タナランブログ

さくまいずみ「雪のほら」

2021.11.28 Sunday | ギャラリー情報

さくまいずみ
雪のほら


さくまいずみ雪のほらm.jpg

 ふる ふる ふる
 木の実はうずくまり 星はたっぷりかしがって
 パチンとはじけて仄かに燃える
 鳥や魚や草や石は 生き生きと それぞれ 光っている
 ふる ふる ふる
 木々のざわめきや 先人のささやきが 空にのぼって ふってくる
 雪原の中 夢中でこさえたほらの中 こほる影
 遠くと近くが混ざり合い 拍子と拍子がかさなる
 うつらうつらと なんだかわからなくなって あかるく広がってとけてゆく
 
 さくまいずみ

---

北海道生まれ、仙台市在住のさくまいずみの個展です。
めぐる季節を味わいながら、拾い上げた枝や木の実などと、身の回りの素材をもとに作品を制作しています。本展では、冬を題材に、小さな頃に遊んだ“ほら”をイメージした新作のオブジェを展示いたします。心を辿るように拾われたものたちから生まれたあたたかな造形から、ささやかなメッセージを感じとって頂ければと思います。


会期|2021.12.1㈬-12㈰(月休)
時間|11:00-19:30、㈰-16:00迄
会場|Gallery TURNAROUND
 980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
 info@turn-around.jp
 仙台市地下鉄東西線「大町西公園駅」から徒歩5分
主催|TURNAROUND
助成|(公財)仙台市市民文化事業団

作家プロフィール|
さくまいずみ
1968年 北海道札幌市生まれ
1991年 東北生活文化大学生活美術科卒、仙台市在住
主な展示
2021年 STAY  ART 次SARP
2020年 「ゆらゆらと」2人展/秋保の杜佐々木美術館&人形館
    SARP定点観測/SARP
2019年 第20回T家の恐るべき子どもたち/せんだいメディアテーク
2018年 仙台藝術舎/creek展vol.2「私と、ユーレイ」/Gallery TURNAROUND
2016年 野外展『風薫る「青葉の森」は美術館』/青葉の森
2015年 生活美術学科創設50回記念特別企画美術展/せんだいメディアテーク
2013年 個展/SARP
2012年 せんだいモリオカアート供慎貔舒羝令邸
2011年 個展/SARP
その他、多数。


DMハガキ|
さくまいずみ
さくまいずみ2
DM作品:「雪のほら」2021年 220×250×530弌
ミクストメディア(小枝、絵具、土、紙、アルミホイル、粘土)



※感染症対策として、マスクの着用・消毒などをお願いしています。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。
皆様のご健康をお祈りすると共に、ご来場を心よりお待ちしております。


※画像無断転載を禁じます

中里広太個展「路地かる」

2021.11.26 Friday | ギャラリー情報

路地かる ヨコm.jpg

中里広太個展
路地かる


■会期|2021.11.23火曜―28日曜
 ・展覧会/11:00〜17:00、但し24日と28日は13:50迄
 ・ライブ/各日時間、出演者は下記の通りです。
     入場料 各1,000円 予約制 定員10名
     ご予約はメールでお願いします
     → nakasato*turn-around.jp(*を@に)
■会場|Gallery TURNAROUND
   980-0805仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
   仙台市地下鉄東西線「大町西公園駅」から徒歩5分

■ライブスケジュール/略歴

➊11.23㊋ 17:50開場/18:00開演 
 Megane+山田章雅+Ginji Kimura × go max GODA × Manabu Murata × APETOPE
 *23日は定員となりました。ありがとうございます。

❷11.24㊌ 
  ⑴14:50開場/15:00開演 
   鯨井謙太郒 × 中里広太
  ⑵17:45開場/18:00開演
   鯨井謙太郒 × APETOPE
 *24日は定員となりました。ありがとうございます。

