仙台・Eメール・アート展

SCHEDULE

仙台藝術舎/creek展 vol.3 「2056」37年後について
2019年3月19日(火)-24日(日)

  • DM
  • DM
展示情報
タイトル 仙台藝術舎/creek展 vol.3 「2056」37年後について
期間 2019年3月19日(火)-24日(日)
時間 11:00-19:30、初日19:00まで、最終日17:00まで
作家・出演者 阿部悠、柿澤弘枝、菅野光子、斉藤真由子、佐々瞬、佐立るり子、菅井啓汰、玉井裕也、中島優理、樋口健介、増子瑞姫/b>
内容 「仙台藝術舎/creek」は、次世代のアーティストやアートに携わる人を育てる学校として2016年に開校しました。10か月に渡り、美術家、美術批評家、キュレーター等を講師に迎え、講義やワークショップなどを通して同時代の多様な表現を学んでいます。今期(第3期)は、アーティストや、アートについて学びたい学生、会社員、教師、デザイナー、医師など15名が受講しており、本展はその受講生による修了展です。平面、立体、映像、パフォーマンスなどの表現方法を用いて、個性豊かな面々がアートという一点で繋がり作り上げるグループ展をぜひご覧ください。
ステートメント 1982年から1990年にかけて連載され、1988年には映画化もされた、大友克洋のサイエンスフィクションマンガ「AKIRA」は時代背景を2019年に設定されています。その舞台、ネオ東京では、2020年のオリンピックにむけてスタジアムが建設中です。まさに現在の日本と重なる部分です。
さて、AKIRAでは東京は過去に破壊されており旧市街、廃墟として描かれます。そして新都市ネオ東京も大混乱のなか廃墟と化していくわけですが、鉄腕アトムなどに登場する1960年代の未来像は違い、AKIRAで描かれる未来はディストピアです。あるいは同じくディストピアとしての未来を描き、サイバーパンクの潮流を生んだ映画「ブレードランナー」は2019年のロサンゼルスが舞台です。これらの作品が示すように、科学技術に頼んだ進歩史観が限界に来ていることはすでに物語として予見されています。また、わたしたちは震災によってそのことを反省的に実感しました。いずれにしても、小説としてのサイエンスフィクションの隆盛は過ぎ、それらを題材に映像化するというブームもCG の一般化とともに終わりました。結果的に、サイエンスフィクションは物語の消費形態としてパターン化し、近未来を描くことで現代への警鐘と成すことを真剣に考えた表現は無くなっていると言えるでしょう。では、あえて、それに挑戦してみましょう。目前のお祭りに未来への期待を込めるのではなく、現在の批評として未来を描き出します。今回は、AKIRAと同じ37年後の設定で、2056年の世界をあらわします。
講評会 初日19:00~講評会を行います
※講評会観覧は予約が必要です
info@turn-around.jpまで
会場 ギャラリー ターンアラウンド
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
(地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分)
美術手帖web
関連イベント TALK 社会彫刻とクラフトジン -仙台と札幌の「2056」年を考える
詳細はコチラ
アーツエイド東北・芸術文化支援事業
助成 公益財団法人仙台市市民文化事業団
主催 仙台藝術舎/creek

菊池聡太朗「ウィスマ・クエラ」
2019年3月26日火曜〜4月3日水曜

  • DM
  • DM
展示情報
タイトル 菊池聡太朗「ウィスマ・クエラ」
期間 2019年3月26日火曜〜4月3日水曜
時間 11:00-19:30、日曜-17:00、最終日-16:00迄 月曜休廊 入場無料
内容 インドネシアの古都ジョグジャカルタで、マングンウィジャヤという建築家の自邸に出会った。
増改築が繰り返されたその家は、建築家の死後も、そこに住み活動する人々に作り変えられ、付け足され続けていた。

本展覧会は一軒の家での経験を中心に、それを取りまくインドネシアの環境を記録・解釈しながら作られた様々な素材を用いた創作物で構成されます。インドネシア特有の増改築に伴う複雑な時空間を内包していたその家は、閉じた系でありながら、同時にその土地の文化や歴史を表象し、外の世界と交信していました。

