タナランブログ

企画展 | 菊池聡太朗 個展「Good Landing」

2022.03.20 Sunday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

[会期延長のお知らせ]
下記の日程のみの営業となりますが、引き続き「Good Landing」ご覧いただけます。 
●営業日: 3月23日水曜、27日日曜、30日水曜、4月3日日曜
よろしくお願いいたします。

---

landing
©菊池聡太朗


菊池聡太朗 個展
Good Landing


風景を見る時、それを通して本当に目にしているのは私たち自身のことかもしれない。
現実はただただものすごいスピードで現れて、しかしそれをどう見ているのかも、そう見えた通りにあるもうひとつの現実としてただそこに存在する。
それが荒れ地みたいに何もないようであっても、変わりゆく仮の自然の姿の中に、風景を見たいと思う。

目の前の荒れ地は、未来の遠いどこかの荒れ地にもなりうるだろうか。
(今ここにある荒れ地も、過去から持続する集合体の中のひとつだろう)

その時訪れる風景の着地が、できる限り良きものであるように準備をしておきたい。


菊池聡太朗


***

1993年岩手県生まれ、宮城県仙台市在住の菊池聡太朗の個展です。菊池はこれまで、絵や言葉、図、写真、彫刻(模型)など様々な媒体を用いて、生活やそれをとりまく風景を主題とした作品を発表してきました。本展では、近年取り組んでいる〈荒れ地について(On Waste Land)〉のドローイングシリーズに、それに引き続く新作を加えて会場を構成します。ターンアラウンドでは4回目の個展です。時節柄、ご自愛専一に、ご来場をお待ちしております。


会期|2022.3.4㈮―20㈰ 月曜日休廊 入場無料
時間|11:00-19:30 日曜日17:00まで 
会場|Gallery TURNAROUND
 980-0805 宮城県仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
 Email|info*turn-around.jp(*を@に)
 Web|http://turn-around.jp/
主催|TURNAROUND


CV|
菊池 聡太朗(きくち・そうたろう)
1993年岩手県生まれ。2019年東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻修了。2018年インドネシア共和国ガジャマダ大学留学。主に風景を主題としたドローイングやインスタレーション作品を発表する。他に空間設計や什器設計/制作を共同でおこなうユニット「建築ダウナーズ」、宮城県を拠点に編集やキュレーションなどを協同でおこなうアーティストグループ「PUMPQUAKES」としても活動する。主な個展「喫茶荒地」(Gallery TURNAROUND、2019年)、「WISMA・KUWERA」(Gallery TURNAROUND、2019年)、「家事(いえごと)」(Gallery TURNAROUND、2017年)。主なグループ展「ナラティブの修復」(せんだいメディアテーク、2021)、Voyage「風景の練習」(塩竈市杉村惇美術館、2021)、「相転移」(KUGURU、山形、2017)。


ハガキ|
表面作品:〈荒れ地(On Waste Land)〉シリーズより「Landing」(部分)
2021年 790×1090弌〇罎縫イルパステル、鉛筆、インク、アクリルなど

goodlanding1
goodlanding2



「Escape」m.jpg
「Escape」 ©菊池聡太朗
2021 790×1090弌〇罎縫イルパステル、鉛筆、ペトロール


※感染症対策としてマスクの着用・消毒などをお願いしています。
※三密を避けるため、出来るだけ少人数でのご来場をお願いするとともに、長時間の滞在はご遠慮ください。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。



会場風景 : photo/小岩勉
菊池聡太朗1
菊池聡太朗2
菊池聡太朗3


無断転載禁止

Copyright (c) TURNAROUND,Sotaro Kikuchi All Rights Reserved.

