タナランブログ

第6回せんだい21アンデパンダン展2017

2017.07.25 Tuesday | お知らせ

第6回 せんだい21アンデパンダン展2017
【エントリー受付中】

A4入稿  omote mini.jpg

今年も本格始動しました「せんだいアンパン」。
昨年と変わらず市内5ギャラリーと、野外展示会場、野外パフォーマンス会場の計7会場で2週間の開催です。

本展は出品料を支払えば誰でも、どんな作品でも出品できる「アンデパンダン」形態を基本にしており、平面、立体、映像、インスタレーション、ハプニング、パフォーマンス等による出品が可能です。

エントリー締め切り日は8/10(定員に達し次第締め切ります)。
アンパンサイトからのエントリーのほか、応募用紙でも受け付けております。
皆様のご参加お待ちしております。

******************

「せんだい21アンデパンダン展2017」

●会期:2017.9.26(火)-10.8(日)
パフォーマンスday:10.1(日)
→この日は全ギャラリーお休みします。翌月曜は営業します。


●会場:
「中本誠司現代美術館」
「GALLERY ECHIGO」
「仙台アーティストランプレイス SARP(Space-)」
「ギャラリーチフリグリ」
「Gallery TURNAROUND」
野外展示会場「のりっぱ」
野外パフォーマンス会場(2か月前発表)

●エントリー:1点3000円、2点5000円

その他詳細はアンパンサイトや応募用紙をご確認下さい
http://sendai21-independants.com/

ご不明な点は事務局ターンアラウンドまでお問い合わせください
info@turn-around.jp
022-398-6413


A4入稿  omote.jpg
A4入稿  ura.jpg


1884年、フランスのパリからはじまった自由と独立を意味する[independants]を冠した無審査の美術展[アンデパンダン展]。表現者にとってかけがえのないその精神は日本、そして仙台にも伝わってきました。そして21世紀の仙台、無審査で出品される表現は観るものにどんな 感動を伝えてくれるだろう。本展は仙台のギャラリースペースが協力、連携し、誰にでも等しく開かれた場を設け、新たな時代の表現を目撃しようとする試み。 あなたの自由な精神に満ちた出品作品に期待します。フランスではアンリ・ルソーが、アメリカのインディペンデント展ではマルセル・デシャンが、そして仙台では糸井貫二(ダダカン)がアンデパンダン展から登場しています。
本展では、ジャンル、趣向、年齢、経歴、主張、価値… あらゆる垣根を越え、誰にでも等しく開かれた、表現の場であることが目指されます。

主催:せんだい21アンデパンダン展実行委員会
題字協力:糸井貫二(ダダカン)



2017 ポスター

B22017out入稿用mini.jpg

TSA ANNUAL 表現される現在 ゼロイスト 2017 個展シリーズ vol.1 松本真一展

2017.07.24 Monday | ギャラリー情報

仙台展写真面 0712outmini.jpg


TSA ANNUAL 表現される現在 ゼロイスト 2017
個展シリーズ vol.1   松本真一展



本展は、美術作家、斎藤義重が晩年に独自の教育理念を具現化させ設立した東京芸術専門学校(Tokyo School of Art = TSA)の卒業生有志が1998年以来ほぼ毎年開催するグループ展「表現される現在」に付随するもので、これまで同展に参加した作家一人ひとりに焦点をあてた「個展」シリーズです。

主催|TSA ANNUAL 2017実行委員会
協力|ギャラリイK 、 TURNAROUND



●会期:
2017年8月15日(火)−20日(日)
11:00-20:00、最終日17:00迄、月曜休廊
入場無料


●会場:
Gallery TURNAROUND
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
地下鉄東西線「大町西公園駅・西1出口」より徒歩5分


