タナランブログ

アナラン会場|Haruka KAMEYAMA Solo exhibition hi,

2021.09.22 Wednesday | ギャラリー情報

亀山晴香hi

Haruka KAMEYAMA
Solo exhibition
hi,


会期:2021.10.23sat ~ 11.3thu
時間:11:00 ~ 20:00、最終日~19:30迄
会場:TURN ANOTHER ROUND(アナラン)
   仙台フォーラス7階 even 内
   980-8546 仙台市青葉区一番町3-11-15
   tel/022-796-3308  mail/info@turn-around.jp
   Instagram:turn_another_round
   Facebook:TurnAnotherRound

交通案内:
 JR/仙台駅より徒歩15分
 地下鉄/南北線広瀬通駅西4出口より徒歩1分、東西線青葉通一番町駅より徒歩4分
 車/東北自動車道仙台宮城インターチェンジより車で約10分
 駐車場は近隣コインパーキング(有料)をご利用ください


亀山 晴香  Haruka KAMEYAMA

1998年 宮城県生まれ
2020年 東北芸術工科大学美術科洋画コース卒業
2021年 東北芸術工科大学大学院芸術文化専攻絵画領域在籍中
Instagram : @_mecomecopon

 「娯楽」と「矛盾」をキーワードに、玩具などを用いてランダムに作られたジオラマ写真とキャラクターのアナログペインティングを融合した作品や、スマートフォン用画像加工アプリを制作技法として加える作品などを主に制作している。

個展
2019年 個展「Kidding」伊達海鮮花京院店ミニギャラリ ー(仙台)
2020年 個展「Untitled」東北芸術工科大学 The Cube(山形)
2021年 個展「Teddied」東北芸術工科大学TheCube(山形)

グループ展
2021年 GALLERYA8T「Pre-OpeningEXHIBITION(仙台)
2020年 東京都美術館 東北芸術工科大学卒業・修了展「鹿逐う者は 山を見ず」(東京)       
     東北芸術工科大学卒業制作展(山形)
2019年 新宿眼科画廊「ポートフォリオ選抜展」(東京)
     「ART FAIR3331」出展(東京)
2018年 新宿眼科画廊「 ポートフォリオ展 2018」(東京)

受賞
2020年度東北芸術工科大学卒業制作展洋画コース優秀賞



DMハガキサイズ
亀山晴香1

亀山晴香2


参考
Teddied#BR (2021)Ⓒ亀山晴香
Teddied#BR (2021) Ⓒ亀山晴香

Teddied#B (2021)Ⓒ亀山晴香
Teddied#B (2021) Ⓒ亀山晴香

※画像転載を禁じます


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。
皆様のご健康をお祈りすると共に、ご来店を心よりお待ちしております。

【タナラン・アナラン】第10回せんだい21アンデパンダン展2021

2021.09.21 Tuesday | ギャラリー情報

A3_A_m.jpg


第10回せんだい21アンデパンダン展2021


自由と独立を意味する[independants]を冠した無審査の美術展。
仙台から。いよいよ10回目。

本展は、出展料を支払えば誰でも、どんな作品でも出品できる[アンデパンダン]形態を基本にした公募展です。
ジャンル、趣向、年齢、経歴、主張、価値… あらゆる垣根を越え、誰にでも等しく開かれた、表現の場であることが目指されます。
昨年に続き、新型コロナウイルス感染症対策を考慮しての募集要項となりましたが、予想を超える227点の作品が集まりました。

仙台の民間ギャラリースペースが協力、連携し、誰にでも等しく開かれた場を設け、新たな時代の表現を目撃しようとする試み。自由な精神に満ちた出品作品に期待します。


◎新型コロナウイルス感染症の状況により会期、内容等が変更になる場合もございます。
◎アンデパンダン展ご鑑賞の際のお約束

 1.マスクをする
  熱のある方、体調の悪い方はご遠慮ください。
 2.手指を消毒する。
 3.密を避ける。
  会場内が5〜6名以上の場合は入口でお待ちください。
 4.大声で話さない

 新型コロナウイルス接触確認アプリcocoaの登録・稼働を推奨します。

A3_B_m.jpg



●会期:
 2021年9月29日(水)-10月10日(日)
 月休(TURN ANOTHER ROUNDのみ無休)