❸11.25㊍ 17:50開場/18:00開演
  小濱昭博 × APETOPE
  *終了しました。ありがとうございます。

❹11.26㊎ 17:50開場/18:00開演 
  太田和美 × APETOPE
  *26日は定員となりました。ありがとうございます。

❺11.27㊏ 17:50開場/18:00開演 
  菊池聡太朗 × APETOPE
  *27日は定員となりました。ありがとうございます。

❻11.28㊐ 14:50開場/15:00開演 
  吉田愛美 × APETOPE




Megane|メガネ
発電ポールダンサー / 衣装作家。
2009年世界初の「発電するポールマシン」を製作。ポールダンスを踊ることによって産まれる回転で、発電機を稼働させ発電する。ラジカセや照明等の家電を動かしながら行うパフォーマンスは、発電と産業化された性をポールダンスを媒介に結びつけ、人や社会を動かしている根源部分(欲望エネルギー)を問題に取り上げる。音楽/アート/ダンスなど様々なシーンにて、クロスオーバーに活動。
2011年「岡本太郎現代芸術賞 特別賞」、「愛知サウンドパフォーマンス道場オーディエンス賞受賞」受賞。
◎昨年のパフォーマンス https://youtu.be/CQhZ-HKl2-o

山田章雅 ※初日音響
90年代半ばに電子音楽制作を開始。国内外のレーベルから作品をリリース。現在は"omega f2;k "のメンバーとして活動中。サウンドデザイナーとしてメディアアート作品(Mutek Japan出展等)や製品開発のプロジェクトにも参加。

Ginji Kimura ※初日空間構成
1981年生まれ、神奈川県出身東京在住 グラフィックデザイナー/DJ/VJ/他
グラフィックデザインを生業としながら、DJとしてミュージシャンや音楽愛好家と交流、その周囲のビジュアル面、フライヤーやCD・レコード等のカバーアート、ロゴやグッズ制作をはじめ、MV制作や映像を使った演出などを行う。
http://ginjikimura.com/
https://soundcloud.com/gin-gin

go max GODA
ゴーマックス剛田/いせや闇太郎。キーボードプレイヤー。ソロやセッション津々浦々。色々なバンドで鍵盤弾いてます。占い師もやっております。時々小チーママ剛田。
最近の活動や音源、ライブ映像↓
・fuelphonic & 剛田
 https://youtu.be/dDwDX5oYK9g
・ランタンパレード
 https://open.spotify.com/album/5Qn9bCCjVTMosX0dI3zvYP?si=AcaYCJAvTMWQLENaa4CWUg&dl_branch=1
・わななきTV
 https://www.youtube.com/watch?v=7XkFAPUt0_A
・Magnifica
 https://offtone.bandcamp.com/album/arar
 https://youtu.be/GIvOOg90sKk
・POPPY & SALVIA
 https://youtu.be/yqeK_1hYskk
・Omega f2;k
 https://omegaf2k.bandcamp.com/album/animal-mask-ost
・有機体
 https://soundcloud.com/yakenohara/yuukitai‬
 https://soundcloud.com/yakenohara/fujisawa
・G.A.S
 https://www.mixcloud.com/Aymjet/gas-1st-live-bonobo/
 https://www.mixcloud.com/Aymjet/maxjet-live-20181222-rebirth-contact-remastering/
・PHAZMIDI&剛田
 https://vimeo.com/552343293
・剛田サウンドクラウド
 https://soundcloud.com/gomaxgoda

Manabu Murata
KURUUCREWとAKBKでギター兼フィードバックノイズを担当。宮城県松島町在住。バンド以外でもforestlimit主宰Napalm KとのGuitarFeedbacker vs Noise Destroyer、テンテンコとの海風土、Hair StylisticsやZAZEN BOYS吉兼聡などとのセッションライブ、Bill Laswell、千住宗臣、大谷能生とのセッション音源をリリースするなど個人活動も活発に行なっている。
-

鯨井謙太郒|Kentaro Kujirai
オイリュトミスト・ダンサー・振付家|Eurythmist・Dancer・Choreographer
宮城県仙台市出身。笠井叡に師事。KENTARO KUJIRAI コンペイトウ主宰。東京と仙台を拠点に舞台公演、ワークショップ活動を行う。CORVUS、ユリイカ・プロジェクト、KENTARO KUJIRAI & BARABBAS OKUYAMA名義でユニット活動を展開。詩人、写真家、音楽家、ファッションデザイナー、画家、合唱団などさまざまな表現分野のアーティストとの協働も多い。第50回舞踊批評家協会賞新人賞。令和元年度宮城県芸術選奨舞踊部門新人賞。
http://kujiraikentaro.com
-