●パフォーマンス
「葉緑素為吉の質問があります in 仙台」
8月15日(火)
14:00-20:00、途中休憩あり


●作家略歴:
松本真一 Shinichi Matsumoto

1969 神奈川県生まれ
1992 武蔵野美術大学短期大学部美術科卒業
1993 東京芸術専門学校美術研究科修了
1994 Bゼミスクーリングシステム中途退所
1996 名古屋芸術大学美術学部洋画科卒業

個展
1994 ギャラリー代々木、東京
1995 ウエストべスギャラリーコヅカ、名古屋
1996 淡路町画廊、東京
1997 アートスペースコア、東京
    G−ART GALLERY、東京
1998 ギャラリーヨコスカ東洋美術、横須賀
 ギャラリー山口、東京
1999 GALERIE LE DECO、東京
 J²ギャラリー、東京
2000、01 ギャラリー山口、東京
2002 exhibit LIVE、東京 
2003 ギャラリィK、東京
2016 ギャラリイK、東京

グループ展(過去5年)
2013 
 サクレ展 横浜市民ギャラリー、横浜
 M展 (2017年まで続けて出品) 横浜市民 ギャラリーなど、横浜
 横浜開港アンデパンダン展 (2016、17年も出品) 赤レンガ倉庫ギャラリーなど、横浜
 Welcome吉田町展 (2016、17年も出品)  あおい画廊など、横浜
 「ゼロイスト=表現される現在=」展 (2016年まで続けて出品) ギャラリィK、東京 TURNAROUND、仙台など
2014
 大人のための文化祭 (のち2015、17年も出品) 浦賀ドックなど、横須賀
 市民のトリエンナーレ あおい画廊、横浜
2016
 表現の現場-軌跡と創造-展 朋優学院高等学校、東京
 GALLEY HINOKI ART FAIR ギャラリー檜 東京
2017 開かれた孤独展  ギャラリー檜 東京



葉緑素為吉 Yoryokuso Tamekichi

「葉緑素為吉」は個人としての性格を捨象した「誰でもない人」となり、私たちの社会がはらむ様々な問題や政治的な課題に関する質問を観客に投げかけ、聞き役となります。このとき、観客の人々にとって、「葉緑素為吉」はどのような存在となるのでしょう。相手の人格や個性、社会的立場や所属を意識せずに、自由に自分の考えを語ることは可能でしょうか。シリーズ「質問があります」は、他者との対話の新しいかたちを試みるパフォーマンスです。

1956 東京都生まれ
1988 東京芸術専門学校卒業 

個展 
1996 ギャラリイK、東京 (98, 99, 2000, 09 〜 16) 

主なグループ展等
1988 『頭足類』 モリス・ギャラリー、東京
1988 『逸脱境としての羅針盤』 神奈川県民ホール、横浜
1987 『-ing THEATER』 代々木アート・ギャラリー / THE SPACE1-11-1、東京
1995 『頭脳戦線異常あり』 ギャラリイK、東京
2009年以降毎年『表現される現在・ゼロイスト』展にオブジェとして出品
ギャラリイK、東京/ギャラリーターンアラウンド、仙台、他

Yoryokuso12-08-c1 mini.jpg



仙台展写真面 0712out.jpg

仙台展宛名面 0712out.jpg

中里広太 個展 「万黒博覧会」

2017.07.20 Thursday | ギャラリー情報

[8/9 更新しました]

B5よこ_表面 0617-lastoutmini.jpg

中里広太個展
「万黒博覧会」

NEONOISISM ORGANIZERS 企画展


■展覧会会期
2017年8月1日(火)‐13(日)
11:00~20:00、日曜~18:00、
最終日~16:00、8/7(月)休廊

※パフォーマンス料金について(7/27付)
二回目の方は1000円、三回目の方は500円で入場できます。
ご予約ください。


■パフォーマンス
▶8.04fri
19:00-20:00/¥1,500(1drink付)
出演:中里広太(DJ) →終了しました

▶8.11fri
19:00-20:00/¥2,000(1drink付)
出演:永田健太郎(エレクトロニクス) + APE TOPE(DJ)

