タナランブログ

青野文昭展/遠刈田レジデンス マルヨシ

2021.02.27 Saturday | ギャラリー情報

今年2月に蔵王町の遠刈田温泉街にオープンしたレジデンススタジオ、「遠刈田レジデンス マルヨシ」は、年に数回のアーティスト・イン・レジデンスのほか、ギャラリー、ワークショップ、カフェ、ライブハウスなどかたちを変えつつも常に解放される地域コミュニティスペースとして運営されます。
この度、不思議な出会いでお誘いいただき、スペース準備段階から関わらせていただきました。今後もアート部門を中心に様々な企画をご一緒する予定です。
オープニングとなる今回は、青野文昭展「そこにいた人、ここにいる人」を2/28より開催します。拾い続ける青野氏の新作を含む約5点の作品をご覧いただけます。
会場内キッチンではカフェの営業もあります。マスク着用など新型コロナウイルス対策にご協力をいただきつつ、是非遠刈田に足をお運びください。よろしくお願いいたします。


青野文昭展 とおがったプロジェクトm.png

遠刈田レジデンス マルヨシ
オープニング企画

青野文昭展「そこにいた人、ここにいる人」


会期:2021/2/28sun−3/14sun 11:00-16:00
※3/2-3/4、3/8,3/9は休館日となります。ご注意ください。

場所:遠刈田レジデンス マルヨシ
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉寿町13
https://www.facebook.com/TR044


青野 文昭  あおの・ふみあき
1968年宮城県仙台市生まれ。90年代より「復元」をテーマにかかげ、各地で拾ってきた欠片へ様々なパターンの「なおし」を試みながら、多様な問題を浮かび上がらせようとしている。パブリックコレクションに、宮城県美術館、愛知県美術館、金沢21世紀美術館、リアス・アーク美術館など。2005年、宮城芸術選奨(彫刻)、2015年、第26回タカシマヤ美術賞受賞。


*作品にはお手を触れないようにお願いします。
*写真撮影は可能ですがsns等に掲載する場合はアーティスト名,スペース名等を記載してください。
*期間中は日替わりでのカフェ出店もあります。
*感染症対策にご協力をお願いします。

主催:とおがったプロジェクト 
共催:TURNAROUND

[お問い合わせ先]
総合:とおがったプロジェクト
 090-8615-9054(佐藤)
作品・アーティスト:TURNAROUND
 022-398-6413
 080-3339-2741(安部)

篠原良太展 パイロンズ2

2021.02.18 Thursday | ギャラリー情報

Pylons2_dm_0209m.jpg

篠原良太展 パイロンズ2

円錐形(もしくは円錐に近似したフォルム)の中に、
いつもファンタジックな世界を感じてイラストレーションを制作しています。
新作を交えて「ミニマム」に展示します。


会期 2021.3.23 tue - 3.28 sun
時間 11:00~19:30、日曜~17:00
入場 無料

会場 Gallery TURNAROUND
   980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
   info@turn-around.jp
   市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分


篠原 良太 SHINOHARA RYOTA
1970年生まれ。グラフィックデザイナー/イラストレーター。
大学での教育・研究活動と並行して3DCGを用いた作品制作を行う。
東北工業大学ライフデザイン学部産業デザイン学科 教授。
https://www.switcher.jp


DM
Pylons2_dm_0209.jpegPylons2_dm_0209_ページ_1.jpg


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

第13回 ナカジマノブヤ展「桃」

2021.02.04 Thursday | ギャラリー情報

ナカジマノブヤ202103m.jpg

第13回 ナカジマノブヤ展
「桃」


桃は咲いたか 桜はまだか 清い白梅 儚い桜
花の好みは十色でも 実りは桃に分があろう 
たなごころ知る 覚えを頼りに まるくふくらみ うす毛をまとう 
ほどの良いのを つかんでもいで 皮むかぬまま まっすぐに 
鼻をくすぐる 香りを放ち 舌でころがり 喉に落つ 
梅は咲いたか 桜はまだか 夏まで待てぬ 甘い桃 
急げや急げ 梅桜 早く咲け咲け 桃の花


