タナランブログ

2020.7月の奇数アトリエに参加します

2020.06.30 Tuesday | お知らせ

仙台駅前「アエル」で奇数月に開催されているアートイベント「奇数アトリエ」
2020年7月に参加させていただきます。
マスク着用など新型コロナウイルス感染症対策にご協力宜しくお願い致します。

https://www.kisuuatelier.com/

主催:アート・サポート・プログラム実行委員会
協力:アエル、仙台杜の都のクラフトフェア、サンダーコミュニケーションズ、晩翠画廊



◉日時
 2020年7月24日金曜、25日土曜、26日日曜
 11:00〜17:00 入場無料
◉会場
 AER 1F&2Fアトリウム
 仙台市青葉区中央1丁目3-1 AER
 (ペデストリアンデッキから入ってすぐの吹き抜けの1Fと2Fです)
ターンアラウンドブース-1F
 ●取扱予定作家(変更の場合あり)
  岡沢幸、樋口佳絵、工藤夏海、青野文昭、京増見和子、ほか
  タナランで取扱いのアーティスト作品、グッズなどを展示販売
 ●タナランで毎年この時期入荷します"純胡椒"もお求めいただけます!
  http://www.sennin-spice.com/

◉当日のタナランブースの模様はTwitterやInstagramで。
 Twitter:TURNAROUNDInfo
 Instagram:galleryturnaround

◉大手町タナランでは磯崎未菜展、仙台フォーラスでは青野文昭展(2階)と佐々瞬展(7階)を開催しています。

第9回せんだい21アンデパンダン展2020

2020.06.23 Tuesday | お知らせ

バナーFacebookmm.jpg

第9回せんだい21アンデパンダン展2020
エントリー受付中

2012年からスタートし今年で9回目の「せんだい21アンデパンダン展」。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大もまだまだ懸念される状況につき
募集内容をご了承いただいたうえでのご応募をお願いいたします。(例年と変更点あり

本展は出品料を支払えば誰でも、どんな作品でも出品できる「アンデパンダン」形態を基本にしており、平面、立体、映像、インスタレーション、ハプニング、パフォーマンス等による出品が可能です。

エントリー締め切り日は7月26日日曜日(定員に達し次第締め切ります)、
ウェブサイト又は郵送で受け付けております。
例年より募集期間が短くなってしまいましたが、皆様のご参加お待ちしています。よろしくお願いいたします。



●状況により中止や無観客およびSNS等での開催になる場合があります。

●会 期:2020年9月30日(水)-10月11日(日)
     パフォーマンス日は10/4(日)
     定休日未定

●会 場:
 中本誠司現代美術館 (青葉区東勝山)
 GALLERY ECHIGO (青葉区双葉ヶ丘)
 SARP 仙台アーティストランプレイス-A(青葉区錦町)
 ギャラリーチフリグリ (宮城野区五輪)
 スタジオ開墾 (若林区卸町(旧・ハトの家))
 Gallery TURNAROUND (青葉区大手町)
 野外展示会場のりっぱ (青葉区大手町)
 野外パフォーマンス会場 (勾当台公園野外音楽堂予定)
  ・営業時間は会場ごとに異なります
  ・展示会場は実行委員会で決定します

●募集作品:平面、立体、映像、屋外展示作品、パフォーマンス

●エントリー〆切:7月26日(日)(定員になり次第〆切)

●エントリー:1点3,500円(各搬入搬出委託手数料込)
 8月25日〜9月25日の間に振込または書留でお支払いください。
 ※運搬費は搬入搬出ともにご本人様の別途ご負担になります。
 ※開催中止の場合、出品料は振込手数料を差し引いてご返金いたします。

●エントリーはhttp://sendai21-independants.com/
またはエントリー用紙を郵送で。
※タナランギャラリーオープン日は店頭でも受付します。

●作品サイズは普通宅配便で発送可能なものを基本とします。
 ※搬入は宅配便による委託。宅配便等の委託業者はご本人様で手配をお願いいたします。
 ※委託搬入が難しいと思われる方については事前にお問い合わせください。
 ※搬出は指定がない場合、会場手配の宅配便着払いでご返送いたします。(搬送中のトラブル等については責任を負いかねますのでご了承ください)

●搬入日(宅配便指定日)は「会場決定通知書」でお知らせいたします(9/28を予定)