●パフォーマンス日:
 10月3日(日)11:00〜18:10 

●会場:コチラから各会場サイトやMAPにとべます
 |翹楡浸文渋緘術館 (青葉区東勝山)
 GALLERY ECHIGO (青葉区双葉ヶ丘)
 SARP 仙台アーティストランプレイス-A(青葉区錦町)
 ぅャラリーチフリグリ (宮城野区五輪)
 Gallery TURNAROUND (青葉区大手町)
 TURN ANOTHER ROUND (青葉区一番町フォーラス7階even内)
 野外展示会場 のりっぱ (青葉区大手町)
 野外パフォーマンス会場/勾当台公園野外音楽堂(10/3のみ)
 *スタジオ開墾会場は今年はお休みします

●作家名やMAP、営業時間はせんだいアンパンwebでご確認ください
 http://sendai21-independants.com/

 営業時間は会場ごとに異なります。
 *タナランは11:00〜19:00,日曜〜17:00,最終日は15時終了
 *フォーラスアナランは10:00〜20:00,最終日は15時終了


会期用パンフレット(A3 クロス折)
2021 1面 最終out.jpg
2021 2面 最終直し.jpg

主催:せんだい21アンデパンダン展実行委員会
助成:公益財団法人仙台市市民文化事業団
後援:河北新報社、TBC東北放送、仙台放送、KHB東日本放送、ミヤギテレビ、エフエム仙台
題字協力:糸井貫二(ダダカン)

みはらかつお個展「千年景 仙台 2021」

2021.09.14 Tuesday | ギャラリー情報

2021DM_mihara1000 1m.jpg


みはらかつお個展
千年景 仙台 2021


会期:2021.10.12火曜 ~ 10.17日曜
時間:11:00~19:30、日曜~16:00迄
場所:Gallery TURNAROUND
   980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
   市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分


『千年景 仙台 2021』に寄せて

「哀しみこそ放っておけない」
これは以前、東京の博物館でひとつの縄文土器に惹かれじっと見入っていた時に、不意に脳裏に浮かんできた言葉です。この言葉の意味するところも出処もはっきりしませんが、目の前の土塊が発する声無き声を受け取ったのかと、戸惑いつつも興奮したことを覚えています。
縄文の造形は謎も多く理解も難しいのですが、そのただならぬ醸す気と佇まいが、数千年後を生きている私の心を揺さぶり、このような言葉を思い浮かばせたとしてもなんら不思議ではなく、造形とはそういうものかと頷くばかりです。
時を経たからこそ纏うプリミティブな素朴さ力強さ、ノスタルジックに漂う匂いが一層強くそう思わせるのかもしれませんが、人はなぜモノを作るのか、その理由はすでに縄文に現れていると素直に腑に落ちたこの感覚を大事に、これからも造形していきたいものです。
今個展では、仙台近郊の地図の中から何らかの気配を予感した地点を選び、何らかの気配とは何なのか、『千年』(ちとせ)の言霊も意識しながら模索した作品、約20点を展示いたします。

2021年8月 みはらかつお


略歴
みはらかつお
仙台市出身。

主な個展
1998 離土 ギャラリー週間アート (仙台)
離土(再)+詩のデッサン ギャラリー越後(仙台)
1999 枕の門 ギャラリーユキ (仙台)
2001 『Here』 カフェ&ギャラリーマチス(仙台)
2004 『Here』 カフェ&ギャラリーマチス(仙台)
2005 『Here』 ギャラリー山口(東京)
2006 『Here』 カフェ&ギャラリーマチス(仙台)
2007 『Here』 Galerie satellite(パリ)
2009 『Here』 Galerie satellite(パリ)
2010 個展 SARP(仙台)
2012 『Here』 Galerie satellite(パリ)
2013 個展 SARP(仙台)
2015 個展 SARP(仙台)
2018 地図と土器 ギャラリーチフリグリ(仙台)

主なグループ展
1994 MIXED MEDIA RALLY 宮城県美術館県民ギャラリー(仙台)
1995 二人展 宮城県美術館県民ギャラリー(仙台)
1996 うぶすな展 宮城県美術館県民ギャラリー(仙台)
2020 定点観測 SARP(仙台)

主な公募展
2020 第37回FUKUIサムホール美術展in金津創作の森 大賞受賞


みはらかつお1

みはらかつお2


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。
皆様のご健康をお祈りすると共に、ご来店を心よりお待ちしております。

