タナランブログ

【evenアナラン会場】The fall out : Dai Saito solo exhibition

2022.08.26 Friday | ギャラリー情報 > even/TURN ANOTHER ROUND

DAI SAITO

The fall out
Dai Saito solo exhibition

 私は集団と個人のアイデンティティーをコンセプトにGazeと呼んでいる自身のアイデンティティーの象徴を描いています。
 今回の展示はこのGazeをアイデンティティの枠から抜け出させるという意味合いで「THE FALL OUT」というタイトルにしました。
 是非とも、自身のアイデンティティと他者のアイデンティティを考えながら観て頂けると幸いです。

齋藤大 


2022年9月17日土曜―22日木曜
営業時間|10:00―20:00、最終日は19:00終了 
会期中無休 入場無料

会場 TURN ANOTHER ROUND
仙台フォーラス7階 even 内ギャラリー
〒980-8546 仙台市青葉区一番町3-11-15
tel 022-796-3308
mail info*even-sendai.com(*を@に)
Instagram @turn_another_round


齋藤 大 (さいとう だい)
 個人にある自己の認識が常に存在すること(アイデンティティ)、および、自己を確認するための1つの要素として集団(コミュニティ)があることを前提に、自己と集団の関係性から生じるジレンマをテーマとして制作している。

2001年 宮城県白石市生まれ
2020年 東北芸術工科大学芸術学部美術科洋画コース 入学
2022年 東北芸術工科大学芸術学部美術科洋画コース 在学中
2022年 グループ展「ふらんとろいん」TURN ANOTHER ROUND(仙台フォーラス7階)

Instagram @daidai_1219


ハガキ
DAI SAITO 2
DAI SAITO 3


※感染症対策にご協力をお願いします。
※画像の無断転載不可

【evenアナラン会場】Fantastic Duxic Life/Tomoaki Sugawara solo exhibition

2022.08.26 Friday | ギャラリー情報 > even/TURN ANOTHER ROUND

ポスター m .jpg

Fantastic 
Duxic life

Tomoaki Sugawara solo exhibition

 個展の開催を決めて、作品に向き合い始めてから数ヶ月、私を取り巻く環境や心情は大きく変化しました。私だけではなく、多くの人が、世界が抱える諸問題から、日常的な問題まで、目まぐるしい変化や不安の只中で、喜怒哀楽を感じていることと思います。
 私の作品は写真やドローイングをコラージュのように描き起こし、再構築する事で、絵画の平面性の中に浮かび上がる空間や存在感を表現するというコンセプトを軸に、「変化や対立の最中にある不安定な状況の可視化」というテーマを掲げており、今回はそれをもとにした平面作品約30点を展示させていただきます。作品それぞれに個性的なキャラたちがいますので、彼らが浮かべる喜怒哀楽を感じ取り、対話することで、忙しい毎日を懸命に生き抜く厳しさや楽しさ、素晴らしさを再確認していただけたら嬉しいです。

菅原朋晃


2022年9月10日土曜―15日木曜
営業時間|10:00―20:00、最終日は19:00終了 
会期中無休 入場無料

会場 TURN ANOTHER ROUND
仙台フォーラス7階 even 内ギャラリー
〒980-8546 仙台市青葉区一番町3-11-15
tel 022-796-3308
mail info*even-sendai.com(*を@に)
Instagram @turn_another_round

菅原 朋晃 (すがわら ともあき)
 写真やドローイングを元にしたモチーフをテープや切り絵によるコラージュのように描き起こし、再構築する事で、絵画の平面性を強調すると同時に、モチーフや空間の存在感、立体感も表現している。作品を通し一貫して「変化や対立の最中にある不安定な状況の可視化」 をテーマにし、脆く曖昧でアンバンス、ときに中途半端に描き表している。

2001年 宮城県気仙沼市出身
2020年 東北芸術工科大学 芸術学部 美術科洋画コース入学、在学中
主な展示
2022年2月 「THE TEAM展」 東北芸術工科大学7F THETOP
2022年3月 「ふらんとろいん」 仙台フォーラス7F TURN ANOTHER ROUND
2022年6月 バーチャル展示「VISCERAL」 M.A.D.S art gallery
2022年77月 グループ展 厘Shisha

