タナランブログ

artist news/青野文昭 

2023.08.09 Wednesday | artist news

artist news/青野文昭 


秋保の杜 佐々木美術館&人形館 10周年リレー展

青野文昭 展
彷徨う欲動―幽霊船―地球の裏側から帰還した人々1613-2023
(慶長遣欧使節―サン・ファン・バウティスタ号(模型)の廃材から)

■会期 2023年8月16日(水)〜9月10日(日)
 10:00〜17:00 月曜休館(祝日は営業 翌日休)
■会場 秋保の杜 佐々木美術館&人形館/美術館1階展示室
 http://akiunomori.jp/
■料金 一般800円 ほか


https://bijutsutecho.com/exhibitions/12285

artist news/青野文昭

2023.06.21 Wednesday | artist news

artist news/青野文昭  
掲載書籍ご案内


『Broken : Mending and Repair in a Throwaway World』

2023年5月
著者/ Katie Treggiden, Jay Blades
発行/ Ludion
英語 ハードカバー 232ページ

修復、修理、再生などをテーマに活動する25人のアーティストやデザイナー、メーカーなどが紹介されています。


▼各紹介ページ

https://ludion.be/en/books/detail/broken-mending-and-repair-in-a-throwaway-world

https://internationaltimes.it/restoration-repair-regeneration/

Amazonで購入可能です。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/9493039897/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o07_s00?ie=UTF8&psc=1


Broken_Reel   m.png

aono2.jpg

artist news/タノタイガ

2023.06.11 Sunday | artist news

artist news/タノタイガ

八戸市美術館
美しいHUG!
https://utsukushii-hug.jp/

■会期、時間
 2028年4月29日(土)〜8月28日(月)
 10:00〜19:00(展覧会入場は18:30まで)
 本展に加え期間限定で展示する作品があります。
  タノタイガ《15min. ポートレート》|7月29日(土)〜8月21日(月)
■休館日
 火曜日 ただし、5月2日(火)、8月1日(火)、8月15日(火)は開館
■会場 
 八戸市美術館
 〒031-0031 青森県八戸市大字番町10-4
■料金
 500円/高校生以下無料 他各種割引あり
■主催
 八戸市美術館
■参加アーティスト
 青木 野枝 井川 丹 川俣 正 きむらとしろうじんじん 黒川 岳 タノタイガ
■ゲストキュレーター
 森 司

■トークプログラム/注文の多い美術館
◎2023年7月9日(日)14:00〜15:30
 黒川岳 アーティストトーク
 出演:黒川岳、小山田徹、森司
◎2023年8月20日(日)14:00〜15:30
 タノタイガ アーティストトーク
 出演:タノタイガ、佐藤慎也、森司
◎2023年8月26日(土)14:00〜15:30
 井川丹 アーティストトーク
 出演:井川丹、大西健太郎、田中文久、大澤苑美、森司
◎2023年8月27日(日)14:00〜16:00
 ジャイアントルームとコレクション
 出演:青木野枝、日比野克彦、藤浩志、森司

■美しいHUG!ガイドツアー
◎6月17日(土)
 建築家と見るガイドツアー
 ゲスト:吉野弘(建築家)
 学芸員:齊藤未来
◎7月8日(土)
 造園屋さんと見るガイドツアー
 ゲスト:梅重畑中造園
 学芸員:平井真里
◎7月22日(土)
 野点プロジェクトメンバーと見るガイドツアー
 ゲスト:野点プロジェクトメンバー
 学芸員:篠原英里
◎8月5日(土)
 タノミマスプロジェクトメンバーと巡るガイドツアー
 ゲスト:タノミマスプロジェクトメンバー
 学芸員:田村由衣


その他、イベントなど詳細は美術館webでご確認ください。

artist news/青野文昭

2023.06.07 Wednesday | artist news

artist news/青野文昭

はじまりの美術館
「あいまいな あわいの まにまに」
https://hajimari-ac.com/enjoy/exhibition/manimani/

■会期 
 2023年4月22日 - 2023年7月9日
 開館時間:10:00〜18:00
 ※火曜休館、5月2日(火)は開館
■会場 
 はじまりの美術館(福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)
■料金
 一般500円、65歳以上250円、高校生以下・障がい者手帳をお持ちの方および付添いの方(1名まで)無料
■主催
 社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館
■出展アーティスト
 青野文昭、國久真有、砂連尾理+山形ビエンナーレ2022「まちのおくゆき」、
 時吉あきな、西野克、林勇気、与那覇俊


