タナランブログ

猫と犬のチャリティー作品展 「にがつの ねこといぬ」& 「Special Cat Bank 展」

2022.01.20 Thursday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

「cat!cat!cat!2022●show-ten-gai」
TURNAROUND会場


猫と犬のチャリティー作品展
「にがつの ねこといぬ」
&「Special Cat Bank」展



にがつのねこといぬ

本展は、「2月22日=猫の日」から猫の月として定着しつつある2月に行う、cat&dog&me主催の「cat!cat!cat!2022●show-ten-gai」企画に賛同したチャリティアート展です。招待作家+公募によって集まった皆様の犬と猫をテーマ・モチーフにした作品を展示するとともに、同時開催のCat Bank展では、cat&dog&meオリジナルグッズのCat Bankを素材に多ジャンルの作家が絵付けした”スペシャルになった猫貯金箱”がご覧頂けます。
収益と参加費の一部は「cat & dog & me 飼い主のいない猫の不妊手術基金」に寄付されます。

「cat!cat!cat! show-ten-gai 2022」については主催者ウェブをご覧ください 。

寄付先▷ cat & dog & me 飼い主のいない猫の不妊手術基金 
 https://cat-dog-me.org/ 


【猫と犬のチャリティー作品展「にがつのねこといぬ」】

〇会期:
 2022年2月8日(火曜)〜23日(水祝)  
 11:00~19:30 日曜は17:00まで 月曜休廊
〇会場:
 Gallery TURNAROUND
 980-0805 宮城県仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
 最寄り駅:地下鉄東西線「大町西公園駅」〜徒歩5分
〇オンラインストア:
 2月15日(火)19時オープン 
 https://shop.turn-around.jp/
 ※Cat Bankの取扱いストアは異なります。
〇参加アーティスト
招待作家:(順不同敬称略)
大柳暁・木村良・坂本千明・さくまいずみ・佐藤ジュンコ・清水直子・スギサキマサノリ・樋口佳絵

公募作家:(順不同敬称略)
Cimi Cat painter・佐治良太郎・千葉ゆずき・樋口愛・榊原愛美・猫野ぺすか・佐野さとり・藤田淑子・にしさこかな・hion・megumi・akubineko・小野寺浩・むらかみゆみこ・shuko・たかはしみわ・ブタのショー・つだかおり・佐藤佳奈・阿部テツロー・lakkasei・ほんだあい・大日向貴光・盒怯兒漫Ε曠察α子静・岡沢幸



【Special Cat Bank展】

〇会期、会場は「にがつのねこといぬ」展と同じです。
〇Cat Bankのオンライン販売はcat&dog&meのストアになります。
 主催Webサイトからご確認ください。※URL決まり次第こちらにも掲載します。
〇Special Cat Bank 出品作家:(五十音順敬称略)
いわもとあきこ、JUN KANEKO、さくまいずみ、
佐藤ジュンコ、清水直子、どいかや、とりごえまり、樋口佳絵、松下さちこ



◎二つの展示でオンラインストアが異なりますのでお気をつけください。
◎本展はオンラインストア開始前は店頭のみの取扱いとなり、電話やメールでのご予約はお受けしておりません。また、店頭で完売した作品はオンラインストアには掲載されませんのでご了承願います。


にがつのねこといぬ1

にがつのねこといぬ2

にがつのねこといぬ

会期中の情報はタナランInstagramやTwitterでご確認ください。
Instagram: @galleryturnaround
Twitter: @TURNAROUNDInfo

