タナランブログ

<< 青野文昭展 | TOP | 樋口裕二 クラフトポスター展 >>

企画展「青野文昭展」「よろずのかみ」(秋田)

2014.01.29 Wednesday | 美術

※2/1-2及び2/9は秋田出張のため
ターンアラウンド・ハングアラウンド店舗はお休みさせて頂きます。
宜しくお願いいたします。

***

1.29-2.9の約二週間、秋田市の「ココラボラトリー*ギャラリー」にて
ターンアラウンド企画展を開催します。

A4よこ_表面last.jpg
A4よこ_裏面last.jpg


■青野文昭展 
2014.1.29(水)-2.9(日) 
水曜-土曜11:00-19:00、日曜-17:00、
月曜・火曜休館日 入場無料
※2月2日日曜日は「よろずのかみ」開催の為展示は12時30分close。
□立体造形作品の展示
−青野文昭 宮城県出身・在住−
仙台で最も重要なアーティストの一人、青野文昭。
震災とは無関係に、以前から断片の「修復」をテーマに制作活動を続けており、むしろ震災を経て、その元々の仕事に深まりをみせていると思われます。
震災後3年が経とうとしていますが、これまでなかなか取り上げられていなかった、震災を体験し、被災地に暮らすアーティストの作品をより多くの方に観ていただければと思います。
昨年夏には「あいちトリエンナーレ2013」に出展しており、その後、国内外を問わず注目を集めています。彼自身秋田では初の展示ということもあり、とても興味深い展覧会になると思います。


■よろずのかみ
2014.2.2(日) 14:00スタート
入場料:予約 1,000円/当日 1,500円
予約先:info@turn-around.jp までメールで
ターンアラウンドWEBSHOPからもお求めいただけます↓
TURNAROUND WEB SHOP

出 演:千葉瑠依子(ダンスパフォーマンス)
    中里広太(サウンドデザイン)
□即興にこだわったパフォーマンス<音・ダンス>
『よろずのかみ』
−千葉瑠依子 岩手県出身・仙台在住−
−中里広太 宮城県出身・在住−
即興でパフォーマンスをすることにこだわった場、「よろずのかみ」。 
2カ月に一度、ギャラリーターンアラウンドを舞台に公演を重ねています。
土地、時間など即興にこだわった実験的なパフォーマンスは、「自分は何者であり、何をなすべきか」という 観るものすべてのアイデンティティへ問いかけてくる作品です。


■共に会場は、
ココラボラトリー*ギャラリー
秋田県秋田市大町3丁目1-12 川反中央ビル1F 
Tel/Fax 018-866-1559 
http://cocolab.jugem.jp/

*本企画についてのお問合せは
ギャラリーターンアラウンド まで。
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
Tel 022-398-6413 info@turn-around.jp

A4よこ_表面last.jpg

A4よこ_裏面last.jpg



■青野文昭 Aono Fumiaki  1968年宮城県生まれ
2013 
「あいちトリエンナーレ2013―揺れる大地―われわれはどこに立っているのか―場所、記憶、そして復活」出展
個展 「それぞれの床面・流出・移植2013」(トークイベント 福住廉×青野文昭) ギャラリイK、東京
「Play with Nature, Played by Nature」 SATOSHI KOYAMA GALLERY、東京
「青野文昭展」 ギャラリー ターンアラウンド
2012 個展 『どくろ杯・供渋昭埓と不可避性について―』(トークイベント椹木野衣×青野文昭) ギャラリー ターンアラウンド、宮城 
2011 個展 「髑髏杯」 ギャラリー ターンアラウンド、宮城
    「会津・漆の芸術祭〜東北へのエール」 会津若松市・喜多方市、福島
2008 「いのちの法則・生をひもとくための三つの書」 足利市立美術館、栃木
2007 個展「N.E.blood21 vol.28 青野文昭」 リアスアーク美術館、宮城
2001 「VOCA展2001 現代美術の展望−新しい平面の作家たち」 上野の森美術館、東京
2000 「アートみやぎ」 宮城県美術館、宮城
http://www1.odn.ne.jp/aono-fumiaki/

■千葉瑠依子 Chiba Ruiko  1985年岩手県生まれ
仙台在住。5才からモダンダンスを始め、踊ると元気が出るからだになる。大学で身体表現の世界に魅了され舞進中。
現在は、ソロパフォーマンスとともに美術作品や音とのコラボレーションパフォーマンスを積極的に行う。
"自分で自分の心とからだをメンテナンス”を合言葉にダンスだけにとどまらない、からだのワークショップの企画・運営も行う。Aiファクトリーダンス講師。
飯田茂実演出『ドゥリ談 ディス誕(2005)』、『仙台芸術遊泳2007』、『ACkid2008、2010』、『会津・漆の芸術祭2010、2011』、『登米アートトリエンナーレ2010』、『中米ニカラグア国際ダンスフェスティバルvol.30(2010)』等に参加又は出演。 2012年より即興でパフォーマンスをすることにこだわった場、「よろずのかみ」を開始。2カ月に一度ギャラリーターンアラウンドでパフォーマンスを行う。

■中里広太 Nakasato Kota  1983年宮城県生まれ
宮城教育大学で学ぶ。大学時代には、多数のLIVEを経験する。2007年身体表現と映像作家ヒグマ春夫氏との映像がコラボした作品へ、音響として参加。それ以来、即興で表現することの楽しさ、難しさを体験することで自分の道を模索し始める。その後、ダンス・演劇・映像などとのコラボレーション舞台を数多く経験する。また最近では、ピアノ・サックス・パーカッションなど、音楽家とのライブも行っている。
2008年『鎌倉・円覚寺境内(水と空気の変容展)』参加、2009年『越後妻有アートトリエンナーレ2009』参加、2010年『会津漆の芸術祭』参加、『登米アートトリエンナーレ』参加、『せんだい21アンデパンダン展2011-2012』参加、
2011年『2011アート@つちざわ』参加。 2012年より即興でパフォーマンスをすることにこだわった場、「よろずのかみ」を開始。2カ月に一度ギャラリーターンアラウンドで即興パフォーマンスを行う。