チラシ
はじまりの美術館

artist news/青野文昭

2023.06.05 Monday | artist news

artist news/青野文昭

宮城県美術館
「令和5年度コレクション展示 リニューアル直前!宮城県美術館の名品勢ぞろい!」にて、収蔵作品が展示されております。
https://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/exhibition-20230419-p01-01.html
展示作品《なおす・延長 宮古 1997.5.8》 1997年/板,布・アクリル


【展覧会概要】

宮城県美術館は、今年6月からリニューアル工事に入ります。休館前最後の展示となる本展では、1981(昭和56)年の開館から40年以上の歴史の中でコレクションとなり、美術館を特色づけてきた数々の作品の中から、今見ておきたい選りすぐりの名品を展示します。

■会期:2023年4月19日(水)〜6月18日(日)
■会場:宮城県美術館 本館1階展示室
■休館:月曜日(5月1日は開館)

■料金:一般300円(240円)/大学生150円(120円)/高校生以下無料( )は20名以上の団体料金。
※特別展の観覧券をお持ちの方は、コレクション展示もご覧いただけます。
※5月5日(金曜日)、5月18日(木曜日)は常設展無料観覧日。

OF HOTEL LOCAL SESSION Vol.001「青野文昭 : since then, from now on」

2022.07.13 Wednesday | artist news

仙台初のリノベーションホテルとして2022年7月1日にオープンした「OF HOTEL」。
ターンアラウンドでは、2020年のホテル準備段階からお声がけいただき、「ローカルセッション」というコンセプトのもと、ご協力いただいた皆様とともに、アートの分野から微力ながら関りをもたせていただきました。
そしてこのたび、オープニングを飾る展覧会として、青野文昭氏の個展を開催いたします。
「since then, from now on/その後の今」。
継承しながらも新しく生まれ変わる仙台の新たなスペースに、県外からのお客様はもちろん、地元の皆様も是非足をお運び頂ければと思います。

展示作品の購入方法につきましては、ホテルフロント、もしくはターンアラウンドまでお声がけください。

一部作品は非公開のオンラインストアでも購入可能となりました。
ご希望の方にはログインパスワードをお知らせしますのでお気軽にターンアラウンドまでご連絡ください。info@turn-around.jp



青野文昭展202207


OF HOTEL LOCAL SESSION Vol.001
青野文昭:since then, from now on


ローカルの魅力を共創するライフスタイルホテル OF HOTEL。
「東北との新しい出会いの場」として、今後さまざまなジャンルのプロジェクトを始動します。記念すべき第一弾は、国内外で精力的に作品を発表する宮城県仙台市出身の美術家・青野文昭の展覧会です。ホテルレセプションおよび2階ラウンジにインストールされた平面/立体作品の数々を、ゆっくりとご覧下さい。

主催:OF HOTEL
企画:TURNAROUND


●会期:2022.7.1(金) – 7.31(日)

●時間:10:00-16:00(カフェ営業時間内)
 ※カフェご利用のお客様がおられる場合は鑑賞にご不便をおかけする場合もございます。ご了承ください。

●会場: OF HOTEL(オブホテル )
   〒980-0013仙台市青葉区花京院1丁目4-14
   JR仙台駅より徒歩6分 / タクシーで約5分
   ※ホテルには併設の駐車場がございません。
    近隣駐車場をご利用ください。

●お問い合わせはフォームより https://of-hotel.com/contact/


●トークイベント●
※定員となりましたので〆切ました。ありがとうございます。7/26付
日時:7.27(水) 19:00-21:00 (開場 18:30)
定員:15名(要予約・先着順)
お申し込みフォーム:https://forms.gle/Wg5XSP7MomjeB1199
出演:青野文昭(美術家)、清水建人(せんだいメディアテーク学芸員)、長内綾子(Survivart代表)、関本欣哉(TURNAROUND代表)
※新型コロナウイルス感染症対策のため、お一人ずつのお申し込みとさせていただいております。

artist略歴:

青野 文昭 Aono Fumiaki

1968 年宮城県仙台市⽣まれ。宮城教育⼤学⼤学院美術教育科修了。90 年代より「復元」をテーマにかかげ、各地で拾ってきた欠片へ様々なパターンの「なおし」を試みながら、多様な問題を浮かび上がらせようとしている。
近年の主な個展に、 「青野文昭 ものの,ねむり,越路山,こえ」(2019年、せんだいメディアテーク)、「次から次へと、、、、」(2021年、ギャラリーターンアラウンド、仙台)、「どこから来てどこへ向かうのか」(2022年、上野の森美術館ギャラリー、東京) 、「谷間に生えだす―とあるタテモノのおもかげ」(2022年、LOKOギャラリー、東京)。グループ展に、「コンサベーション_ ピース ここからむこうへ part A 青野文昭展」(2017年、武蔵野市立吉祥寺美術館)、「六本木クロッシング2019:つないでみる」(2019 年、森美術館)、「ヨコハマトリエンナーレ2020 AFTERGLOW−光の破片をつかまえる」(2020年、横浜美術館他)などのほか、あいちトリエンナーレ2013 に出展。また、現在、森美術館で開催中の「地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング」にも出展中。