その他、これまでと変更点ありますので、詳細は応募用紙両面を必ずご確認下さい

omote_2020mm.jpg

ura_ 2020mm.jpg


お問合せは事務局ターンアラウンドまで
info@turn-around.jp
022-398-6413(月休、その他臨時休業あり)


主催:せんだい21アンデパンダン展実行委員会
助成:(公財)仙台市市民文化事業団
後援:河北新報社、TBC東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、KHB東日本放送

高橋大二郎|窓の連続

2020.06.21 Sunday | ギャラリー情報

*本展は新型コロナウイルスの影響から延期になっていましたが、下記の通り決定しましたので再度ご案内いたします。よろしくお願いいたします。


mini _DSC0129.jpg

盒饗臚麩此蛋襪力続

連続する形によって画面に時間の流れを生み出そうとしました。

窓。一般的に窓があることによって、そこには内側と外側、もしくは手前と奥が生まれます。
そこで、簡易的な窓を描くことによって連続性を際立たせると同時に、
画面に観念的な奥行きというものを作り出そうとしています。
観念的な奥行きはこの平面世界から時間性を浮き上がらせる助けになると考えたからです。


会期
2020.6.30(火曜)-7.5(日曜)

会場
Gallery TURNAROUND
980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
市営地下鉄東西線「大町西公園駅」〜徒歩5分


盒 大二郎(たかはし・だいじろう)

1982年福島県郡山市生まれ。宮城県在住。
2005年東北芸術工科大学芸術学部美術科洋画コース卒業

[主な展覧会、受賞歴]
2005年 グループ展「掘削のためのエスキース、或いは井戸、若しくは釣り人」(せんだいメディアテーク/宮城)
2008年 第12回リキテックスビエンナーレ 奨励賞
2009年 シェル美術賞2009 中井康之審査員奨励賞
      個展(ギャラリー La Mer/東京)
2010年 個展(ギャラリーART BOX)
2018年 シェル美術賞2018 中井康之審査員賞
2019年 個展(風の沢ミュージアム 板倉ギャラリー/宮城)



B01 mini.jpg
「窓」 
727×606mm 2020年
カンヴァスにアクリル、墨汁

オンラインショップに掲載中です
https://shop.turn-around.jp/

※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※芳名帳またはメモ用紙を利用してのご記帳をお願いします。
※2週間以内に海外への渡航歴のある方、体調の優れない方、感染が拡大した地域へ往来した方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

お知らせ

2020.06.20 Saturday | お知らせ

6月末の展覧会((仮称)大越円香展)は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から無期延期となりました。
次回は6/30火曜から、「盒饗臚麩此〜襪力続」を開催します。
よろしくお願いいたします。

※大手町店舗はお休みさせていただきます。卸町の「スタジオ開墾」にもスタッフ常駐しています。

THE6 GALLERY PROJECT-9 佐々木 健 [会期延長]

2020.06.18 Thursday | お知らせ

本展は会期を6/26まで延長しています。
 会場のTHE6は入館可能となっておりますが、
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
 ご来場の際はマスク着用、消毒などご協力お願いいたします。

THE6 GALLERY PROJECT

2018年10月、春日町のシェアオフィス「THE6」と共同企画がスタートしました。
THE6の壁面を活用し、TURNAROUNDが仙台・宮城を中心としたアーティストの作品をディレクション、展示いたします。THE6の営業時間中はどなたでもご覧いただけます。皆様是非足をお運びください。

[展示作品についてのお問合せ]
  Gallery TURNAROUND
  info*turn-around.jp(*を@に)
  022-398-6413 
  担当:関本、安部(月休)


THE6 GALLERY PROJECT
PROJECT - 9
佐々木 健


KenSasaki6gallery-9 a mini.jpg


〇PROJECT - 9
 展示期間:2020年2月4日〜3月31日(平日のみ)※6/26金まで延長
 artist:佐々木 健

〇会場:THE6
  980-0821 仙台市青葉区春日町 9-15 THE 6 3F
  平日9:00〜18:00 (土日祝日はお休み)
  http://the6.jp/
  *作品の撮影は会場の指示に従ってください
  *会期中展示替えを行う場合もございます