会期
2021年3月2日(火)〜 7日(日)

時間(通常と異なります)
11:00〜19:30、
2日は12:00〜19:30、6日は9:00〜19:30、7日は9:00〜17:00

会場
Gallery TURNAROUND
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
地下鉄東西線大町西公園駅より徒歩5分


ナカジマノブヤ
1967年生まれ。千葉県松戸市出身、仙台在住。
震災前後から少しずつ絵を描き始める。
使用する画材は、画用紙に、筆ペン、ダーマトグラフ、パステルなど、まちの文房具店で揃う画材を愛用している。

個展歴
2013.05 第1回個展「come and dance」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2013.11 第2回個展「タナラン収穫祭」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2014.07 第3回個展「がんばれ!ナカG特訓中!」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2015.05 第4回個展「BRAND NEW SONG BOOK」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2016.05 第5回個展「EVEN PACE」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2017.05 第6回個展「Moonlight and Roses」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2017.10 第7回個展「中島ノブヤ展」(開運橋のジョニー/岩手盛岡)
2017.11 第8回個展「新しい町」(清航館/福島いわき)
2018.05 第9回個展「海岸線」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2019.05 第10回個展「プラスマイナスゼロ」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2020.05 第11回個展「Sing on!!」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2020.10 第12回個展「グランドオープン」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2021.03 第13回個展「桃」(Gallery TURNAROUND/仙台)


DM
ナカジマノブヤ202103.jpg
ナカジマノブヤ202103B.jpg


◎アーティストインタビュー/2020.10
YouTube タナランchannel
https://youtu.be/L-PdaK7XsCc

※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

蠱惑する「山水」 早坂 健伸 個展

2021.02.04 Thursday | ギャラリー情報

早坂健伸個展2021-1m.jpg

蠱惑する「山水」
早坂 健伸 個展


会期 
 2021年3月16日火曜−21日日曜
 11:00-19:30,日曜-16:30まで 入場無料
 
会場
 Gallery TURNAROUND
 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
 info@turn-around.jp
 地下鉄東西線大町西公園駅より徒歩5分



すぐそこにある「山水」−私にとって「山水」とは何か−

1947年宮城県黒川郡大和町生まれの早坂健伸による個展。
学生時代に開いて以来約50年ぶりとなる今回の個展では、「山水」画に魅惑されつつ描いた作品を多数発表します。自身の「山水」的解釈による世界を表象化しようと模索してきた作品群を是非ご覧ください。

-

早坂 健伸 (はやさか・たけのぶ)
1947年宮城県黒川郡大和町生まれ。
仙台高校、立命館大学文学部日本史学科卒業。
ニッサンサニー(現サティオ)、渥美写真製版、ツダプロセス、熱海造園、村上造園を経て現在に至る。
2020年4月、著書『彼方への憧憬』*(九什舎)を発行。
画歴として、大学時代に京都で個展を開く。

*書籍はオンラインストアでも購入可能です。
https://shop.turn-around.jp/items/28485668



個展のためのプチマニフェスト(会場で配布します)
早坂様パンフ(横)P2.jpg

早坂様パンフ(横)P4.jpg


DM
早坂健伸個展2021-1.jpg
早坂健伸個展2021-2.jpg


本展は、2020年4月開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響から延期となっていました。ご来場の際は下記感染対策にご協力をお願いします。

※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

猫と犬のチャリティー作品展「にがつの ねこといぬ」(第2回)

2021.02.04 Thursday | ギャラリー情報

タナラン会場オンラインショップは
2/16火曜日12時オープンです。

https://shop.turn-around.jp/categories/3156472

●2/13夜の地震について
仙台は震度5強の揺れでした。カフェの食器が少し壊れるなどしましたが、作品の破損はなく、スタッフも犬猫も皆無事に過ごしております。
心配のメッセージなどありがとうございました。余震に気を付けながら、後半週もよろしくお願い致します。


