タナランブログ

臨時休業、営業日のお知らせ

2022.07.30 Saturday | お知らせ

臨時休業のお知らせ

誠に恐れ入りますが、
7月末〜8月中旬までの大手町店の営業日をお知らせいたします。
大変わかりづらく申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


7/29金曜〜31日日曜 お休み
8/1月曜日 定休日
8/2火曜日 お休み
8/3水曜日 営業日
8/4木曜日 お休み
8/5金曜日 営業日
 花火大会のため夜10時まで営業します。
 ささやかにビールやソフトクリームなどお出ししていますのでご都合合いましたらぜひお立ち寄りください。
8/6土曜日 お休み
8/7日曜日 営業日
8/8月曜日 定休日
8/9火曜日 お休み予定
8/10水曜日 営業日
8/11木曜日 お休み
8/12金曜日 営業日
8/13土曜〜16火曜 お休み
8/17〜通常オープン


大手町お休み日は仙台フォーラス7階「even」におります。
恐れ入りますが、宜しくお願い致します。





◉第10回 仙台アート・ジェオ・コンストゥルイ研究会展
会期|2022年7月30日[土]−8月4日[木]
   10:00-20:00、最終日は18:00迄 
会場|TURN ANOTHER ROUND(アナラン)
  仙台フォーラス7階 even 内ギャラリー
https://www.facebook.com/ArtGeoSendai

◉第11回せんだい21アンデパンダン展2022
応募受付中、8/3〆切です
https://sendai21-independants.com/

◉OF HOTEL LOCAL SESSION Vol.001
青野文昭:since then, from now on

会期:2022.7.1(金) – 7.31(日)
時間:10:00-16:00(カフェ営業時間内)
※カフェご利用のお客様がおられる場合は鑑賞にご不便をおかけする場合もございます。ご了承ください。
会場: OF HOTEL(オブホテル )
  〒980-0013仙台市青葉区花京院1丁目4-14
http://turn-around.jp/sb/log/eid875.html

◉THE6 GALLERY PROJECT
PROJECT - 20 菊池 聡太朗

2022年7月4日〜9月30日
平日のみ9:00-18:00 (土日祝及び8月10日〜16日はお休み)
会場:THE6
http://turn-around.jp/sb/log/eid877.html

【evenアナラン会場】第10回 仙台アート・ジェオ・コンストゥルイ研究会展

2022.07.21 Thursday | ギャラリー情報 > even/TURN ANOTHER ROUND

2022DMおもてsm .jpg


第10回 仙台アート・ジェオ・コンストゥルイ研究会展
Exposition Art Geo Construit


仙台で幾何学構成アートに取り組むグループが主催する展覧会です。
登米市出身でパリ在住の造形作家・佐藤達氏とともに2012年よりスタートし、今年で10回目を迎えました。
今年も在仙作家のほか、国内外からの招待作家、計25名の作品をご覧いただけます。

-参加作家----------
◉在仙作家
 上原 啓五 大平 啓太 男澤  亨 黒田 清志
 小松 達雄 佐藤 朱理 関本 欣哉 盪 圭子 盪 聖子
 早坂 照夫 村上 ヒロユキ 三上 秀夫 竹村 廣子 安部 朝美      
◉招待作家
 市川 和英 市野 泰通 菊池 敏直 北川順一郎 中川 猛
 沼田 直英 前田 一澄 吉本 直貴 Satoru(佐藤達)
 Gaël Bourmaud  Pierre Mavropoulos




会期|2022年7月30日[土]−8月4日[木] 無休
   10:00-20:00、最終日は18:00迄 
会場|TURN ANOTHER ROUND(アナラン)
  仙台フォーラス7階 even 内ギャラリー
  980-8546 宮城県仙台市青葉区一番町3-11-15
  tel 022-796-3308  mail info@even-sendai.com 
  web https://even-sendai.com/
  Instagram https://www.instagram.com/turn_another_round/
  Facebook https://www.facebook.com/TurnAnotherRound
交通案内|
 JR/仙台駅より徒歩15分
 地下鉄/南北線広瀬通駅西4出口より徒歩1分、
     東西線青葉通一番町駅より徒歩4分
 車/東北自動車道仙台宮城インターチェンジより車で約10分
 駐車場は近隣コインパーキング(有料)をご利用ください。
 ギャラリーでの駐車券の発券はございません。

