タナランブログ

『あるいは佐々木ユキ A Fairy Tale 』

2013.09.26 Thursday | 映画

映画上映会と展覧会のお知らせです。
展覧会は10.13まで開催。
会期中、映画パンフレット、CDの販売あります。

***

福間健二展覧会

映画監督で詩人でもある福間健二氏。2011年に第19回萩原朔太郎賞を受賞されました。
その受賞を記念して翌年、前橋文学館で行われた展覧会「福間健二 青い家にたどりつくまで」にも出品された作品の
一部をお借りして、『あるいは佐々木ユキ』仙台上映会開催にあわせ、上映会場ギャラリーターンアラウンド隣接の
カフェギャラリースペース(ハングアラウンド)で約2週間展示します。 


□日 時 2013年9月29日(日)〜10月13日(日) 
 11:00〜20:00 日曜は18:00迄 月曜定休 
10月5日、11日、12日はギャラリー側で他イベント開催のため
15:00迄となります。

□会 場 Cafe&Gallery HANGAROUND カフェ&ギャラリーハングアラウンド
(青葉区大手町6-22久光ビル1F)


***


『あるいは佐々木ユキ A Fairy Tale 』仙台上映会

2011年、詩集『青い家』で萩原朔太郎賞と藤村記念歴程賞をW受賞した詩人であり、1995年『急にたどりついてしまう』、2008年『岡山の娘』、2011年『わたしたちの夏』と、精力的に映画づくりに取り組んできた福間健二の新作です。
20歳の女の子、佐々木ユキの夢と現実を、インタビュー、詩、ダンスをふくむ斬新な構成によってとらえます。ユキは、その分身的存在や彼女を見守る人物たちと出会い、別れ、次のステップへと向かいます。アゴタ・クリストフ、アンデルセン、文月悠光、そして「青い家」をはじめとする福間健二の詩を盛り込んだ、アイドル・コミック・ポエトリーファンタジー。21世紀の妖精物語です。
主役の佐々木ユキには、『わたしたちの夏』のサキ役で注目を浴びた小原早織。
吉野晶、千石英世、川野真樹子の、『わたしたちの夏』につづくメンバーに加えて、詩人文月悠光も出演しています。
主要スタッフは、『わたしたちの夏』につづいて、撮影・鈴木一博、編集・秦岳志、音響設計・小川武。
福間健二のあらたな冒険をささえています。


□日 時 2013年9月29日(日)

機12:30〜13:50 1回目上映
供14:00〜15:30 福間健二監督 ポエトリーリーディング&トークイベント
         トーク 福間健二、関本欣哉 (ギャラリーターンアラウンド)
掘16:00〜17:20 2回目上映

□会 場 ギャラリーターンアラウンド
(仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F)

□料 金・・・・・トーク付1500円、映画のみ1000円
□プレイガイド・・ギャラリーターンアラウンド、
book cafe 火星の庭 (仙台市青葉区本町1-14-30-1F)

※各回定員25名、トーク付チケットは先着30名です。
(リーディング・トークは 1回目、2回目のお客様共通です)

※チケットはプレイガイドにて直接、又は下記アドレスまでお問合わせください。
当日券はお席に余裕がある場合のみ販売します。
 
※チケット状況等は仙台上映会ブログ↓をご覧いただくか、メールにてお問い合わせください。
 仙台上映会ブログ http://ameblo.jp/aruiwa-sy-sendai/
 問い合せ先アドレス info@turn-around.jp

※映画上映日は会場駐車場満車のおそれあります。公共交通期間等でのご来場にご協力お願いします。



表(外).jpg

裏(内).jpg


映画『あるいは佐々木ユキ』特報
http://youtu.be/61Q4wwQcHLI


主催 『あるいは佐々木ユキ』仙台上映実行委員会 
後援 公益財団法人仙台市市民文化事業団 TBC東北放送

會田茂一&前原猛 『places & spaces vol.04』

2013.09.25 Wednesday | ギャラリー情報

securedownload.jpg

會田茂一&前原猛 『places & spaces vol.04』

★展示日程:
2013年10月01日(火)〜10月6日(日)
OPEN 11:00〜CLOSE 18:00
※10/5はLIVEイベント開催の為、17時close。
※10/6最終日は15時までの開催。

★会場:
ギャラリー ターンアラウンド
http://turn-around.jp
〒980-0805 宮城県仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
TEL&FAX: 022-398-6413