にがつのねこといぬ2021ビジュアルm.jpg

「cat!cat!cat!2021●show-ten-gai」
TURNAROUND企画

猫と犬のチャリティー作品展
「にがつの ねこといぬ」(第2回)

本展は、「2月22日=猫の日」から猫の月として定着しつつある2月に行う、cat&dog&me主催の「cat!cat!cat!2021●show-ten-gai」企画に賛同したチャリティアート展です。招待作家のほか、公募によって集まった皆様の犬と猫をテーマ・モチーフにした作品を店舗及びオンラインショップで展示販売し、収益の一部をチャリティーとして寄付します。

◎寄付先▷ cat & dog & me 飼い主のいない猫の不妊手術基金 
 2016年設立、代表/樋口佳絵(画家) 
 https://cat-dog-me.org/
◎「cat!cat!cat!2021●show-ten-gai」については下記ご覧ください。


猫と犬のチャリティー作品展「にがつのねこといぬ」

〇実店舗会期:2021年2月10日(水)〜21日(日)  
    11:00~19:30 日曜は17:00まで 月曜休廊

〇会場:Gallery TURNAROUND
    980-0805 宮城県仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階

〇オンラインショップ:2月16日(火)〜2月23日(火祝)まで期間限定オープン 
  https://shop.turn-around.jp/

○タナランInstagramも是非ご覧ください
 @galleryturnaround
 
【参加アーティスト】
〇招待作家9名:
 大柳 暁、岡沢 幸、木村 良、工藤夏海、スギサキマサノリ、
 樋口佳絵、松下さちこ、馬渡裕子、吉田愛美
〇公募作家25名:順不同
 下田実來 ・ lakkasei ・ 阿部テツロー ・ 佐野さとり ・ yuzuki ・
 榊原愛美 ・ でん ・ Cimi Cat Painter ・ 中川和寿 ・ akubineko ・
 ネコとごろん ・ o-miku ・ 猫野ぺすか ・ むらせゆか ・ たかはしみわ ・
 大日向貴光 ・ むらかみゆみこ ・ 南城拓哉 ・ 村井康文 ・ 吉田初美 ・
 にしさこかな ・ さくまいずみ ・ 木原陽子 ・ ほんだあい ・ 増子 静

○チャリティードリンクメニュー
岩手県宮古市の「さとう珈琲豆直売」様にご協力いただいたタナラン新メニュー、カフェインレスの「ラブ♡ねこブレンド」。売り上げの一部は同団体に寄付されます。
期間中はウイルス対策のためテイクアウトでお楽しみいただけるほか、持ち帰り用の珈琲バックも販売します◎

○イベントgoodsプレゼント
店舗、またオンラインショップにて、チャリティー対象商品を含めたお買い物、または、ご飲食にて、cat&dog&meグッズをプレゼントいたします。
お買い物合計額
*2000円以上でオリジナルポストカード 、
*5000円以上でさらに愛猫缶バッチ1個をプレゼント ♩
●各店舗の愛猫柄の缶バッチです。
—-お店の愛猫さんが2頭の場合は、2種類から1つをさしあげます。
●消費税を含む合計額が対象です。送料、お支払い手数料は含みません。
●1回のお買物での合計額が対象です。合算でのご対応は致しません。
*グッズの数に限りがございます。

にがつのねこといぬ2021ビジュアル.jpg

主催:cat&dog&me 
共催:TURNAROUND


=====

showtengaiwebタイトル画像 ab.png
cat!cat!cat! 2021

猫にまつわる作品やグッズが並ぶお店でのショッピングを楽しみつつ、お買い物をすると猫の幸せのお手伝いにもなるチャリティー企画。
cat!cat!cat!●show-ten-gai 開催

今年は色々と心配な状況です。そんな中ですが、やはり2月は猫の月。ねこと人とを暖かく結ぶきっかけとして、cat!cat!cat!を開催いたします。無理のない範囲で、安全を保ちながら、楽しんで頂ける企画になればと願っております。