■感染症対策にご協力をお願いします。
■会場への祝花はご遠慮させていただきます。

幾何学2022-1

幾何学2022-2


主催/仙台アート・ジェオ・コンストゥルイ研究会



登米市のサトル・サトウ・アート・ミュージアムでは今夏下記のイベントを予定しています。イベントのない日も展示室はオープンしていますので、ご興味のある方は是非ミュージアムまで足をお運びください。

 
◉ファミリーアートワークショップ
 講師 佐藤 達
 日時 7月30日土曜 9時30分〜正午
 場所 中田生涯学習センター前庭
 参加 無料
 対象 親子20組
 内容 木材と竹材を使って制作、木材にペイント
 準備物 汚れても良い服装・軍手・防止・飲み物
 申込〆切 7/24

◉おとな幾何学絵画教室
 講師 佐藤 達
 日時 2022/8/27-28の二日間 10時〜3時
 会場 中田生涯学習センター
 テーマ 「直線と構成」
 定員 15名
 参加 無料
 申込〆切 8/19まで 

共に申込は中田障害学習センター。0220-34-8081
https://www.city.tome.miyagi.jp/satorusatoartmuseum/

第11回せんだい21アンデパンダン展2022

2022.07.14 Thursday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

アンデパンダン0

第11回せんだい21アンデパンダン展2022
応募受付中



2012年にスタートして今年で11回目のせんだい21アンデパンダン展。
今年も下記の美術館、ギャラリーを会場に開催します。
応募締め切りは8月3日水曜日(定員に達し次第締め切り)です。
皆様のエントリーお待ちしています!!
https://sendai21-independants.com/


1884年、フランスのパリからはじまった自由と独立を意味する[independants]を冠した無審査の美術展[アンデパンダン展]。表現者にとってかけがえのないその精神は日本、そして仙台にも伝わってきました。かくして21世紀の仙台、無審査で出品される表現は観るものにどんな感動をもたらしてくれるでしょう。本展は仙台のギャラリースペースが協力、連携し、誰にでも等しく開かれた場を設け、新たな時代の表現を目撃しようとする試みです。 あなたの自由な精神に満ちた出品作品に期待します。フランスではアンリ・ルソーが、アメリカではマルセル・デュシャンが、そして仙台では糸井貫二(ダダカン)がアンデパンダン展から登場しています。本展では、ジャンル、趣向、年齢、経歴、主張、価値…あらゆる垣根を越え、誰にでも等しく開かれた表現の場であることが目指されます。 



●状況により中止や無観客およびSNS等での開催になる場合があります。

●会期:2022年9月28日(水)-10月9日(日)
     パフォーマンス日は10/2(日)
     定休日調整中

●会場:
 |翹楡浸文渋緘術館 (青葉区東勝山)
 GALLERY ECHIGO (青葉区双葉ヶ丘)
 SARP 仙台アーティストランプレイス-A(青葉区錦町)
 ぅャラリーチフリグリ (宮城野区五輪)
 Gallery TURNAROUND (青葉区大手町)
 TURN ANOTHER ROUND (青葉区一番町フォーラス7階)
 野外展示会場のりっぱ (青葉区大手町)
 野外パフォーマンス会場 (勾当台公園野外音楽堂予定)
  ・営業時間は会場ごとに異なります
  ・展示会場は実行委員会で決定します

●募集作品:平面、立体、映像、野外展示作品、パフォーマンス

●エントリー〆切:8月3日(水曜)(定員になり次第〆切)

●エントリーは下記webフォームから可能です、
 https://forms.gle/fS19jf7aKf4J8gC98
 チラシ裏面の応募用紙を郵送、又は営業中の各会場でも受付ます。休廊日にご注意ください。

●参加費:1点3,500円、2点6,000円(送料別)
 ※8月25日〜9月25日の間に振込または書留でお支払いください。
  ターンアラウンドでの現金払いも可。
  ▶振込先/七十七銀行 芭蕉の辻支店 普通 5766869
   仙台21アンデパンダン 代表 関本 欣哉
 ※運搬費は搬入搬出ともにご本人様の別途ご負担になります。
 ※開催中止の場合、出品料は振込手数料を差し引いてご返金いたします。
 ※参加者都合によるキャンセルの場合は返金できませんのでご了承ください。


●搬入
 ・宅配便または指定業者《横山美創》による委託を基本としていますが、直接搬入をご希望の方は、決定した会場スタッフとお打ち合わせください。業者手配はご自身でお願いします。
 ・搬入日は「会場決定通知書」でお知らせいたします(9/26予定)

