タナランブログ

ドキュメンタリー映画 『パーティー51』 上映会

2016.12.04 Sunday | 映画

omote1203mini.jpg

---------------------
ドキュメンタリー映画
『パーティー51』
仙台上映会 2017

---------------------

    ■上映|2017年1月5日[木] 19:00〜20:41(1回のみ)
    (開場時間18:30、全席自由)

    ■料金|¥1,000

    ■定員数|30名 予約優先 
     ご予約はこちらまで ➡ info*turn-around.jp(*を@に)
     
    ■会場|Gallery TURNAROUND
    仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
    地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩4分
    *イベント時は駐車場少数のため公共交通機関のご利用にご協力をお願いします
      ---------------------

      『パーティー51』
      ドキュメンタリー映画/2013年/韓国/101分/韓国語/日本語字幕
      製作:51+ film
      監督:チョン・ヨンテク
      日本語字幕:清水博之(雨乃日珈琲店)
      配給:Offshore

      ●予告編URL
      https://youtu.be/T-1ExBbLK28


      ●あらすじ‥‥‥‥
      韓国ソウル、弘大(ホンデ)地区で自立した活動を続けるソウルの音楽家たち。
      都市開発により弘大の家賃は上昇。ライブハウスの数も年々減少。また、不安定な収入に未来への不安も抱く。
      そんな折、音楽家たちは食堂「トゥリバン」のオーナー夫婦と出会う。
      巨大グループ企業GS建設によって建物が買収されトゥリバンから追い出された夫婦であったが、二人は建物に侵入し立てこもる。音楽家たちは夫婦と協力し、立てこもり真っ最中のトゥリバンで連日あらゆる音楽ライブを開催する──。

      『パーティー51』は、ユーモアを取り入れながら自分たちの場づくりと人集めに奔走するソウルの音楽家たちを追った力強いドキュメンタリー作品。
      来日公演が話題を呼んだYamagata Tweaksterやフェギドン・タンビョンソン、日本の即興・実験音楽シーンとの交流の深いパク・ダハムといった、韓国インディー音楽シーンのキーパーソンたちが多数出演。


      七尾コメントmini.jpg

      ●Offshore URL パーティー51 映画情報
      http://www.offshore-mcc.net/p/party51.html
      ●Offshore Facebook
      https://www.facebook.com/party51japan/

      ●仙台上映会
      主催|TURNAROUND
      問合せ info*turn-around.jp(*を@に)
      022-398-6413
      (年末年始休暇あり)

      ●タナラン発Facebookイベントページ
      https://www.facebook.com/events/1197341536982434/


      omote1203.jpg

      ura1203.jpg

      TALK 『ベルリン、そしてヨーロッパの現場から −芸術と社会の相関関係』

      2016.12.03 Saturday | お知らせ

      せんだいメディアテークが2016年度よりスタートした新事業「アートノード」。
      その一環として行われるTALKシリーズは現代アートやその周辺領域で活動されている方をお招きし、自身の制作での経験に基づいた考えをお話しいただくトークイベントです。

      TURNAROUND(関本欣哉)も今年度"TALK"のパートナーとして関わらせていただいております。
      タナラン企画、2回目の今回はこちら↓!


      TALK
      ベルリン、そしてヨーロッパの現場から
      − 芸術と社会の相関関係


      かないみき
      (アート・ジャーナリスト)

      聞き手 五十嵐太郎
      (建築史・建築批評家/東北大学教授)

      ------------


      ◆日時|2017年1月13日金曜日 19:00-21:00


      その他、会場など詳細は近日公開いたします。



      ▶当イベントについてのお問い合わせ
      Gallery TURNAROUND
      TEL:022-398-6413
      E-mail: info*turn-around.jp(*を@に変えて下さい) 
      http://turn-around.jp/


      企画運営 TURNAROUND
      主催   せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)