主な収蔵先/宮城県立美術館、愛知県立美術館、金沢21世紀美術館、アラリオ・ミュージアム(韓国)、リアス・アーク美術館、町田市立国際版画美術館、仙台大韓民国総領事館、高島屋、Luciano Benetton Collection(Imago Munm)、KOO HOUSE MUSEUM of ART&DESIGN COLLECTION(韓国)。


はがき:
青野文昭OFHOTEL1
青野文昭OFHOTEL2


OF HOTEL
Facebook https://www.facebook.com/ofhotelsendai
Instagram https://www.instagram.com/of_hotel/
webサイト https://of-hotel.com/event/2022-fumiaki-aono/

Ⓒ青野文昭
画像の無断転載を禁じます

artist news/青野文昭

2022.05.15 Sunday | artist news

artist news/青野文昭

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/earth/index.html

■会期 
2022.6.29〜11.6 会期中無休
■会場 
森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
■主催 森美術館
■企画 片岡真実(森美術館館長)、熊倉晴子(森美術館アシスタント・キュレーター)、山拓一(森美術館アソシエイト・キュレーター)
■出展アーティスト ※姓のアルファベット順
エレン・アルトフェスト 1970年ニューヨーク生まれ、同地およびコネチカット州ケント在住
青野文昭 1968年宮城県生まれ、同地在住
モンティエン・ブンマー 1953年バンコク生まれ、2000年同地にて没
ロベール・クートラス 1930年パリ生まれ、1985年同地にて没
堀尾昭子 1937年徳島県生まれ、兵庫県在住
堀尾貞治 1939年兵庫県生まれ、2018年同地にて没
飯山由貴 1988年神奈川県生まれ、東京都在住
金崎将司 1990年東京都生まれ、同地在住
金沢寿美 1979年兵庫県生まれ、東京都在住
小泉明郎 1976年群馬県生まれ、神奈川県在住
ヴォルフガング・ライプ 1950年ドイツ、メッツィンゲン生まれ、ドイツ南部、南インドおよびニューヨーク在住
ゾーイ・レナード 1961年ニューヨーク生まれ、同地在住
内藤正敏 1938年東京都生まれ、同地在住
オノ・ヨーコ 1933年東京都生まれ、ニューヨーク在住
ツァイ・チャウエイ(蔡佳葳)1980年台北生まれ、同地在住
ギド・ファン・デア・ウェルヴェ 1977年オランダ、パーペンドレヒト生まれ、ベルリン、アムステルダムおよびフィンランド、ハッシ在住


-

みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2022
山のかたち、いのちの形《いのちの混沌を越え いのちをつなぐ》

■会期
2022.9.3〜25 ※一部の会場を除き、会期中の金・土・日・祝日のみ開催
■会場
山形県山形市中心市街地
■主催
東北芸術工科大学

artist news/青野文昭

2022.02.10 Thursday | artist news

更新:
artist news/青野文昭


青野文昭「谷間に生えだす―とあるタテモノのおもかげ」

https://lokogallery.com/archives/exhibitions/tatemono
■会期
2022.1.14〜2.13 会期中休廊日:月・火及び祝祭日
■会場
LOKO GALLERY(東京都渋谷区鶯谷町12-6)
■イベント
トークセッション
1.22 青野文昭 ✕ 福住廉(美術評論家)

-

地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/earth/index.html
■会期 
2022.6.29〜11.6 会期中無休
■会場 
森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
■出展アーティスト
※姓のアルファベット順
エレン・アルトフェスト
青野文昭
モンティエン・ブンマー
ロベール・クートラス
堀尾昭子
堀尾貞治
飯山由貴
金崎将司
金沢寿美
小泉明郎
ヴォルフガング・ライプ
ゾーイ・レナード
内藤正敏
オノ・ヨーコ
ツァイ・チャウエイ(蔡佳葳)
ギド・ファン・デア・ウェルヴェ

主催 森美術館
企画 片岡真実(森美術館館長)、熊倉晴子(森美術館アシスタント・キュレーター)、山拓一(森美術館アソシエイト・キュレーター)

-

青野文昭 どこからきてどこへ向かうのか
https://www.ueno-mori.org/exhibitions/voca/2022/
■日時:2022年3月11日(金) 〜 30日(水) 10:00〜17:00 無休
■場所:上野の森美術館ギャラリー
■主催:公益財団法人日本美術協会・上野の森美術館

同時開催-VOCA展2022