タナランブログ

菊地良博 「生成する肉」 / Yoshihiro Kikuchi:Flesh Generates

2019.04.12 Friday | ギャラリー情報

kikuchiyoshihiro omote m.jpg

菊地良博 「生成する肉」
Yoshihiro Kikuchi : Flesh Generates



1980年、宮城県生まれの菊地良博の、仙台では約9年ぶりとなる個展です。

本展では、アダルトビデオの映像信号と音声信号を逆転させた最新のインスタレーション作品”Room Aroused”と、雑誌から引用した死体やポルノ写真を素材にしたペインティング・シリーズ”Optic Scissure”の新作、自身の血液を素材にした作品を中心に、現在まで試みられた複数のシリーズから、習作を含む未発表作品を新旧交えて多数公開します。



会 期:
 2019年4月9日(火)− 4月21日(日)
 11:00-19:30、日曜-17:00迄 月曜休廊 入場無料

トーク:「菊地良博はなにがしたいのか」
 4月13日(土)17:30-19:00 定員30名 予約優先
 登壇者:清水建人(せんだいメディアテーク学芸員)・菊地良博
 司 会:関本欣哉(TURNAROUND)

会 場:
 Gallery TURNAROUND
 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
 (仙台市地下鉄東西線「大町西公園駅」から徒歩5分)
 tel・022-398-6413 mail・info@turn-around.jp
 web・http://turn-around.jp/



菊地良博 (きくち よしひろ)
美術家/音楽家

1980年 宮城県生まれ。 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒業。
動物と峻別される、人間のみに現れる特質(言語、社会システムにおける性など)の論理的な否定的解体および再構築を、さらにはその行為者たる自身の論理性の否定を、 ドローイング、コラージュ、ペインティング、印刷、彫刻、映像、インスタレーションなどのメディアを用いて行う。
また、様々な形態で実験的な音楽を制作・演奏する。音源リリース多数。
AISHO MIURA ARTS(東京)、AISHONANZUKA(香港)、APT Beijing/MutualArt(北京/ロンドン) 所属。

主な展覧会
個展
2019年 「Super Processor」 AISHONANZUKA、香港
2016年 「Dldap/Enogo/Auxar/Dgaen」 AISHONANZUKA、香港
2015年 「Solo Exhibition」 Autocenter、ベルリン

グループ展/アートフェア
2019年 「Feeding Your Demons」Galerie Gebr. Lehmann, ドレスデン (今秋開催予定)
2016年 「アート・ケルン」 ケルン
2016年 「VOCA展 2016」上野の森美術館、東京
2015年 「PROCESS」CMAE、アストゥリアス、スペイン

http://yoshihirokikuchi.org



dm:130×210
kikuchiyoshihiro omote.jpg

kikuchiyoshihiro ura.jpg


企 画:TURNAROUND|miyagi art singularity -
*「miyagi art singularity」は、宮城を拠点に活動するアーティストの展覧会及びトークをシリーズで企画、発信するものです。
協 力:コトバ事務所
助 成:(公財)仙台市市民文化事業団

美術手帖web
https://bijutsutecho.com/exhibitions/3591

−−−−−−

【関連イベント】
Talibam! Japan Tour 2019 仙台公演

菊地良博がニューヨークから来日するバンド、
Talibam!を招いてライブ・イベントを企画します。

日 時:2019年4月6日(土) 開場17:30、開演18:00
会 場:Gallery TURNAROUND
入場料:1,800円
出 演:Talibam!
    Koji Shibuya’s Eternal Calamity(澁谷浩次ほか)
    菊地良博

Facebook
https://www.facebook.com/events/301955150468349/304570593540138/?notif_t=admin_plan_mall_activity¬if_id=1551257341383973

[仙台藝術舎/creek : 2019.6月開講 第4期生募集中]

