タナランブログ

年末年始休暇のご案内

2018.12.29 Saturday | お知らせ

本年も余日少なくなってまいりました。
皆様におかれましては、いよいよご壮健のこととお喜び申し上げます。
ターンアラウンド、年末年始休暇日程は下記の通りとなります。


・2018年12月30日(日)から2019年1月5日(土)まで休廊
・1月6日(日)は15:00から18:00までの営業
 ※11:00-14:00、卸町「スタジオ開墾」にてオープンお披露目会
  http://tohokuakindodesign.jp/event/2580/
・1月7日(月)は定休日のためお休み頂きます、8日から通常営業




2019年最初の展覧会は引き続き、青野文昭展「人のおもかげ―いろいろな靴より 2018~2019」となります。会期は1/13(日)まで。

[1-2月の展覧会予告]
・1/15-1/27 佐々木健“ Wear a second skin without foundation“
・1/29-2/10 瀬尾夏美個展「風景から歌」
・2/12-2/24 小野寺綾展−世界のかけら
・2/26-3/10 翁譲「ひとつひとつの物たち」



本年もご愛顧誠にありがとうございました。
2019年のターンアラウンドもどうぞよろしくお願い致します。



Gallery TURNAROUND

卸町|プロジェクト完了記念 施設お披露目会 開催!

2018.12.20 Thursday | お知らせ

1.jpg


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
とうほくあきんどでざいん塾

卸町|つくる場所をつくる!DIY PROJECT
プロジェクト完了記念 施設お披露目会 開催!

施設名称は「スタジオ開墾」に決定。
いよいよ来年1月よりシェアスタジオが稼働!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「とうほくあきんどでざいん塾」が今年度展開してきた〈共同スタジオ〉を創り出すプロジェクト、「DIY PROJECT」。当ギャラリー関本もプロジェクトリーダーとして携わっております。途中、さまざまな課題が噴出し、当初の予定より約2ヶ月遅れとなりましたが、年明け2019年1月6日にスタジオのお披露目会を開催することとなりました。是非多くの方々にこの施設の門出に立ち会っていただきたいと思っております。

当日は、プロジェクトに参加した若手クリエイターのみなさんとともに、これまでの過程を振り返りながら、今後この場所が果たすべき役割や可能性について、語り合えたらと考えています。また、会場では参加クリエイターやアーティストによる作品展示や公開制作も行います。軽食もご用意しておりますので、お誘い合わせのうえ、新年は卸町へぜひ足をお運びください。


◎日 時
 2019年1月6日(日)11:00-14:00

◎会 場
 スタジオ開墾(旧・イベント倉庫 ハトの家)
 〒984-0015 仙台市若林区卸町2-15-6
 ・仙台市地下鉄東西線「卸町駅」下車、北1出口より徒歩9分
 ・お車の場合は、建物隣接のサンフェスタ駐車場をご利用ください

◎参加費
 無料(軽食付き、要予約

◎対 象
 プロジェクトの経過や、今後の施設利用等に関心のある方のほか、
 どなたでもご参加いただけます。*当日は暖かい格好でお越しください。

◎予約方法
 とうほくあきんどでざいん塾webのフォームよりお申込みください
 http://tohokuakindodesign.jp/event/2580/
 (↑スクロールして下の方に申込フォームがあります)

◎主 催
 とうほくあきんどでざいん塾


<タイムテーブル>

 11:00-11:15 関係各位より挨拶
 11:15-11:45 プロジェクト参加者紹介
 12:00-14:00 乾杯&立食ランチ
 12:30-13:10 トーク
  ゲスト:五十嵐太郎(東北大学大学院工学研究科 教授建築史・建築評論家)
  聞き手:関本欣哉(プロジェクトリーダー、Gallery TURNAROUND 代表)
      長内綾子、松井健太郎(ともに、とうほくあきんどでざいん塾コーディネーター)
 13:10-14:00 会場自由見学


◎ゲスト略歴
五十嵐太郎(いがらし・たろう)
1967年フランス・パリ生まれ。2008年 ヴエネツィアビエンナーレ国際建築展では日本館コミッショナー、2007年リスボン建築トリエンナーレでは日本セクションのキュレータ、そしてあいちトリエンナーレ2013では芸術監督を務める。また現在、世界20ヶ所を巡回中の「311―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」展の監修を行った。