企画展|小林知世「doughnut」

2021.08.20 Friday | ギャラリー情報

期間限定オンラインストアでも作品をご覧いただけます。
https://shop.turn-around.jp/categories/3156472


小林知世

小林知世 doughnut


北海道札幌市出身で、同市にあるnaebono art studioを拠点に活動する小林知世の個展です。
小林は、生活の中で遭遇する微細な予兆や気配、サインを捉えたいと日々制作を続けています。
本展では、ペインティングや、路上での雑音をグラフィカルに記録する手法を用い、インスタレーション作品を展開していきます。
ふとした瞬間に現れる数多くの繊細なサインや気配。そこから何を拾いどう理解しようとするのか。
彼女の視点と私たちの視点が重なり合うとき、それまでとは日常の見え方が微かに変わってゆくのかもしれません。




小林 知世 Chisei Kobayashi

1994.札幌生まれ
2017. 東北芸術工科大学 洋画コース卒業
札幌、naebono artstudioを拠点に活動

SELECTED SOLO EXHIBITIONS
2020 暗闇で手紙を読む(札幌 salon cojica)
2017 buoyancy(札幌 TO OV cafe)

SELECTED GROUP EXHIBITIONS
2020 Cyg SELECT 2020(盛岡 Cyg gallery)
2020 サッポロ・アート さよなら昭和ビル(札幌 CAI02)
2020 NEW JAPANESE PAINTING(ドイツ ハンブルグ mikikosato gallery)
2019 ART-LINKS2019(東京 Orieartgallery)
2019 思考するドローイング(札幌 500m美術館)
2019 between room(石巻 まちの本棚)
2018 TURNAROUND小品展(仙台 galleryTURNAROUND)
2017 ひとりぐらし自由空間(仙台 galleryTURNAROUND)


AWARDS, RESIDENCY AND SCHOLARSHIP
2019 JRタワーARTBOX2019 優秀賞
2018 アーティストインレジデンス End Of Summer2018(アメリカ オレゴン州 ポートランド)


◎会期:2021.8.17火曜 ~ 9.5日曜 月曜休廊
◎時間:11:00~19:30、日曜~17:00、最終日~16:00まで
◎場所:Gallery TURNAROUND
   980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
   市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分

◎ハガキ
Chisei Kobayashi

Chisei Kobayashi2

小林知世
untitled
2021 72.7x91cm
綿布、ジェッソ、油絵の具
Ⓒkobayashi chisei


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。
※時短営業のためカフェは19時閉店とします。アルコールの提供は終日お休みします。


ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。
皆様のご健康をお祈りすると共に、ご来店を心よりお待ちしております。


主催企画:TURNAROUND 
助成:公益財団法人仙台市市民文化事業団

企画展|大越円香 「Unaccounted for “ ”」

2021.06.13 Sunday | ギャラリー情報

大越_DM1m.jpg


大越円香
Unaccounted for “ ”




秋田県出身で、現在は岐阜を拠点に活動する大越円香の個展を開催します。 
大越は、スマートフォンと人間の間で起こる『自己と他者の共存』をテーマに、スマートフォンで撮影した写真をインクジェットプリントしたのち、漂白剤によるペインティングを行っています。
本展では、スマートフォンで撮影した自身の指先・指紋を印刷し、それらを漂白材でペイントしています。デジタルとアナログを行き来することで生まれた画面から、日々増殖する情報の危うさや脆さ、それらを操る人間の本質や、自己と他者との関係性を探っていきます。



大越円香 おおこし・まどか

1997 秋田県生まれ
2020 秋田公立美術大学ビジュアルアーツ専攻卒業
2021 情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科 博士前期課程(修士) 在学中
これまでの主な展示に、アートアワードトーキョー丸の内2020(東京駅行幸ギャラリー/東京)、SHIBUYA STYLE vol.14(西武渋谷店/東京)、SHOEREEL ~境界を往来するメディアアート~(秋田公立美術大学サテライトセンターほか/秋田市)、個展「不在の標本」 (アトリオン2階 美術展示ホール/秋田市)、IAG AWARDS EXHIBITION 2019(東京芸術劇場/東京)。



〇会期:2021.7.6火曜 ~ 18日曜 月曜休廊
〇時間:11:00~19:30、日曜~17:00迄
〇場所:Gallery TURNAROUND
   980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
   市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分

