仙台・Eメール・アート展

SCHEDULE

第8回 仙台アート・ジェオ・コンストゥルイ研究会展
Exposition Art Geo Construit
2019/7/23火曜-7/28日曜

  • DM
  • DM
展示情報
タイトル 仙台アート・ジェオ・コンストゥルイ研究会展
期間 2019/7/23火曜-7/28日曜
時間 11:00-19:30、最終日17:00終了
内容 仙台で幾何学アートを研究するグループの展覧会です。
宮城県登米市出身で、今年で在仏50周年を迎えた佐藤サトル氏が行った幾何学絵画教室で出会ったメンバー数名で2012年に活動をスタートさせました。
「直線」から始まり、「三角」「正方形」「丸」「立体に見える平面」などテーマを変えてきましたが、8回目の今年は各作家自由な幾何学作品を発表いたします。
同時開催 THE6 GALLERY PROJECT PROJECT-5 佐藤 達
会期:2019年6月4日~7月31日(平日のみ)
会場:THE6(仙台市青葉区春日町 9-15 THE6 3F)
   平日9:00~18:00 (土日祝休み)
   http://the6.jp/
問合:Gallery TURNAROUND
・・・・・
サトル・サトウ・アート・ミュージアム
 佐藤達在仏50周年特別展 - SATORU展 -

  part1 2019.7.2-9.23
  part2 2019.10.1-12.28
  登米市/サトル・サトウ・アート・ミュージアム
  常設展示室、展示室1、展示室2、展示室3
会場 ギャラリー ターンアラウンド
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
(地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分)

中里広太展 かさ音がさ音
2019年7月30日(火)~ 8月11日(日)

  • DM
  • DM
展示情報
タイトル 中里広太展 かさ音がさ音
期間 2019年7月30日(火)~ 8月11日(日)
時間 11:00-19:30、日曜-17:00
*パフォーマンス日は16:30終了
*8/5(月)は18:00~21:00open
作家 中里広太 Nakasato Kota
内容 1983年宮城県仙台市出身の中里広太による個展。
2008年より音の即興アーティストとして活動をスタートさせ、2011年以降は"音"を使った立体作品やインスタレーションを発表。自身の個展会場で即興ライブを行っている。本展では、新作のサウンドインスタレーションの発表と、アーティストのヒグマ春夫、舞踏家の徳田ガン、発電ポールダンサーのメガネや、地元仙台で活躍するイラストレーターの佐藤ジュンコをゲストに迎え、実験的なライブパフォーマンスを公開する。
略歴 [個展]
2015年「しじま」 、2016年「常闇の曠野」、2017年「万黒博覧会」
2018年「見たい!聴きたい!覗きたい!」/Gallery TURNAROUND(仙台)

[主なグループ展、出演イベント]
2008年 「水と空気の変容展」 (鎌倉)
2009年 「越後妻有アートトリエンナーレ2009」 (新潟)
2010年 「会津漆の芸術祭」 (福島) 、「登米アートトリエンナーレ」 (宮城)
2011、14年 「アート土澤-街かど美術館」 (岩手)
2012~18年 「せんだい21アンデパンダン展」 (仙台)
2012~16年 「よろずのかみ vol.1~11」
(TURNAROUND・仙台、ココラボラトリー・秋田)
2012~13年 「除夜舞」 (キッド アイラック アートホール・東京)
2013~14年 「アートミーティング 田人の森に遊ぶ」(福島)
2018年   TALK「Sounds of Diversity -生きものと音楽を創る-」
      (イベント倉庫 ハトの家・仙台)
2019年   「アンフラマンス」(アトリエ第Q藝術・東京)

twitter:@KORTER20
ライブパフォーマンス ❶7.30(火)|佐藤ジュンコ(ライブペイント)+APE TOPE(DJ)
❷8.03(土)|ヒグマ春夫(映像)+中里広太(DJ)
❸8.10(土)|徳田ガン(舞踏)+中里広太(DJ)
❹8.11(日)|メガネ(発電ポールダンス)+APE TOPE(DJ)