〇作家プロフィール
佐々木 健  KEN SASAKI

1968 宮城県 石巻生まれ
1991 宮城教育大学B類美術科卒業
1994 第8回ホルベイン・スカラシップ奨学生
2011 宮城県芸術選奨 

近年の主な個展
2015 "Re:Groundless Pitch V" 仙台アーティストランプレイス/宮城
   "見られる水のある所 コバヤシ画廊/東京
2016 "Re:Groundless Pitch VI" 仙台アーティストランプレイス/宮城
   "漸次的、切落し的、" コバヤシ画廊/東京
2017 "Re:Groundless Pitch VII" Gallery TURNAROUND/宮城
   「不定住と分裂 II」 仙台アーティストランプレイス/宮城
2018 "漸次的、脱皮の理由" コバヤシ画廊/東京
   "初期PAINTING作品 1990- 展" Gallery TURNAROUND/宮城
   "Re:Groundless Pitch VIII" 仙台アーティストランプレイス/宮城
2019 “Wear a second skin without foundation“ Gallery TURNAROUND/宮城
   "Dusk and abstraction" 仙台アーティストランプレイス/宮城
   「薄暮と抽象」 Gallery TURNAROUND/宮城

その他個展、グループ展等多数

作家web | http://www2u.biglobe.ne.jp/~capri/


KenSasaki6gallery-9 a.jpg
KenSasaki6gallery-9 b.jpg



1.jpg

2.jpg

企画展|宏美 門眞妙 二人展「swimming」

2020.06.12 Friday | ギャラリー情報

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
宮城県の方針:「6/1〜6/18までは北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川への移動は慎重に対応するように」とのことですので、ご無理のないように、ご協力をお願いします。
6/13土曜のトークはツイキャスで配信いたします。下記ご覧ください。トーク中は展示がご覧いただけなくなりますが、ご了承願います。


swimming_0509m.jpg

企画展|宏美 門眞妙 二人展 「swimming」

この度、地方を生活と制作の拠点としながらキャラクターを用いた絵画表現を続ける女性作家二名による展覧会を開催します。
岡山県出身・在住の宏美は倉敷芸術科学大学を卒業した2014年にカオス*ラウンジが主催する新芸術校の前身ポストスーパーフラット・アートスクールに参加。以降東京と岡山を往復しながら双方の地での展示を積極的に重ねてゆきます。
宮城県仙台市出身・在住の門眞妙は東京藝術大学を卒業後、主に東京での展示を重ねたのち、2015年に地元仙台へと拠点を移します。東京での展示も続けながら、塩竈市杉村惇美術館での自主企画展を始め仙台とその周辺地域での展示も手探りで行ってゆきます。

門眞の作品は、キャラクターとその背後にある風景が寸でのところで交わるか交わらないかという緊張感を保っています。それはキャラクター自身が独立した人間であることを補強し、雄弁な(人格を帯び始めたかのような)背景描写も相俟って観る者をキャンバスの内へと引き込んでゆきます。
一方、宏美の作品は描かれているものが解け込みあい―単純に素材としてカットしレイヤーを重ね構成する、ということに留まることなく―キャラへも動物へも植物へも建物へも、等しくそして強く愛情が注がれ、制作者のまなざしがキャンバスの外へと広がってゆきます。

同ジャンルと一括りにしても微細な差異を読み取ることができる二人の共通点は、「キャラクター」という存在への「慈しみの視点」。そして生活する土地や、場所から場所への移動時に体感するスケールを画面に落し込みながら、「キャラクター」をよすがにしこの世界にしるしとして残す絵画であると言えます。
宏美は東北初、そしてこれまで実現していなかった組み合わせの作家による展覧会をこの機会にご高覧ください。


◎会期:2020年6月2日(火) − 14日(日)
    11:00-19:30、日曜及び6/13土曜は17:00迄
    月曜休廊 入場無料

◎会場:Gallery TURNAROUND
  980-0805 仙台市青葉区大手町6-22-1F
  仙台市地下鉄東西線大町西公園駅〜徒歩5分

※トークについて、コロナ対策から下記の通りとさせていただきます(6/12更新)

swimming トークイベント
「こんな時だから絵の話をしよぴ?」

6月13日(土)17:00~ 約2時間


登 壇:宏美、門眞妙 
聞き手:松崎なつひ(宮城県美術館学芸員)
進 行:関本欣哉(TURNAROUND)

・定員5名予約制(県内又は隣県の方に限らせていただきます)
定員に達しました。
・ご予約はinfo*turn-around.jp(*を@に)までメールでお願いします(氏名・ご住所・電話番号明記)
・参加費300円当日
・コロナ対策のため検温、消毒、マスク着用等にご協力お願いします。
・トーク中は密を避けるため展示がご覧いただけなくなります。ご了承ください。

