako.com/
    -会場アクセス-
    ●地下鉄 仙台市営地下鉄南北線「北四番丁駅」下車、南2出口から徒歩3分
    ●バス  仙台市営バス 仙台駅前14番のりばから「市営バス実沢営業所前」行、又は「西中山」行 で約12分、「二日町北四番丁」下車徒歩2分
    ●タクシー 仙台駅西口より約10分
    *駐車場はございません。


    かないみき(Miki Kanai)
    ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ・美術史(20世紀)修士課程卒業後、同地のギャラリーや雑誌編集部でインターンとして働き、2004年からベルリンを拠点に活動する。『美術手帖』や『芸術新潮』などの日本のアート系雑誌を中心に、書籍やウェブサイト、展覧会のカタログでの執筆や編集をはじめ、展覧会のコーディネートなどを通して、ヨーロッパのアーティストの活動やアートシーンを日本へ紹介している。 
    ------------
    五十嵐太郎(Taro Igarashi)
    東北大学大学院工学研究科 教授/建築史・建築批評家/1967年パリ生まれ/1990年東京大学工学部建築学科卒業/1992年東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)/あいちトリエンナーレ2013芸術監督/第11回ベネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館展示コミッショナーを務める。



    当イベントについてのお問い合わせ
    Gallery TURNAROUND
    TEL:022-398-6413
    E-mail: info*turn-around.jp(*を@に) 
    http://turn-around.jp/

    企画運営 TURNAROUND 関本欣哉
    主催   せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)
    http://www.smt.jp/news/2016/12/talk-5.html
    協力   Galerie ITSUKI 、コトバ事務所
    イラスト © Hitomi Hayabuchi


      TALK-2 omote.jpg
      TALK-2 ura.jpg

      表現される現在2016 ゼロイスト ええじゃないか

      2016.12.03 Saturday | 美術

      当店代表の関本も参加の東京でのグループ展のご案内です。
      参加されている作家の皆様全員、過去にタナランでも個展や同グループ展で展示していただきました。
      週末金曜日にはタナランの本棚やcreek名付け親などタナラン創設時から大変お世話になっている千石先生の講義もあります。
      お近くの皆様、是非ご高覧ください。
      --------

      image-1m_26.main_image.jpg

      「表現される現在2016 ゼロイスト ええじゃないか」

      ■日時:2016年12月12日(月)-2016年12月17日(土)
      ■会場:ギャラリイK 
      〒104-0031東京都中央区京橋3-9-7京橋ポイントビル4F
      Tel/Fax.03-3563-4578 galleryk@nifty.com

      ■出品作家
      石川雷太 Ishikawa Raita
      今村 仁 Imamura Jin
      宇留野隆雄 Uruno Takao
      川村雅之 Kawamura Masayuki
      金 大仲 Kim Dae-Jung
      古賀 飛 Koga Tobu
      小島 昇 Kojima Noboru
      関本欣哉 Sekimoto Kinya
      松本真一 Matsumoto Shinichi


      ■展覧会主旨
       昭和初期から2001年に他界するまで抽象芸術のパイオニアであり続けた美術作家、斎藤義重が、晩年に独自の教育理念を具現化させたのが東京芸術専門学校(Tokyo School of Arts = TSA)でした。その卒業生有志が毎年開催するグループ展が、「表現される現在」です。
       副題となっている「ゼロイスト」とは、1950年の斎藤義重作品題名にちなみ、恩師へのオマージュを表するとともに、常に自らの表現のゼロ地点に回帰しつつ、また旅立つということを意味しています。
       江戸時代末期の民衆意識になぞらえた今回のテーマ「ええじゃないか」には、様々な社会的良識や理想が脅かされつつ混沌の様相を深めていく現代社会を生きていくために、理不尽な力に屈しないアナーキーな表現の力を高めていこうという決意が込められています。
      (TSA ANNUAL 2016実行委員会)


      ■関連イベント
      講演:千石英世「引力は水平する」
      12月16日(金)午後6時〜8時 ギャラリイKにて
      聴講無料
      ---------
      齋藤義重が長年にわたって書き綴った日記、雑記、そして小説「無十」を編纂した記録集『齋藤義重「無十」』が先日、水声社より出版されました。その編者であり、かつて東京芸術専門学校(TSA)において校長、齋藤義重の元で講師を勤めた文芸評論家の千石英世(せんごくひでよ 京都産業大学客員教授、立教大学名誉教授)氏が、独自の視点による新たな「齋藤義重論」を語ります。
      ---------