主催:cat&dog&me 
共催:TURNAROUND

-

【チャリティードリンクメニュー】
岩手県宮古市の「さとう珈琲豆直売」様にご協力いただいたカフェインレスの「ラブ♡ねこブレンド」。売り上げの10%は主催団体基金に寄付されます。また、お持ち帰り用の珈琲バックも販売します。




cat!cat!cat! 2022

cat2022top m.jpg

仙台 盛岡の猫好き店主が営む12ショップが猫でゆるく繋がるチャリティー企画、cat!cat!cat!、今年も開催いたします。

猫にまつわる作品やグッズが並ぶお店でお買いもの頂くと、猫の幸せのお手伝いになるチャリティー企画です。
 各店舗、またはオンラインショップで素敵な作品や雑貨、そして喫茶をお楽しみくださいませ。また、それぞれのお店の愛猫缶バッチを販売します◎
愛猫は全部で15種!ぜひコンプリートしてくださいね♫

コロナ感染状況は未だ不安定。ですが、2月は猫の月。ねこと人とを暖かく結ぶきっかけとして、無理のない範囲で、安全を保ちながら、楽しんで頂ける企画になればと願っております。
本年もスタンプラリーはお休みし、店舗&オンラインストアでの開催をいたします。各店舗またはオンラインでショップでねこ愛溢れるねこねこしい一ヶ月をお楽しみくださいませ◎

*社会状況に応じて、企画内容や日程など変更となる場合がございます。何卒ご了承ください


イベント全体の詳細はコチラのサイトからご確認ください!
http://cat-dog-me.org/?page_id=1221

cat&dog&me Instagram: @cat_dog_me_org

◎タナラン会場の愛猫は"はちせんぱい"です。
showtengai_2022.jpg

◎各ショップ企画↓
cat!2022shop面HP.jpg

企画展|OKAZAWA miyuki "MESSY SCRATCHING"

2022.01.18 Tuesday | ギャラリー情報

◉一部作品、オンラインストアでも取扱い中です(期間1/25-2/6)
https://shop.turn-around.jp/


岡沢幸展2021

OKAZAWA miyuki
MESSY SCRATCHING


統一されていないようで、
ある一定の線でつながるイメージ。
銅版画を腐食液に沈めたりインクを詰めて刷る作業は、
一度切り離して無意識に戻る時間。
幾度も手放し、探し出す。
無意識に世界の空気を感じ、
混沌の中に居る自分自身の奥底の宝物を探し出す。
イメージが浮かび上がる時、思想や世界観よりも先に心が躍り出す。それは統一していないようであるが、ある一定の線で繋がる。

岡沢幸

-

宮城県仙台市出身の銅版画家、岡沢幸の個展です。
オランダのアカデミーで版画を学んだ後、地元仙台を拠点に国内外で数多くの展覧会に参加。2007年には仙台市内に自身の制作の場と銅版画教室のスペースとして「ZON版画工房」を開設。国内外の版画作家を招待してワークショップなども行いました。(現在は移転し、教室は休業中)
本展では、新作の銅版画作品とドライポイント作品を展示します。途切れることなく湧き出るイメージを追求し現れる抽象的な画面には、シンプルなフォルムの中に細やかなディテールが入り込み、豊かで大胆な表現を感じとれます。新たな年のはじまりの展覧会、作家の自由な感性に是非ご期待ください。



会期|2022.1.20thu − 30sun
時間|11:00-19:30,日曜-17:00まで 月曜休廊
入場|無料
会場|GalleryTURNAROUND
   宮城県仙台市青葉区大手町6-22-1F
   Email|info*turn-around.jp(*を@に)

略歴|
岡沢 幸 OKAZAWA miyuki
宮城県出身
1999 オランダ王立ハーグ美術アカデミー版画コース卒業
2002〜 新現美術協会展、版画みやぎ展
2006 公開制作作品展『版に描く 版で描く』(宮城県美術館1Fロビー)
2008  N.E BLOOD No.31 岡沢 幸展(気仙沼/リアスアーク美術館)
2011  モダンアート協会京都展(京都市美術館/佳作賞授賞 〜2016年まで)
2020 個展(晩翠画廊)

