タナランブログ

『せんだい21アンデパンダン展2016』

2016.09.25 Sunday | ギャラリー情報

CIMG4110.JPG

『せんだい21アンデパンダン展2016』

■会期:2016年9月27日(火)〜10月9日(日)
 営業時間は会場毎異なります
 最終日は全会場16時まで

■会場:入場無料
中本誠司現代美術館(11-18時・無休)
GALLERY ECHIGO(11-18時・月休)
SARP仙台アーティストランプレイス-b(11-19時・月休)
ギャラリー チフリグリ(11時-18時半・無休)
Gallery TURNAROUND(11-20時、日曜-18時・月休)
野外展示会場「のりっぱ」
地図等以下サイトご覧ください
http://sendai21-independants.com/#gallery

■10月2日(日) 野外パフォーマンス
定禅寺通りグリーンベルト西側(メディアテーク前)
11:00-18:35 入場無料
雨天決行、悪天候時中止

■参加作家一覧

A3横十字折り表914.jpg

A3横十字折り表914.jpg

A3横十字折り裏926.jpg


《アフターパーティーのご案内》
アンデパンダン展最終日の夜、"あんぱんアフターパーティー“も兼ねての映画上映会が「のりっぱ」で催されます。
上映作品は、謎のストリートアーティスト「バンクシー」のドキュメンタリー映画、『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』。
参加お申し込みは10/5まで、定員約50名、会費3000円です。
搬出後となりますが、お時間ありましたら是非お集りください。

-------------

○日にち:10月9日(日)
○時 間:パーティー 17:30〜 映画上映18:30〜(81分)
○入場料:3,000円(FOOD&DRINK&CINEMA)
     当日受付でお支払いください(FOODは予約の方優先)
○会 場:のりっぱ(花壇大手町地区まちなか農園藤坂内)
※法面を最大限利用するという趣旨でイスはご用意していません。
敷物や折りたたみの椅子などはご自身でご準備ください。
雨天決行(雨天時雨具ご準備ください)
○申込み:下記メールアドレスまで 氏名・電話番号をお知らせください
    info@turn-around.jp(ターンアラウンド)定員50名 先着順 10/5締め切り

主催:おそとdeシネマ(のりっぱ部会準備会内)
   norippa2016@gmail.com
協力:せんだい21アンデパンダン展実行委員会
   info@turn-around.jp 022-398-6413(ターンアラウンド内)

-------------

今年で5回目の「せんだい21アンデパンダン展」は、仙台市内5つの民間ギャラリー、美術館が協力・連携して行っている無審査の美術公募展です。
本展は、ジャンル、趣向、年齢、経歴、主張、価値…
あらゆる垣根を越え、誰にでも等しく開かれた表現の場であることが目指されます。
今年は過去最高172点の出展となりました。
約2週間市内5ギャラリーの他に、大手町地区での野外展示会場や、定禅寺通りグリーンベルトでのパフォーマンス(10/2のみ)と、各会場を巡りながら芸術の秋、仙台の街を楽しんでください。

詳細はアンデパンダン展公式サイトをご覧ください。
http://sendai21-independants.com/
続きを読む>>

菅野泰史個展「手向けの作法」

2016.09.15 Thursday | ギャラリー情報

2016DM sendai s.jpg

菅野泰史個展「手向けの作法」

会期:2016/10/25(火)〜11/06(日) 
10/31(月) 休廊
11:00~20:00(日~18:00)


「あの日」と言われる日から5年。
2万人に及ぶ「いのち」とその後の「惨禍」に、手を合わせ続ける。
あの日の夜の「忘れられない情景」と深い追悼の念を、ただ純粋に「石」と向き合う行為に重ね、蓄積し、現れた「かたち」に願いを込めて「光」を置く。それはまるで祭礼の起源のような行為とも言え、「光を孕む」かたちを手向ける作法のようなものかも知れません。
誰しもが優しかった「あの日」以後、世界各地でおこる悲しむべき惨事への慰霊と鎮魂の念とともに、この作品を散華のように手向けようと思います。