★展示入場無料:free


★LIVEイベント開催:
10月05日(土) 19:00より

會田茂一前原猛によるギャラリートーク&
會田茂一&柿沢健司(NATSUMEN,FRISCO)によるミニライブを行います。

入場料:¥2500(ドリンク付き)
チケット予約:9月5日(木)よりターンアラウンドにて予約受付開始。
メール:info@turn-around.jp
電話:022-398-6413(月曜定休その他臨時休業あり)

定員あり。ご予約はお早目に。

※ライブ当日は会場駐車場満車の恐れあります。
公共交通機関等でのご来場にご協力お願いします。
近隣コインパークは徒歩10分程の場所になります。

★『places & spaces 』とは…
2006年放送のNHKハイビジョンスペシャル番組『イナサ 風と向き合う集落の四季』
を観て感銘を受けた會田茂一は、その舞台となる荒浜の地を、ライブで仙台を訪れた際に一人でロケ地まわりをし、思いを膨らませていました。
その後、昨年東日本大震災による影響で、これまでの豊かな自然とそこに住む方々の暮らしは奪われてしまいました。
震災後に改めて、古くからの友人であるカメラマン前原猛と共に
数度に渡って荒浜の地を訪れ、住民の方々との交流を重ねて来ました。

これらの交流の中、撮影をさせて頂いた写真と、會田茂一によるライブ演奏を持って、2012年10月には初となるイベント『places & spaces vol.00』を仙台センダイコーヒーで開催。
これ以降各所で続々とイベントを開催しております。
2012年12月『places & spaces vol.01』@東京・浅草スリーラバーズ
2013年7月1日〜7月5日『places & spaces vol.02』@北海道・札幌OYOYO
2013年7月30日〜8月4日『places & spaces vol.03』@東京・幡ヶ谷 RE:BERTH STUDIO

今回は1年ぶりに仙台に戻って写真展を開催します。
場所はギャラリー ターンアラウンド。皆様のお越しをお待ちしております。


會田茂一:http://www.aidagon.com/
前原猛:http://www.maeharatakeshi.com/

places & spaces
tumbler:http://placesandspacesin.tumblr.com/
facebook:https://www.facebook.com/PlacesandSpacesinasa

アイゴンアー写.jpg

前原さんアー写.jpg

幾何学構成アート

2013.09.14 Saturday | お知らせ

Art Géo Construi 幾何学構成アート実行委員会より、
「復興・東北・登米サトル・サトウ・アート・ミュージアム特別企画展」のご案内です。

***
img007.jpg

復興・東北
登米市サトル・サトウ・アート・ミュージアム特別企画展


■会期/2013年9月29日(日)−11月4日(月)

■会場/サトル・サトウ・アートミュージアム
(中田生涯学習センター3階 登米市中田町上沼字舘43)

1)日本人における幾何学構成アート展(アート・ジェオ・コンストゥルイ)
2)Miura-Ori ラボ・折紙展(ワークショップ)
3)環境造型幾何学構成アート模型展(デッサン・図面)
4)写真展(日本家屋の幾何学構成)
5)志津川小学校3年、石森小学校3年 復興共同 制作展(コラボ・佐藤達)


img006.jpg

「親子ワークショップ」 
2013.9.14(土)am9:30〜正午
「野外作品の作成」 講師/佐藤達(登米市出身・パリ在住)
芸術家・建築家と共にサトル・サトウ・アートミュージアム(中田生涯学習センター)前庭に野外作品を制作します。
ターンアラウンドスタッフ、幾何学構成アート実行委員も参加します!

*

連動企画
「Art Géo Construi・幾何学構成アート仙台展」

■会期 2013年10月20日(日)−10月27日(日)
 火曜-土曜 11:00〜20:00 日曜〜18:00迄 最終日16時迄 月曜定休

■会場/ギャラリーターンアラウンド
 (仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F)

1) 幾何学構成アート展示(アート・ジェオ・コンストゥルイ)
2)片平地区「遊びと、環境幾何学構成アート」ワークショップでの
  模型・デッサン・図面等展示 予定
3)写真展示(日本家屋の幾何学構成)予定

※仙台展の内容は仮です。後日決定します。


*

こちらは2012年、2010年の幾何学展やWSの模様です。

IMG_2246.jpg
IMG_2891.jpg
IMG_7977.jpg
IMGP4490.jpg
IMGP2542.jpg

広瀬川と地域のくらし -おほはしアラウンドPROJECT-

2013.09.14 Saturday | お知らせ

地域探検隊-TTT-主催のイベントのご案内。

img008.jpg

-おほはしアラウンドPROJECT- 広瀬川と地域のくらし

広瀬川と深く関わる大橋周辺の歴史や、江戸〜大正・昭和時代から今も残る場所を、地域探検隊-TTT-が駆け巡っている探検記録をお披露目します。
市民一人一人の暮らしを振り返り、地域の魅力をみんなで見つけ出しませんか。


■第一部
謎の多い追廻地区を知る講和
「追廻を流れる水-かんがい技術と水力発電」東北工業大学 松山正將先生 
・トンネル調査の映像を上映!