小濱昭博|Kohama Akihiro
1983年、宮城県仙台市生まれ。俳優、演出家。2012年より、東日本大震災を契機に仙台で結成した「劇団 短距離男道ミサイル」所属。自身で演出も行うユニット「チェルノゼム」でも活動中。東京や京都、フランス、チュニジア、香港など広く活動の場を持つ。息づかいや身体造形にこだわり構築する、変幻自在な人間像で観客を魅了する。仙台演劇界の環境整備や若手育成に尽力し、年間20本以上のコミュニーケーション・ワークショップも実施。
-

太田和美| Kazumi Ota
1988年仙台市生まれ。2010年に東京造形大学(造形学部デザイン学科 室内建築専攻)を卒業。2015年-2020年石巻市へ移住、現在は仙台市在住。大学在学中に「舞踏」と出合い、身体表現の道へ。現在は自身の造形作品「HOYAPAI(※)」を被り、様々な愛の形を造形・舞踏・映像に組み込み、女性の深い愛と強さ、脆さを表現するインスタレーションを展開する。
(※) 女性性と豊穣の象徴である「乳房」と海の幸「ホヤ」からインスピレーションを得た作品群。東日本大震災をきっかけに養殖棚に連なるホヤの塊に生命力を感じ、それまで展開してきた女性性「乳房」に海の幸「ホヤ」を組み合わせた造形作品「HOYAPAI」が生まれた。
-

菊池聡太朗|Sotaro Kikuchi
1993 年岩手県生まれ。2019 年東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻修了。主に風景を主題としたドローイングと建築素材を用いたインスタレーション作品を発表する。他に空間設計や什器設計 / 制作を共同でおこなうユニット「建築ダウナーズ」、宮城県を拠点に編集やキュレーションなどを協同でおこなうアーティストグループ「PUMPQUAKES」としても活動する。近年の主な個展「喫茶荒地」(Gallery TURNAROUND、2019 年)。 
〇現在、せんだいメディアテークが開館20周年展として開催する展覧会「ナラティブの修復」(11/3〜1/9)に出展中。
-

吉田愛美|Ami Yoshida
1994年宮城県生まれ。彫刻家。2017年東北芸術工科大学彫刻コース卒業。新たな人体像の表現を開拓しようと日々制作を続けている。 主な展覧会に、個展「私がいなくなる時」/Gallery TURNAROUND(2019.仙台)、「脈動する彫刻」/東北芸術工科大学(2019.山形)、個展「灯し火」/アートスペース羅針盤(2019.東京)、個展「Happy Birth Day」/Gallery TURNAROUND(2020.仙台)、グループ展「宛先のない作用#0」/仙台フォーラス(2020.仙台)、個展「 Today is Good day」/アートスペース羅針盤(2021.東京)、2人展「NEW MATERIALISM」/THE WALL(2021.東北芸術工科大学・山形)、「SICF」/SPIRAL(2021.東京)出展。2016年いりやKOUBO(いりや画廊)準大賞受賞。
-

APETOPE|エイプトープ
中里広太、関本欣哉によるDJユニット(NEONOISISM ORGANIZERS所属)。2014年地元仙台を拠点に活動開始。主にフィールドレコーディングした音源やノイズを使用したDJスタイルで、Occupy Wall Streetで見られる「We are the 99%」をスローガンに活動している。
YouTube : neonoisism organizers
-

中里広太|Kota Nakasato
1983年宮城県仙台市生まれ。2008年より音の即興アーティストとして活動をスタートさせる。年一回の個展ではサウンドインスタレーションの発表と、毎回多彩なゲストを招いて即興パフォーマンスを行う。2016年9月から続けている「月刊コータプロジェクト」では、毎月CDを作成し限定枚数無料で配布している。2019年、2枚目のCDアルバム『Foot Scape』をリリース。 twitter:@KORTER20
-

プロフィール一覧.jpg



写真面.jpg
宛名面2.jpg

主催|NEONOISISM ORGANIZERS 
助成|公益財団法人仙台市市民文化事業団
協力|TURNAROUND


※感染症対策として、マスクの着用・消毒などをお願いしています。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。
皆様のご健康をお祈りすると共に、ご来場を心よりお待ちしております。