【evenアナラン会場】グループ展「ふらんとろいん」

2022.03.19 Saturday | ギャラリー情報 > even/TURN ANOTHER ROUND

ご案内|仙台フォーラス7階even内ギャラリー、TURN ANOTHER ROUNDで開催される東北芸術工科大学洋画2年生6名のグループ展。主に油彩による絵画作品と、立体作品を発表予定です。


ふらんとろいん0

「ふらんとろいん」


 新型コロナウイルスが蔓延したことによる新しい時代の訪れに対し、大学をはじめとした教育機関や社会全体が混乱する中、試行錯誤して動き出した直後に入学した我々は、前代未聞の事態に美術の力で太刀打ちした最前線と言えます。
 我々は、多くのものが失われたと同時に、リモートという状態でスタートしたからこそ、自分の生活の中に溶け込んだ「制作」という行為と自分自身、ひいては社会の可能性に向き合えた貴重な世代なのです。
 今回の展示企画名「ふらんとろいん」は、最前線を意味するフロントラインという言葉を倒語にし、さらに平仮名にすることで、我々の未完成な部分を表現しています。コロナウイルスの危険に生活を脅かされ、様々な機会を失ったこの世代の経験を、ただ悲劇的で終わらせるのではなく、満足に学べず、未完成な部分すら、作品の魅力に昇華し、新しい時代を代表した存在になるための第一歩として、この展示がより良いものとなれば幸いです。


東北芸術工科大学洋画2年
戸田いちこ 齋藤大 森田翔稀 森田碧 君島麻弥 菅原朋晃
Instagram ▶ @franto_roin




日時|2022.3.19(土)〜 3.24(木)
 10:00〜20:00、最終日19:30まで

会場|TURN ANOTHER ROUND
 仙台FORUS 7F even内ギャラリー
 仙台市青葉区一番町3-11-15
 TEL:022-796-3308 Email:info*turn-around.jp(*を@に)
 Facebook https://www.facebook.com/TurnAnotherRound

交通案内|
 JR/仙台駅より徒歩15分
 地下鉄/南北線広瀬通駅西4出口より徒歩1分、東西線青葉通一番町駅より徒歩4分
 車/東北自動車道仙台宮城インターチェンジより車で約10分
 *駐車場は近隣コインパーキングをご利用ください(evenでの駐車券発券なし)


ハガキ|
ふらんとろいん
ふらんとろいん2


*感染症対策にご協力をお願いします。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。

【evenアナラン会場】遠刈田レジデンス マルヨシ/YANG Pulaixin AIR成果発表展 「交換時間/メディアの温度」

2022.03.17 Thursday | ギャラリー情報 > even/TURN ANOTHER ROUND

遠刈田レジデンス.png


遠刈田レジデンス マルヨシ
YANG Pulaixin AIR成果発表展
「交換時間/メディアの温度」


遠刈田レジデンス マルヨシで3/1-3/14にレジデンスを行っているYANG Pulaixin(@man.artiki )の成果発表展を開催します。初日にはアーティストも来場しトークを行う予定です。

詳細は主催者Facebookでご確認ください。
https://www.facebook.com/TR044




【成果発表展】
会期|2022/3/12-3/17
   10:00-20:00、最終日は17:00まで 

※3.16深夜の地震の影響で3.17が全館休業となったため、一日前倒しで会期終了となってしまいました。誠に申し訳ございませんでした。


会場|TURN ANOTHER ROUND
 仙台FORUS 7F even内ギャラリー
 仙台市青葉区一番町3-11-15
 TEL:022-796-3308 Email:info*turn-around.jp(*を@に)
 Facebook https://www.facebook.com/TurnAnotherRound

交通案内|
 JR/仙台駅より徒歩15分
 地下鉄/南北線広瀬通駅西4出口より徒歩1分、東西線青葉通一番町駅より徒歩4分
 車/東北自動車道仙台宮城インターチェンジより車で約10分
 *駐車場は近隣コインパーキングをご利用ください(evenでの駐車券発券なし)

【初日イベント】
トークイベント
日時|3月12日(土)14:30−15:30 ※入退場自由
会場|TURN ANOTHER ROUND (アナラン)
   仙台フォーラス7階even内
料金|無料
トーク登壇者|杨璞赖馨(YANG Pulaixin)、ギャラリーターンアラウンド 代表 関本欣哉、(一社)とおがったプロジェクト 代表 佐藤雅宣