      企画主催 TSA ANNUAL 2016実行委員会

      ごあんない

      2016.01.21 Thursday | 美術

      関本欣哉 個展

      会期 2016.3.1tue-6sun
      11:00-18:00、最終日17:00迄 入場無料

      会場 仙台アーティストランプレイス SARP
      仙台市青葉区錦町1-12-7門脇ビル1F
      http://www.bookshelf.cc/sarp/


      関本欣哉展sarp2016裏入稿.jpg

      東北芸工大総合美術コースOG展

      2016.01.20 Wednesday | 美術

      2月ゲイコウOG展a.jpg

      「TUAD SO-BI OG」
      東北芸術工科大学 総合美術コースOG展

      参加作家:
      梅木由紀乃
      志賀ありさ
      高橋衿帆
      高橋里奈
      武田成未
      都築愛里
      吉田茜

      山形県にある東北芸術工科大学総合美術コース3期卒業生の展示です。
      "難しいことは考えず 楽しく描いた絵を展示する" が今回のテーマです。
      作品やポストカード、ブローチ、などの販売やオリジナルグッズの入ったガチャポンがあるので是非見に来てください!


      会期:2016.2.9(火)-2.21(日) *月曜休廊
      11:00-20:00、日曜-18:00、最終日21日-16:00
      会場:cafe&gallery HANGAROUND
      (TURNAROUND併設、カフェギャラリースペース)
      仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
      tel 022-398-6413

      2月ゲイコウOG展a.jpg

      ごあんない

      2015.12.26 Saturday | 美術

      ターンアラウンドでも定期的に展覧会をお願いしている青野文昭さんが、
      「第26回(平成27年度)タカシマヤ美術賞(現代美術)」を受賞され、年明け関連展示が東京高島屋日本橋店で開催されますのでご案内いたします。

      ・東京・高島屋日本橋店ショーウインドーにて、第26回タカシマヤ美術賞・関連展示(2016年1月13日〜2月9日)

      タカシマヤ文化基金↓
      https://www.takashimaya.co.jp/corp/csr/culture/fund.html
       http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/showwindow/index.html

      ほか、青野さんの現在開催中、今後の展覧会予定です。
      ・金沢21世紀美術館「コレクション展2 歴史、再生、そして未来」(2015年11月28日〜2016年5月8日)
      http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=45&d=1729
      ・韓国・済州島アラリオ美術館 Dongmun Motel「バイ・デスティニー」(2014年10月〜)
      http://www.arariomuseum.org/exhibition/#/dongmun-motel.php

      まだ企画段階ですが、ターンアラウンドでも2016年に個展開催予定です。






      櫻胃園子個展 「関係の脱衣所」 /新宿眼科画廊

      2015.02.21 Saturday | 美術

      2月末に東京・新宿眼科画廊で行われる仙台出身の作家、
      櫻胃園子 の展覧会のご案内です。

      こちらの展覧会は、当ギャラリーも企画として参加させていただきました。
      仙台のアーティストを他地域にも多く広めていきたいという思いから、
      これまでも秋田や東京で、複数の作家とともに作品発表してきました。


      ※2/26-28は誠に勝手ながら「Gallery TURNAROUND・Cafe&Gallery HANGAROUND」ともにお休みさせていただきます。よろしくお願いいたします。

      *

      A4タイプ web用1.jpg


      櫻胃園子個展
      「関係の脱衣所」


      会期
      2015.2.27 fri- 3.4 wed
      12:00〜20:00(最終日17:00迄)

      会場
      新宿眼科画廊 スペース O
      〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11
      電話 03-5285-8822
      http://www.gankagarou.com/sche/201502sakuraisonoko.html