2019.04.09 Tuesday | お知らせ

creek4omote m.jpg

【仙台藝術舎/creekでは、2019.6月開講 第4期生を募集しております】

仙台藝術舎/creekは、次世代のアーティストやアートに携わる人材を育成する学校です。
10か月に渡り、美術家、美術批評家、キュレーターや、他県からの特別講師を迎え、講義やワークショップを実施します。参加者同士や講師陣とのコミュニケーションを重視するため少人数制とします。プログラムの最後には、仙台市内の会場でグループ展を企画・実施します。経験やスキル以上に、熱心に学ぶ姿勢を重視します。


4期 募集概要

〇 受講期間 : 2019年6月〜2020年3月 
  主に夜間開催/1回90分程度
〇 定員 : 15名程度      
〇 講座回数 : 全30回程度 (講義/ワークショップ/展覧会)
〇 対象 : 10〜30代で美術に関心のある方(限りではない)
〇 受講料 : 5.5万円 (学割3万円 、継続3.8万円)
     *一部授業で材料費など発生します
〇 申込方法 :
 〔樵亜´年齢・職業 〒住所 づ渡暖峭罅´ゥ瓠璽襯▲疋譽后
 Τ萋偉髻過去作などの資料(特にない方はその旨記載してください)
 Щ臆弾圧 ,鯡正の上メールにて申し込みください
〇 4期講師 :
  青野文昭、五十嵐太郎、清水建人
  小岩勉、千石英世、市原研太郎、佐々瞬 他


その他はチラシ、webをご覧ください

creek4omote.jpg
creek4ura.jpg

web:
http://sg-creek.jp/
Facebook:
https://www.facebook.com/sendai.creek/
Twitter:
https://twitter.com/creeksendai2017


ご興味ある方はお気軽にお問合せください。
宜しくお願い致します。

仙台藝術舎/creek 
事務局(ターンアラウンド内)
info*turn-around.jp(*を@に)
022-398-6413 
月休・その他臨時休業あり

助成:(公財)仙台市市民文化事業団

吉田愛美「私がいなくなる時」

2019.04.09 Tuesday | ギャラリー情報

ami yoshida flier2m.jpg

吉田愛美「私がいなくなる時」

1994年宮城県生まれ、2017年東北芸術工科大学美術科彫刻コース卒業の吉田愛美の個展。
吉田は、2011年の東日本大震災の際、人間の身体が思っていたよりも簡単に壊れてしまうということに衝撃を受けました。それ以降、身体の脆さや不安定さ、そこから残された感情や記憶、魂の行方をテーマに、一貫して人体彫刻を作り続けています。
本展では、母子像などの彫刻作品数点とドローイングを発表します。
3.11の際に感じた脆い”容れ物"である身体から、新しい"容れ物"が生まれることに対する不思議さ、命を生みだすとはどのようなことなのか。模索しながら生まれる吉田の新たな表現に注目します。 


会 期:2019年4月23日(火) − 28日(日)
    11:00-19:30、日曜17:00、最終日16:00迄 月休 
    入場無料

トーク:4月26日(金)19:00-20:30
    参加費500円、定員25名、予約優先
    登壇者:松崎なつひ(宮城県美術館学芸員)・吉田愛美
    司 会:関本欣哉(TURNAROUND)
    18:30~レセプションパーティー開催

会 場:Gallery TURNAROUND
    980-0805仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
    (仙台市地下鉄東西線「大町西公園駅」から徒歩5分)
    tel・022-398-6413 mail・info@turn-around.jp
    web・http://turn-around.jp/


吉田 愛美 (よしだ あみ)
彫刻家
1994年宮城県生まれ。2017年東北芸術工科大学芸術学部美術科彫刻コース卒。

展示歴
2018 吉田愛美 個展/アートスペース羅針盤(東京)
2017 星☆地球展 招待作家として出品
   /せんだいメディアテーク(宮城)
   いりやKOUBO準大賞受賞者展/いりや画廊(東京)
   卒業制作展
   /東北芸術工科大学(山形)・東京都美術館(東京)
2016 いりやKOUBO/いりや画廊(東京)
   1111 -tell-展/新宿眼科画廊(東京)
   Pray for 〇 吉田愛美個展
   /塩竃市杉村惇美術館(宮城)
2015 金沢彫刻祭「そとでてみんけ」/金沢市
   国展(くにてん)/Gallery TURNAROUND(宮城)