■第二部
広瀬川の思い出をみんなで振り返る座談会
○広瀬川のホタルを知る広瀬さんのインタビュー映像
○昭和時代の8ミリフィルム映像(70年前花壇にあった仙台市動物園)
お茶を飲みながらお話ししましょう!※DVD映像にて上映します

■日時:9月23日 月曜祝日 13時〜16時頃まで

■場所:フレール花壇 1階コミュニティルーム
(仙台市青葉区花壇5-36)
※フレール花壇はタナランから歩いてすぐです。
わからない方はタナランスタッフに聞いてみてください。

■参加:無料 定員50名 申込不要

※大橋周辺地域で撮影された映像、写真などお持ちの方は、当日会場にお持ちください。(お持ちでなくてもご参加いただけます)

□主催 地域探検隊-TTT-
※地域探検隊-TTT-とは、花壇大手町町内会、ギャラリーターンアラウンド、都市デザインワークスの有志が集まり結成した地域資源を発掘するチームです。今年度は大橋周辺の現地調査・地域住民の取材を行うプロジェクト”おほはしアラウンド”に取り組んでいます。

□協働 東北工業大学都市マネジメント学科、せんだいメディアテーク

□問合せ・都市デザインワークス(豊嶋)メール/info@udworks.net


img008.jpg

探検の模様です。アリス隊長と。
IMG_6635.jpg
アリス隊長

臨時休業のお知らせ

2013.09.14 Saturday | お知らせ

9月18日水曜日、
9月20日金曜日、
9月21日土曜日
 の三日間

ターンアラウンド・ハングアラウンドともに臨時休業させて頂きます。

誠に申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


※9/29のあるいは佐々木ユキ上映会
10/5の會田茂一&前原猛ギャラリートーク&
會田茂一&柿沢健司(NATSUMEN,FRISCO)ミニライブ
 のチケットは
下記アドレスでご予約承っております。
info@turn-around.jp

 
有栖隊長

青野 文昭 展 「それぞれの床面・流出・移植2013」
Aono Fumiaki Exhibition 「Each Floor・Outflow・Transplant 2013」

■「トークイベント」
ゲスト/美術評論家 福住 廉
9月20日(金)19:00〜21:00 入場無料

■会場 ギャラリイK
〒104-0031 東京都中央区京橋3-9-7京橋ポイントビル4F

※展覧会会期は9/21土曜日まで(最終日16時迄)

金曜、土曜日は午後から会場でお待ちしております。


ターンアラウンド

「青野文昭」 東京・仙台・名古屋

2013.09.14 Saturday | 美術

ターンアラウンド共催企画のご案内

*****

ターンアラウンドでも何度か企画展を行って頂きました
青野文昭氏の東京展を9/9〜二週間、東京京橋のギャラリイKで開催します。
最終日前日の9/20には、美術評論家の福住廉氏をゲストにお招きしての
トークイベントも行われます。

青野氏は同期間「あいちトリエンナーレ2013 揺れる大地 ― われわれは
どこに立っているのか : 場所、記憶、そして復活」

にも出展されています。

[あいちトリエンナーレ日程 2013.8.10-10.27 
青野文昭 展示会場「愛知芸術文化センター」]


東京展のご案内********

青野 文昭 展 「それぞれの床面・流出・移植2013」
Aono Fumiaki Exhibition 「Each Floor・Outflow・Transplant 2013」


タナランweb用.jpg

■2013年9月9日(月)〜9月21日(土)
開館時間 11:30-19:00 (土曜日17:00 最終日16:00)日曜休廊

■「トークイベント」
ゲスト/美術評論家 福住 廉
9月20日(金)19:00〜21:00 入場無料

■会場 ギャラリイK
〒104-0031 東京都中央区京橋3-9-7京橋ポイントビル4F
KYOBASHI POINT BLD., 3-9-7KYOBASHI, CHUO-KU, TOKYO 104-0031, JAPAN
Tel/Fax.03-3563-4578
http://homepage3.nifty.com/galleryk/