[アナラン会場]澤口俊輔 展

2021.11.11 Thursday | ギャラリー情報

澤口俊輔2


澤口俊輔 展
Shunsuke Sawaguchi Exhibition

仙台、山形を拠点に活動する美術家、澤口俊輔の個展です。
文字にならない文字として原稿用紙にドローイングした四枚組が壁を覆う「Essay」や子供をテーマとした「Children」など、新作や未発表作品も合わせて展示します。


会期:2021.11.14sun ~ 12.2thu
時間:10:00 ~ 20:00、最終日~19:30迄
会場:TURN ANOTHER ROUND(アナラン)
   仙台フォーラス7階 even 内
   980-8546 仙台市青葉区一番町3-11-15
   tel/022-796-3308  mail/info@turn-around.jp
   Instagram:turn_another_round
   Facebook:TurnAnotherRound
交通案内:JR/仙台駅より徒歩15分
 地下鉄/南北線広瀬通駅西4出口より徒歩1分、東西線青葉通一番町駅より徒歩4分
 車/東北自動車道仙台宮城インターチェンジより車で約10分
 駐車場は近隣コインパーキング(有料)をご利用ください


作家プロフィール:
澤口俊輔[Shunsuke Sawaguchi]
1968年生まれ
武蔵野美術大学短期大学部卒業、武蔵野美術大学造形学部卒業。
グラフィックデザイナーを経て現代美術家、イラストレーター、アートディレクターとして活動。
現在、東北芸術工科大学 グラフィックデザイン科 教授。
ドローイングシリーズは国内外の美術館、ギャラリー等で発表多数。
https://www.sawaro.net/


DMハガキ:
澤口俊輔展
澤口俊輔展2


※画像転載を禁じます


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避け、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。
皆様のご健康をお祈りすると共に、ご来店を心よりお待ちしております。

企画展|ペロンミ個展「ペロローグ」

2021.11.04 Thursday | ギャラリー情報

ペロンミ個展


ペロンミ個展
ペロローグ


会期|2021.11.9㈫ - 21㈰(月休)
時間|11:00-19:30、㈰-17:00迄
会場|Gallery TURNAROUND
980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
info@turn-around.jp
仙台市地下鉄東西線「大町西公園駅」から徒歩5分
主催|TURNAROUND

作家プロフィール|
    ペロンミ:
    宮城県出身。「毎日のお絵描き」のように日々目にするものや感じたものを描く。
    〔Twitter〕@pelonmi_


DMハガキ|
ペロローグ/ペロンミ
ペロローグ/ペロンミ


▶展覧会記録映像をYouTubeにアップしました。
 https://youtu.be/fk8NPxjQUX8



※感染症対策として、マスクの着用・消毒などをお願いしています。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。
皆様のご健康をお祈りすると共に、ご来場を心よりお待ちしております。


※画像転載を禁じます

アナラン会場|POP UP「似顔絵やさん・

2021.10.21 Thursday | ギャラリー情報

石塚大介POPUP早描き似顔絵原画展
in 仙台


似顔絵屋さんはもちろん、原画やグッズの販売もあります。
artist Instagram : @ishizuka_daisuke

〇お一人様1,300円(一人3~4分)
〇2021/11/7(日)13:00〜19:00
〇仙台フォーラス7階 even 内
 TURN ANOTHER ROUND 
 仙台市青葉区一番町3-11-15-7階
 mail/info@turn-around.jp

11m.jpg

アナラン会場|Haruka KAMEYAMA Solo exhibition ”hi,”

2021.10.17 Sunday | ギャラリー情報

亀山晴香hi

Haruka KAMEYAMA
Solo exhibition
hi,


会期:2021.10.23sat ~ 11.3wed
時間:10:00 ~ 20:00、最終日~19:30迄
会場:TURN ANOTHER ROUND(アナラン)
   仙台フォーラス7階 even 内
   980-8546 仙台市青葉区一番町3-11-15
   tel/022-796-3308  mail/info@turn-around.jp
   Instagram:turn_another_round
   Facebook:TurnAnotherRound