1997から現在まで名古屋、東京、長岡を中心に活動してきましたが、震災後5年を機に出身地である宮城では初となる個展を企画します。2016年6月にTOKI Art Space(外苑前)企画シリーズ “Real/Matereal”-vol.2に発表した作品を中心に震災後に制作した作品を展開します。


菅野泰史 略歴

宮城県生まれ
1994 東北生活文化大学 生活美術学科卒業
1997 愛知県立芸術大学 大学院美術研究科修了(’98 大学院研修科修了)
これまでの宮城県での主な活動
1992 第56回河北美術展 河北賞(第57回 東北電力賞)
   第2回 大蔵山ワークキャンプ参加(丸森町)
1993 白石市沢端川桜並木と武家屋敷周辺での彫刻展(白石市)
1996 第7回 現代造形0展 仙台市民ギャラリー(仙台市)
2004 仙台市錦町公園OPEN記念野外彫刻展 優秀賞(仙台市)
2006 New Art Competition of MIYAGI 大賞(仙台市)
2015 第4回 大蔵山ワークキャンプ参加 

主な個展
2000 GALERIE 141 (以降、2002・2006 個展開催)
沈下する記憶 ギャラリイK (東京)
2002 曖昧な違和感 ギャラリイK
2003 霧の思考 「知性の触覚2003それぞれの他者」ギャラリイK企画 推薦作家展
2005 〜Unit TOKI Art Space (東京)
2008 菅野泰史個展 画廊からの発言−新世代への視点2008 ギャラリイK
2009 - 記憶の塊- 2009年企画シリーズ "media" -vol.7 TOKI Art Space
2012 - 月光 - ギャラリイK
2016 -手向けの作法- 2016年企画シリーズ “Real/Matereal" -vol.2 TOKI Art Space
主なグループ展
2003 家祀 −古民家を展開する立体表現− (豊田市本田立太郎宅) 
2004 Projekat IN situ -VISION-(Panečvo,Serbia and Montenegro)
2007 ART×NIGATA 西区deアート2007 企画「家/再考」 旧樋木邸 (新潟市)
2010 企画「旧家の薬壺」築100年の古民家で展開する一ヶ月間の展覧会 小林邸(長岡)
TOYOTA ART Competition2010 豊田市美術館
2011 東日本大震災支援企画 アーティストチャリティー2011 (長岡) 
2013  みつ色の景色 Hibari-sya (長岡)
2014 Contemporary Art from JAPAN part供Sodertalje Konsthall Sweden
2016 Contemporary Art from SWEDEN part供_I誉屮譽鵐倉庫 

新潟県長岡市在住
彫刻アトリエ&企画ギャラリー Hibari-sya 主宰 
URL : http://hibari-sya.net


2016DM sendai s.jpg
2016DM sendai s2.jpg

企画展「青野文昭個展 Fumiaki Aono Exhibition」

2016.09.15 Thursday | ギャラリー情報

aono2016表 完成.jpg


企画展
青野文昭個展
Aono Fumiaki Exhibition



■会期|2016年9月7日(水)- 9月18日(日)
11:00-20:00、日曜18:00、最終日17:00まで、月曜休廊

■会場|Gallery TURNAROUND +cafeスペース
宮城県仙台市青葉区大手町6-22 久光ビル1階
022-398-6413
地下鉄東西線「大町西公園駅」西1出口から徒歩≒4分


■event-1
作家トーク
青野文昭 (美術家) − 聞き手 関本欣哉
日時|2016年9月10日土曜日 15:00-17:00
入場無料 定員30名先着順
内容|
この一年を振り返って ・ 震災から5年経ち、今思うこと ・ 今秋スタート「仙台藝術舎creek」を語る
◇仙台藝術舎creek ウェブサイト|http://sg-creek.jp/


■event-2
トークイベント/対談
福住廉(美術評論家)×青野文昭(美術家)− 司会 関本欣哉(TURNAROUND代表)