◎イベントチラシデータ(B5サイズ)
DIY_ohirome.jpg

◎スタジオ開墾とは

未開の土壌を肥沃な大地へ。
そんな勇気ある開拓人が集う場所、それが、「スタジオ開墾」です。



「スタジオ開墾」のある卸町は、その名の通り、国内最大規模を誇る流通団地で、1965年、仙台平野に広がる田畑を整備し生まれました。東北の高度経済成長を支えてきたこの町で、かつては紙問屋の倉庫として使われていた遊休倉庫を活用し、地域に新たな息吹と活力を与える文化の開拓地となることが、「スタジオ開墾」の目標であり使命です。

英語の「culture」は、「耕す」を意味するラテン語「colere」に由来し、はじめは土地を耕す意味であったのが、英語になり「心を耕すこと」の意味として用いられるようになったといいます(参考:語源由来辞典)。

耕すことは文化をつくること、そして人をつくること。そのことをモットーに、集うみなさんと共に、この場所も絶えず成長してゆく所存です。

一方、少子高齢化社会のいま、地域が抱えるさまざまな課題に着目し、ジャンルの壁を越えて協働する場となることも願っています。たとえば、この地に住まう多くの方々が、東日本大震災という大きな出来事を経験しました。この場所に関わる方々には、そのことを地域の独自性と捉え、絶えず意見交換や検証をしながら、表現や制作の糧としていただけたらと考えています。

旧来のシステムでは立ち行かなくなり、価値観の転換を迫られるいまだからこそ、「スタジオ開墾」は、未知のリスクに恐れながらも挑戦する、そんな勇気ある人々を最大限応援します。活力と持続的な地域社会をつくるには、経済と文化の両軸が必要であり、それらを推し進める人の力こそが必要であると信じて。


◎お問い合わせ
とうほくあきんどでざいん塾(担当:山口、深村)
〒984-8651 仙台市若林区卸町2-15-2 卸町会館5F TRUNK内
TEL:022-235-2161(代表) 022-237-7232(直通) FAX:022-284-0864
Email:info@tohokuakindodesign.jp

THE6 GALLERY PROJECT/PROJECT - 2

2018.12.06 Thursday | お知らせ

THE6 GALLERY PROJECT

PROJECT - 2
岡沢 幸


6-turn-gallery-2岡沢幸mi.jpg
岡沢 幸 「知らない惑星」 2018 銅版画 450*600
(実際に展示される作品とは異なります)


2018年10月より、春日町にありますシェアオフィス「THE6」と共同企画がスタートしました。THE6の壁面を活用し、TURNAROUNDが仙台・宮城を中心としたアーティストの作品をディレクション、展示いたします。
THE6の営業時間中はどなたでもご覧になれます。また、展示されている作品は購入可能となっておりますのでご希望の方はスタッフまでお声がけください(ターンアラウンドにご連絡いただいてもかまいません)
「THE6 GALLERY PROJECT」どうぞよろしくお願い致します。



■PROJECT - 2
 展示期間:2018年12月3日〜2019年1月31日
 artist:岡沢 幸
 https://zonprint.jimdo.com/
 

■会場
 THE6
 980-0821 仙台市青葉区春日町 9-15 THE 6 3F
 平日9:00〜19:00 (土日祝日及び12/28-1/6休み)
 http://the6.jp/

※作品の撮影は会場の指示に従ってください


■作品について等お問合せ
 Gallery TURNAROUND
 info@turn-around.jp
 022-398-6413 担当:関本、安部


6-turn-gallery-2岡沢幸bmi.jpg

佐々木健 初期PAINTING作品 1990- 展

2018.12.06 Thursday | ギャラリー情報

1993紅衛兵 m.jpg
「紅衛兵」 F8 キャンバスにアクリル 1993


佐々木健 初期PAINTING作品 1990- 展

佐々木健はこれまで刷毛跡のストロークを垂直方向に施した絵画を制作してきました。
本展では、90年代を中心とした初期PAINTING作品十数点を展示いたします。

急遽企画された展覧会となりますが、ご高覧いただければ幸いです。


会期:2018年12月11日(火)〜12月16日(日)
   11:00-19:30、最終日17:00迄
会場:Gallery TURNAROUND
   地下鉄東西線大町西公園駅より徒歩5分