交通案内:
 JR/仙台駅より徒歩15分
 地下鉄/南北線広瀬通駅西4出口より徒歩1分、東西線青葉通一番町駅より徒歩4分
 車/東北自動車道仙台宮城インターチェンジより車で約10分
 駐車場は近隣コインパーキング(有料)をご利用ください


亀山 晴香  Haruka KAMEYAMA

1998年 宮城県生まれ
2020年 東北芸術工科大学美術科洋画コース卒業
2021年 東北芸術工科大学大学院芸術文化専攻絵画領域在籍中
Instagram : @_mecomecopon

 「娯楽」と「矛盾」をキーワードに、玩具などを用いてランダムに作られたジオラマ写真とキャラクターのアナログペインティングを融合した作品や、スマートフォン用画像加工アプリを制作技法として加える作品などを主に制作している。

個展
2019年 個展「Kidding」伊達海鮮花京院店ミニギャラリ ー(仙台)
2020年 個展「Untitled」東北芸術工科大学 The Cube(山形)
2021年 個展「Teddied」東北芸術工科大学TheCube(山形)

グループ展
2021年 GALLERYA8T「Pre-OpeningEXHIBITION(仙台)
2020年 東京都美術館 東北芸術工科大学卒業・修了展「鹿逐う者は 山を見ず」(東京)       
     東北芸術工科大学卒業制作展(山形)
2019年 新宿眼科画廊「ポートフォリオ選抜展」(東京)
     「ART FAIR3331」出展(東京)
2018年 新宿眼科画廊「 ポートフォリオ展 2018」(東京)

受賞
2020年度東北芸術工科大学卒業制作展洋画コース優秀賞



DMハガキサイズ
亀山晴香1

亀山晴香2


参考
Teddied#BR (2021)Ⓒ亀山晴香
Teddied#BR (2021) Ⓒ亀山晴香

Teddied#B (2021)Ⓒ亀山晴香
Teddied#B (2021) Ⓒ亀山晴香

※画像転載を禁じます


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。
皆様のご健康をお祈りすると共に、ご来店を心よりお待ちしております。

みはらかつお個展「千年景 仙台 2021」

2021.10.01 Friday | ギャラリー情報

2021DM_mihara1000 1m.jpg


みはらかつお個展
千年景 仙台 2021


会期:2021.10.12火曜 ~ 10.17日曜
時間:11:00~19:30、日曜~16:00迄
場所:Gallery TURNAROUND
   980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
   市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分


『千年景 仙台 2021』に寄せて

「哀しみこそ放っておけない」
これは以前、東京の博物館でひとつの縄文土器に惹かれじっと見入っていた時に、不意に脳裏に浮かんできた言葉です。この言葉の意味するところも出処もはっきりしませんが、目の前の土塊が発する声無き声を受け取ったのかと、戸惑いつつも興奮したことを覚えています。
縄文の造形は謎も多く理解も難しいのですが、そのただならぬ醸す気と佇まいが、数千年後を生きている私の心を揺さぶり、このような言葉を思い浮かばせたとしてもなんら不思議ではなく、造形とはそういうものかと頷くばかりです。
時を経たからこそ纏うプリミティブな素朴さ力強さ、ノスタルジックに漂う匂いが一層強くそう思わせるのかもしれませんが、人はなぜモノを作るのか、その理由はすでに縄文に現れていると素直に腑に落ちたこの感覚を大事に、これからも造形していきたいものです。
今個展では、仙台近郊の地図の中から何らかの気配を予感した地点を選び、何らかの気配とは何なのか、『千年』(ちとせ)の言霊も意識しながら模索した作品、約20点を展示いたします。

2021年8月 みはらかつお


略歴
みはらかつお
仙台市出身。

主な個展
1998 離土 ギャラリー週間アート (仙台)
離土(再)+詩のデッサン ギャラリー越後(仙台)
1999 枕の門 ギャラリーユキ (仙台)
2001 『Here』 カフェ&ギャラリーマチス(仙台)
2004 『Here』 カフェ&ギャラリーマチス(仙台)
2005 『Here』 ギャラリー山口(東京)
2006 『Here』 カフェ&ギャラリーマチス(仙台)
2007 『Here』 Galerie satellite(パリ)
2009 『Here』 Galerie satellite(パリ)
2010 個展 SARP(仙台)
2012 『Here』 Galerie satellite(パリ)
2013 個展 SARP(仙台)
2015 個展 SARP(仙台)
2018 地図と土器 ギャラリーチフリグリ(仙台)