2016年9月17日土曜日 18:30-20:30
入場料1,000円(1drink付)
定員約30名 予約優先
→定員になりましたので締切らせて頂きます

【福住 廉 Fukuzumi Ren】
1975年生まれ。美術評論家。著書に『今日の限界芸術』、共著に『日本美術全集第19巻:拡張する戦後美術』ほか多数。「artscape」「共同通信」で展評を連載しているほか、展覧会の企画も手がける。おもなキュレーションに「今日の限界芸術百選」(まつだい「農舞台」、2015)ほか。 現在、東京藝術大学大学院、女子美術大学、多摩美術大学非常勤講師。



■event-3
9/18日曜日、13時〜約1時間
カフェスペースで講義あり
*こちらは 仙台藝術舎/creek 生徒のみとなります。



◇青野文昭 Fumiaki Aono

-経歴・受賞-
1968 宮城県仙台市生まれ  
1999 宮城県芸術選奨・新人賞
2005 宮城県芸術選奨
2013 ヴァーモントスタジオセンターフェローシップ・滞在制作
(Vermont Studio Center Fellowships for Artists and Writers アメリカ・VSC)
2015 タカシマヤ美術賞

-近年の主な展覧会-
2000 『アートみやぎ』 宮城県美術館(宮城)、 
    個展・ リアスアーク美術館(宮城)、
   『崇高と労働展』 板橋区美術館(東京)
2001 『VOCA展・現代美術の展望−新しい平面の作家たち』 上野の森美術館(東京)
2007 『N.E.blood21 Vol.28 青野文昭』 リアスアーク美術館(宮城)
2008 『いのちの法則・生をひもとくための三つの書』 足利市立美術館(栃木・足利)
2011 個展『髑髏杯』Gallery TURNAROUND
2012 個展『どくろ杯・-他者性と不可避性について-』Gallery TURNAROUND
   トークゲスト:椹木野衣
2013 『あいちトリエンナーレ2013―揺れる大地―』 (愛知県名古屋市ほか)
2013-14 個展『青野文昭展』Gallery TURNAROUND
2014 個展・ アラリオギャラリー (韓国・ソウル)、BY DESTINYアラリオ美術館Dongmun Motel2階フロアーにて個展 (韓国・済州島)
2015 個展 『パランプセスト―記憶の重ね書き』 gallery αM (東京)
   『コレクション展2 歴史、再生、そして未来』 金沢21世紀美術館(金沢)
   個展『青野文昭展』Gallery TURNAROUND トークゲスト:土屋誠一
2016 『いま、被災地から ―岩手・宮城・福島と震災復興−』展 東京藝術大学美術館(東京)
『Royal Academy of Arts’ Summer Exhibition.2016・招待出展』 Royal Academy王立芸術院(イギリス・ロンドン)

-ウェブサイト-
http://www1.odn.ne.jp/aono-fumiaki/



Aono Fumiaki Exhibition “Planned by Gallery TURNAROUND”
Wednesday, September 7- Sunday, September 18, 2016
Hisamitsu Bldg.1F. 6-22 Ootemachi, Aoba-ku, Sendai, Miyagi, Japan
Open: Tuesday-Saturday. 11am-8pm, Sunday. -6pm, the final day -5pm. Closed: Monday. Admission free.


aono2016表 完成.jpg

aono2016うら 完成.jpg

「村上裕之個展 hiroyuki murakami exhibition」

2016.09.14 Wednesday | ギャラリー情報

村上展.jpg

村上裕之 個展
hiroyuki murakami exhibition

会期:2016.9.20(火)〜25(日)
11:00-20:00、最終日18:00まで

会場:Gallery TURNAROUND
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
*地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩4分

仙台を拠点に活動する村上裕之による「理性的・感情的」な絵画の側面の混在をテーマにしたペインティング20数点の展示。


■LIVE/PARTY
9月24日(土)17:00~20:00位まで

□Live Performance

”waikiki champions”から『morio kamatah×stussy』
14305290_1035377173245564_3654668365220349501_o.jpg

『APE TOPE/Neonoisism orgnizers』(member/中里・関本+トミー)
14257581_1035377046578910_2624174056744674828_o.jpg