Instagram @ochimusya_tengoku


ハガキ
菅原朋晃1
菅原朋晃2


※感染症対策にご協力をお願いします。
※画像の無断転載不可

T.I.P at OF HOTEL|OF HOTEL LOCAL SESSION Vol.002

2022.08.25 Thursday | お知らせ

ご案内---

T.I.P at OF HOTEL|OF HOTEL LOCAL SESSION Vol.002

T.I.P(TUAD INCUBATION PROGRAM)は、東北芸術工科大学芸術学部美術科にて4年次に行われる選抜作家育成プログラムです。選考で選ばれた学生には通常授業で使用するアトリエとは別に特別なアトリエが用意され、充実した制作の場が与えられます。アトリエでは日常的に教員やゲストと表現をめぐる活発なコミュニケーションも形成され、アーティストとしてこれからの時代を生き抜いていくための方法論を自ら考え、タフなアーティストを目指す場にもなっています。

ローカルの魅力を共創するライフスタイルホテル OF HOTELでは、東北・山形のアートを発信するQ1(キューイチ)のキュレーションのもと、このT.I.P 2022年度アーティストの作品展を開催します。会期終了後もホテル内に作品が常設展示され、東北の若手アーティストの作品を年間を通してご覧いただけます。

参加アーティスト/菊地那奈、北村啓人、栗原巳侑、鈴木藤成、林谷美香、和田竜汰


■会期:2022.8.2(火)─ 9.21(水)
■時間:10:00〜16:00(カフェ営業時間内)
 ※カフェご利用のお客様がおられる場合は鑑賞にご不便をおかけする場合もございます。ご了承ください
 ※会期終了後は2023年7月まで常設展示となります
■主催:OF HOTEL https://of-hotel.com/event/2022tip
■企画・協賛:株式会社Q1
■協力:東北芸術工科大学、TURNAROUND


■T.I.P アーティストによるトークセッション
・日時:9.21(水)19:00〜20:00(開場 18:30)
・定員:15名(要予約・先着順)
・お申し込みフォーム:https://forms.gle/5BooEPe9ArY2N95u5
 ※新型コロナウイルス感染症対策のため、お一人ずつのお申し込みとさせていただいております
 ※トークセッションの模様は、T.I.P YouTubeチャンネルにてアーカイブ配信されます
・登壇:菊地那奈、北村啓人、栗原巳侑、鈴木藤成、林谷美香、和田竜汰

・お問い合わせ:TURNAROUND MAIL(info@turn-around.jp)

■T.I.P プロフィール
T.I.P(TUAD INCUBATION PROGRAM)は、東北芸術工科大学芸術学部美術科にて4年次に行われる選抜作家育成プログラム。2019年より開始され、2022年の今年で4期目となる。4期目の選抜アーティストは、菊地那奈、北村啓人、栗原巳侑、鈴木藤成、林谷美香、和田竜汰の総勢6名。

Instagram:https://www.instagram.com/tuad_tip/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCC-er_979HEHtT78m_iYk0w

THE6 GALLERY PROJECT - 20 菊池聡太朗

2022.08.19 Friday | 美術

●ターンアラウンドオンラインストアに一部作品を掲載しました。(8/19更新)
その他、作品やポスターも取り扱い中です。
https://shop.turn-around.jp/categories/3156472


THE6 GALLERY PROJECT
春日町の複合型シェアオフィス「THE6」との共同企画です。THE6の壁面を活用し、TURNAROUNDが仙台・宮城を中心としたアーティストの作品をディレクション、展示します。今回は、岩手県出身、仙台在住の菊池聡太朗さんの作品をご紹介します。THE6の営業時間中はどなたでもご覧いただけますので、皆様是非足をお運びください。
会期中盤より、一部作品はオンラインストアでも販売予定です。


●新型コロナウイルス感染拡大防止対策実施中です。ご協力宜しくお願い致します。

[作品についてのお問合せ]
  Gallery TURNAROUND (月曜及び臨時休業あり)info*turn-around.jp(*を@に)


菊池聡太朗

THE6 GALLERY PROJECT
PROJECT - 20
菊池 聡太朗

〇展示期間:2022年7月4日〜9月30日
 平日のみ9:00-18:00 (土日祝及び8月10日〜16日はお休み)