昨年までのスタンプラリーは今年はお休みして、今回のcat!cat!cat!は店舗&オンラインストアをめぐる商店街「cat!cat!cat! show-ten-gai」を開催いたします。各店舗またはオンラインでショップでのお買い物額に応じて、オリジナルグッズをプレゼントいたします!cat!cat!cat!sho-ten-gaiでの売上げの一部は寄付として猫の保護活動やTNR活動へのご支援にお届けいたします。また、この企画を通じて猫と人との幸せな暮らしについて少し立ち止まって考えるきっかけになればと願っております。
皆さまどうぞご自愛頂き、ねこ愛溢れるねこねこしい一ヶ月をお楽しみくださいませ◎

*社会状況に応じて、企画内容や日程など変更となる場合がございます。何卒ご了承ください。

cat!cat!cat!2021●show-ten-gai
【会期】2021年2月2日(火)-23日(火祝)
【参加shop】
*会期は各店舗毎に異なります
*会期と通販スタート日が別なお店もあります
仙台ーーーーーーー
●art *zakka coco-chi 2/2-23
●DAMO KAFFEE HAUS 2/2-23
●TURNAROUND 2/10-21(通販は16〜23迄)
●MUGUET 2/2-23
● botanicalitem&cafe CYAN 2/2-23
●galerie arbre 2/3-23
●HYGGE 2/2-23
盛岡ーーーーーーー
●shop+spaceひめくり 2/5-23
●喫茶carta 2/4-22
●Licht 2/11-22
onlineのみーーーー
●cat&dog&me store 2/12-23

*********
goodsプレゼント条件
店舗、またオンラインショップにて、チャリティー対象商品を含めたお買い物、または、ご飲食にて、cat&dog&meグッズをプレゼントいたします。
お買い物合計額
*2000円以上でオリジナルポストカード 、
*5000円以上でさらに愛猫缶バッチ1個をプレゼント ♩
●各店舗の愛猫柄の缶バッチです。
—-お店の愛猫さんが2頭の場合は、2種類から1つをさしあげます。
●消費税を含む合計額が対象です。送料、お支払い手数料は含みません。
●1回のお買物での合計額が対象です。合算でのご対応は致しません。
*グッズの数に限りがございます。

各店舗企画につきましては、cat&dog&me HPをご覧下さい
https://cat-dog-me.org/
topページにsho-ten-gai入り口がございます◎
cat&dog&me Instagram
@cat_dog_me_org
プロフィール欄にHPリンクございます。

cat!cat!cat!2021表紙.jpgcat!cat!cat!2021event.jpgcat!2021shop案内.jpg

「象る 現る 展」

2021.01.27 Wednesday | ギャラリー情報

※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。


象る現る展2m.jpg

『象る 現る 展』

出展者:
岩渕 伶奈/大沼 雅史/音海 はる/島陰 幸乃


会期:
 2021.2.2tue-2.7sun
 11:00-19:30,最終日-16:00

会場:
 Gallery TURNAROUND
 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
 仙台市地下鉄東西線大町西公園駅より徒歩5分


本展は、2019年の東北生活文化大学 美術学部 美術表現学科内コンクールの場でお声がけした4名の学生によるグループ展です。昨夏開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響から延期となっていました。今回、ウイルス対策のため学生は在廊できませんが、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。


DM掲載作品
右上 岩渕 伶奈「大地の晩餐」2019,陶芸
左上 大沼 雅史「男の子をかぶった段ボール」2017,画用紙、ペン
右下 島陰 幸乃「夢のつづき」2020,アクリル、色鉛筆、コラージュ
左下 音海 はる「いい天気。」2020,色鉛筆画