岡沢幸HP https://zonprint.jimdofree.com
FB https://www.facebook.com/miyuki.okazawa.5
Instagram https://www.instagram.com/miyukiokazawa/




岡沢幸1

岡沢幸2


主催|岡沢幸
助成|(公財)仙台市市民文化事業団
企画|TURNAROUND

※感染症対策へのご協力をお願い致します。

【even会場】TALK「タフに在りつづける ”たまり場”とは?」

2022.01.13 Thursday | ギャラリー情報 > even/TURN ANOTHER ROUND

TALK0211

TALK「タフに在りつづける ”たまり場”とは?」

●日にち:2022年2月11日(金祝)
●時間:開場14:30 、開始15:00〜17:00(予定)
●会場:even
   仙台FORUS 7F(仙台市青葉区一番町 3-11-15)
   https://www.facebook.com/even.sendai
●観覧チケット:1,000 円(予約制)
 ※料金はイベント当日会場にて現金でのお支払いをお願いします。
●定員:先着40名 予約制
 ご予約はメールにて氏名をお伝えください
 architect0629*gmail.com(*を@に)


Hangout Lab Sendai/白鳥大樹・中里広太
私達は、仙台の廃倉庫を改修した協働スタジオを拠点に2020年から活動をはじめました。スタジオにはアート、木工、デザイン、建築、DJなど様々な分野の人々が集まっています。様々な表現活動を続けている人たちが集まる場での他愛もない会話、時にはシビアな話題もありますが、そういった“場”があることに豊かさを感じています。
一方で、街は現在、アーケード街などのメインストリートのみならず、裏道まで整備され、街中の個人商店、公園、クラブ、喫煙所などが少なくなり、自転車すらも自由に停めることができなくなっています。
このような街の寛容さが薄れてきている現状において、私たちの“たまり場”、“人が集まる場所”をどうやってより良く継続し、タフに在り続けることができるのかをテーマに据え、“Hangout”=「たまり場」の名を冠して活動しています。

-

今回は新宿を拠点に20年間ラップし続け、実際に9SARI cafeという、地域と人が結びつく場所を自らつくり、精力的に活動しつづける、漢 a.k.a. GAMI氏をゲストにお迎えし、聞き手として、漢 a.k.a. GAMI氏の自伝『ヒップホップ・ドリーム』の企画・構成を担当し、古くから親交の深い音楽ライターの二木信氏をお招きしてトークイベント「タフに在りつづける“たまり場”とは?」を開催いたします。
シェアスペースや、飲食店、イベントスペースなど、様々な人の集まる場をどう面白く、継続していくか、一緒に考えましょう。


[出演者]
漢 a.k.a. GAMI / Kan a.k.a. GAMI
ゼロ年代のアンダーグラウンドなヒップホップシーンを席巻したMSC の活動を経て、ソロラッパーとしてのキャリアを本格化。
自ら「鎖GROUP」を立ち上げ、レーベルの運営にも手を伸ばす。自身の戦績とともに、初代モンスターとしてレギュラー出演した地上波TV の『フリースタイルダンジョン』や、「KOK」の大会主催など、日本におけるMC バトルの広がりにも貢献。
現在は鎖GROUP 代表を辞し、いちラッパーとして活動中。2021 年初頭、オフィスであり、カフェでもある「9SARI cafe」がバーとしてもオープンした。

二木 信/ Shin Futatsugi
1981 年生。音楽ライター。『素人の乱』(松本哉との共編著/河出書房新社/ 2008)。単著に『しくじるなよ、ルーディ』(P-VINE /2013)。
漢 a.k.a. GAMI 著『ヒップホップ・ドリーム』(河出書房新社/ 2015 / 2019 年夏文庫化)の企画・構成。『ヒップホップ・アナムネーシス』(山下壮起との共編著/新教出版社/ 2021)。

[ご参加予定の⽅へ]
新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点からやむを得ず中止となる場合もございます。マスクの着用、手指消毒、換気などにご協力をお願いします。また、体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。