      高山 登 展 「漂う遊殺」 /TURNAROUND企画展

      2016.11.27 Sunday | ギャラリー情報

      高山登展1web.jpg


      企画展

      高山 登 展 「漂う遊殺」
      NOBORU TAKAYAMA Exhibition


      会期 2016年12月1日()−17日(
      11:00-20:00、日曜及び最終日18:00まで
      月曜休廊 入場無料
      初日と最終日の曜日が通常展示と異なりますのでご注意ください

      会場:Gallery TURNAROUND
      仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
      ・地下鉄東西線「大町西公園駅・西1出口」より徒歩5分
      ・P4台あり
      *イベント時は公共交通機関等のご利用にご協力をお願い致します。


      トークイベント■対談■
      宇野 邦一(哲学者、フランス文学研究者) ・ 高山 登(美術家)

      12月17日[土] 13:00-15:00
      参加費¥1,000 定員30名
      要予約
      ▶mail:info@turn-around.jp、TEL:022 -398-6413

      宇野 邦一 Kuniichi Uno
      1948年島根県松江市生まれ。フランス文学者・批評家。立教大学名誉教授。身体論、身体哲学を焦点としながら近年はイメージ論、時間論にかかわるエセーを書き続けている。著書に『アルトー 思考と身体』(白水社)、『映像身体論』、『吉本隆明 煉獄の作法』(みすず書房)、訳書にドゥルーズ『フーコー』、『襞』(河出書房新社)、ドゥルーズ/ガタリ『アンチ・オイディプス』、ベケット『伴侶』、『見ちがい言いちがい』(書肆山田)などがある。

      高山 登  Noboru Takayama
      1944年東京都生まれ、東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業、東京藝術大学大学美術研究科修士課程修了。現在、宮城大学理事。
      1981年以降、宮城教育大学美術科や東京藝術大学美術学部先端藝術表現科等、各教育機関において多くの後進を育て、日本の現代美術活性化に多大な功績をもたらしてきました。美術家としても長年制作、発表を続け、これまでに国内外を問わず様々な美術館での展覧会、コレクションがあります。本展では、「枕木」や鉄、ワックスなど物質感の強い素材を使用した新作インスタレーション(立体造形)を中心に、小品等も展示いたします。



      高山登展1.jpg

      高山登展2.jpg

      【Cherry Blossom Group Exhibition】

      2016.11.27 Sunday | ギャラリー情報

      【Cherry Blossom Group Exhibition】


      鈴木健太GP2.jpg

      --------------------------

      とある学校に通う高校生と、その講師による展覧会
      キーフレーズは‘Cherry Blossom’

      染色・ドローイング・アクリル絵・ペン画・張り子・新聞彫刻・土器、、、
      表現方法は様々です。

      --------------------------

      会期:2016.12.20火曜〜25日曜
         11:00-20:00、最終日-18:00迄

      会場:Gallery TURNAROUND
      仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
      (地下鉄東西線大町西公園駅・西1出口より徒歩4分)

      入場無料

      鈴木健太GP-0.jpg

      「せんだいセントラルパーク プレジャーマーケット」美術ハンティング

      2016.11.23 Wednesday | お知らせ

      タナラン・関本が関わらせて頂きますイベントのご紹介です。
      プレジャーマーケットvol.007。
      当日は美術ハンティングの他に、乗馬教室や引き馬体験、お姫様変身体験会、ワークショップ、フードやドリンクもあり盛りだくさんのプログラムです。
      申込が必要なものもありますので主催者ページからご確認頂き是非ご参加いただければと思います。美術ハンティングのお申込みはタナランまでお願いします。



      美術ハンティング.jpg

      せんだいセントラルパーク プレジャーマーケット vol.007

      <美術ハンティング - 掘
      中身は容器を越えられるか?
      〜宮城県美術館の常設展示を見る〜

      宮城県美術館は 1985年に開館という近代美術館の中でも後期に建てられた建築で、日本の近代建築の巨匠・前川國男が設計。西洋から入ってきた美術館建築が日本型に変容していった公立美術館の集大成と言える。今回は美術館の展示作品がターゲット。中身の美術作品たちは、建築作品という容器を満たすことが出来る(出来ている)のか?さらに中身が容器を越えた状況をどのように生み出していくのか?ガイドと一緒に考える。