*トークイベント等を行う際は追って掲載します


〇ハガキ
大越円香1
大越円香2


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。


主催:TURNAROUND 
助成:公益財団法人仙台市市民文化事業団

樋口佳絵「綴り、束ね、積み続けること。」

2021.06.12 Saturday | ギャラリー情報

樋口佳絵2021TURNAROUND3


TURNAROUND企画展

樋口佳絵
綴り、束ね、積み続けること。





数多の手が開いて閉じて、わたしも捲った頁。
いつか誰かのこれからに、きっと必要な紙の束。





宮城県仙台市出身・在住の画家、樋口佳絵の個展を開催します。
主にテンペラ・油彩の混合技法で描かれる少女や少年、そのまわりに広がる景色からは、想像的虚構と現実との間で揺れ動く様々な感情や意志が感じられます。
作家は近年、装画や絵本原画など「本」にまつわる作品発表の場が増えています。本展では、人々の身近にある「本」をテーマにした新作にくわえ、作家が装画を担当した書籍や絵本の紹介と、原画の一部を展示します。
定義できない曖昧で不確かな存在に畏れつつも惹かれてしまう樋口の世界をどうぞご覧いただければ幸いです。



樋口 佳絵  Kae Higuchi

1975 仙台市生まれ
東北生活文化大学卒業、仙台在住

<近年の活動>
2013 『オオハラコンテンポラリー』出品 大原美術館(岡山)
2015 個展『ねこの月、佳日』喫茶carta(岩手・盛岡)’16年’17年’18年’19年
    個展『ぱんぱかぱーん』TURNAROUND(宮城・仙台)  
2016 『ブラティスラヴァ世界絵本原画展』出品 うらわ美術館、岩手県立美術館ほか
    個展『フラフープ論』Cyg art gallery+喫茶carta(岩手・盛岡)
2017 個展『E』日本橋高島屋 美術画廊X(東京)
2018 個展『ちょっとした流れ星』TURNAROUND(宮城・仙台)
2019 個展『日々が聴こえる』Cyg art gallery+喫茶carta(岩手・盛岡)
2020 個展『もしかしたらの物語』URESICA(東京)
<出版>
2007 『耳の器』文:渡部亨 絵:樋口佳絵
2014 『かがみのなか』文:恩田陸 絵:樋口佳絵 編:東雅夫(岩崎書店)
2017 『E エーデル版画集』詩:杉本真維子 版画:樋口佳絵(桜華書林)
『猫自由律◎にこげの日々』出版:喫茶carta 文:加賀谷真二、加賀谷奈穂美、宮川正人、樋口佳絵
<収蔵作品>
大原美術館
ルチアーノ・ベネトンコレクション

https://kaehiguchi.work/

artist Instagram
@kaehiguchi
gallery Instagram
@galleryturnaround


〇会期:2021.6.23水曜 ~ 7.4日曜 月曜休廊
〇時間:11:00~19:30、日曜~17:00迄、最終日~16:00迄
〇場所:Gallery TURNAROUND
   980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
   市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分


〇SPECIAL
《書籍紹介,販売》
樋口佳絵が装画を担当した、『彼女の名前は』(著者:チョ ナムジュ、出版:筑摩書房/2020)、『シーラと言う子』(著者:トリイ・ヘイデン、出版:早川書房/2021)などの書籍や絵本も会場で販売予定です。一部原画も展示いたします。

《喫茶cartaのハーブティー》
盛岡の「喫茶carta」による、展示をイメージしたスペシャルブレンドのハーブティーをオリジナルパッケージで販売致します。

その他、グッズ販売もあります。




〇フライヤー Size:182×182

樋口佳絵2021TURNAROUND1
樋口佳絵2021TURNAROUND2
ⒸKae Higuchi,TURNAROUND
Design:Miki Iseya


主催 企画:TURNAROUND 
助成:公益財団法人仙台市市民文化事業団


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

kyoso miwako Exhibition/Entr´Acte 幕間 --展示と展示の間の小休止--

2021.06.11 Friday | ギャラリー情報

kyoso1


kyoso miwako Exhibition
幕間 Entr’ Acte - 展示と展示の間の小休止‐


足早に通り過ぎる通路脇、
「 幕間(まくあい)」という、
一幕が終わり、
次の一幕がはじまるまでの
つなぎ目の役割の
ゆるりとほどけた時間。
歩く速度をほんの少し緩ませるような、
時折、
誰かの心の片隅を撫ぜるような、
路傍の石のような、
そんなささやかな空間を想像した展覧会です。