企画運営 Hangout Lab Sendai(白鳥大樹・中里広太)
企画協力 千葉大
主催 せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)


TALK1
TALK2

【even会場】 最低限のシェルター空間国際コンペ最終審査会、展示会

2022.01.13 Thursday | ギャラリー情報 > even/TURN ANOTHER ROUND

even展覧会情報

❒³LE:最低限のシェルター空間国際コンペ最終審査会、展示会

主催|一般社団法人ヒトレン
会場|even/仙台フォーラス7階

■展示|1月15日(土)〜27日(木)11時〜20時、最終日18時迄
避難所空間の未来がここに集結!
最終審査に進んだ実寸大の提案が展示されます。
最終審査会までの1週間、1月21日までの間は一般投票期間となっておりますので、是非会場で推しの避難所キュービクルに投票ください!

■最終審査会|1月22日(土)13時〜
審査員:敬称略、順不同
アストリッド・クライン(クライン・ダイサムアーキテクツ)
阿部由紀(石巻社会福祉協議会)
今野英樹(今野梱包株式会社)
クリスティアン・ディマ(早稲田大学)
リズ・マリー(東北大学災害科学国際研究所)

コンペ詳細は主催者webをご覧下さい。
https://www.allianceforhumanitarianarchitecture.org/competition2022

AHA_Poster (1).jpg


感染症対策として、マスクの着用・手指消毒などご協力をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から本展内容に変更が生じる場合もございます。

作品募集中|猫と犬のチャリティー作品展 「にがつの ねこといぬ」

2022.01.11 Tuesday | お知らせ

【公募締切ました】
沢山のエントリー誠にありがとうございました。
エントリーいただいた皆様へは近日中にご連絡差し上げますのでよろしくお願いいたします。

【cat!cat!cat!2022●show-ten-gai】のWebページが公開されました。
http://cat-dog-me.org/?page_id=1221
各ショップ情報是非ご覧ください。




にがつのねこといぬ展

「cat!cat!cat!2022●show-ten-gai」
TURNAROUND企画

猫と犬のチャリティー作品展
「にがつの ねこといぬ」(第3回)
公募出品募集中

本展は、「2月22日=猫の日」から猫の月として定着しつつある2月に行う、cat&dog&me主催の「cat!cat!cat!2022●show-ten-gai」企画に賛同したチャリティアート展です。招待作家のほか、公募によって集まった皆様の犬と猫をテーマ・モチーフにした作品を店舗及びオンラインショップで展示販売し、収益の一部をチャリティーとして寄付します。あなたの猫と犬の作品、ぜひご出品下さい。

◎寄付先▷ cat & dog & me 飼い主のいない猫の不妊手術基金 
 2016年設立、代表/樋口佳絵(画家) 
 https://cat-dog-me.org/

※昨年に続き2022年もスタンプラリーは行わず店頭及びWEBも活用しての展示販売となります。参加作家の皆様には、WEBへの掲載やSNS広報等に作品写真や詳細を使用させていただきますことをあらかじめご了承ください。
イベント全体の企画については主催者webをご覧ください(準備出来次第掲載されます)http://cat-dog-me.org/



-開催概要-
猫と犬のチャリティー作品展「にがつの ねこといぬ」(第3回)
〇会期:2022年2月8日(火)〜23日(水祝)  
    11:00~19:30 日曜は17:00まで 月曜休廊
〇会場:Gallery TURNAROUND
    仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
    http://turn-around.jp/
〇オンラインショップ:2月15日(火)〜2月23日(水祝)まで期間限定オープン
    https://shop.turn-around.jp/
〇招待作家:8名 公募作家:20名予定