●搬出
 ・最終日15時〜
 ・指定がない場合、会場手配の宅配便着払いでご返送いたします。
 ・直接搬出をご希望の方は、決定した会場スタッフとお打ち合わせください。


●作品サイズ:
 ・平面立体ともに普通宅配便で発送可能なものを基本とします。
 ・映像作品は5分以内
 ・のりっぱ野外展示作品は、縦3m×横3m×高さ2m以内。期間中は無人野外展示になります。雨や強風等に耐えられる作品に限ります。応募時に完成予定図を提出のこと。のりっぱは自身による搬入出であること、および自身での展示作業が可能な方に限らせていただきます。


その他、詳細は応募チラシ両面を必ずご確認下さい。

アンデパンダン1
アンデパンダン2


【お問合せは事務局まで】
info*sendai21-independants.com(*を@に)
022-398-6413(月休、その他臨時休業あり)


主催:せんだい21アンデパンダン展実行委員会
令和4年度 仙台市青葉区まちづくり活動助成事業
後援:河北新報社、TBC東北放送、仙台放送、KHB東日本放送、ミヤギテレビ、エフエム仙台
題字協力:糸井貫二(ダダカン)
搬入出委託代行特別協力:横山美創

OF HOTEL LOCAL SESSION Vol.001「青野文昭 : since then, from now on」

2022.07.13 Wednesday | artist news

仙台初のリノベーションホテルとして2022年7月1日にオープンした「OF HOTEL」。
ターンアラウンドでは、2020年のホテル準備段階からお声がけいただき、「ローカルセッション」というコンセプトのもと、ご協力いただいた皆様とともに、アートの分野から微力ながら関りをもたせていただきました。
そしてこのたび、オープニングを飾る展覧会として、青野文昭氏の個展を開催いたします。
「since then, from now on/その後の今」。
継承しながらも新しく生まれ変わる仙台の新たなスペースに、県外からのお客様はもちろん、地元の皆様も是非足をお運び頂ければと思います。

展示作品の購入方法につきましては、ホテルフロント、もしくはターンアラウンドまでお声がけください。

一部作品は非公開のオンラインストアでも購入可能となりました。
ご希望の方にはログインパスワードをお知らせしますのでお気軽にターンアラウンドまでご連絡ください。info@turn-around.jp



青野文昭展202207


OF HOTEL LOCAL SESSION Vol.001
青野文昭:since then, from now on


ローカルの魅力を共創するライフスタイルホテル OF HOTEL。
「東北との新しい出会いの場」として、今後さまざまなジャンルのプロジェクトを始動します。記念すべき第一弾は、国内外で精力的に作品を発表する宮城県仙台市出身の美術家・青野文昭の展覧会です。ホテルレセプションおよび2階ラウンジにインストールされた平面/立体作品の数々を、ゆっくりとご覧下さい。

主催:OF HOTEL
企画:TURNAROUND


●会期:2022.7.1(金) – 7.31(日)

●時間:10:00-16:00(カフェ営業時間内)
 ※カフェご利用のお客様がおられる場合は鑑賞にご不便をおかけする場合もございます。ご了承ください。

●会場: OF HOTEL(オブホテル )
   〒980-0013仙台市青葉区花京院1丁目4-14
   JR仙台駅より徒歩6分 / タクシーで約5分
   ※ホテルには併設の駐車場がございません。
    近隣駐車場をご利用ください。

●お問い合わせはフォームより https://of-hotel.com/contact/


●トークイベント●
※定員となりましたので〆切ました。ありがとうございます。7/26付
日時:7.27(水) 19:00-21:00 (開場 18:30)
定員:15名(要予約・先着順)
お申し込みフォーム:https://forms.gle/Wg5XSP7MomjeB1199
出演:青野文昭(美術家)、清水建人(せんだいメディアテーク学芸員)、長内綾子(Survivart代表)、関本欣哉(TURNAROUND代表)
※新型コロナウイルス感染症対策のため、お一人ずつのお申し込みとさせていただいております。

artist略歴:

