タナランブログ

第11回せんだい21アンデパンダン展2022

2022.06.21 Tuesday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

アンデパンダン0

第11回せんだい21アンデパンダン展2022
応募受付中



2012年にスタートして今年で11回目のせんだい21アンデパンダン展。
今年も下記の美術館、ギャラリーを会場に開催します。
応募締め切りは8月3日水曜日(定員に達し次第締め切り)です。
皆様のエントリーお待ちしています!!
※公式サイトはただいま更新作業中です。今しばらくお待ちください。

1884年、フランスのパリからはじまった自由と独立を意味する[independants]を冠した無審査の美術展[アンデパンダン展]。表現者にとってかけがえのないその精神は日本、そして仙台にも伝わってきました。かくして21世紀の仙台、無審査で出品される表現は観るものにどんな感動をもたらしてくれるでしょう。本展は仙台のギャラリースペースが協力、連携し、誰にでも等しく開かれた場を設け、新たな時代の表現を目撃しようとする試みです。 あなたの自由な精神に満ちた出品作品に期待します。フランスではアンリ・ルソーが、アメリカではマルセル・デュシャンが、そして仙台では糸井貫二(ダダカン)がアンデパンダン展から登場しています。本展では、ジャンル、趣向、年齢、経歴、主張、価値…あらゆる垣根を越え、誰にでも等しく開かれた表現の場であることが目指されます。 



●状況により中止や無観客およびSNS等での開催になる場合があります。

●会期:2022年9月28日(水)-10月9日(日)
     パフォーマンス日は10/2(日)
     定休日調整中

●会場:
 |翹楡浸文渋緘術館 (青葉区東勝山)
 GALLERY ECHIGO (青葉区双葉ヶ丘)
 SARP 仙台アーティストランプレイス-A(青葉区錦町)
 ぅャラリーチフリグリ (宮城野区五輪)
 Gallery TURNAROUND (青葉区大手町)
 TURN ANOTHER ROUND (青葉区一番町フォーラス7階)
 野外展示会場のりっぱ (青葉区大手町)
 野外パフォーマンス会場 (勾当台公園野外音楽堂予定)
  ・営業時間は会場ごとに異なります
  ・展示会場は実行委員会で決定します

●募集作品:平面、立体、映像、野外展示作品、パフォーマンス

●エントリー〆切:8月3日(水曜)(定員になり次第〆切)

●エントリーは下記webフォームから可能です、
 https://forms.gle/fS19jf7aKf4J8gC98
 チラシ裏面の応募用紙を郵送、又は営業中の各会場でも受付ます。休廊日にご注意ください。

●参加費:1点3,500円、2点6,000円(送料別)
 ※8月25日〜9月25日の間に振込または書留でお支払いください。
  ターンアラウンドでの現金払いも可。
  ▶振込先/七十七銀行 芭蕉の辻支店 普通 5766869
   仙台21アンデパンダン 代表 関本 欣哉
 ※運搬費は搬入搬出ともにご本人様の別途ご負担になります。
 ※開催中止の場合、出品料は振込手数料を差し引いてご返金いたします。
 ※参加者都合によるキャンセルの場合は返金できませんのでご了承ください。


●搬入
 ・宅配便または指定業者《横山美創》による委託を基本としていますが、直接搬入をご希望の方は、決定した会場スタッフとお打ち合わせください。業者手配はご自身でお願いします。
 ・搬入日は「会場決定通知書」でお知らせいたします(9/26予定)

●搬出
 ・最終日15時〜
 ・指定がない場合、会場手配の宅配便着払いでご返送いたします。
 ・直接搬出をご希望の方は、決定した会場スタッフとお打ち合わせください。


●作品サイズ:
 ・平面立体ともに普通宅配便で発送可能なものを基本とします。
 ・映像作品は5分以内
 ・のりっぱ野外展示作品は、縦3m×横3m×高さ2m以内。期間中は無人野外展示になります。雨や強風等に耐えられる作品に限ります。応募時に完成予定図を提出のこと。のりっぱは自身による搬入出であること、および自身での展示作業が可能な方に限らせていただきます。


その他、詳細は応募チラシ両面を必ずご確認下さい。

アンデパンダン1
アンデパンダン2


【お問合せは事務局まで】
info*sendai21-independants.com(*を@に)
022-398-6413(月休、その他臨時休業あり)


主催:せんだい21アンデパンダン展実行委員会
令和4年度 仙台市青葉区まちづくり活動助成事業
後援:河北新報社、TBC東北放送、仙台放送、KHB東日本放送、ミヤギテレビ、エフエム仙台
題字協力:糸井貫二(ダダカン)
搬入出委託代行特別協力:横山美創

HTI写真三人展 Vol.2 樋口徹-高橋力-伊藤トオル

2022.06.05 Sunday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

三人展


HTI写真三人展 Vol.2
樋口徹
高橋力
伊藤トオル



会期|2022.6.14㈫ - 26㈰(月休)
時間|11:00-19:30、㈰-17:00迄
会場|Gallery TURNAROUND
980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
info@turn-around.jp
仙台市地下鉄東西線「大町西公園駅」から徒歩5分
主催|HTI写真三人展、TURNAROUND