8.11金曜の回は定員間近となりました。
ご希望の方はご予約お待ちしております。

▶8.12sat
19:00-20:00/¥2,000(1drink付)
出演:メガネ(ポールダンサー) + APE TOPE(DJ)

8.12土曜の回は定員となりました。
ターンアラウンドまでお問い合わせ下さい


*全日定員20名、ご予約はターンアラウンド迄メールで
(info@turn-around.jp)


■プロフィール
中里広太/Kota Nakasato [DJ]
-------------------------------------------------------------------
宮城県仙台市出身、在住。
2008年より音の即興アーティストとして活動をスタート。仙台を中心に福島、岩手、東京、新潟などのアートイベントにライブパフォーマンスという形で参加する。個人でのパフォーマンスの他に、映像、ダンス、パフォーマンス等の作家とのコラボなど多岐にわたり活動。2011年岩手での「アート土澤」より音に関連したインスタレーション作品の制作発表も始め、その後多数のグループ展へ参加。2015年以降、年一回のペースで Gallery TURNAROUND(仙台)にて個展開催。
2014年に仙台で結成されたレーベル、「ネオノイジズム オルガナイザーズ」に所属し、個人としても、音楽ユニット「APE TOPE (エイプ トープ)」としても活動中。
2015年、CD『しじま』リリース。


メガネ/Megane  [ポールダンサー]
-------------------------------------------------------------------
ポールダンスを踊ることによって産まれる回転で発電機を稼働させ発電し、ラジカセや照明等の家電を動かしながら行うこのパフォーマンスは、発電と産業化された性をポールダンスを媒介に結びつけ、人や社会を動かしている根源部分(欲望エネルギー)を問題に取り上げる。
2009年に発電ポールマシーンを製作、一線を画す表現方法でポールダンスを発表している。
第十五回岡本太郎現代芸術賞特別賞受賞  
愛知サウンドパフォーマンス道場オーディエンス賞受賞

https://www.youtube.com/watch?v=R1h9SFeZQtc&feature=youtu.be
川崎市岡本太郎美術館
「第15回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」 展 特別賞受賞作品 メガネ 「Energy of dance」 / 2012

https://www.youtube.com/watch?v=SRcqMVdmy6U&feature=youtu.be
MOVEMENT MAKES IT メガネ + ケンジルビエン
発電ポールダンス/magicroom / 2009

アー写2ok mini.jpg


永田健太郎/Kentaro Nagata [エレクトロニクス]
-------------------------------------------------------------------
アンビエント/ドローンのリリースや、ギター/ラップトップでの即興、ヒップホップバンドなど多方面に出没。
["Distilled(sound)"]主宰。PAやレコーディングエンジニアとしても活動。
谷保典主宰のTabletop Guitarsや、美湖とのUnU、マルチ・インストゥルメンタリスト野口英律のMUSQIS、Mehata Sentimental LegendとのIl Offre Sa Confiance Et Son Amour、polyphonic parachute のyuki kanekoとのデュオqb(quantized boys)、ラッパー大袈裟太郎のサポートや、東京の即興シーンでのセッションなどで活動中。2016年にはフランスパリツアーにも参加。またサポートエンジニアとしてFrascoのミックス・マスタリング・ライブダブを手掛ける。六本木ヒルズのイベント音楽も担当し、「Theatre」はSpotifyで4位に。

https://youtu.be/erKzlISR164

DOMMUNE 09.03.2017 - ANTP feat Kentaro Nagata, BLACK ZINC GALVANIZING DARKNESS(DEATH INCINERATOR)

IMG_5597 mini.jpg


APE TOPE 中里広太/関本欣哉  
エイプ トープ Kota Nakasato/Kinya Sekimoto [DJ]