青野 文昭 Aono Fumiaki

1968 年宮城県仙台市⽣まれ。宮城教育⼤学⼤学院美術教育科修了。90 年代より「復元」をテーマにかかげ、各地で拾ってきた欠片へ様々なパターンの「なおし」を試みながら、多様な問題を浮かび上がらせようとしている。
近年の主な個展に、 「青野文昭 ものの,ねむり,越路山,こえ」(2019年、せんだいメディアテーク)、「次から次へと、、、、」(2021年、ギャラリーターンアラウンド、仙台)、「どこから来てどこへ向かうのか」(2022年、上野の森美術館ギャラリー、東京) 、「谷間に生えだす―とあるタテモノのおもかげ」(2022年、LOKOギャラリー、東京)。グループ展に、「コンサベーション_ ピース ここからむこうへ part A 青野文昭展」(2017年、武蔵野市立吉祥寺美術館)、「六本木クロッシング2019:つないでみる」(2019 年、森美術館)、「ヨコハマトリエンナーレ2020 AFTERGLOW−光の破片をつかまえる」(2020年、横浜美術館他)などのほか、あいちトリエンナーレ2013 に出展。また、現在、森美術館で開催中の「地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング」にも出展中。

主な収蔵先/宮城県立美術館、愛知県立美術館、金沢21世紀美術館、アラリオ・ミュージアム(韓国)、リアス・アーク美術館、町田市立国際版画美術館、仙台大韓民国総領事館、高島屋、Luciano Benetton Collection(Imago Munm)、KOO HOUSE MUSEUM of ART&DESIGN COLLECTION(韓国)。


はがき:
青野文昭OFHOTEL1
青野文昭OFHOTEL2


OF HOTEL
Facebook https://www.facebook.com/ofhotelsendai
Instagram https://www.instagram.com/of_hotel/
webサイト https://of-hotel.com/event/2022-fumiaki-aono/

Ⓒ青野文昭
画像の無断転載を禁じます

村上賀子 写真展「Known Unknown」

2022.07.02 Saturday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

村上賀子0


村上賀子 写真展
Known Unknown



会期|2022.7.5tue―17sun 月曜休廊
時間|11:00-19:30,日曜-17:00まで
会場|Gallery TURNAROUND
 980-0805 宮城県仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
 Email|info*turn-around.jp(*を@に)
 Web|http://turn-around.jp/
料金|無料
主催|TURNAROUND




この度、宮城県仙台市出身の写真家、村上賀子の個展「Known Unknown」を開催します。本展は、2021-22年に東京・ニコンサロンで開かれ、第23回三木淳賞を受賞した展覧会「Known Unknown」を再編したものです。


村上賀子 Iwauko MURAKAMI
1986年、宮城県仙台市生まれ。2012年、武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程デザイン専攻写真コース修了。コンセプチュアル・フォトのパイオニアとして知られる写真家・山崎博に師事。個人の記憶やアイデンティティーを社会的出来事や生活環境と相関的に捉えながら、可視と不可視のイメージを交錯させる写真作品・プロジェクトを展開。国内外にて作品制作・発表、執筆やウェブプロジェクト、イベントへの参加など、東京を拠点に活動中。

主な展示に、個展「Known Unknown」ニコンサロン(2021、2022)、「HOME works 2015」トーキョーワンダーサイト渋谷(2015)、「HOME works 2011」Gallery NIW(2012)。
グループ展に「Kanzan Gallery Curatorial Exchange 『言葉とイメージ』 Vol.3 写真は語る 倉谷卓 村上賀子」Kanzan Gallery(2017)、東川町国際写真フェスティバル(2016)、「ISSP2015 FINAL EXHIBITION IN KULDIGA」Kuldiga Art House(2015)、「トーキョーワンダーウォール公募2014」東京都現代美術館(2014)など。
受賞歴に第23回三木淳賞(2022)、東川町国際写真フェスティバル 赤レンガポートフォリオ公開オーディション 準グランプリ(2017)、International Photography Awards 2016 Honorable Mention(2016)、キヤノン写真新世紀2012 佳作(2012)、第59回朝日広告賞 準朝日広告賞(2011)など。
作家ウェブサイト:https://murakamiiwauko.com/



三木淳賞/村上賀子「Known Unknown」(ニコンサロン)
https://www.nikon-image.com/activity/exhibition/thegallery/events/2022/20220405_ns.html