◉ツイキャスにて生配信いたします/視聴料金300円 
 https://twitcasting.tv/c:turnaround/shopcart/9894
 決済方法等は上記リンクからご確認ください。
 よろしくお願いいたします。




プロフィール
宏美 HIROMI

1989年 岡山県生まれ
2014年 倉敷芸術科学大学 芸術学部 卒業。
同年、カオス*ラウンジが主催するポストスーパーフラット・アートスクールに参加。
地方と都心でのアートの違いに違和感を持ち、東京と地元岡山の両方で展示を試みる。

展示歴
2015年2人展「アイドルの終わりの為の手紙をめぐる物語」(友人の部屋/東京)
2016年2人展「アイドルの夜」(DESK/okumura/東京)
2017年個展「岡山→東京」(新宿眼科画廊/東京)
2018年個展「東京→岡山」(OF/岡山)
2018年2人展「interface」(新宿眼科画廊/東京)
2018年グループ展「カオス*ラウンジXポタテックドリーム」(中央本線画廊/東京)
2019年個展「木と森」(新宿眼科画廊/東京)
2019年個展「木と森」(OF/岡山)
2019年グループ展「TOKYO2021」(TODA BUILDING/東京)
2020年グループ「3月の壁 ――さいのかわら」(ゲンロン カオス*ラウンジ 五反田アトリエ/東京)

https://h-hiromi-me.tumblr.com/

---

門眞 妙 Tae MONMA

1985 宮城県仙台市生まれ
2009 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
現在 宮城県仙台市在住

アニメ的な少女のキャラクターと精緻な背景描写の絵画表現を中心に活動。
言葉にできない「感情」「時間」「一瞬」の集積と、この世界との和解を描く。
キャラクターの姿をした「人」としての少女のアップデートを続ける。

主な展示に、個展「きみは天気」(2019)、「時間を止めてください」(2019)、「かみさまのかたち」(2016)、「美しい ending」(2013)、「ドラマ」(2010)、「だけど、忘れられる」(2009)いずれも新宿眼科画廊 /東京にて。
その他の主な展示に、「めがねと旅する美術展」(青森県立美術館/島根県立石見美術館/静岡県立美術館/2018-2019)、「ニュー・フラット・フィールド/仮留めの地」(デジタルハリウッド大学八王子制作スタジオ/東京/2017)「あなたと海のあいま、通り過ぎてゆくすべて」(塩竈市杉村惇美術館市民ギャラリー/宮城/2017)、「わたしが彼女を見た瞬間、彼女はわたしを見た」(新宿眼科画廊/東京/2015)、「floating view 2 トポフィリア・アップデート」(新宿眼科画廊/東京/2011)、「Mr.のChildren2」 (青井画廊/大阪/2010)「Mr.のChildren」 (HidariZingaro/東京/2010)「カオス*ラウンジvol.2」 (moarag garage/東京/2010)など。

https://taemonma.tumblr.com/


DM 大判ハガキサイズ

swimming_web.jpg
swimmng_web2.jpg

swimming_0509.jpg


[新型コロナウィルス感染症対策](5/26更新)

・マスクの着用をお願いします。
・入口で手指の消毒をお願いします。
・室内定員5名とします。スタッフ判断によりお待ちいただく場合もございます。
・2メートルの間隔をあけ静かにご鑑賞ください。
・長時間の滞在はご遠慮ください。
・換気のため戸を開け、店内定期的に消毒してまいります。
・恐れ入りますが、体調が優れない方、2週間以内に特定警戒都道府県に行かれた方はご無理のないようにお願いいたします。
・入口にて検温にご協力いただく場合もございます。
・カフェ営業は状況をみて判断します。

可能な限り、Instagramで会場写真を発信していきます。
https://www.instagram.com/galleryturnaround/
作品、グッズ共にオンラインショップでの取り扱いも検討中です
https://shop.turn-around.jp/

ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。



外部サイト/ご紹介頂きました
美術手帖
https://bijutsutecho.com/exhibitions/5914


swimming1

swimming

宏美 門眞妙 二人展 「swimming」
Gallery TURNAROUND,2020
photo by Koiwa Tsutomu


主催 TURNAROUND
助成 (公財)仙台市市民文化事業団