象る現る展2.jpg
象る現る展1.jpg

主催:TURNAROUND



※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

熊谷毅作品展 集合した粒子が総体として経験する錯覚 chapter 3:ひとはすんだらおやまさえぐ

2021.01.13 Wednesday | ギャラリー情報

案内板m.jpg


 
熊谷毅作品展
集合した粒子が総体として経験する錯覚
chapter 3 : ひとはすんだらおやまさえぐ



 私は昨年から、シリーズ「集合した粒子が総体として経験する錯覚」に取り組んでおり、展示というかたちで順次発表を続けています。きっかけは、私自身の病気体験と、「物質は生命も非生命も限られた種類の素粒子から構成されている。『生』とは集合した粒子が総体として経験する錯覚あり、そして『死』とは粒子の結びつきが解(ほど)けることに過ぎないのではないか。」という趣旨の、ある生命科学者の言葉との出会いです。

 このシリーズのchapter 3にあたる本展「ひとはすんだらおやまさえぐ」では、いわゆる「死後の世界」に思いを馳せたときに立ち上がるひとつの典型としてのイメージへのアプローチを試みます。そのための装置は、写真作品と映像作品で構成された空間です。ここでのイメージとは広い意味、つまり視覚はもちろん他の感覚も動員して感じるもの全般を指しています。そしてこの試みの先には、いままさに「生きている」と我々が感じているこの現象を、主観と客観を往来しながら多角的に捉え直すという狙いがあります。

 なお、会期中は会場内の映像に伴う音とは別の音源をYoutubeで配信しますので、Youtubeを視聴できる携帯端末をお持ちの方はイヤホンと一緒に持参いただくと、ご自身のペースでより多角的に鑑賞することができます。


熊谷 毅




会期:2021.1.19(火) ~ 2021.1.24(日)
時間:11:00~19:30、日曜~17:00迄
会場:Gallery TURNAROUND
   仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
   地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分

【略歴】
熊谷 毅 KUMAGAI Tsuyoshi
1976年秋田県生まれ。仙台市在住。
2007年頃から写真を中心とした作品を制作・発表。
Web:www.kumagaitsuyoshi.com


DM:ハガキサイズ
熊谷毅作品展1

案内板.jpg


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

企画展|佐々 瞬 『公園/ローカルの流儀』

2021.01.07 Thursday | ギャラリー情報

佐々瞬公園/ローカルの流儀m.jpg

TURNAROUND企画展
佐々 瞬 『公園/ローカルの流儀』
Shun Sasa "PARK / LOCAL STYLE"

2020年のギャラリーラスト(2021年に続く)は、佐々瞬による個展を開催します。佐々瞬(1986年仙台市出身)はこれまで、自身の体験や、土地のリサーチ、関わる人々へのインタビューなどから物語りを作り上げ、映像や立体、テキスト、ドローイングなど様々な素材を用いてインスタレーション/パフォーマンスを発表してきました。本作では、1946年から立ち退きを巡る問題を抱え続け、数年後には公園になろうとしている仙台のとある土地を題材にしています。都市のなかで消えゆく住宅地の歴史を掘り下げながら、市史に残り得ない個人の暮らしの記憶を土地に刻むことを試みる新作を展開します。最終日には、仙台出身のDJユニット、APE TOPEとのライブパフォーマンスも行います。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、また年末年始のお忙しい時期ではありますが、安全対策をしながら、ご高覧頂けましたら幸いです。


〇会期:2020.12.23㊌ ~ 2021.1.11㊊㊗
    *12/28及び12/30~1/4は休廊

〇時間:11:00~19:30、日曜~17:00迄

〇場所:Gallery TURNAROUND
   980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
   仙台市地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分

〇イベント
LIVE:佐々瞬×APE TOPE
 2021.1.11㊊㊗、17:30開演、要予約(会場定員7名程度)
 定員のため締め切りました。ありがとうございました。
 *マスク着用・手指消毒・換気等へのご協力をお願いします

 《配信情報》
 配信:YouTube-タナランchannel
https://www.youtube.com/channel/UCkNM9_A71_m0jWDnlEOGKUw
 視聴無料,アーカイブ期間未定

 *新型コロナウイルスの感染拡大状況により内容変更あり
 *放送の遅延などが発生する場合がございます。予めご了承ください。
 *配信内容を録画するなどして再配信する行為は禁止させて頂いております。