当日は、
ウェルカムでドリンクを準備しておりますが
お酒の差し入れ歓迎です
隣のcafeスペースHANGAROUNDでもドリンクオーダーできます

是非、お待ちしております。

『月刊コータ』。

2016.09.04 Sunday | お知らせ

ごあんない------


2016年9月7日スタート

『月刊コータ』

artist:中里広太

14203052_1036772146444492_2130244220_o.jpg

▶タナランカフェスペースでドリンク等オーダー頂いた方
毎月先着30名様にCDを無料で配布いたします。



中里広太 Kota Nakasato

仙台市出身在住。
2008年より音の即興アーティストとして仙台で活動をスタート 。
仙台を中心に福島、岩手、東京、新潟などのアートイベントにライブパフォーマンスという形で参加する。
2011年岩手での「アート土澤」 より音に関連したインスタレーション作品の制作発表も始める。
2014年に仙台で結成された音楽レーベル、「ネオノイジズム オルガナイザーズ」に所属し、個人としても、音楽ユニット APE TOPE (エイプ トープ)としても活動中。

-主な活動歴-
2008年5月/水と空気の変容展 (鎌倉)
2009年8月/越後妻有アートトリエンナーレ2009 (新潟)
2010年10月/会津漆の芸術祭 (会津若松)
10月/登米アートトリエンナーレ (登米) 、
2011年10月/アート土澤-街かど美術館 (岩手)
2012年 5月/2012仙台アンデパンダン展 (仙台) 、
8月/よろずのかみ vol.1(仙台) −以降不定期で継続的に開催
12月/除夜舞 (東京)、 2013年 7月/アートミーティング 田人の森に遊ぶ2013(福島) 
10月/せんだい21アンデパンダン展2013 (仙台)
12月/除夜舞 (東京)、
2014年 2月/青野文昭個展・ゲストパフォーマンス(秋田)
8月/アートミーティング 田人の森に遊ぶ2014(福島)
10月/せんだい21アンデパンダン展2014 (仙台)
10月/アート土澤-街かど美術館 (岩手)、
2015年 5月/中里広太個展「しじま」(仙台・Gallery TURNAROUND)
10月/せんだい21アンデパンダン展2015(仙台)
2016年 2月/ネオノイジズム オルガナイザーズパフォーマンスin塩竈(塩竈市杉村惇美術館)
2016年 5月/中里広太個展「-常闇の曠野-」(仙台・Gallery TURNAROUND)
10月/ せんだい21アンデパンダン展2016(仙台)


NeoNoisism Organizers

櫻胃園子写真展 『生人旅行』

2016.09.01 Thursday | ギャラリー情報

■9/3(土)はパフォーマンスイベント開催のため、会場内に機材等配置してあります。当日のカフェ営業はお休みいたします。よろしくお願いいたします。

----------

sakurai B5たて_表面 完成.jpg

櫻胃園子写真展
生人旅行


東北生活文化大学在学中に学科内コンクールにてTURNAROUND賞を受賞した櫻胃園子の絵画世界から生まれた写真作品を展示いたします。

私たちは往来し続ける。
生と死。男と女。
曖昧さを肯定したとき
私と「私」の間から、その隙間から、
強いバイタリティが生まれるのだ。
だから手作りの鞄を持とう。
旅に出るのだ。到達点のない延延の。
その、行為こそなのだ。

-櫻胃園子写真展 生人旅行-


会期|2016.8.30tue-9.4sun
11:00-20:00、最終日-18:00

会場|Gallery TURNAROUND
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
info@turn-around.jp
(地下鉄東西線大町西公園駅西1出口より徒歩4分)

-------------

●パフォーマンスイベント●
『生人旅行記 おはじきの国』

○9月3日(土)19:00-21:00
・18:30開場
・19:00開演(パフォーマンスは約50分です)
*途中入場が難しいので、なるべく時間までお越しいただけますようご案内申し上げます。

○参加費500円(軽食付き)
*定員約20名先着順となります.

