タナランブログ

企画展|瀬尾夏美個展 風景から歌

2019.01.16 Wednesday | ギャラリー情報

風景から歌01m.jpg
<瀬尾夏美|「風景から歌」2017 ©Eric Chung>


瀬尾夏美個展
風景から歌


1988年東京都生まれ、仙台市在住の瀬尾夏美による個展。

本展は、震災後、岩手県陸前高田市に拠点を置いたアーティストが、まちで聞いた言葉やそこで営まれる暮らしのあり様から編んだ三つの物語『二重のまち』『飛来の眼には』『みぎわの箱庭』を、絵画、ドローイング、テキストで構成する展覧会です。

当ギャラリーから徒歩8分の東北リサーチとアートセンター(TRAC)では、同作家のテキストのみで構成する個展『あわいゆくころ』を同時開催(2019年1月11日〜2月11日の金土日のみ)。また、2月2、3日にはせんだいメディアテークにて、映像作家の小森はるかと共同制作してきた映像作品と新作『二重のまち/交代地のうたを編む』の上映会やトークイベントも開催されるほか、2/1には瀬尾夏美初の単著『あわいゆくころ』が晶文社より発売されます。

******

主催:小森はるか+瀬尾夏美、Gallery TURNAROUND、
   公益財団法人仙台市市民文化事業団、仙台市/2018年度仙台市文化プログラム



|会 期|
 2019年1月29日(火)-2月10日(日)
 11:00-19:30 *日曜は17:00まで *月曜休廊

|会 場|
 Gallery TURNAROUND (タナラン)
 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
 地下鉄東西線・大町西公園駅より徒歩5分

|イベント|
 1月29日(火)オープニングイベント
  18:30-オープニングパーティ
  19:00-トークイベント
  登壇者:清水建人(せんだいメディアテーク学芸員)、
      瀬尾夏美、関本欣哉(TURNAROUND)
  参加費500円、定員約25名、予約優先
  *ご予約は、info@turn-around.jpまで

◎1/29トークイベントの際、2/1発売の書籍『あわいゆくころ』を会場にて先行発売いたします。


|展覧会dm|
瀬尾DM2.jpg
瀬尾DM1.jpg

|作家略歴|

瀬尾夏美(せお・なつみ)

1988年、東京都生まれ。宮城県在住。
東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業、同大学院修士課程絵画専攻修了。
土地の人びとのことばと風景の記録を考えながら、絵や文章をつくっている。
2012年より、映像作家の小森はるかとともに岩手県陸前高田市に拠点を移し、地元写真館で働きながら、対話の場づくりや作品制作を行う。
2015年仙台市で、土地との協働を通した記録活動を行う一般社団法人NOOK(のおく)を立ち上げる。

主な展覧会に「クリテリオム91」(水戸芸術館、 茨城、2015年)、ヨコハマトリエンナーレ2017(横浜美術館・赤レンガ倉庫、神奈川、2017年)など。主な著作に「花の寝床/3つの視点」(『ミルフィユ05』所収、赤々舎、2013年)。

現在は小森とのユニットで、巡回展「波のした、土のうえ」「遠い火|山の終戦」を全国各地で開催している。

http://komori-seo.main.jp/




|同時開催|
 「瀬尾夏美テキスト展 あわいゆくころ」
 会場:東北リサーチとアートセンター[TRAC]
    仙台市青葉区大町2-3-22第五菊水ビル3F(タナラン〜徒歩約8分)
 会期:2019年1月11日(金)-2月11日(月・祝)
 開室時間:金土日の13:30-20:00 *2月2日、3日のみ10:00より開室
 https://artnode.smt.jp/project/trac


|書籍情報|
瀬尾夏美著 『あわいゆくころ 陸前高田、震災後を生きる』

震災後、陸前高田で作品をつくってきた著者が、被災から新しいまちの始まりまでの約7年間を「あわいの日々」と捉えて、当時生まれた感情や思想、風景、出会った言葉などを拾い直しながら編んだ初の単著。