インタビュー(AERA dot.)
https://dot.asahi.com/dot/2021110400085.html?page=3

エッセイ(EU・ジャパンフェスト日本委員会)
https://www.eu-japanfest.org/column/iwauko_murakami/

レビュー(artscape/執筆・飯沢耕太郎)
https://artscape.jp/report/review/10172800_1735.html





フライヤー:
村上賀子1
村上賀子2



感染症拡大にご協力をお願いします。

臨時休業のお知らせ

2022.07.02 Saturday | お知らせ > Gallery TURNAROUND

臨時休業のお知らせ

誠に恐れ入りますが、
7/23土曜日、
7/29金曜日、
7/30土曜日、
7/31日曜日 はお休みさせていただきます。

また、7/26火曜日は13時より営業、
7/27水曜日は別会場でイベントのため、16時半で閉店します。

仙台フォーラス7階evenは通常営業しております。
恐れ入りますが、宜しくお願い致します。


南城 拓哉 個展「夢の跡のうたげ」
会期|2022年7月23日土曜―7月28日木曜
   10:00―20:00、最終日は18:00終了 
会場|TURN ANOTHER ROUND
  仙台フォーラス7階 even 内ギャラリー

第10回 仙台アート・ジェオ・コンストゥルイ研究会展
会期|2022年7月30日[土]−8月4日[木]
   10:00-20:00、最終日は18:00迄 
会場|TURN ANOTHER ROUND(アナラン)
  仙台フォーラス7階 even 内ギャラリー

異聞異文トーク vol.01 「韓国フェミニズム小説『僕の狂ったフェミ彼女』から考える、来るべき未来」

2022.07.01 Friday | お知らせ > even/TURN ANOTHER ROUND

仙台フォーラス7階evenより、トークイベントのご案内です。
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大にともない、
ハイブリッド開催といたします(7/15付)



m289398068_455109169697331_7957799426482999080_n.jpg

異聞異文トーク vol.01
「韓国フェミニズム小説『僕の狂ったフェミ彼女』から考える、来るべき未来」

https://even-sendai.com/event/20220718.html


「even」「異聞」「異文」をコンセプトとする<even>が主催するトークシリーズがはじまります。初回ゲストは、男性主人公の視点で、フェミニストとなった彼女の姿を描いた話題作『僕の狂ったフェミ彼女』(イーストプレス、2022年)の著者ミン・ジヒョンさんと、訳者の加藤慧さんです。
韓国フェミニズム文学が日本で話題となって久しい一方、地方都市である仙台では、「フェミニズム」や「ジェンダー平等」に関する話題が、会社や学校、家庭等で日常的に語られる場面はまだまだ少なく、とくにフェミニズムといえば、女性だけの問題と捉えている方も多いのが実情ではないでしょうか。
今回は、学生時代に仙台で出会い親交を深められたお二人とともに、『僕の狂ったフェミ彼女』が描く韓国社会の背景や、その後の変化について伺います。また、見えない「差別」がいまだ多く存在するなかで、どういったアクションをおこしていくことができるのか、想像をめぐらす時間となれば幸いです。
異なる意見を聞き、異なる文化を知る。そんな対話をはじめる準備運動としての異聞異文トークへ、ぜひご来場ください。

トーク終了後、著者サイン会を行います。ご希望の方は書籍をご持参ください。また会場での販売も予定しております。



日 時:2022年7月18日(月・祝)14:00〜16:00(13:40 開場)
会 場:even(仙台フォーラス7F)
ゲスト:ミン・ジヒョン 、加藤 慧
司 会:長内綾子(企画者/Survivart)

参加費:1000円
定 員:70名、要予約
予約:Googleフォームよりお申し込み下さい
https://onl.bz/vNnjznK
予約:オンライン参加は下記よりお申し込み下さい
https://even-sendai-talk01.peatix.com/
締 切:2022年7月18日(月・祝)正午
    会場観覧ご予約は定員になり次第〆切

主 催:even
共 催:東北日韓友好交流連合会(TOFA)
協 力:日韓交流サークル SIJAK
後 援:駐仙台大韓民国総領事館、公益財団法人 韓昌祐・哲文化財団


◎出演者略歴
ミン・ジヒョン
1986年、韓国生まれ。西江(ソガン)大学校で国文学と新聞放送学、日本学を学ぶ。2008年、日本に交換留学した際には東北大学の学友会映画部に所属し、自主映画『あんにょん、サヨナラ』を制作した。韓国芸術総合学校の映像院映画科大学院で劇映画シナリオを専攻。2015年、『朝鮮公務員 呉希吉伝』で「大韓民国ストーリー公募大展」優秀賞を受賞し、2019年にはテレビドラマ『レバレッジ−最高の詐欺師たち−』の脚本を執筆。映画とドラマの現場で脚本家を務めながら、「韓国映画性平等センター」に所属し、性暴力予防教育講師としても活動中。本作刊行後の著作に、長編小説『나의 완벽한 남자친구와 그의 연인 (私の完璧な彼氏と彼の恋人)』、アンソロジー『모던 테일 (英題: Modern Tales)』がある。