 宮城県を拠点に長年活動を続ける写真家、樋口徹、高橋力、伊藤トオルの三名によるグループ展です。然もない出来事や風景、吐息のように零れる一瞬一瞬の集合体、土地や人々を通して現れる心的情景など、テーマはそれぞれに、約40点の作品を展示します。


■樋口徹 Toru Higuchi
1943年生まれ 
1979年 「恐山」カメラ毎日掲載
1988年 「砂箱遊び」日本カメラにて1年間連載、他にカメラ紙掲載多数
1997年 個展「砂箱遊び」ニコンサロン東京・大阪
2012年 個展「五冊の余熱」ニコンサロン東京・大阪
2015年 樋口徹写真展「土台 dodai 3.11 report いえのあったばしょ」ターンアラウンド・仙台
2021年 「樋口徹・高橋力・伊藤トオル三人展No1」SARP・仙台
他に個展、グループ展多数

2000年 写真集「砂箱遊び」スクラップ舎
2011年 写真集「町の跡形3.11」スクラップ舎
2015年 写真集「土台3.11」スクラップ舎


■高橋力 Chikara Takahashi
1955年生まれ 
1978〜1985年 日本写真家協会展 日本リアリズム協会展など入賞、入選など
1983年 カメラ毎日「五能線」掲載など
1988年 仙台にて個展「東北ストーリー」
1992年 仙台にて個展「細倉鉱山」など他多数
2021年 「樋口徹・高橋力・伊藤トオル三人展No1」SARP・仙台


■伊藤トオル Toru Ito
1963年生まれ
1995年 個展「KUMANO」ニコンサロン・東京
2016年 個展「澳門台湾沖縄」ターンアラウンド・仙台
2021年 「樋口徹・高橋力・伊藤トオル三人展No1」SARP・仙台
他に個展グループ展多数

1995年 写真集「KUMANO」洋々社
2004年 写真集「夏芙蓉okinawa2003」蒼穹舎

1997年 写真新世紀展優秀賞(森山大道選)翌年年間特別賞受賞
2016年度 宮城県芸術選奨受賞
仙台コレクション主宰、宮城県芸術協会会員



はがき
HTI写真三人展

HTI写真三人展2

【evenアナラン会場】大久保雅基:都市の変奏

2022.06.05 Sunday | ギャラリー情報 > even/TURN ANOTHER ROUND

motokiohkubo1


大久保雅基:都市の変奏
Motoki Ohkubo: The City Variations


本展では、人工知能を用いた音声合成技術によって仙台市の商店街の音を楽器の音色に変換し、実際の楽器によって変奏させたものや、ループ尺の異なる音、映像を再生することで、偶然の同期や展開を感じさせたり、演奏情報を持つ生命体が交配を行いつづけることで、延々と演奏内容が変奏されていく作品など、仙台市の風景を映像、音の両面からサンプリングし「演奏」について問い直す作品を展示します。



会期|2022年7月9日[土]ー14日[木] 無休
時間|10:00-20:00(最終日のみ19:00まで)
会場|TURN ANOTHER ROUND(仙台フォーラス7階 even内)
   980-8546仙台市青葉区一番町3-11-15
   tel|022-796-3308  mail|info@turn-around.jp
   Instagram|@turn_another_round
入場|無料
助成|公益財団法人仙台市市民文化事業団


大久保雅基 Motoki Ohkubo

1988年仙台市生。コンピュータ音楽の作曲家。プログラミングや電子工作を用いて、アコースティック楽器や演奏行為にテクノロジーを組み込み、生演奏とデジタルの所作を融合させた作品を制作している。洗足学園音楽大学音楽・音響デザインコースを成績優秀者として卒業。情報科学芸術大学院大学[IAMAS]メディア表現研究科修士課程修了。名古屋芸術大学、愛知淑徳大学、相愛大学の非常勤講師。先端芸術音楽創作学会、日本電子音楽協会、日本AI音楽学会会員。


フライヤー
Motoki Ohkubo
Motoki Ohkubo2



感染症対策へのご協力をお願いします。

【evenアナラン会場】南城 拓哉 個展「夢の跡のうたげ」

2022.06.05 Sunday | ギャラリー情報 > even/TURN ANOTHER ROUND

南城拓哉1

南城 拓哉 個展
夢の跡のうたげ


宇宙や恐竜を主な題材に楽しい作品を制作しています。恐竜や宇宙等の夢の跡からイメージした世界を、うたげのように楽しんで頂ければ幸いです。


2022年7月23日土曜―7月28日木曜
営業時間|10:00―20:00、最終日は18:00終了 
会期中無休 入場無料

会場 TURN ANOTHER ROUND
仙台フォーラス7階 even 内
〒980-8546 仙台市青葉区一番町3-11-15
tel 022-796-3308
mail info@turn-around.jp

南城拓哉 なんじょう・たくや

宮城県生まれ。
宇宙や恐竜を主な題材に楽しい作品を制作しています。

近年の活動歴
2019年 個展「MUCHU 夢中」art space 定禅寺ギャラリー(仙台)
2020年 グループ展「宛先のない作用 #0:ダイガクにねむるモノにまつわるゲイジュツ 展」TURN ANOTHER ROUND(仙台)
2022年 個展「夢の跡のうたげ」TURN ANOTHER ROUND(仙台)



※お花や差し入れ等のお気遣いは無用でお願い申し上げます。

※感染症対策にご協力をお願いします。


はがき
南城拓哉2
南城拓哉3