受賞歴
2016 いりやKOUBO 準大賞受賞(東京)
2015 宮城県芸術祭芸術協会賞受賞

https://amiyoshida.wixsite.com/ami-yoshida


dm:130×210
ami yoshida flier2.jpg
ami yoshida flier1.jpg

企 画:TURNAROUND|miyagi art singularity -
 *「miyagi art singularity」は、宮城を拠点に活動するアーティストの展覧会
  及びトークをシリーズで企画、発信するものです。
協 力:コトバ事務所
助 成:(公財)仙台市市民文化事業団

第十回 中島ノブヤ展 プラスマイナスゼロ

2019.04.08 Monday | ギャラリー情報

1903中島様はがき1m.jpg


第十回 中島ノブヤ展 プラスマイナスゼロ

平成が終わり年号が変わります。
心をよぎる景色をカラフルに描き留めてみます。

1967年生まれ仙台市在住。
震災前後から少しずつ絵を描き始めました。
気がつけば個展も10回目。
レバーはタレ派、カツオ刺しはニンニク派。
画用紙に、筆ペン、ダーマトグラフ、パステルなど、まちの文房具店で揃う画材を愛用しています。



会期:2019.5.21(火)〜26(日)

時間:21日(火)は13:00-19:30、25日(土)は8:30-19:30、
   26日(日)は8:30-17:00、その他は11:00-19:30

会場:Gallery TURNAROUND
   仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
   地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分

略歴
中島ノブヤ(なかじま・のぶや)
1967年5月26日生まれ、千葉県松戸市出身、仙台在住

2013.5 第1回個展「come and dance」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2013.11 第2回個展「タナラン収穫祭」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2014.7 第3回個展「がんばれ!ナカG特訓中!」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2015.5 第4回個展「BRAND NEW SONG BOOK」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2016.5 第5回個展「EVEN PACE」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2017.5 第6回個展「Moonlight and Roses」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2017.10 第7回個展「中島ノブヤ展」(開運橋のジョニー/岩手県盛岡市)
2017.11 第8回個展「新しい町」(清航館/福島県いわき市)
2018.5 第9回個展「海岸線」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2019.5 第10回個展「プラスマイナスゼロ」(Gallery TURNAROUND/仙台)



1903中島様はがき2.jpg

Talibam! Live in Sendai

2019.04.03 Wednesday | お知らせ

[臨時休業のお知らせ]

4/4(木)、4/5(金)、4/7(日)は大手町店舗はお休みさせていただきます。
4/6(土)は「Talibam! Japan Tour 2019 仙台公演」開催↓↓↓


talibam466m.jpg
Talibam! Japan Tour 2019 仙台公演

菊地良博がニューヨークから来日するバンド、
Talibam!を招いてライブ・イベントを企画します。

日時:2019年4月6日(土) 開場17:30、開演18:00
会場:Gallery TURNAROUND
   仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
料金:1,800円
出演:
 ◎Talibam!
 ◎Koji Shibuya’s Eternal Calamity
   澁谷浩次 bass, vocal
   皆木大知 guitar
   佐藤ゆか clarinet
   相原洋 trombone
   山路智恵子 percussion)
 ◎菊地良博


Facebookイベントページにて情報随時公開中です↓
https://www.facebook.com/events/301955150468349/304570593540138/?notif_t=admin_plan_mall_activity¬if_id=1551257341383973

問い合わせ: info*yoshihirokikuchi.org(*を@に)



◎そして、次週の展覧会はこちら↓↓↓

菊地良博 「生成する肉」
Yoshihiro Kikuchi : Flesh Generates

http://turn-around.jp/sb/log/eid686.html