加藤 慧(かとう・けい)
1986年、仙台市生まれ。東北大学工学部卒業、同大学院都市・建築学専攻博士課程科目修了退学。大学院在学中の2013年に漢陽大学校大学院に交換留学し、韓国建築史を学ぶ。現在はオンラインで韓国語レッスンを行うほか、宮城学院女子大学、東北学院大学で韓国・朝鮮語の授業を担当。 共訳書に『なかなかな今日 ほどほどに生きても、それなりに素敵な毎日だから。』(朝日新聞出版)がある。

長内綾子(おさない・あやこ)
1976年、北海道生まれ。武蔵野美術大学建築学科卒。2004年にアーティストの岩井優らとSurvivart(サバイバート)を設立し、若手アーティストの展覧会やトークイベントを多数開催。その後も、国内外でのプロジェクト、展覧会等に様々な形で携わる。2011年11月、東日本大震災を機に仙台へ移住。2012年から2022年3月まで、中小企業とクリエイターを対象とした仙台市経済局の支援事業「So-So-LAB.(旧・とうほくあきんどでざいん塾)」で、事業の企画立案および運営に従事。現代アートとビジネスの両方の現場で、問いを立て応答を引き出す場の設計、およびキュレーションを行っている。2022年6月より、evenの運営アソシエイト。


◎アクセス
even(仙台フォーラス7F)
〒980-8546 宮城県仙台市青葉区一番町3-11-15 仙台フォーラス7階
TEL:022-796-3308  mail:info@even-sendai.com
http://even-sendai.com/ https://www.instagram.com/even.sendai/

JR|仙台駅より徒歩15分
地下鉄|南北線 広瀬通駅 西4出口より徒歩1分
    東西線 青葉通一番町駅 北1出口より徒歩4分
車|東北自動車道仙台宮城インターチェンジより車で約10分
    駐車場は近隣コインパーキングをご利用ください


<新型コロナウイルス感染予防の対応について>
■発熱または風邪の症状がある方は、ご来場をご遠慮ください。
■ご入場の際は、必ずマスクの着用をお願いいたします。場内でも常時マスクの着用をお願いいたします。

<個人情報取得について>

■予約時にお預かりします個人情報は、クラスター発生時等に限り行政機関と共有させていただく場合がございます。

ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

【evenアナラン会場】南城 拓哉 個展「夢の跡のうたげ」

2022.07.01 Friday | ギャラリー情報 > even/TURN ANOTHER ROUND

南城拓哉1

南城 拓哉 個展
夢の跡のうたげ


宇宙や恐竜を主な題材に楽しい作品を制作しています。恐竜や宇宙等の夢の跡からイメージした世界を、うたげのように楽しんで頂ければ幸いです。


2022年7月23日土曜―7月28日木曜
営業時間|10:00―20:00、最終日は18:00終了 
会期中無休 入場無料

会場 TURN ANOTHER ROUND
仙台フォーラス7階 even 内
〒980-8546 仙台市青葉区一番町3-11-15
tel 022-796-3308
mail info@turn-around.jp

南城拓哉 なんじょう・たくや

宮城県生まれ。
宇宙や恐竜を主な題材に楽しい作品を制作しています。

近年の活動歴
2019年 個展「MUCHU 夢中」art space 定禅寺ギャラリー(仙台)
2020年 仙台藝術舎/creek 4期終了展「border」 Gallery TURNAROUND( 仙台 )
2020年 グループ展「宛先のない作用 #0:ダイガクにねむるモノにまつわるゲイジュツ 展」TURN ANOTHER ROUND(仙台/フォーラス7階)
2022年 "お酒のラベルコンテスト"展 晩翠画廊(仙台) 
2022年 個展「夢の跡のうたげ」TURN ANOTHER ROUND(仙台/フォーラス7階)



※お花や差し入れ等のお気遣いは無用でお願い申し上げます。

※感染症対策にご協力をお願いします。


はがき
南城拓哉2
南城拓哉3