○出演:櫻胃園子、吉⼮尚彌

○楽曲提供:生人音楽団 (by Nice to eat you)
http://nice-to-eat-you.jimdo.com/

14203434_1036772073111166_1263250539_o.jpg

*駐車スペース少数のため、公共交通機関等のご利用にご協力よろしくお願いいたします。地下鉄東西線「大町西公園駅」西口より徒歩4分。近隣コインパーキングは同駅東口隣、徒歩7分ほどです。



-------------


●櫻胃園子 SONOKO Sakurai
1993年仙台市生まれ。
2014年2月に初の個展「五感部屋」を仙台にあるギャラリーTURNAROUNDにて開く。2015年2月、4月には東京の新宿眼科画廊、TURNAROUNDにて個展「関係の脱衣所」を開く。
HP: maegamiichan.tumblr.com/

●多謝 那須馨/今汰匠/斥本欣哉


sakurai B5たて_表面 完成.jpg

sakurai B5たて_裏面 完成.jpg


【artist情報 -櫻胃園子-】
キャノン写真新世紀2016年度(第39回公募)において優秀賞 (アンナ・ダネマン 選)を受賞しました。
受賞作品は、10月末から開催予定の「写真新世紀 東京展2016」において紹介され会期中に2016年度のグランプリ選出公開審査会が開かれれます。
http://web.canon.jp/scsa/newcosmos/news/2016-result-report/index.html

[お知らせ]

2016.08.04 Thursday | お知らせ

当ギャラリー所属アーティストの櫻胃園子が
第39回写真新世紀にて優秀賞(アンナ・ダネマン氏選)を受賞しました。
受賞作品は、今年10月末開催予定の「写真新世紀 東京展2016」において展示されます。
http://web.canon.jp/scsa/newcosmos/news/2016-result-report/index.html

また、当ギャラリーでは「櫻胃園子写真展 生人旅行」を
8月30日から9月4日で開催いたします。
3日にはパフォーマンイベント『生人旅行記 おはじきの国」も。
詳しくは以下ご覧ください。
http://turn-around.jp/sb/log/eid529.html

よろしくお願いいたします。



sakurai B5たて_表面 完成.jpg

[仙台アート・ジェオ・コンストゥルイ研究会展]

2016.08.03 Wednesday | ギャラリー情報

2016DMおもてout.jpg

第5回
仙台アート・ジェオ・コンストゥルイ研究会展

○会期 2016/8/23火曜-8/28日曜

△会場 Gallery TURNAROUND
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
022-398-6413
*地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩4分

■参加作家
安部朝美、市川和英、市野泰通、上原啓五、大平啓太、男澤 亨、黒田清志、
越野成朗、小山維子、佐藤朱理、関本陽子、高山圭子、高山聖子、
中川 猛、沼田直英、三上秀夫、Erik Koch、Satoru



2016DMおもてout.jpg

2016DMうらout.jpg

企画展 『尾崎森平個展 DRY EYE』

2016.07.05 Tuesday | ギャラリー情報

ozaki_cs5_3_ol.jpg

尾崎森平 個展 DRY EYE
(Gallery TURNAROUND 企画展)

■会期|2016.8.9(tue)-21(sun)
11-20時、日曜-18時迄、月曜休廊、入場無料

■会場|Gallery TURNAROUND
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
地下鉄東西線「大町西公園駅」西1出口より徒歩4分
info@turn-around.jp

■トークイベント|8.12(fri) 19:00-20:30
尾崎 森平 (美術家) ・ 清水 建人 (せんだいメディアテーク学芸員) 
司会:関本 欣哉 (TURNAROUND)
参加費500円・定員30名 先着順