      ガイド:
      大嶋貴明/美術家
      コーディネーター:
      関本欣哉/TURNAROUND代表

      日時:2016年11月27日(日)9:45〜12:00

      集合:国際センター駅2階 青葉の風テラス
      10分程度のレクチャーの後、美術館まで歩き、常設展を見学します。

      解散:宮城県美術館

      料金:500円
      ※別途、常設展観覧券が必要です。

      定員:10名程度(予約制)
      予約info*turn-around.jp まで(*を@に変えてください)

      ----------------

      せんだいセントラルパーク プレジャーマーケット

      広瀬川と地下鉄東西線が交わる、せんだいセントラルパーク(SCP)
      プレジャーマーケットは、SCPで体験できる「コト」に焦点をあてたマーケットです。
      杜の都・仙台ならではの暮らしを、もっと身近に—–

      2015年春・秋のピクニックパレードのプログラムに加え、
      ハンドクラフト・ワークショップやフード・ドリンクなどに出会えます。

      ぜひ、国際センター駅2階:青葉の風テラスで、月の終わりの日曜日をお過ごしください。

      http://sendai-cp.net/market


      主催:都市デザインワークス

      企画展 『伊藤トオル写真展 -澳門台湾沖縄- 故鈴木清氏に捧ぐ』

      2016.11.02 Wednesday | ギャラリー情報

      ito B5たて_表面1006 mini.jpg


      伊藤トオル写真展
      澳門台湾沖縄
      故 鈴木清氏に捧ぐ



      混沌とした街の喧噪を歩きレンズを向ける。
      その風景、被写体は私の中の「記憶」とショートしシャッターが切られる。
      「記憶」は私という人間を形づくる要素の一つだ。
      私は今ここにいる、ここにいる私は何者かと。



      会期 2016年11月15日[火]−27日[日]
         11:00-20:00、日曜-18:00 月曜休廊

      プリント協力|キヤノン株式会社
      企画|TURNAROUND

      会場 Gallery TURNAROUND
         仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
         地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩約4分


      [Live]
      視覚から聴覚へ、聴覚から視覚へ、その試み
      『付帯音楽・澳門台湾沖縄』
      スライドと音楽のライヴ・コラボレーション

      伊藤 トオル × 青山 泰知
      日時|11月19日[土] 18:30open 19:00start
      会場|Gallery TURNAROUND 
      ticket|¥1,000.- (ワンドリンク・軽食付) 定員≒30名
      STORE15NOV、TURNAROUNDで10/13~前売券発売
      メールでもご予約承ります info@turn-around.jp



      伊藤 トオル Ito Toru
      宮城県多賀城市生まれ。23歳の時にコマーシャルスタジオに勤務、樋口徹氏に師事する。1987年からフリーランス。 1995年初の写真集 「KUMANO」出版。その年に出 版された写真集の優れた10冊に選ばれる。1997年「写真新世紀展」優秀賞(森山大道選)、翌年年間特 別賞受賞。宮城県芸術選奨新人賞受賞。2001年に仙台の街を1万枚の写真で記録するプロジェクト 「仙台コレクション」を立ち上げ代表を務 める。「仙 台コレクション」は 現在 世界約150カ国を巡回する写真展(国際交流基金企画)に参加している。2016年1月store15nov(仙台)にて写真展「ナミトツブcomplementarity」開催。2004年「夏芙蓉okinawa2003」2012年「without records」2014年「舞 踏家伊藤文恵」出版。 現在まで写真集4冊、共著3冊刊行。写真個展、グループ展多数。