主なグループ展
1994 MIXED MEDIA RALLY 宮城県美術館県民ギャラリー(仙台)
1995 二人展 宮城県美術館県民ギャラリー(仙台)
1996 うぶすな展 宮城県美術館県民ギャラリー(仙台)
2020 定点観測 SARP(仙台)

主な公募展
2020 第37回FUKUIサムホール美術展in金津創作の森 大賞受賞


みはらかつお1

みはらかつお2


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。
皆様のご健康をお祈りすると共に、ご来店を心よりお待ちしております。

【タナラン・アナラン】第10回せんだい21アンデパンダン展2021

2021.09.21 Tuesday | ギャラリー情報

A3_A_m.jpg


第10回せんだい21アンデパンダン展2021


自由と独立を意味する[independants]を冠した無審査の美術展。
仙台から。いよいよ10回目。

本展は、出展料を支払えば誰でも、どんな作品でも出品できる[アンデパンダン]形態を基本にした公募展です。
ジャンル、趣向、年齢、経歴、主張、価値… あらゆる垣根を越え、誰にでも等しく開かれた、表現の場であることが目指されます。
昨年に続き、新型コロナウイルス感染症対策を考慮しての募集要項となりましたが、予想を超える227点の作品が集まりました。

仙台の民間ギャラリースペースが協力、連携し、誰にでも等しく開かれた場を設け、新たな時代の表現を目撃しようとする試み。自由な精神に満ちた出品作品に期待します。


◎新型コロナウイルス感染症の状況により会期、内容等が変更になる場合もございます。
◎アンデパンダン展ご鑑賞の際のお約束

 1.マスクをする
  熱のある方、体調の悪い方はご遠慮ください。
 2.手指を消毒する。
 3.密を避ける。
  会場内が5〜6名以上の場合は入口でお待ちください。
 4.大声で話さない

 新型コロナウイルス接触確認アプリcocoaの登録・稼働を推奨します。

A3_B_m.jpg



●会期:
 2021年9月29日(水)-10月10日(日)
 月休(TURN ANOTHER ROUNDのみ無休)

●パフォーマンス日:
 10月3日(日)11:00〜18:10 

●会場:コチラから各会場サイトやMAPにとべます
 |翹楡浸文渋緘術館 (青葉区東勝山)
 GALLERY ECHIGO (青葉区双葉ヶ丘)
 SARP 仙台アーティストランプレイス-A(青葉区錦町)
 ぅャラリーチフリグリ (宮城野区五輪)
 Gallery TURNAROUND (青葉区大手町)
 TURN ANOTHER ROUND (青葉区一番町フォーラス7階even内)
 野外展示会場 のりっぱ (青葉区大手町)
 野外パフォーマンス会場/勾当台公園野外音楽堂(10/3のみ)
 *スタジオ開墾会場は今年はお休みします

●作家名やMAP、営業時間はせんだいアンパンwebでご確認ください
 http://sendai21-independants.com/

 営業時間は会場ごとに異なります。
 *タナランは11:00〜19:00,日曜〜17:00,最終日は15時終了
 *フォーラスアナランは10:00〜20:00,最終日は15時終了


会期用パンフレット(A3 クロス折)
2021 1面 最終out.jpg
2021 2面 最終直し.jpg

主催:せんだい21アンデパンダン展実行委員会
助成:公益財団法人仙台市市民文化事業団
後援:河北新報社、TBC東北放送、仙台放送、KHB東日本放送、ミヤギテレビ、エフエム仙台
題字協力:糸井貫二(ダダカン)