*パフォーマンスは行いません


<アーティストプロフィール>

◎杨璞赖馨(YANG Pulaixin)
中国重慶市生まれ、中国四川美術学院卒業、武蔵野美術大学大学院映像研究科修士課程卒業予定。
マルチメディアアーティストで、常に芸術的言語を再構築し、ビデオ、ゲーム、音楽/サウンド、パフォーマンス、インスタレーション、執筆など多様な手段で作品を制作している。哲学、神秘主義、メディア研究、芸術心理学、アート、ヒーリングなど、人間を中心に据えた研究を行っている。潜在意識を利用することによって、自己と大衆の芸術的現実と革新を見出す。現在は、メディアアートがもたらす精神的、文化的、社会的な構築を進めることにフォーカスした制作を行っている。

制作協力
◎羅絲佳(LUO Sijia / らしか)
中国広東省生まれ、2016年来日。アニメーション、映像を制作している。
2020年東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了、短編作品は海外映画祭で多数入選上映。




主催企画:一般社団法人とおがったプロジェクト
助成:公益財団法人未来の東北博覧会記念交流基金


※感染症対策へのご協力をお願いします。

【even会場】10-BOX 楽しく語る技術講座 “推し”を魅力的に語る2022

2022.03.08 Tuesday | ギャラリー情報 > even/TURN ANOTHER ROUND

evenを会場に行われる「10-BOX 楽しく語る技術講座/“推し”を魅力的に語る2022」のご案内です。
以下、せんだい演劇工房10-BOXサイトより。


10-BOX 楽しく語る技術講座
“推し”を魅力的に語る2022


みんなで楽しく”推し”をかたるひととき、今年も開講です!

自分の“推し”の素晴らしさを、目の前の人としっかりと共有できたらどんなに素晴らしいだろう。そんな推しへのオモイを胸に秘めたもの同士が集まり語り合い、舞台の俳優の力を借りて、より魅力的に推しを語る方法や、会話を通して物語を伝える体験型講座「”推し”を魅力的に語る」

2022年は、初級編・上級編の2つのコースを開講します!

初級編では、参加メンバーそれぞれが推しへのオモイをワイワイ語ります。上級編は、推しの魅力を大勢の前でもよりよく語る方法を、舞台俳優とともに2日間で探ります。

さぁ! 楽しく“推し”を語るひとときを、今年も作りましょう!


【日時】
2022年3月13日(日)・19日(土)・20日(日)
初級編 3月13日(日)14:00~16:00
上級編 3月19日(土)・20日(日)各日 14:00~16:00(2回通し)

【対象】
“推し”があればどなたでも。(どんな推しでも構いません)
初級編 みんなでワイワイ語りながら、推しへのオモイを深めます
上級編 大勢の前でも推しへのオモイを語れるよう、よりよく語る技術を学びます

【会場】
even(イーブン)
(仙台市青葉区一番町3-11-15 仙台フォーラス7階)
アクセス | 地下鉄南北線広瀬通駅(西4出口)より徒歩1分、地下鉄東西線青葉通一番町駅より徒歩4分

【参加費】
初級編 1,000円
上級編 2,000円(2回通し)

【定員】
初級編・上級編ともに各15名程度(要申込・先着順・定員に達し次第受付終了)

【講師】
小濱昭博(劇団 短距離男道ミサイル/チェルノゼム)
菊池佳南(青年団/うさぎストライプ)

【申込方法】
2022年2月10日(木)10:00 受付開始

せんだい演劇工房10-BOX HPのフォーム、
またはE-mail(contact@gekito.jp)や電話(022-782-7510[10:00〜21:00])にて、催事名・氏名・住所・電話番号をお伝えください。

【お問い合わせ】
せんだい演劇工房10-BOX 
​TEL:022-782-7510 E-Mail:contact@gekito.jp
https://gekito.jp/?pg=1644288059

【参加する方への新型コロナウイルス感染症に関するお願い】
・感染症の状況により、やむを得ず延期・中止する場合があります。
・来場時にはマスクを常時着用し、発熱・体調不良の場合は参加をご遠慮ください。また、入場時の検温・手指消毒にご協力ください。
・ご提供いただいた個人情報は必要が生じた場合に保健所等公的機関へ提供を行うことがあります。

【主催】
公益財団法人仙台市市民文化事業団・仙台市

令和3年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業

推しを魅力的に語る