〇会場:THE6
  980-0821 仙台市青葉区春日町 9-15 THE 6 3F
   http://the6.jp/
   https://www.facebook.com/the6.jp/
  *作品の撮影は会場の指示に従ってください
  *作品のお問合せは下記ターンアラウンドまで
  *駐車場はありません
  *新型コロナウイルス等、状況によって内容変更の場合もございます。

〇作家略歴:
菊池 聡太朗 (きくち・そうたろう)
1993年岩手県生まれ。2019年東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻修了。2018年インドネシア共和国ガジャマダ大学留学。主に風景を主題としたドローイングやインスタレーション作品を発表する。他に空間設計や什器設計/制作を共同でおこなうユニット「建築ダウナーズ」、宮城県を拠点に編集やキュレーションなどを協同でおこなうアーティストグループ「PUMPQUAKES」としても活動する。主な個展「喫茶荒地」(Gallery TURNAROUND、2019年)、「WISMA・KUWERA」(Gallery TURNAROUND、2019年)、「家事(いえごと)」(Gallery TURNAROUND、2017年)、「Good Landing」(Gallery TURNAROUND、2022年)。主なグループ展「ナラティブの修復」(せんだいメディアテーク、2021)、Voyage「風景の練習」(塩竈市杉村惇美術館、2021)、「相転移」(KUGURU、山形、2017)。


菊池聡太朗1
菊池聡太朗

Ⓒ菊池聡太朗
※無断画像転載を禁じます

三ツ緒 創作人形展「森で採取したモノ」

2022.08.19 Friday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

0906_omote m.jpg

三ツ緒 創作人形展
〜イラストレーターが粘土をこねました〜

「森で採取したモノ」

森のなかで完成する作品です。
曖昧な通念に複雑な人間関係、うつろう現代社会を森に見立てました。
森を舞台に今を生きる人をシロイヒトに置き換え、もう一つの世界が展開します。

シロイヒトとは、人を抽象化した「誰でもない/何でもない」存在です。
顔が無く色彩がモノトーンのため不気味な印象を持ちますが、おもむくままに怠惰だったりと人間くさい一面もあります。
彼らは体を様々な形に変え、思い思いの姿をしています。

多くの人が自分の望む姿でのびのびと過ごせ、存在を脅かされることのない世界。そんな世界を表現したくて実際の森に作品を置きます。

今回は森のなかで完成する作品を「森から採取した」というかたちで展示します。
様々な形をしたシロイヒトを連れてきました。


会期|2022.9.6tue―11sun
時間|11:00-19:30,最終日16:00まで
会場|Gallery TURNAROUND
 980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
 Email|info*turn-around.jp(*を@に)
 Web|http://turn-around.jp/

三ツ緒 Instagram
https://www.instagram.com/mitsuo_artwork/

イラストなどのお仕事
https://tottezuan.myportfolio.com/work


ハガキ
三ツ緒1
三ツ緒2


■感染症拡大にご協力をお願いします。

中里広太個展「すみね」 8/16、19、30更新

2022.08.18 Thursday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

中里展2022

中里広太個展「すみね」

会期 2022年8月23日火曜-9月4日日曜 月曜定休
時間 11:00-19:30 (28日17:00、4日16:00まで)
   ★ライブ日は、ライブ開始一時間前に閉めさせていただきます。
会場 Gallery TURNAROUND
   980-0805 仙台市青葉区大手町6-22 久光ビル1F
   022-398-6413
   info@turn-around.jp
展覧会は入場無料です
企画 ネオ・ノイジズム・オルガナイザーズ



◉パフォーマンスライブ◉

8/26金曜
 16:00 二木信×APE TOPE
     ×secret guest→→→Luvit -ラビット-×takuto(hectcreaboi)

8/27土曜 《下記の通り内容変更となりました》
 15:00 鯨井謙太郒(生中継出演)×中里広太
 19:00 鯨井謙太郒(生中継出演)×APE TOPE
【8.27(土)LIVE 韓国ソウルより生中継 仙台⇔韓国ソウル】
27日(土)「鯨井謙太郒×中里広太」と「鯨井謙太郒×APE TOPE」のライブですが、諸事情により、仙台と韓国を繋いだ生中継ライブとさせていただきます。
ギャラリーでは鯨井さんがソウルで踊っている生の映像を投影し、その姿と中里広太、APE TOPEが各回即興でパフォーマンスをします。
中継だからこそできる新しいチャレンジに挑みます!