      青山 泰知 Aoyama Yasutomo
      北海道旭川市生まれ。現在STORE15NOVの住人。
      大友良英、秋田昌美、アンラ・コーティス、菊地良博などとのライブ等の音楽活動も行うほか、美術家として、大友良英とのコラボレーション作品「without records」を、山口、東京、水戸、N.Y.、韓国などで展示。


      ito B5たて_表面1006.jpg

      ito B5たて_裏面.jpg

      ご予約受付中です

      2016.11.01 Tuesday | お知らせ

      11月予約一覧mini.jpg


      11月予約一覧.jpg

      TALK 『ベルリンのアートシーン』〜ドイツ、コンテンポラリージュエリーの最前線〜

      2016.11.01 Tuesday | お知らせ

      定員間近となりました。
      参加希望の方は恐れ入りますがターンアラウンドまで
      電話にてご確認いただければと思います。
      どうぞよろしくお願い致します。(11/16)
      022-398-6413


      ----------

      せんだいメディアテークが2016年度よりスタートした新事業「アートノード」。
      その一環として行われるTALKシリーズは現代アートやその周辺領域で活動されている方をお招きし、自身の制作での経験に基づいた考えをお話しいただくトークイベントです。

      TURNAROUND(関本欣哉)も今年度のパートナーとして関わらせて頂きました。
      まずは以下 TALK のコーディネートを担当いたします。


      1.jpg


      「ベルリンのアートシーン」
      〜ドイツ、コンテンポラリージュエリーの最前線〜


      [トーク]
      前岡義人(キュレーター)
      ×
      スーザン・ピーチ(ジュエリー・アーティスト)


      ------------


      せんだいメディアテークが2016年度よりスタートした新事業
      「アートノード」のトークシリーズ。
      今回のトークは、今最もアートシーンが注目される街ベルリン。
      同地在住12年のキュレーター前岡義人が、 街の変遷と現代美術の最先端のあれこれを語ります。
      また同氏が注目するドイツのコンテンポラリージュエリーシーンを 牽引するSchmuck2 のスーザン・ピーチも登壇。ジュエリーが現代美術に切り込む様を語ります。


      ------------


      ◆日時|2016.11.17木曜日 19:00-20:30

      ◆場所|arrondissement+ Cy(アロンディスモン プラス サイ)
      (仙台市青葉区大町2-9-22 福徳ビル1F)
      <会場アクセス>
      仙台駅より、[地下鉄]仙台市営地下鉄東西線「八木山動物公園」行「大町西公園駅(東1出口)」下車(所要時間4分)徒歩1分 [自動車]6分(駐車場なし・近隣コインパーキング等ご利用下さい) [徒歩]20分

      arrondissement http://arrt90.blogspot.jp/
      Cy http://cy-bookstore.blogspot.jp/

      ◆参加料|500円
      ◆定員|40名 →定員間近11/16付
      ◆申込はTURNAROUNDまでメールまたはお電話ください
      022-398-6413
      info*turn-around.jp (*を@に変えて下さい)

      こちらのFacebookページから「参加」を押していただいてもご予約となります
      https://www.facebook.com/events/191109648005142/


      前岡 義人(まえおか・よしと)
      ドイツ、ベルリンを拠点にするアーティスト、ジャーナリスト、 キュレーター。日本での主な活動は自身がキュレーションした「network+______」(2011年、京都)など。 ベルリン芸術大学造形芸術学科大学院アート・イン・コンテクスト修了。

      SUSAN PIETZSCH(スーザン・ピーチ)
      スーザン・ピーチはドイツと日本を拠点にするジュエリー・アーティスト。自身のアート作品制作に加えて、Schmuck2(シュムック・ツヴァイ)の名のもとで1997年に設立した、ジュエリーの現代的なコンセプトを反映するプロジェクトでの網羅的な活動という、幅広い視点をピーチの芸術実践は包含する。
      http://www.susanpietzsch.com/



      当イベントについてのお問い合わせ
      Gallery TURNAROUND
      TEL:022-398-6413
      E-mail: info*turn-around.jp(*を@に変えて下さい) 
      http://turn-around.jp/