2021.06.19 (Sat)-07.04(Sun)
10:00-20:00 無休

TURN ANOTHER ROUND(アナラン)
仙台フォーラス7F 
#9808546 宮城県仙台市青葉区一番町3-11-15



会場Instagram更新中です。
@turn_another_round

作品の手引き
京増見和子展1

kyoso11

kyoso2


ⒸKyoso Miwako,TURNAROUND



主催:TURNAROUND 
助成:公益財団法人仙台市市民文化事業団



※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

荒木 悟 個展

2021.05.30 Sunday | ギャラリー情報

Little brothers 荒木悟 2021m.jpg
「Little brothers」2021


荒木 悟 個展
Satoru Araki Exhibition



2021.6.1tue ~ 6sun
11:00-19:30、日曜-17:00

Gallery TURNAROUND
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分


荒木 悟  Satoru Araki

1991年 仙台市生まれ
2010年 東北生活文化大学高等学校 普通科 美術コース卒業
    河北新報社主催第74回河北美術展洋画部門 河北賞(最優秀賞)受賞
2014年 東北生活文化大学 家政学部 生活美術学科卒業
2015年 個展(Gallery TURNAROUND/仙台)
2017年 個展(Gallery TURNAROUND/仙台)

他、東北生活文化大学と北アリゾナ大学との美術交流展(宮城県美術館県民ギャラリー)、登米アートトリエンナーレ2010/学生アシスタント参加、東北生活文化大学と文星芸術大学との交流展(宇都宮市文星芸術大ギャラリー、中本誠司現代美術館/仙台)、自画像展(Enama/仙台)など。


本展では、"生命と日常"をテーマに、油彩画約10点を展示します。




DM:
荒木悟個展2021ウラ (1).jpg
荒木悟個展2021オモテ (1).jpg


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。また、検温により37.5度以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

【FORUS7階|アナラン】木村 良 絵画と陶芸展 「じゆうになりたい。」

2021.05.21 Friday | ギャラリー情報

木村良0


木村 良 絵画と陶芸展
「じゆうになりたい。」



日時:2021年4月24日(土)〜6月10日(木)
   10:00-20:00 会期中無休 入場無料
会場:TURN ANOTHER ROUND(アナラン)
住所:仙台フォーラス 7F(〒980-8546 宮城県仙台市青葉区一番町3-11-15)
連絡先:info@turn-around.jp(大手町/TURNAROUND)
企画協力:長内綾子(Survivart)



このたび、TURN ANOTHER ROUND(アナラン)にて仙台在住の画家・木村 良の個展を開催いたします。木村は、グラフィックデザイナーとして49歳までデザイン事務所を構え、その後解散、自身は東北芸術工科大学へ入学し、本格的な絵画制作に取り組むようになった異色の画家です。
鮮やかでのびやかな画面からは、身の回りの風景と空想で構成された、豊かでユーモアあふれる世界が広がります。本展では、約15年にわたる作家の変遷を網羅的に展示します。油彩画のほか、数年前から取り組み始めた陶芸作品もあわせて展示しますので、ぜひこの機会に、会場へ足をお運びください。

-

作家略歴:木村 良(きむら・りょう)
1952年宮城県生まれ、仙台市在住。グラフィックデザイナー、美大生を経て現在は非常勤講師やフリーランスとして活動。青木繁記念大賞展の入賞や、FACE展、上野の森美術館大賞展などで入選するほか、個展、グループ展も多数。身の回りの自然や動物、名画をモチーフとするなど自由な画面構成と多様な試みで、絵画ならではの世界を追求している。


【追加情報】
◎関連トークイベント「せんだいアート私史:1995-2021」

●日時:2021年5月23日(日)15:00-17:00
●会場:仙台フォーラス 7F/TURN ANOTHER ROUND(アナラン)+オンライン配信
●登壇者:木村良、関本欣哉、長内綾子(聞き手)
●会場定員:15名
●会場参加予約:メールのタイトルを「せんだいアート私史参加」とし、本文に、氏名(ふりがな)と人数を明記のうえ、info@turn-around.jpまでメールを送信してください。当日はマスク着用のうえ、感染対策へのご協力をお願いいたします。
●参加費:無料
●配信URL:YouTubeタナランchannel
 https://www.youtube.com/watch?v=378gi8QcJX8
 *配信をご覧になる場合、予約は不要です