助成:公益財団法人朝日新聞文化財団 公益財団法人仙台市市民文化事業団
協賛:株式会社アーキボックス
協力:ギャラリイK
主催:青野文昭展実行委員会
共催:ギャラリー ターンアラウンド(宮城県仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F)

青野文昭 HP
http://www1.odn.ne.jp/aono-fumiaki/


■青野文昭 略歴
1968 仙台生まれ
1998「なおす・無縁−有縁」真木田村画廊(東京)
2000「アートみやぎ」宮城県美術館(宮城)「青野文昭展」リアスアーク美術館(気仙沼)
    「崇高と労働展」板橋区美術館(東京)
2001VOCA展・現代美術の展望−新しい平面の作家たち 上野の森美術館 (東京)
2003幻想と幻視・混在領域と領域侵犯 平塚市美術館(神奈川)
2004今日の日本現代美術展「共生する美術」宇徳文化院Wooduk Gallery(ソウル),韓国日本大使館文化院Silk Gallery(ソウル)京都芸術センター(京都)「ソウゾウ(創造)するソウゾウ(想像)平面から」公開制作 宮城県美術館普及部(宮城)
2007『N.E.blood21 Vol.28 青野文昭』 (リアスアーク美術館、宮城・気仙沼)
2008『いのちの法則・生をひもとくための三つの書』(青野文昭、タカユキオバナ、山本基)(足利市立美術館、栃木・足利)
2010『第3回岩手県公会堂アートショウ』(岩手県公会堂、旧石井県令私邸 盛岡)
2011個展『髑髏杯』ギャラリ―ターンアラウンド(仙台)
『会津・漆の芸術祭〜東北へのエール〜』(福島県会津若松市、喜多方市)
2012個展『どくろ杯・供渋昭埓と不可避性について―』ギャラリーターンアラウンド(仙台)(トークイベント・椹木野衣×青野文昭) 個展『転生―それぞれの地表・流出・移植』SARP(仙台)
2013アートレジデンス VERMONT STUDIO CENTER バーモント・スタジオ アメリカ
Play with Nature, Played by Nature(SATOSHI KOYAMA GALLERY 東京)
「あいちトリエンナーレ2013―揺れる大地―われわれはどこに立っているのか―場所、記憶、そして復活](愛知県名古屋市ほか)



*年末から年始にかけて、ターンアラウンドでも企画展を予定しております。

*東京展に伴い、9/20・21はギャラリーターンアラウンドは臨時休業となります。


青野氏のその他の展示予定******

・書本&cafe magellanにて、「青野文昭小品展」開催中。〜12/16迄。
・仙台アーティストランプレイスSARPにて、
青野文昭展「それぞれの部屋−壁面・流出・移植」2013 開催。会期9/24-29。


タナランweb用大.jpg

仙台アート・ジェオ・コンストゥルイ研究会展

2013.09.05 Thursday | ギャラリー情報

タナラン関連企画のご案内

***

仙建.jpg

仙台アート・ジェオ・コンストゥルイ研究会展

2013/9/17(tue)−9/22(sun)

会場:
SENKENギャラリー
仙台市青葉区一番町2-2-13 仙建ビル1F
am10:00〜pm6:00 最終日17:00迄

連絡先:
[仙台AGC・勉強会] 清水、安部
仙台市青葉区大手町6-22-1F
Cafe&Gallery HANGAROUND方


□出展作家□
安部 朝美、市川和英(東京)、市野泰通(東京)、男澤 亨、
小山 維子、北川順一郎(東京)、越野成朗(宇津宮)、佐藤朱理、
清水 まち子、関本 陽子、関本 欣哉(仙台)、高野志津、
高山 圭子、高山 聖子、中川 猛(神奈川)、沼田直英(東京)、
三上 秀夫(仙台)、村上 宇内(東京)、茂木説子(東京)、
Asdrubal Colmenarez (フランス&ヴェネズエラ)、
Satoru(フランス&日本)、 Nico Thurm(ルクセンブルグ)、
Vanonna Paula(オランダ)


こちら、佐藤サトル氏のブログに研究会の様子が掲載されています。
http://art-satoru.blogspot.jp/


***


最近のタナランブログ、
連投で今後の企画等掲載しておりますが、
どうぞ、飽きずにご覧いただけると有難いです。
すべての企画 よろしくお願いします。

TURNAROUND


仙建.jpg