      企画運営 TURNAROUND
      主催   せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)
      協力   arrondissement+Cy 、 コトバ事務所
      写真   Yosuke Demukai

      TALK turn1a.jpg

      TALK turn1b.jpg

      [cat&dog&me] 『樋口佳絵 ◎ mini Exhibition』

      2016.10.23 Sunday | ギャラリー情報

      ミニ個展A5フライヤー-1-mini.jpg

      cat & dog & me

      −犬と猫と人とが幸せな暮らしを考えてみませんか?−

      大切な家族の一員として暮らしている犬や猫。
      そうではない猫や犬。その違いはなんでしょう。
      『私たち人間がもう少し知ることで 幸せな猫や犬が増えればいいな』
      そんな気持ちで「cat&dog&me」を企画し、先日の泉マルシェにて活動をスタート致しました。
      今回はHANGAROUNDを会場にパネル展示の他、cat&dog&meが制作致しましたチャリティーカレンダーの販売と、カレンダーに使用された樋口佳絵の作品の中から、数点を展示&販売致します。ご来場頂ければ幸いです。

      (この企画の収益金の一部は、仙台市動物管理センターや愛護団体など、
      犬と猫と人との幸せな暮らしの活動に寄付させて頂きます。)

      cat&dog&me事務局/熊谷かつら、樋口佳絵


      1.【樋口佳絵◎ mini Exhibition】
      2016年11月8日(火)〜13日(日)
      11:00-20:00、最終日18:00迄
      @cafe&gallery HANGAROUND
      (Gallery TURNAROUNDカフェスペース)
      仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
      地下鉄東西線大町西公園駅より徒歩約4分


      2.【トークイベント/ねこねこお話し会】
      11月12日(土)14時〜15時半?
      ・参加費500円1ドリンク付
      ・定員有り、お申し込みはTURNAROUNDまで。
       info*turn-around.jp(*を@に変えて下さい)
      ・イベント時は展示がご覧いただけません。ご了承ください。
      [talk-event] -ねこねこお話し会-
      困っている猫を見かけたら…あなたならどうする?

      猫と暮らし、時々保護活動の樋口佳絵(画家)とねこねこな話のお茶会◎
      獣医師さんをゲストにお迎えしつつ、タナラン関本さんと皆さんとで
      身近な動物「猫」について考えたり、知ったり、相談したり、etc…


      3.【ぬりえ缶バッジworkshop】
      カフェでお茶を飲みながら、のんびりぬり絵できます
      会期中常時開催 1個/300円(税込)


      ミニ個展A5フライヤー-1.jpg

      ミニ個展A5フライヤー-2.jpg

      *****

      タナランスタッフも犬や猫とともに暮らしています。
      タナランのある大手町にも野良猫がたくさんいます。
      今回のeventで、皆さんと一緒にcat&dog&meについて勉強できたらなと思っています。同会期中、ギャラリー側ではAYAさんの個展も開催中。
      どうぞ2スペースあわせて御覧ください。

      AYA個展 『今日までずっと飽きないから』

      2016.10.22 Saturday | ギャラリー情報

      佐々木あや個展表400.jpg

      AYA 個展
      『今日までずっと飽きないから』



      会期:2016.11.8tue〜13sun
         11:00〜20:00、日曜日〜18:00

      会場:Gallery TURNAROUND
      仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
      (地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩4分)


      【Live Performance】
      ・日にち▶︎11月11日金曜日
      ・時間▶︎19:00〜20:00を予定
      ・内容▶︎ボディペイントライブパフォーマンス
      ・入場料について▶︎入場料500円、撮影もしたい方はプラス500円
      どちらもワンドリンク付きです。


      AYA
      1992年生まれ。仙台でアート活動中。
      アーティストグループ『ラベンダーゲロ』の一員。
      とりあえず絵を描いてます。あと、寝てます。


      佐々木あや個展宛名面.jpg

      佐々木あや個展表.jpg