      恐れていたのは全ての関係から生まれる人格の死であった。
      マンネリズム、架空の生態論、既成の概念、知らぬ名で
      厚化粧されたこの身体。全ての関係を脱ぎ捨て、貴方の本来の個の生を纏おう。
      全ての既成概念を消化し、カテゴライズされない新しい生を提供してみたい。
      一週間という期間で、一分でも。一秒でも。
      これは一瞬の娯楽。日常に潜む非日常の刹那的演劇空間。
      -櫻胃園子-

      櫻胃園子 / SAKURAI Sonoko

      1993年生まれ 
      主に平面、インスタレーションで作品を展開している

      2014 櫻胃園子個展「五感部屋」(Gallery TURNAROUND / 宮城)
        櫻胃園子×荒井貴裕二人展「偽異性」(PICNICA / 宮城)
      20代新鋭作家による絵画展(東京エレクトロンホール宮城 / 宮城)
      2013 櫻胃園子&佐藤真央二人展「女体・肉体・生肉」 展(art room Enoma / 宮城)
      他に多数のグループ展へ出展

      〔今後の予定〕
      三人展予定(art room Enoma / 宮城)


      A4タイプ web用.jpg

      共同企画 ターンアラウンド
      協賛 東北生活文化大学
      助成 公益財団法人 仙台市市民文化事業団

      表現される現在2015 - Round 3

      2015.02.21 Saturday | 美術

      今年1月にターンアラウンドでも開催しました東京芸術専門学校(TSA)卒業生有志による東京での展覧会のご案内です。
      2月26〜28日のターンアラウンドは、こちらの展覧会と、新宿眼科画廊での櫻胃園子個展の為お休みさせていただきます。


      オモテ.jpg

      表現される現在2015
      ゼロイストと表現の自由
      表現の現場 -軌跡と創造- vol.12
      協力:朋優学院高等学校

      参加作家:
      石川雷太、宇留野隆雄、川村雅之、金大仲、
      古賀飛、小島昇、関本欣哉、松本真一

      会期:
      2015年2月16日(月曜)-28日(土曜) ※日曜休み
      10:00-19:00、21日(土)〜17:00、28日(土)〜15:00

      会場:
      T&Sギャラリー
      (朋優学院高等学校内)
      〒140-8608東京都品川区西大井6-1-23
      TEL 03-3785-3330
      ※大雪等の影響で急遽休廊となる場合がありますのでご了承ください。

      イベント:
      ライブパフォーマンス&パーティー
      2月27日金曜日 会場内にて
      ●ライブ 16:00-17:30
      出演
       Erehwon(石川雷太)
       NEO NOISISM ORGANIZERS(中里広太、関本欣哉)
      ●パーティー 17:30-19:00
      ※全無料


      オモテ.jpg
      ウラ.jpg

      「表現される現在2014 ゼロイストと表現の自由」(ギャラリイK)

      2014.12.07 Sunday | 美術

      東京京橋の「ギャラリイK」で行われるグループ展のご案内です。
      こちらの展示は、来年1月にターンアラウンドでも開催予定です。
      (展示作家、内容等は異なる場合もあります)

      k2014.jpg

      「表現される現在2014 ゼロイストと表現の自由」
      TSA ANNUAL 2014

      ■作家
      石川雷太、宇留野隆雄、川村雅之、金 大仲、古賀 飛、関本欣哉、松本真一

      ■会期
      2014年12月1日(月)〜13日(土) ※7日(日)休み
      11:30〜19:00(土曜日は17:00まで)

      ★12月6日(土) 15:00〜17:00
      トーク & パーティー <表現の自由をめぐって>
      参加自由(お問合せ:03-3563-4578ギャラリイK迄)

      ■会場
      ギャラリイK
      東京都中央区京橋3-9-7 京橋ポイントビル4F
      http://homepage3.nifty.com/galleryk/index.html

      img052.jpg

      SARPにて、グループ展のご案内

      2014.10.22 Wednesday | 美術

      当ギャラリー関係者も参加しています
      グループ展のご案内です。

      IMG_9867.jpg

      会期|2014.10.28(火)〜11.2(日)
      11:00〜18:00(最終日16:00)

      会場|SARP 仙台アーティストランプレイス
      http://www.bookshelf.cc/sarp/

      参加作家|関本陽子、青野文昭、関本欣哉、
      村上ヒロユキ、京増見和子、小野健宏

      IMG_5791.jpg