9/3土曜 【定員のため予約〆きりました】
 19:00 Megane×APE TOPE


 *入場料/各回ご予約 2,000円、当日2,500円 
 *ご予約は会場メールまでお願いします。
  info*turn-around.jp (*を@に)
 *各回ライブ1時間前に展覧会は閉めさせていただきます。
  開場は15分前です。
 

当日のパフォーマンス内容はartistのsnsをご覧ください。
Facebook:https://www.facebook.com/dj.korter
twitter:@KORTER20



profile

二木 信|Shin Futatsugi

二木さん.jpg
1981 年生。音楽ライター。『素人の乱』(松本哉との共編著/河出書房新社/ 2008)。単著に『しくじるなよ、ルーディ』(P-VINE /2013)。
漢 a.k.a. GAMI 著『ヒップホップ・ドリーム』(河出書房新社/ 2015 / 2019 年夏文庫化)の企画・構成。『ヒップホップ・アナムネーシス』(山下壮起との共編著/新教出版社/ 2021)。


Luvit -ラビット-

Luvitさん.jpg
2002年生まれ、宮城県仙台出身。16歳でMCとしての活動をスタート。
キャリア2ヶ月ながら「BAZOOKA!!第14回高校生ラップ選手権」に出場を果たし、ポテンシャルの高さに一気に注目が集まった。 2020年、SoundCloudで5曲入りFree EPを、「Shinto(新兎)」をリリース。コロナ禍の中行われた「戦極U-22MCバトル」で 史上最年少優勝を果たす。
ハイスクールダンジョン「二代目ハイスクールモンスター」としてAbemaSPECIALチャンネルに出演。
2021年には自身3枚目となるEP「NEW TYPE LUVIT」をリリースした。どんなビートでも対応するラップ のスキルが脅威的に進化中。
Instagram @luvit_kiyo


takuto(hectcreaboi)

takutoさん.jpg
2001年、仙台市出身。トラックメイク、歌唱、ラップ、アートワークなどの制作を自身でも手がける。2020年6月には、1stミニアルバム『melt//water(メルトウォーター)』をリリースした。
2020年10月頃からは「ピザ電視創作部」を結成し、CGアニメやPCゲームのチーム制作に、主に音響デザインで参加する。
現在、パフォーマンスや立体作品、映像作品の制作も行い、自身のヒップホップ的感覚を軸に、いろいろなフォーマットでの表現をゆるく鍛錬中である。
Instagram @hectcreaboi

---

鯨井謙太郒|Kentaro Kujirai

鯨井さん.jpg
振付家・ダンサー・オイリュトミスト|Choreographer・Dancer・Eurythmist
笠井叡に師事。KENTARO KUJIRAI コンペイトウ主宰。東京・仙台を拠点に活動。2010年、定方まこととCORVUSを結成し、舞台公演、ワークショップ、Youtubeラジオ放送室『密談』など多岐にわたる活動を展開。2012年、大倉摩矢子とユリイカ!!プロジェクト名義で新たな舞踏譜を探求する活動を開始。近年は『阿吽山水 A HUM SAN SUI』『GINGAN ARAHABAKI 銀眼荒覇吐』などオイリュトミーや舞踏の枠におさまらない領域横断的な舞台作品を発表し、海外のフェスティバルでも注目を集める。KMRii、ISSEY MIYAKEのモデル、映画、2.5次元演劇など幅広く活躍。
世田谷美術館美術大学講師
2018年度第50回舞踊批評家協会賞新人賞受賞
令和元年度宮城県芸術選奨舞踊部門新人賞受賞
 【公式Webサイト】 http://kujiraikentaro.com
【Facebook】 https://m.facebook.com/kentaro.kujirai
【twitter】 https://mobile.twitter.com/KENTAROKUJIRAI
【Instagram】https://www.instagram.com/kentarokujirai/

---

Megane|メガネ

メガネさん.jpg
2009年世界初のポールダンスを踊ることによって産まれる回転で、発電機を稼働させ発電する。「自家発電するポールマシン」を製作。
発電した電気でラジカセや照明等の家電を動かしながら行うパフォーマンスは、発電と産業化された性をポールダンスを媒介に結びつけ、人や社会を動かしている根源部分(欲望エネルギー)を問題に取り上げる。
音楽/アート/ダンスなど様々なシーンにて、クロスオーバーに活動。
2011年「岡本太郎現代芸術賞 特別賞」
「愛知サウンドパフォーマンス道場オーディエンス賞受賞」受賞。
▶2020年中里広太展での映像 https://youtu.be/CQhZ-HKl2-o