▷全日17:40開場/18:00開演(通常展覧会は16:30終了)
▷各回定員20名

▶料金|1,500円 *複数回割引/2回目1,000円/3回目から500円
▶プレイガイド|TURNAROUND、スタジオ開墾
メールでも予約受付ます(info@turn-around.jp
ゲストプロフィール 佐藤ジュンコ Sato Junko | イラストレーター
1978年、福島県伊達郡霊山町(現・伊達市)生まれ。仙台市在住。仙台駅前の書店に勤務しながら、手描きマンガの「月刊佐藤純子」を友人知人に押し配りするうち、イラストの仕事をするようになる。2014年に書店を退職。2015年にイラストレーターになる。著書に『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』『佐藤ジュンコのおなか福福日記』(ミシマ社)、『月刊佐藤純子』(筑摩書房)、『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』(ポプラ社)がある。河北新報夕刊に「街で会いましょう」連載中。

ヒグマ春夫 Higuma Haruo | Artist
'90年度文化庁派遣芸術家在外研修員としてNYに滞在、ビデオインスタレーションをリサーチする。その成果発表が国立新美術館で「DOMANI・明日」展として開催され映像インスタレーションと映像パフォーマンスを行う。2006年「水の記憶・反復と再生プロジェクト」大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ2006。2009年「ふれあい写真感—おもいは通じる」大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ2009。2017年「中之条ビエンナーレ2017」映像インスタレーション&パフォーマンス「農の精神と農具の魂」。2019年「中之条ビエンナーレ2019」"Farming soul"のインスタレーション制作中・8-9月開催。 https://higumama.myportfolio.com/work

徳田ガン Tokuda Gan | 舞踏家 1990
黒色テント代表宗重博之氏の声がけによりドイツ5都市舞踏ソロツアー&大学にて舞踏講義
1994~2011
福島大学元副学長星野共氏、M M AC(mixed media art communication)の企画運営に協力し国際Fesに舞踏にて出演参加。
大晦日に開催される徳田ガン企画の除夜舞41周年は、2018-2019をアトリエ第Q藝術にて無事納め、新年を迎えた。

メガネ Megane | 発電ポールダンサー、衣装作家
2009年世界初の「発電するポールマシン」を製作。ポールダンスを踊ることによって産まれる回転で発電機を稼働させ発電する。ラジカセや照明等の家電を動かしながら行うパフォーマンスは、発電と産業化された性をポールダンスを媒介に結びつけ、人や社会を動かしている根源部分(欲望エネルギー)を問題に取り上げる。音楽/アート/ダンスなど様々なシーンにて、クロスオーバーに活動。 2011年「岡本太郎現代芸術賞 特別賞」、「愛知サウンドパフォーマンス道場オーディエンス賞受賞」受賞。

APE TOPE エイプトープ | DJ/サウンドデザイン
中里広太、関本欣哉によるDJユニット。仙台を拠点に2014年活動開始。
NEONOISISM ORGANIZERS所属。主にフィールドレコーディングした音源やノイズを使用したDJスタイルで、Occupy Wall Streetで見られる「We are the 99%」をスローガンに活動している。公園での不定期ライブのほか、ダンサー、美術家、花道家、映像作家など他者とのコラボレーションも多く、2017年、2019年には台北の美術展覧会会場でライブを行い高い評価を得ている。 YouTube : neonoisism organizers
会場 ギャラリー ターンアラウンド
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
(地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分)
同時開催 7/30~8/10「佐藤ジュンコ(40)」
企画 NEONOISISM ORGANIZERS
協力 TURNAROUND,コトバ事務所

タナボタン同時開催|佐藤ジュンコ(40)
2019年7月30日(火)~8月10日(土)