誰も行ったことのない異国の家を入り口として、絶えず更新されていく日々の中で記録・創作することについて考える機会となればと思います。
作家 菊池聡太朗
作家プロフィール 1993年岩手県生まれ。東北大学大学院工学研究科 都市・建築学専攻修了。
2017年3月に開催した図画工作展「家事(いえごと)」から2年ぶりの個展です。
前回の「家事」展では、図や写真、絵、石などの媒体を用いて、工作しながら、生活やそれをとりまく風景について研究したインスタレーションを発表しました。その後、一年間のインドネシア留学を経て、本展では、インドネシアの記録を元に、言葉、写真、ドローイング、彫刻(模型)などすべての素材を等価に扱った新作のインスタレーションを発表します。また、今秋にはこれに続く企画展も予定しております。タイトルの言葉「ウィスマ・クエラ」は、現地で記録した家の名称からとっており、その土地での記録が解釈されることで創作につながっていく様を表現します。

1993年 岩手県生まれ
2015年 東北大学工学部 建築・社会環境工学科卒業
2017年-2018年 インドネシア、ジョグジャカルタへ留学
2019年 東北大学大学院工学研究科 都市・建築学専攻修了

展覧会等
2017年 「家事(いえごと)」(個展)/ギャラリー ターンアラウンド、仙台
2017年 「相転移」(グループ展)/くぐる、山形
2018年 「NIWAINI」(庭をつくって招くプロジェクト)/ASP(Artist Support Project)、ジョグジャカルタ
イベント 「ジョグジャカルタ報告会」
2019年3月30日(土) 午後5時より
- - - - - - - - - - - - - - -
留学中の生活や、ジョグジャの建築・都市事情、取り組んだ庭プロジェクト等、一年間で体験した雑多な出来事を紹介します。東南アジアの熱い現状を共有し、新たな発見が得られる場となれば幸いです。
会場 ギャラリー ターンアラウンド
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
(地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分)
企画 TURNAROUND|miyagi art singularity - Ⅳ-1
後援 (公財)仙台市市民文化事業団

CALENDAR

ARCHIVES

DM
櫻胃園子個展 「関係の脱衣所」
2015.04.28~05.03
DM
「春の日、マキアート」
2014.04.01~04.20
DM
タノタイガ個展 風が 吹くとき
2012.11.10~12.02
DM
青野文昭展 どくろ杯Ⅱ
2012.07.06~7.22
DM
青野文昭展 髑髏杯
2011.05.10~05.29
DM
Noboru Kojima Exhibition
2011.2.4〜2.27
DM
“ある空間”-at a certain space-
Machiko Shikano
2010.12.15~2011.1.16
DM
「WAVE OBSESSION」
石川雷太
2010.10.15〜12.12

ABOUT

主な業務内容
  • アート作品の販売・展覧会企画・運営等
  • ギャラリイ・カフェ運営
  • パブリックアートコンサルタント・アートレンタル
  • 大判カラープリント、カッティングシート作成等
  • 住宅、店舗等の設計からインテリア・アートコーディネート
  • アートレンタル、デザインブランド、建築関係、オンラインショップ
  • ワークショップ・絵画教室 開催(要望があれば出張いたします)

→ アートレンタルについて

ポスター印刷などもご相談ください
  • 大判カラープリント(ポスター印刷 -A1ノビまで-)
  • ラミネート加工
  • のぼり
  • カッティングシート

→ 印刷料金を見る

ご連絡先
  • gallery&atelier TURNAROUND
    -ギャラリー&アトリエ ターンアラウンド-
  • cafe HANGaround
    -cafe-
  • 〒980-0805
    宮城県仙台市青葉区大手町6-22 久光ビル1階
  • 【お車でお越しの方へ】
    駐車場もご用意ししております。
    以下のマップ【P】をご覧ください。
  • 【クレジットカードもご利用いただけます】
  • 022-398-6413
  • メールアドレス

→ Google Maps で見る


より大きな地図で カフェ&ギャラリー ターンアラウンド を表示

CAFE

ハングアラウンド店内写真
タナラン文庫
文学、アート書籍、建築、写真集、デザイン書 → 詳細
ハガラン物販コーナー
仙台のアーティストを中心にセレクト【カードも可】
ハガランギャラリー
カフェスペースのギャラリーもございます → 詳細