-------------------------------------------------------------------
2014年、個々で活動していた中里広太と関本欣哉がAPE TOPEを結成。Occupy Wall Streetで見られる「We are the 99%」 をスローガンに活動している。音も「1%がきれいな旋律の楽曲で、99%は自然の音や雑音、大衆の声などで形成されていて、その音の中にこそ大事な声、音があるのではないだろうか」ということを掲げ、フィールドレコーディングした音源やノイズ・雑音を主に使用したDJスタイルでの演奏は、我々の声のように幾重にも重なり合い、雑音として排除されてしまう日常の音や、聴き逃されてしまう私たちの声が、世界の大半を占め形成されていることを再認識するだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=Nma8b4TYul4&t=1294s
NEONOISISM ORGANIZERS presents.
APE TOPE LIVE PERFORMANCE.
(Kota Nakasato, Kinya Sekimoto)
at Kotodai Park, SENDAI, JAPAN.
2015.Oct.22.


■会場
Gallery TURNAROUND
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
(地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分)
info@turn-around.jp (@を小文字に)

B5よこ_表面 0617-lastout.jpg
B5よこ_裏面 0617out.jpg

企画:ネオノイジズム オルガナイザーズ
協力:TURNAROUND

第6回-仙台アート・ジェオ・コンストゥルイ研究会展

2017.07.10 Monday | ギャラリー情報

2017DMおもてoutmini.jpg

第6回
仙台アート・ジェオ・コンストゥルイ研究会展


○会期 2017/7/25火曜-7/30日曜

△会場 Gallery TURNAROUND
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
022-398-6413
*地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩4分

□出品作家
安部朝美、上原啓五、大平啓太、男澤 亨、黒田清志、
小山維子、佐藤朱理、関本陽子、関本欣哉、高山圭子
高山聖子、三上秀夫、村上裕之、
吉本直貴Satoru


登米市出身でパリ在住の佐藤達氏に習って、仙台で幾何学アートを研究するグループの展覧会です。
「直線」から始まり、「三角」、「正方形」、「丸」、「立体に見える平面」とテーマを変えてきましたが、6回目の今年は各作家自由な作品を展示いたします。



▶サトル・サトウ・アート・ミュージアム
http://www.city.tome.miyagi.jp/satorusatoartmuseum/index.html

▶佐藤達の独り言
http://art-satoru.blogspot.jp/



2017DMおもてout.jpg2017DMうら.jpg

臨時休業のお知らせ

2017.07.09 Sunday | お知らせ

[臨時休業のお知らせ]

誠に勝手ながら、7/17(月)〜24(月)の期間店舗はお休みさせて頂きます。
内部業務は行っておりますが、不在も多くなるため電話には出られないこともござます。info@turn-around.jpまでメールでご連絡ください。

※アンデパンダン展申込の方は事前にご連絡いただくか、ポスト投函で対応させて頂きます。webからのエントリーは変わらず可能です。


どうぞよろしくお願いいたします。


Gallery TURNAROUND

増子静展「Jadeite Jade Series 〜 The Milky Way Galaxy Dance」

2017.07.04 Tuesday | ギャラリー情報

2017 A4たて_表面 0519outmini.jpg


増子静展
「Jadeite Jade Series 〜 The Milky Way Galaxy Dance」


会期:
2017.7.11tue -16sun
11:00-20:00、日曜18:00迄

会場:
Gallery TURNAROUND
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分


増子 静 SHIZUKA Masuko

宮城県在住
 
[個展]
1987−「ミルクの海から蓮の華がうまれて」/仙台 ラ・メール
1988−「光の麻しんドローイング」/仙台 フォーラスギャラリープリズム
2002−ガラスの骨〜大気に吸われていく夕闇 /東京表参道 Galerie 412
2009−枯葉曼荼羅華展 /仙台 アートスペース宙
2013−晨星の深夜の蜃気楼〜煙人との会話2 一瞬と永遠/仙台 Gallery TURNAROUND
2015−オルフィニウムの花粉〜煙人との会話3 黄泉がえり/Gallery TURNAROUND

その他、グループ展等多数参加



2017 A4たて_表面 0519out.jpg

2017 A4たて_裏面 web用.jpg