〇追加 関連トーク情報
トークイベント「お互いのやってることを話す、zoomで」

日時:2021年1月9日 20:15~22:00
配信:youtube(タナランchannel)
料金:視聴無料
出演:佐々瞬、良知暁
公開期限:生配信のみの予定です
協力:space dike、TURNAROUD

良知暁:シボレート / schibboleth
@space dike(スペース・ダイク)


※放送の遅延などが発生する場合がございます。予めご了承ください。
※配信内容を録画するなどして再配信する行為は禁止させて頂いております。


〇略歴:
佐々 瞬 / Shun Sasa
1986年仙台市生まれ。近年の主な展覧会に、『売店「男、店を開く準備をしている」』(2020年、TURN ANOTHER ROUND/仙台フォーラス7階、仙台)「泳ぎまわるあなたへ」(2019-20年、東北大学大学院環境科学研究科本館、仙台)、「あなたに話したいことがある」(2017年、Gallery TURNAROUND、仙台)、「うたが聞こえてくる暮し(旅先と指先)」(2016年、ARTZONE、京都)など。参加したグループ展に「アカルイ カテイ」(2019-20年、広島市現代美術館、広島)、「AVAT x Gallery TURNAROUND 2019 國際交流展」(2019年、福利社、台湾)、「六本木クロッシング2016展」(2016年、森美術館、東京)、「Omnilogue: Your Voice is Mine」(2013年、シンガポール国立大学美術館、シンガポール)など。

APE TOPE/エイプトープ
中里広太、関本欣哉によるDJユニット。仙台を拠点に2014年活動開始。NEONOISISM ORGANIZERS所属。主にフィールドレコーディングした音源やノイズを使用したDJスタイルで、Occupy Wall Streetで見られる「We are the 99%」をスローガンに活動している。YouTube : neonoisism organizers


〇フライヤー(148×210弌A5)

佐々瞬展2020-1

佐々瞬展-2


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。



主催:TURNAROUND 助成:(公財)仙台市市民文化事業団

企画展|青野文昭展―総合的復元

2020.12.09 Wednesday | ギャラリー情報

web用m.jpg

青野文昭展―総合的復元
Aono Fumiaki Solo Exhibition - Comprehensive Restoration

総合的復元

そもそも人や物は単一で存在しているわけではない。
他の人や物やそこには居ない物事、別な時空とさえも様々につながりあっている。
何かを復元しようとする時、たとえちょっとした欠片であったとしても、やはりそういった広がりの中で考えなければならないのかもしれない。と、震災後特に思うようになった。

昨年取り組んだ仕事は、拾った鳥居の欠片からとある神社を復元することだった。
すでに20年近く前にも同じこの鳥居の復元を試みていたのだが、鳥居の復元だけではこの場所の体験、意味合いが浮き上がってこないように思えた(参照・画像2)。そこで昨年、歴史や自然的特徴や伝説や自分の個人的体験・記憶、鳥居以外の収拾物などをも総動員し、大掛かりな「復元」を試みた(参照・画像1)。そうした復元の拡張は「総合的復元」とでも呼べるのではないかと思える。

人が立つ地面の下にはそれぞれの固有な推積があり歴史があり未来の萌芽もそこにある。無数の祖先がいて数えきれないほどの死者とこれから生まれるはずの生命がひしめいている。彼彼女の肉体のみによって自身の存在を形成しているわけではない。背後の「土壌」とそこで育つ生きものや死んでいくもの、過去現在未来、、、どれもこれも切っても切り離せない。人や物が土地を選ぶのではなく、土地が人や物を生み出し、そして育み合う。

本作はあらためて近年の「総合的復元」を踏まえ、自分の暮らす土地から収拾したそれぞれの具体的な欠片の復元を通し、過去と未来を「青人草」のごとく育む。それはここで生きる自分の肖像となり、また、この雑多な列島で生きるモノたちの群像となっていくことを期待している。