ホッパー・フィッシェル・エリス、シンペイ



大都市のなかで孤独に存在する人間を描いたエドワード・ホッパー。その数十年あとに、郊外を舞台に終わりなき倦怠を描いたエリック・フィッシェル。その絵画の主題を小説で表現しているかのようなブレット・イーストン・エリス。尾崎森平が描くロードサイド、あるいはシーサイドのコンビニやショッピングモールは、日本の、おそらく東北の、概ね宮城の風景でありながら、その主題は、先のアメリカを描く3名につながるように思われる。しかし、ホッパーやフィッシェルとは違い、尾崎の筆致を消した色面分割のような表現はCGI的だ。にもかかわらず、彼は手で描くことにこだわりをみせる。版画の技法を描画に転化することで獲得した技法によって、世の図像の「複製性」を揶揄しようとしているのだろうか。周縁へと同じ風景の拡大を繰り返してしまう資本主義社会の業(ゴウ)すらも。    


清水 建人
(せんだいメディアテーク学芸員)



尾崎 森平 Shinpey Ozaki

1987 宮城県仙台市生まれ
2010 岩手大学教育学部芸術文化課程造形コース卒業

-グループ展-
2009
企画展「UNBALANSE BASE-東北とアイデンティティ-」企画(旧石井県令邸・岩手)
2012
「Paintings 2012 - 本田 健、小野嵜 拓哉、濱 千尋、尾崎 森平 -」SARP(宮城)
2013
「GEISAI#18 」出展(東京都立産業貿易センター・東京)
「Paintings 2013 - 本田 健、小野嵜 拓哉、濱 千尋、尾崎 森平 -」SARP(宮城)
「EMERGING DIRECTORS’ ART FAIR ULTRA006 Nov.side No.16 河田 麻美」 スパイラルガーデン(東京)
2014
「アートフェスタいわて2013 - 岩手芸術祭受賞作品・推薦作家展+岩手県美術選奨受賞者作品展-」 岩手県立美術館(岩手)
「シグセレクト(Cyg SELECT)」Cyg art gallery(岩手)
「Autumn Group Show」深川番所ギャラリー(東京)
2015
「1462 days - アートするジャーナリズム」河北ビル5F-9F(東京)
「Young Art Taipei 2015」シェラトンホテル9階(台北)
「Double Two person Exhibition 2×2」Gallery彩園子(岩手)
2016
「VOCA展2016」上野の森美術館(東京)
「2016年のIMA ―岩手の現代美術家たち―」岩手県立美術館にて9/3-10/16開催

-受賞-
2013
「第66回岩手芸術祭美術展」現代美術部門芸術祭賞 岩手県民会館展示室(岩手)
2016
 VOCA展2016 大原美術館賞
 岩手県美術選奨


美術活動の他、デザイナー・山口 潤とのアート/デザインユニット“10 tou”としても活動中
“10 tou”連絡先|https://www.facebook.com/10.tou/

尾崎森平HP | http://shinpeywarhol.wix.com/ozaki-shinpey


企画|TURNAROUND
共同企画・推薦者|清水 建人
デザイン協力|10 tou

ozaki_ura_cs5_3_ol.jpg

ozaki_cs5_3_ol.jpg
ozaki_ura_cs5_3_ol.jpg

Ozaki Shinpey Exhibition “Planned by Gallery TURNAROUND”
Tuesday, August 9- Sunday, August 21, 2016
Hisamitsu Bldg.1F. 6-22 Ootemachi, Aoba-ku, Sendai, Miyagi, Japan
Open: Tuesday-Saturday. 11:00am-8:00pm, Sunday. -6:00pm Closed: Monday. Admission free.



**************

尾崎氏の今後の展覧会情報です
http://www.ima.or.jp/ja/exhibition/temporary/details/2112-2016_ex03.html

img112.jpg
img113.jpg

スナックともみ (2016/8/5花金)

2016.07.05 Tuesday | お知らせ

スナックともみ201608.jpg

スナックともみ201608-2.jpg


当日は七夕前夜祭花火大会です。
スナックともみ は雨天決行。
晴れれば花火を横目に店内はゲストママ(しっとり癒やされ系)や
ゲスト姐さんのタロットくじ有。
メニューはセット、お酒、ノンアルコール、なにかつまみ。
軒先では毎年恒例のキンちゃん屋台もあります。スイカもあるかも?

※イベントはとくにありません
※カラオケはありません
※タナラン前は住民以外車両侵入できなくなります
※21時45分閉店


-スナックともみ-