企画展|小林知世「doughnut」

2021.08.20 Friday | ギャラリー情報

期間限定オンラインストアでも作品をご覧いただけます。
https://shop.turn-around.jp/categories/3156472


小林知世

小林知世 doughnut


北海道札幌市出身で、同市にあるnaebono art studioを拠点に活動する小林知世の個展です。
小林は、生活の中で遭遇する微細な予兆や気配、サインを捉えたいと日々制作を続けています。
本展では、ペインティングや、路上での雑音をグラフィカルに記録する手法を用い、インスタレーション作品を展開していきます。
ふとした瞬間に現れる数多くの繊細なサインや気配。そこから何を拾いどう理解しようとするのか。
彼女の視点と私たちの視点が重なり合うとき、それまでとは日常の見え方が微かに変わってゆくのかもしれません。




小林 知世 Chisei Kobayashi

1994.札幌生まれ
2017. 東北芸術工科大学 洋画コース卒業
札幌、naebono artstudioを拠点に活動

SELECTED SOLO EXHIBITIONS
2020 暗闇で手紙を読む(札幌 salon cojica)
2017 buoyancy(札幌 TO OV cafe)

SELECTED GROUP EXHIBITIONS
2020 Cyg SELECT 2020(盛岡 Cyg gallery)
2020 サッポロ・アート さよなら昭和ビル(札幌 CAI02)
2020 NEW JAPANESE PAINTING(ドイツ ハンブルグ mikikosato gallery)
2019 ART-LINKS2019(東京 Orieartgallery)
2019 思考するドローイング(札幌 500m美術館)
2019 between room(石巻 まちの本棚)
2018 TURNAROUND小品展(仙台 galleryTURNAROUND)
2017 ひとりぐらし自由空間(仙台 galleryTURNAROUND)


AWARDS, RESIDENCY AND SCHOLARSHIP
2019 JRタワーARTBOX2019 優秀賞
2018 アーティストインレジデンス End Of Summer2018(アメリカ オレゴン州 ポートランド)


◎会期:2021.8.17火曜 ~ 9.5日曜 月曜休廊
◎時間:11:00~19:30、日曜~17:00、最終日~16:00まで
◎場所:Gallery TURNAROUND
   980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
   市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分

◎ハガキ
Chisei Kobayashi

Chisei Kobayashi2

小林知世
untitled
2021 72.7x91cm
綿布、ジェッソ、油絵の具
Ⓒkobayashi chisei


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。
※時短営業のためカフェは19時閉店とします。アルコールの提供は終日お休みします。


ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。
皆様のご健康をお祈りすると共に、ご来店を心よりお待ちしております。


主催企画:TURNAROUND 
助成:公益財団法人仙台市市民文化事業団

企画展|大越円香 「Unaccounted for “ ”」

2021.06.13 Sunday | ギャラリー情報

大越_DM1m.jpg


大越円香
Unaccounted for “ ”




秋田県出身で、現在は岐阜を拠点に活動する大越円香の個展を開催します。 
大越は、スマートフォンと人間の間で起こる『自己と他者の共存』をテーマに、スマートフォンで撮影した写真をインクジェットプリントしたのち、漂白剤によるペインティングを行っています。
本展では、スマートフォンで撮影した自身の指先・指紋を印刷し、それらを漂白材でペイントしています。デジタルとアナログを行き来することで生まれた画面から、日々増殖する情報の危うさや脆さ、それらを操る人間の本質や、自己と他者との関係性を探っていきます。



大越円香 おおこし・まどか

1997 秋田県生まれ
2020 秋田公立美術大学ビジュアルアーツ専攻卒業
2021 情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科 博士前期課程(修士) 在学中
これまでの主な展示に、アートアワードトーキョー丸の内2020(東京駅行幸ギャラリー/東京)、SHIBUYA STYLE vol.14(西武渋谷店/東京)、SHOEREEL ~境界を往来するメディアアート~(秋田公立美術大学サテライトセンターほか/秋田市)、個展「不在の標本」 (アトリオン2階 美術展示ホール/秋田市)、IAG AWARDS EXHIBITION 2019(東京芸術劇場/東京)。



〇会期:2021.7.6火曜 ~ 18日曜 月曜休廊
〇時間:11:00~19:30、日曜~17:00迄
〇場所:Gallery TURNAROUND
   980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
   市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分

*トークイベント等を行う際は追って掲載します


〇ハガキ
大越円香1
大越円香2


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。


主催:TURNAROUND 
助成:公益財団法人仙台市市民文化事業団