佐々木 健 KEN SASAKI  略歴


1968 宮城県 石巻生まれ
1991 宮城教育大学B類美術科卒業
1994 第8回ホルベイン・スカラシップ奨学生
2011 宮城県芸術選奨

個展
1993 「平面の試行・3」 仙台市博物館ギャラリー/宮城
    「均質について・絵画 」 宮城県美術館県民ギャラリー
1995 「見るものから見る者へ」 リアスアーク美術館/宮城
1996 「新作PAINTING 展」 青城2ndギャラリー/宮城
1997 「GROUNDLESS PITCH」 WHAT'S ART GALLERY/宮城
1999 「GROUNDLESS PITCH II」 Gallery ART SPACE/東京
2003  "Re:silent Pitch" コバヤシ画廊/東京 (2002-2018)
2010  "Re:Groundless Pitch" 仙台アーティストランプレイス/ 宮城 (2010-2018)
2017  "Re:Groundless Pitch VII" Gallery TURNAROUND/宮城
    「不定住と分裂 II」 仙台アーティストランプレイス/宮城
2018  "漸次的、脱皮の理由" コバヤシ画廊/東京
  "Re:Groundless Pitch VIII" 仙台アーティストランプレイス/ 宮城   他

グループ展 ・ 他
1989 アパルトヘイト否!学生展 イーセンアーレンギャラリー/宮城
    平面の試行展・1 141ギャラリー/宮城
1990 プレ卒業制作展 宮城教育大学図書館ギャラリー
    平面の試行展・2 クリオギャラリー/宮城
1991 卒業制作展 宮城県美術館県民ギャラリー
1992 松島現代アート100展 松島町・西行戻しの松公園/宮城
    GROUP EXHIBITION'92 仙台市博物館ギャラリー/宮城
1993 第4回リキテックスビエンナーレ 渋谷西武Bフォーラム/東京
1994 宮城県美術館普及部「公開制作」 宮城県美術館創作室
    第49回ワークショップ展 宮城県美術館県民ギャラリー
1995 CAPRICON UNIT展 宮城県美術館県民ギャラリー
1997 境界/分裂/流動 ギャラリー青城/宮城
1998 ubusuna1998 exhibition 宮城県美術館県民ギャラリー
    うぶすな展 東京都美術館
1999 EXHIBITION 1999 ギャラリー彩園子・・・/岩手
2001 Exposition D'UBUSUNA Cite Internasionale des Arts/PARIS
2002 第5回日韓現代美術交流展 in Sendai せんだいメディアテーク/宮城
2004 リアス・アーク美術館10周年記念展/宮城
2006 ホワイト大作戦 デビュー展 宮城県美術館県民ギャラリー
    Scale-Out ヒューモスウイング/宮城
2007 Scale-out2007 仙台卸町 creative space/宮城
2008 Scale-out2008 コバヤシ画廊/東京
2010 反響する星々  宮城県美術館県民ギャラリー
    ギャラリー青城クロージング展 ギャラリー青城/宮城
    SARPオープニング展 仙台アーティストランプレイス/宮城
2011 アートみやぎ2011 宮城県美術館
    センダイモリオカアート 宮城県美術館県民ギャラリー
2012 仙台アンデパンダン展 ギャラリーチグリフリ/宮城
    抽象絵画 -分かるとは- 旧石井県令邸/岩手
    宮城県芸術選奨受賞者作品展 東京エレクトロンホール宮城/宮城
2015 SARP参加作家小品展(SARP5周年企画)/宮城
2016 SARP小品展 仙台アーティストランプレイス/宮城 ('17)〜('18)
2018 TURNAROUND小品展 Gallery TURNAROUND/宮城    他

佐々木健
s-ken_@muc.biglobe.ne.jp
http://www2u.biglobe.ne.jp/~capri/

[翌週、錦町のSARPにて個展開催]
佐々木 健 展 - "Re : Groundless Pitch VIII"-
2018.12.18(火)〜2018.12.23(日)
12:00〜19:00(最終日は17:00まで)