本展示の作家・木村良は、デザイン業の傍らで会場でもある仙台フォーラス間近の雑居ビルの4階に1995年2月、「1年間ギャラリー」をオープンさせました。以降も名称を変え「週間アート」として1999年まで運営したほか、2008年より「美術カフェピクニカ」をオープンしたほか、2年後には同ビル2階に「アートルームエノマ」をオープンするなど、四半世紀に渡り仙台の美術界を盛り上げるべく奔走してきました。
今回のトークでは、1995年を起点に、震災を経て現在に至る仙台のアートシーンを、展示会場「TURN ANOTHER ROUND(アナラン)」の運営者であり、仙台・大手町で2010年よりGallery TURNAROUNDを運営する関本欣哉を交え、じっくり伺います。仙台に住みながら美術や表現の場を継続しつつ、作家としても活動してきたお二人の聞き手を務める長内綾子は、震災を機に仙台に移住し、大手町の古い民家を「全部・穴・会館<ホール>」という名称で開放し、アーティスト向けのプライベートレジデンスやトークイベント等を開催してきました。
コロナ禍で、思うように展示やイベントが開催できない状況が長期化し、社会全体にも閉塞感や政治不信が蔓延しています。そんななか、地方都市に住みながら美術活動を行うことの希望や自由を語ることできればと考えています。
会場参加のほか、オンライン配信も行いますので、ぜひご都合に合わせご観覧ください。


※当日会場内で上記トークを行うため、展示作品の一部観覧がしづらい状況となりますこと、ご了承下さい(14:00-18:00)。



案内ハガキ:

木村良1

木村良2


TURN ANOTHER ROUND(アナラン)/ 2020年オープン
青葉区大手町の「Gallery TURNAROUND」による、コンテンポラリーアートのギャラリースペースです。仙台のアーティストを中心に、表現に取り組む人たちの多様な思考や技術、作品が持つ力を地域の皆様に発信していきます。

〇アナランInstagram
https://www.instagram.com/turn_another_round/

〇仙台フォーラス
https://www.forus.co.jp/sendai




※感染症対策(マスクの着用・手指消毒・3密回避など)へのご協力をお願いします。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

THE6 GALLERY PROJECT - 15 今村 仁

2021.05.18 Tuesday | ギャラリー情報

祝日変動に伴い、以下の期間を休業日とさせていただきます。

休業日:
2021年7月22日(木)、7月23日(金) ※19日(月)は通常営業となります

大変ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。




THE6 GALLERY PROJECT

2018年10月、春日町のシェアオフィス「THE6」と共同企画がスタートしました。
THE6の壁面を活用し、TURNAROUNDが仙台・宮城を中心としたアーティストの作品をディレクション、展示します。今回は、ターンアラウンドと繋がりが深く、仙台で度々作品を発表しています、東京都在住の今村仁さんの作品をご紹介します。THE6の営業時間中はどなたでもご覧いただけますので、皆様是非足をお運びください。

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策実施中です。ご協力宜しくお願い致します。詳細はこちら。

[展示作品についてのお問合せ]
  Gallery TURNAROUND
  info*turn-around.jp(*を@に)
  022-398-6413 担当:関本、安部(月休)

今村仁
今村仁:「ハニカミおじさん」(2021)


THE6 GALLERY PROJECT
PROJECT - 15
今村 仁


〇展示期間:2021年6月2日〜2021年7月30日
 平日のみ・土日祝はお休みです

〇会場:THE6
  980-0821 仙台市青葉区春日町 9-15 THE 6 3F
  平日9:00〜18:00 (土日祝はお休み)
   http://the6.jp/
   https://www.facebook.com/the6.jp/
  *作品の撮影は会場の指示に従ってください
  *作品のお問合せはターンアラウンドまで
  

〇作家略歴
今村 仁 Jin Imamura
1971年東京生まれ。1993年東京芸術専門学校研究科卒業。1997年Bゼミ Schooling System修了。主な展覧会に「木曽ペインティングス」(わんぱく村内、長野、2017)、「ループホール10周年記念展」(LOOP HOLE、東京、2015)、「きたかぜとたいよう展」(Gallery TURNAROUND、宮城、2014)、個展(Gallery TURNAROUND、宮城、2011/2014)、「今年描いた絵」(ギャラリーかれん、東京、2011)、個展(ギャラリー ニモード、東京、2009)、個展(熊谷守一美術館内 ギャラリー榧、東京、2006)、「斎藤義重と教育展」(朋優学園、東京、2002)、「灰塚アースワークプロジェクト/パフォーマンス」(広島、1996)など。


post_TY  [今村仁].jpg
post_TY  [今村仁]1.jpg