青野 文昭


会期:
2020年12月8日(火)〜12月20日(日)月曜休廊  
11:00〜19:30、日曜〜17:00 入場無料

イベント:
㈠ トーク/ 対談・十年を振り返る
  12月12日(土) 17:00〜 19:00 《締切ました
   登壇:青野文昭,関本欣哉(TURNAROUND) 
   定員7名、参加無料、予約制 (info@turn-around.jpまで)

㈡ トーク/ 一年を振り返る 
  12月15日(火) 19:00〜21:00 《締切ました
   登壇:青野文昭 司会:関本欣哉(TURNAROUND)
   定員7名、参加無料、予約制 (info@turn-around.jpまで)

㈢ 上映会/『かげを拾う』 
  小森はるかによる青野文昭の制作ドキュメンタリー
  (制作:小森はるか/日本/2020年/70分)
  2回目終了後に青野文昭、小森はるかによるトークを開催します
  12月19日(土)
   ・1回目 13:00〜 入場料 500円
   ・2回目 15:30〜 入場料1,000円(トーク付)
    各回定員7名、予約制 (info@turn-around.jpまで

▶YouTubeタナランチャンネルで公開されております
 https://youtu.be/HXeGA432s0M

  
*㈠,㈢のトークは後日オンライン等で公開予定です
*マスク着用・手指消毒・検温等にご協力をお願いします
*新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から本展内容に変更が生じる場合もございます

会場:
Gallery TURNAROUND 
980-0805 仙台市青葉区大手町6-22 久光ビル1F
仙台市地下鉄東西線「大町西公園駅」西1出口より徒歩5分

略歴:
青野 文昭 Aono Fumiaki

1968年宮城県仙台市生まれ。90年代より「復元」をテーマにかかげ、各地で拾ってきた欠片へ様々なパターンの「なおし」を試みながら、多様な問題を浮かび上がらせようとしている。パブリックコレクションに、宮城県美術館、愛知県美術館、金沢21世紀美術館、リアス・アーク美術館など。2005年、宮城県芸術選奨(彫刻)、2015年、第26回タカシマヤ美術賞受賞。

- 近年の主な個展 -
2014 「Reincarnation:Memories from the Great Tsunami 転生・大   津波の記憶」 アラリオギャラリー(ソウル)、「Time Sharing 隣り合わせの時間 第3期 青野文昭」沖縄コンテンポラリーアートセンター(沖縄)
2015 「パランプセスト―記憶の重ね書き」 gallery αM (東京)
2017 「コンサベーション_ピース ここからむこうへ partA 青野文昭展」 武蔵野市立吉祥寺美術館(東京)
2019 「青野文昭 ものの,ねむり,越路山,こえ」 せんだいメディアテーク(宮城)
2019~20 「青野文昭−その思考の変遷を辿る− 1989〜2019」Gallery TURNAROUND(宮城)
- 近年の主なグループ展 -
2013 「あいちトリエンナーレ2013―揺れる大地―」(愛知)
2016 「いま、被災地から ―岩手・宮城・福島と震災復興−」東京藝術大学美術館(東京)、「Royal Academy of Arts’ Summer Exhibition.2016招待出展」Royal Academy(ロンドン)
2017 「コンニチハ技術トシテノ美術」せんだいメディアテーク(宮城)
2019 「六本木クロッシング2019 つないでみる」森美術館(東京)
2020 「ヨコハマトリエンナーレ2020 AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」 横浜美術館(神奈川)、 「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020」山形芸術工科大学(山形)

作家Web|http://www1.odn.ne.jp/aono-fumiaki/




小森はるか Komori Haruka
1989年生まれ。映像作家。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。映画美学校修了。主な作品に『息の跡』(2016年)、『空に聞く』(2018年)などがある。