販売価格:2,000円(外税)
発売日:2019年2月1日
出版:晶文社
装丁:小池俊起
編集:櫻井拓

あわいゆくころm.jpg
あわいゆくころ イベント.jpg




美術手帖webへのリンク
web-news
web-exhibition

佐々木健“ Wear a second skin without foundation“

2019.01.15 Tuesday | ギャラリー情報

aIMG_0805.jpg


佐々木健“ Wear a second skin without foundation“

佐々木健はこれまで刷毛跡のストロークを垂直方向に施した抽象絵画を制作してきました。
本展では絵画を中心に、新作をインスタレーションいたします。
新しいシリーズとしての位置づけで、初期に展開した絵画とフェテッシュの関係を再考し、黒を基調としたオブジェクトをメインに作品化しています。ご高覧いただければ幸いです。


会期:2019年1月15日(火)〜1月27日(日)
   11:00-19:30、日曜17:00迄、月休

会場:Gallery TURNAROUND
   地下鉄東西線大町西公園駅より徒歩5分


佐々木 健 KEN SASAKI  略歴


1968 宮城県 石巻生まれ
1991 宮城教育大学B類美術科卒業
1994 第8回ホルベイン・スカラシップ奨学生
2011 宮城県芸術選奨


個展
1993 「平面の試行・3」 仙台市博物館ギャラリー/宮城
    「均質について・絵画 」 宮城県美術館県民ギャラリー
1995 「見るものから見る者へ」 リアスアーク美術館/宮城
1996 「新作PAINTING 展」 青城2ndギャラリー/宮城
1997 「GROUNDLESS PITCH」 WHAT'S ART GALLERY/宮城
1999 「GROUNDLESS PITCH II」 Gallery ART SPACE/東京
2003  "Re:silent Pitch" コバヤシ画廊/東京 (2002-2018)
2010  "Re:Groundless Pitch" 仙台アーティストランプレイス/ 宮城 (2010-2018)
2017  "Re:Groundless Pitch VII" Gallery TURNAROUND/宮城
    「不定住と分裂 II」 仙台アーティストランプレイス/宮城
2018  "漸次的、脱皮の理由" コバヤシ画廊/東京
    "初期PAINTING作品 1990- 展" Gallery TURNAROUND/宮城
    "Re:Groundless Pitch VIII" 仙台アーティストランプレイス/宮城
2019  “Wear a second skin without foundation“ Gallery TURNAROUND/宮城  他


グループ展 ・ 他
1989 アパルトヘイト否!学生展 イーセンアーレンギャラリー/宮城
    平面の試行展・1 141ギャラリー/宮城
1990 プレ卒業制作展 宮城教育大学図書館ギャラリー
    平面の試行展・2 クリオギャラリー/宮城
1991 卒業制作展 宮城県美術館県民ギャラリー
1992 松島現代アート100展 松島町・西行戻しの松公園/宮城
    GROUP EXHIBITION'92 仙台市博物館ギャラリー/宮城
1993 第4回リキテックスビエンナーレ 渋谷西武Bフォーラム/東京
1994 宮城県美術館普及部「公開制作」 宮城県美術館創作室
    第49回ワークショップ展 宮城県美術館県民ギャラリー
1995 CAPRICON UNIT展 宮城県美術館県民ギャラリー
1997 境界/分裂/流動 ギャラリー青城/宮城
1998 ubusuna1998 exhibition 宮城県美術館県民ギャラリー
    うぶすな展 東京都美術館
1999 EXHIBITION 1999 ギャラリー彩園子・・・/岩手
2001 Exposition D'UBUSUNA Cite Internasionale des Arts/PARIS
2002 第5回日韓現代美術交流展 in Sendai せんだいメディアテーク/宮城
2004 リアス・アーク美術館10周年記念展/宮城
2006 ホワイト大作戦 デビュー展 宮城県美術館県民ギャラリー
    Scale-Out ヒューモスウイング/宮城
2007 Scale-out2007 仙台卸町 creative space/宮城
2008 Scale-out2008 コバヤシ画廊/東京
2010 反響する星々  宮城県美術館県民ギャラリー
    ギャラリー青城クロージング展 ギャラリー青城/宮城
    SARPオープニング展 仙台アーティストランプレイス/宮城
2011 アートみやぎ2011 宮城県美術館
    センダイモリオカアート 宮城県美術館県民ギャラリー
2012 仙台アンデパンダン展 ギャラリーチグリフリ/宮城
    抽象絵画 -分かるとは- 旧石井県令邸/岩手
    宮城県芸術選奨受賞者作品展 東京エレクトロンホール宮城/宮城
2015 SARP参加作家小品展(SARP5周年企画)/宮城
2016 SARP小品展 仙台アーティストランプレイス/宮城 ('17)〜('18)
2018 TURNAROUND小品展 Gallery TURNAROUND/宮城    他