-募集要項-
チャリティー展ですので、全作品販売対象とさせて頂きます。

〇応募条件:
 発送元が日本国内の方で、メールでの連絡やデータのやりとりが可能な方に限らせていただきます。
〇作品規定:
 猫、犬をモチーフ、テーマとした平面作品。
 サイズは小品が望ましく、キャンバス、パネルは4号まで。
 シートは額装済でA4程度で、展示可能な状態で納品してください。
 作品には必ずサインを入れてください
〇撮影等について:
 WEBへの掲載やSNS広報等に作品写真や作品情報を使用させていただきますことをあらかじめご了承ください。また、本展は来場者による写真撮影も常識の範囲内で許可しております。
〇参加費:
 2,000円(お一人様2点まで) 
 ※事務手数料20%をのぞいた額を下記基金へ寄付します。
  ▶寄付先:cat & dog & me 飼い主のいない猫の不妊手術基金
 ※搬入搬出にかかる費用は参加者側のご負担となります。
〇参加費支払い方法:
 振込又は搬入時にご持参ください。
 口座番号は出展確定後お知らせします(振込手数料はご負担願います)
〇売上実績手数料:
 30%、内5%をチャリティーとして寄付します。
 寄付先:cat & dog & me 飼い主のいない猫の不妊手術基金
〇清算方法:
 閉会後1か月以内を予定しています。
 現金もしくは振込(振込手数料差し引き)にて。
〇作品提出日:
 2月5日(土) 16:00〜19:00(設営はスタッフが行います)
 ※持込及び宅配便の場合も上記の時間帯でお願いします。
 ※宅配便の方は搬出用着払い伝票を同梱して下さい。
〇作品搬出日:
 閉会後の2月23日以降、調整のうえ返却します。
〇募集締切日:
 2022年1月8日(土) 約20点予定
 *応募者多数の場合は個展歴のある方を優先させていただきます。
〇応募方法:
 下記専用フォームにてエントリーしてください。
 〒住所、氏名、作家名、電話、メールアドレス、点数、作品サイズ、
 素材・技法、販売価格(税込表記)、制作年、
 プロフィールまたは活動歴など100〜300字程度。
 (プロフィールはファイリングして場内に設置します)
【応募フォーム】
 https://forms.gle/rSjL4nixBMizjuw2A
 *メールや電話でのエントリーは受け付けておりません。
 *出展可否は締め切り後にメールでご連絡させていただきます。

〇フライヤー:
にがつのねこといぬ展1
にがつのねこといぬ展2

皆様のご応募お待ちしております。

主催:cat&dog&me 
共催:TURNAROUND
問合せ:Gallery TURNAROUND(担当:安部)
info*turn-around.jp(*を@に・月曜その他臨時休業あり)


改めまして、ご報告です
2021年2月のタナラン会場からの寄付金は70,210円でした。このほかに募金箱からもお届けしました。参加作家のみなさま、お買い上げや募金をしていただいた皆様、チラシなど配布していただいたり手に取っていただいた皆様、ありがとうございました。寄付先は上記にも記載してありますcat&dog&meとなります。

また、タナランには花壇大手町町内会の地域猫活動をサポートする”めぐさま募金箱"(樋口佳絵さんに作っていただきました)も通年で設置してあります。カフェで珈琲のおつりなどを入れていただき、ありがとうございます。こちらは町内会長さんと一緒に2月に開封してご報告したいと思います。

ご協力ありがとうございます。

THE6 GALLERY PROJECT - 18 みはらかつお

2022.01.09 Sunday | お知らせ

みはらかつおTHE6

THE6 GALLERY PROJECT
PROJECT - 18
みはらかつお -千年景-

〇展示期間:2022年1月7日〜3月31日
 平日のみ9:00-18:00/土日祝はお休みです

〇会場:THE6
  980-0821 仙台市青葉区春日町 9-15 THE 6 3F
   http://the6.jp/
   https://www.facebook.com/the6.jp/
  *作品の撮影は会場の指示に従ってください
  *作品のお問合せは下記ターンアラウンドまで
  *駐車場はありません