フライヤー(B4二つ折り)
青野文昭展202012-1.jpg
青野文昭2

※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。


主催:TURNAROUND
助成:公益財団法人仙台市市民文化事業団


web版美術手帖
https://bijutsutecho.com/exhibitions/6989

企画展|伏見恵理子 個展「もやのかたち」

2020.11.28 Saturday | ギャラリー情報

ご案内|会期中収録しました、アーティストによる作品解説の模様をお届けします。
YouTube/タナランチャンネル(チャンネル登録お願いします)
https://youtu.be/-L4tO4DexRI



fushimi_flyer2m.jpg

伏見恵理子 個展 「もやのかたち」 

1987年埼玉県生まれ、宮城県在住の伏見恵理子による個展です。
伏見は、素材間の移動の中で生まれるものに関心を持ち、絵の制作を続けています。
紙に描いた絵のにじみやかすれを、画布に拡大して描く。異なるものの間の移動においてその二つが似ながらもずれていく中で、もやのような、つかめないかたちの中にある未知の風景を探ります。
本展では、新作と近作のアクリル画を約12点展示します。


会期 | 2020.11.17(火)-11.29(日) ※月曜日休廊 入場無料
時間 | 11:00-19:30 ※日曜日17:00まで

会場 | Gallery TURNAROUND
 980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
 仙台市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分
 http://turn-around.jp/
 info@turn-around.jp

略歴 |
伏見恵理子 FUSHIMI Eriko
ウェブサイト http://243news.blogspot.jp/
1987年 埼玉県生まれ
2014年 武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻油絵コース修了
宮城県在住

おもな個展
2020年 仙台の1TO2BLDG.カフェムギ内での展示(2月から現在まで)、宮城
    *TURNAROUNDから1TO2BLDG.まで徒歩7分です
2014年 「文字の風景」、数寄和、東京

おもなグループ展
2018年 「8月の夢 福田絵理/伏見恵理子 2人展」アトリエどろっぷ、埼玉
    「木曽ペインティングス vol.2けものみち」、藪原宿 大つたや、長野
2016年 「CINCIN!」数寄和、東京
    「ワンダーシード2016」、トーキョーワンダーサイト渋谷、 東京
2015年 「シェル美術賞アーティストセレクション(SAS)2015」、 国立新美術館、東京
    「第5回新鋭作家展二次審査作品公開」 川口市立アートギャラリー・アトリア、埼玉
    「若手作家小品展」、数寄和、東京
     New Creators Competition 2015入賞展覧会企画「かつてとの遭遇」、 静岡市クリエーター支援センター、静岡
2014年 「シブカル杯」渋谷パルコ パルコミュージアム、東京
    「富士山アーティスト・イン・レジデンス作品展」、富士芸術村、 静岡 
    「トーキョーワンダーウォール公募2014入選作品展」、 東京都現代美術館、東京
2013年 「シェル美術賞展2013」、国立新美術館、東京
    「トーキョーワンダーウォール公募2013入選作品展」、 東京都現代美術館、東京
    「ワンダーシード2013」、トーキョーワンダーサイト本郷、 東京

入選、受賞
2018年 「第9回はるひ絵画トリエンナーレ」佳作、愛知
2016年 「ワンダーシード2016」入選、 トーキョーワンダーサイト渋谷、東京
2015年 第30回ホルベイン・スカラシップ奨学生
2015年 「第5回新鋭作家展」入選、川口市立アートギャラリー・ アトリア、埼玉
2014年 「CCC展覧会企画公募New Creators Competition 2015」入賞「かつてとの遭遇」 (企画者:椋本真理子)、静岡市クリエーター支援センター、静岡
2014年 「トーキョーワンダーウォール公募2014」入選、 東京都現代美術館、東京
2013年 「シェル美術賞2013」入選、国立新美術館、東京
2013年 「トーキョーワンダーウォール公募2013」入選、 東京都現代美術館、東京
2013年 「ワンダーシード2013」入選、 トーキョーワンダーサイト本郷、東京
2013年 80周年記念 武蔵野美術大学大学院修士課程奨励奨学金 奨学生



フライヤー(A5カード)
伏見展1

伏見展2

主催/TURNAROUND 助成/(公財)仙台市市民文化事業団