佐々木健
s-ken_@muc.biglobe.ne.jp
http://www2u.biglobe.ne.jp/~capri/

企画展|青野文昭展「人のおもかげ―いろいろな靴より」2018~2019

2019.01.07 Monday | ギャラリー情報

[2019.1.7更新]

〇急遽、トークイベントが決まりました

「2018年を振り返り、2019年の展望+ひそやかな−雑談・対談」
 出 演:青野文昭、関本欣哉
 日 時:2019年1月11日(金)19:00-20:30
 参加費:500円
 定 員:約20名 予約優先



タナラン展.jpg


青野文昭展
「人のおもかげ―いろいろな靴より」2018~2019

Aono Fumiaki solo exhibition

青野はこれまで各地で拾った物品を修復・復元する仕事を続けてきている。

本展では宮城県などの浜辺で収拾した様々な「靴」から、類推・復元することで生み出された「人体」立体作品が複数出展される。

それぞれ片方のみになった異なる靴は、それを履いていた人物の不在と存在を同時に浮かび上がらせながら、一人一人の固有な生と運命を暗示する。


会期
2018年12月19日[水] ~ 2019年1月13日[日]
11:00〜19:30 日曜17:00、最終日15:00迄 
*月曜及び12/30〜1/5休廊
*1/6は15:00〜18:00迄営業

会場
Gallery TURNAROUND 
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
http://turn-around.jp/


略歴
青野文昭 Aono Fumiaki

1968 宮城県仙台市生まれ  
2013 ヴァーモントスタジオセンターフェローシップ・滞在制作
    /Vermont Studio Center Fellowships for Artists and Writers アメリカ・VSC
2015 第26回タカシマヤ美術賞受賞


- 近年の主な展覧会 -
2000 『アートみやぎ』/宮城県美術館(宮城)
2001 『VOCA展・現代美術の展望−新しい平面の作家たち』/上野の森美術館(東京)
2007 『N.E.blood21 Vol.28 青野文昭』/リアスアーク美術館(宮城)
2008 『いのちの法則・生をひもとくための三つの書』/足利市立美術館(栃木)
2013 『あいちトリエンナーレ2013―揺れる大地―』/愛知県名古屋市ほか
2014 個展『Reincarnation:Memories from the Great Tsunami 転生・大津波の記憶』
/アラリオギャラリー(韓国・ソウル)
    『BY DESTINY』/アラリオ美術館 Dongmun Motel 2階フロアーにて(韓国・済州島)
    『Time Sharing−隣り合わせの時間』/沖縄コンテンポラリーアートセンター(沖縄)
2015 個展 『パランプセスト―記憶の重ね書き』 /gallery αM (東京)
    『コレクション展2 歴史、再生、そして未来』 /金沢21世紀美術館(金沢)
2016 『いま、被災地から ―岩手・宮城・福島と震災復興−』展/東京藝術大学美術館(東京)
    『Royal Academy of Arts’ Summer Exhibition.2016・招待出展』
    /Royal Academy(英国・ロンドン)
2017 『コンサベーション_ピース ここからむこうへ partA 青野文昭展』
    /武蔵野市立吉祥寺美術館(東京)
    『コンニチハ技術トシテノ美術』 /せんだいメディアテーク(宮城)
2011、12、13、15、16、18年 個展 /Gallery TURNAROUND(宮城)

パブリックコレクション 宮城県美術館、愛知県美術館、金沢21世紀美術館など
青野文昭ウェブサイト http://www1.odn.ne.jp/aono-fumiaki/



美術手帖web
https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/18875
https://bijutsutecho.com/exhibitions/3080


美術評論家・福住廉氏
Instagram https://www.instagram.com/fukuzumiren/
note https://note.mu/fukuzumiren


仙台ウェブマガジン BGM
https://b-g-m.jp/?p=3759





aono32018チラシ表.jpg

aono32018チラシ裏.jpg


企画 TURNAROUND
協力 コトバ事務所



■青野文昭/2019年展覧会予告
森美術館15周年記念展
六本木クロッシング2019展:つないでみる
2019年2月9日(土)〜 5月26日(日) 会期中無休