---

APE TOPE|エイプトープ

apetope.jpg
中里広太、関本欣哉によるDJユニット(NEONOISISM ORGANIZERS所属)。2014年地元仙台を拠点に活動開始。主にフィールドレコーディングした音源やノイズを使用したDJスタイルで、Occupy Wall Streetで見られる「We are the 99%」をスローガンに活動している。
YouTube : neonoisism organizers

---

中里広太|Kota Nakasato

中里.jpg
1983年宮城県仙台市生まれ。2008年より音の即興アーティストとして活動をスタートさせる。年一回の個展ではサウンドインスタレーションの発表と、毎回多彩なゲストを招いて即興パフォーマンスを行う。2016年9月から続けている「月刊コータプロジェクト」では、毎月CDを作成し限定枚数無料で配布している。2019年、2枚目のCDアルバム『Foot Scape』をリリース。 twitter:@KORTER20


DM
中里展2022

中里広太


感染症対策にご協力をお願いします。
画像の無断転載を禁止します。

FORUS B1F/Fベース Space of Sounds and Visuals

2022.08.06 Saturday | お知らせ > even/TURN ANOTHER ROUND

Space of Sounds and Visuals
音と映像の空間


フォーラス地下1Fベース企画.jpg

Fベース企画

【Monthly Art Event】 16丱侫ルム映画上映会

2022.08.06 Saturday | お知らせ > even/TURN ANOTHER ROUND

【Monthly Art Event】
「16丱侫ルム映画上映会」

ファッションを媒体に「ライフスタイル」を提供してきた仙台フォーラス。
この企画では、仙台フォーラスをベースに、昨今の社会情勢や経済状況の中、多様に変化する人々の「ライフスタイル」を模索し、提供していくために、文化・芸術、その他様々な表現活動を通し、これからの仙台の「ライフスタイル」を地域の商業施設と、そこに集う皆さんと共に考えていきたいと思っております。2022 年 3月より活動を開始し、これまでに音楽家の秩父英里氏や郷土芸能「臼澤鹿子踊」などを招聘しイベントを開催しました。
今回は、昔懐かしいフィルム映写機による 16丱侫ルム映画の上映会をお盆の時期に開催します。また、フィルム上映会に先立ち、七夕まつりの期間中は昭和30〜40年代の仙台・宮城の様子がおさめられている資料映画(DVD)も館内で上映いたします。

主催 THE BASE SENDAI実行委員会、TURNAROUND
協賛 仙台FORUS
協力 せんだいメディアテーク


お盆期間・16丱侫ルム映画上映会
・上映日 2022年8月13日(土)、14日(日)
・時 間 13時〜 17時〜
・会 場 仙台フォーラス7階「even」 
・料 金 無料
・予 約 不要
・上映予定映画
 「ミッキーマウスのゆかいな船長さん」(8分/カラー)
 「じごくのそうべい」(16分/カラー)
 「ディジタルのしくみ」(11分/カラー)
 *状況により変更の場合もございます

七夕期間・DVD映画上映会
・上映日 8月6日(土)、7日(日)、8日(月)
・会 場 仙台フォーラス地下1階「Fベース」 及び 7階「even」
・入 場 無料
・予 約 不要
・上映映画
 ▶『This is Sendai』(企画・制作 : 仙台市/1963年/31分/カラー/英語[日本語字幕]/オリジナルフォーマット: 16丱侫ルム/字幕監修:仙台リバサイド交流連絡会・田村蒸治/字幕・デジタル版制作:せんだいメディアテーク)
 ▶『Memory in Sendai』(企画・制作 : 仙台市/1970年/17分/モノクロ/英語[日本語字幕]/オリジナルフォーマット: 16丱侫ルム/字幕監修:仙台リバサイド交流連絡会・田村蒸治/字幕・デジタル版制作:せんだいメディアテーク)

・混雑時は入場制限をさせていただきます
・感染症対策にご協力ください



七夕見物の合間やお盆の帰省の際など、ぜひ仙台フォーラスへ足をお運びください。
お待ちしております。


フィルム映画上映会202208.jpg