〇作家略歴:
みはらかつお
仙台在住。美術家。地図に直接着色した平面作品を制作しています。
2020年 第37回FUKUIサムホール美術展in金津創作の森 大賞受賞

1998 個展 離土      ギャラリー週間アート (仙台)
1999 個展 枕の門     ギャラリーユキ (仙台)
2001 個展 『Here』    カフェ&ギャラリーマチス (仙台)
2004 個展 『Here』    カフェ&ギャラリーマチス (仙台)
2005 個展 『Here』    ギャラリー山口 (東京)
2007 個展         Galerie satellite (パリ)
2009 個展         Galerie satellite (パリ)
2010 個展         SARP (仙台)
2011 個展         Galerie satellite (パリ)
2013 個展         SARP (仙台)
2015 個展         SARP (仙台)
2018 個展 地図と土器   ギャラリーチフリグリ (仙台)
2021 個展 千年景‐仙台‐ ギャラリーターンアラウンド (仙台)

他 個展、グループ展 多数



THE6 GALLERY PROJECT
2018年10月、春日町のシェアオフィス「THE6」と共同企画がスタートしました。
THE6の壁面を活用し、TURNAROUNDが仙台・宮城を中心としたアーティストの作品をディレクション、展示します。今回は、仙台市出身の画家、金澤弘太さんの作品をご紹介します。THE6の営業時間中はどなたでもご覧いただけますので、皆様是非足をお運びください。

https://renew-sendai.jp/topics/detail/3961/


※新型コロナウイルス感染拡大防止対策実施中です。ご協力宜しくお願い致します。

[作品についてのお問合せ]
  Gallery TURNAROUND (月曜及び臨時休業あり)
  info*turn-around.jp(*を@に)
  担当:安部


〇dm:
みはらかつお
みはらかつお2


Ⓒみはらかつお
※画像転載を禁じます

artist news/青野文昭

2022.01.08 Saturday | artist news

artist news/青野文昭


青野文昭「谷間に生えだす―とあるタテモノのおもかげ」

https://lokogallery.com/archives/exhibitions/tatemono
■会期
2022.1.14〜2.13 会期中休廊日:月・火及び祝祭日
■会場
LOKO GALLERY(東京都渋谷区鶯谷町12-6)
■イベント
トークセッション
1.22 青野文昭 ✕ 福住廉(美術評論家)

-

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/earth/index.html
■会期 
2022.6.29〜11.6 会期中無休
■会場 
森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
■出展アーティスト
※姓のアルファベット順
エレン・アルトフェスト
青野文昭
モンティエン・ブンマー
ロベール・クートラス
堀尾昭子
堀尾貞治
飯山由貴
金崎将司
金沢寿美
小泉明郎
ヴォルフガング・ライプ
ゾーイ・レナード
内藤正敏
オノ・ヨーコ
ツァイ・チャウエイ(蔡佳葳)
ギド・ファン・デア・ウェルヴェ

主催 森美術館
企画 片岡真実(森美術館館長)、熊倉晴子(森美術館アシスタント・キュレーター)、山拓一(森美術館アソシエイト・キュレーター)

謹賀新年

2022.01.02 Sunday | お知らせ

謹賀新年

旧年中は格別のご厚情を賜り、心より御礼申し上げます。
今年も皆様のご健康を願いますとともに、明るい一年となりますようお祈り致します。
本年も尚一層のご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。


各店営業日案内
・大手町店
 1月9日日曜11時スタート
(展覧会の始まる1/20までは水曜及び日曜のみ11時〜17時の営業となります)
・フォーラス店
 1月2日日曜朝8時スタート
・スタジオ開墾
 1月5日水曜10時スタート

次回展覧会
岡沢幸 個展
MESSY SCRATCHING
2022.1.20thu − 30sun
http://turn-around.jp/sb/log/eid843.html


TURNAROUND