  • DM
  • DM
展示情報
タイトル タナボタン同時開催|佐藤ジュンコ(40)
期間 2019年7月30日(火)~8月10日(土)
時間 11:00~19:30、日曜17:00迄
但し、7/30・8/3・8/10は16:30終了、8/5(月)は夜のみ
作家 佐藤ジュンコ
プロフィール 佐藤ジュンコ Sato Junko | イラストレーター 1978年、福島県伊達郡霊山町(現・伊達市)生まれ。仙台市在住。仙台駅前の書店に勤務しながら、手描きマンガの「月刊佐藤純子」を友人知人に押し配りするうち、イラストの仕事をするようになる。2014年に書店を退職。2015年にイラストレーターになる。著書に『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』『佐藤ジュンコのおなか福福日記』(ミシマ社)、『月刊佐藤純子』(筑摩書房)、『仕事場のちょっと奥までよろしいですか?』(ポプラ社)がある。河北新報夕刊に「街で会いましょう」連載中。
内容 「佐藤ジュンコ(36)」、「佐藤ジュンコ(38)」に続く三回目の個展です。今回はタナランカフェとボタンの2会場で開催します。
イベント①/パフォーマンス TURNAROUNDで同時開催の「中里広太展」にゲスト出演します!!
▷出演:佐藤ジュンコ(ライブペイント)、APE TOPE(DJ)
▷7月30日(火) 開場17:40、開演18:00
▷ticket:¥1,500
▷定員20名
▷プレイガイド:TURNAROUND、スタジオ開墾
▷メール予約も受付ます → info@turn-around.jp
イベント②/スナックともみ  ▷8月5日(月)夜
●ボタン会場● 「月刊佐藤純子」にまつわる展示を行います。
そのほかの催しはTwitter等で発信!!
ボタン
〒980-0013 仙台市青葉区花京院2-1-40南側
⏰12:00~19:00
但し、8/4日曜はイベントのため時間変更あり、8/5月曜はお休みします
Twitter:@button_sendai
会場 カフェ HANGAROUND(ターンアラウンドカフェ)
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
(地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分)

CALENDAR

ARCHIVES

DM
櫻胃園子個展 「関係の脱衣所」
2015.04.28~05.03
DM
「春の日、マキアート」
2014.04.01~04.20
DM
タノタイガ個展 風が 吹くとき
2012.11.10~12.02
DM
青野文昭展 どくろ杯Ⅱ
2012.07.06~7.22
DM
青野文昭展 髑髏杯
2011.05.10~05.29
DM
Noboru Kojima Exhibition
2011.2.4〜2.27
DM
“ある空間”-at a certain space-
Machiko Shikano
2010.12.15~2011.1.16
DM
「WAVE OBSESSION」
石川雷太
2010.10.15〜12.12

ABOUT

主な業務内容
  • アート作品の販売・展覧会企画・運営等
  • ギャラリイ・カフェ運営
  • パブリックアートコンサルタント・アートレンタル
  • 大判カラープリント、カッティングシート作成等
  • 住宅、店舗等の設計からインテリア・アートコーディネート
  • アートレンタル、デザインブランド、建築関係、オンラインショップ
  • ワークショップ・絵画教室 開催(要望があれば出張いたします)

→ アートレンタルについて

ポスター印刷などもご相談ください
  • 大判カラープリント(ポスター印刷 -A1ノビまで-)
  • ラミネート加工
  • のぼり
  • カッティングシート

→ 印刷料金を見る

ご連絡先
  • gallery&atelier TURNAROUND
    -ギャラリー&アトリエ ターンアラウンド-
  • cafe HANGaround
    -cafe-
  • 〒980-0805
    宮城県仙台市青葉区大手町6-22 久光ビル1階
  • 【お車でお越しの方へ】
    駐車場もご用意ししております。
    以下のマップ【P】をご覧ください。
  • 【クレジットカードもご利用いただけます】
  • 022-398-6413
  • メールアドレス

→ Google Maps で見る


より大きな地図で カフェ&ギャラリー ターンアラウンド を表示

CAFE

ハングアラウンド店内写真
タナラン文庫
文学、アート書籍、建築、写真集、デザイン書 → 詳細
ハガラン物販コーナー
仙台のアーティストを中心にセレクト【カードも可】
ハガランギャラリー
カフェスペースのギャラリーもございます → 詳細