タナランブログ

臨時休業のお知らせ

2019.06.06 Thursday | お知らせ

こんにちは。
毎度ご愛顧いただきありがとうございます。
臨時休業のお知らせです。

下記日程で大手町店舗はお休みさせていただきます。
休みの期間、スタッフは卸町のスタジオ開墾に居ります。

 ターンアラウンド info@turn-around.jp 
 スタジオ開墾 若林区卸町2-15-6


[臨時休業]6月12日(水)〜16日(日)
 ※6月11日(火)は14時で閉店させていただきます



◎上記日程中にアンデパンダン展の直接エントリーをご希望の方は、ポストに投函していただくか、恐れ入りますがスタジオ開墾もしくは他会場でお願いいたします。
http://sendai21-independants.com/

◎台湾展でのグループショーは6/14スタートです
http://turn-around.jp/sb/log/eid705.html


taiwan sendai dm0.jpg

AVAT x Gallery TURNAROUND 2019 國際交流展

2019.06.05 Wednesday | お知らせ

banner03m.jpg


AVAT x Gallery TURNAROUND
2019 國際交流展
宮城藝術的奇異點


AVAT x Gallery TURNAROUND
2019 Exchange Exhibition
Miyagi Art Singularity




会期:2019.6.14-2019.7.6
tue-sat11:00-19:00

会場:福利社 FreeS Art Space
   104 台北市中山區新生北路三段82號B1
   http://www.frees-art-space.com
   http://www.facebook.com/freesartspace

参加作家:
  青野文昭、大槻英世、尾崎森平、佐々瞬、
  瀬尾夏美、タノタイガ、門馬美喜、APE TOPE

滞在制作:
  artist:佐々瞬
  2019.5.20〜6.19 at DAC

レセプション:
 2019.6.14
  17:00-19:00
  18:00-パフォーマンス APE TOPE(中里広太・関本欣哉)



フライヤー
仙台交流展_poster_fin1_ページ_1.jpg

仙台交流展_poster_fin1_ページ_2.jpg


バナー
banner01.jpg



感謝|
國家文化藝術基金會
臺北市文化局
公益財團法人仙台觀光國際協會

設備贊助|
臺北數位藝術中心
TCAC 台北當代藝術中心
VT Artsalon 非常廟藝文空間

Sendai 21 Independants

2019.06.05 Wednesday | お知らせ

今年から英語の募集要項もできました。

2019A4_omote English m.jpg

Sendai 21 Independants

Application guidelines in English are available from this year. We’re looking forward to the entry of international artists.

http://sendai21-independants.com/



せんだい21アンデパンダン展

今年から英語の募集要項もできました。
外国の作家の皆様のエントリーお待ちしています。


2019A4_omote English.jpg

2019A4_ura English.jpg

第8回せんだい21アンデパンダン展2019、エントリー受付開始しました

2019.05.29 Wednesday | お知らせ

2019A4_omote_out m.jpg


第8回せんだい21アンデパンダン展2019
【エントリー受付中】



2012年からスタートした「せんだい21アンデパンダン展」。
今年は卸町の「スタジオ開墾」が新たな会場として加わり、野外会場と合わせて計8会場で2週間の開催です。
本展は出品料を支払えば誰でも、どんな作品でも出品できる「アンデパンダン」形態を基本にしており、平面、立体、映像、インスタレーション、ハプニング、パフォーマンス等による出品が可能です。
エントリー締め切り日は7月25日木曜日(定員に達し次第締め切ります)、
ウェブサイト又は応募用紙で受け付けております。
皆様のご参加お待ちしています。



第8回せんだい21アンデパンダン展2019


●エントリー〆切:7月25日(木)(定員になり次第締め切ります)

●会 期:2019年9月24日(火)-10月6日(日)
   パフォーマンス日は9/29(日)
   9/30(月)は全会場休廊

●会 場:
 中本誠司現代美術館 (青葉区東勝山)
 GALLERY ECHIGO (青葉区双葉ヶ丘)
 SARP 仙台アーティストランプレイス (青葉区錦町)
 ギャラリーチフリグリ (宮城野区五輪)
 スタジオ開墾 (若林区卸町(旧・ハトの家))
 Gallery TURNAROUND (青葉区大手町)
 野外展示会場のりっぱ (青葉区大手町)
 野外パフォーマンス会場 (市内公園予定)

 ・営業時間は会場ごとに異なります
 ・展示会場は実行委員会で決定します

●エントリー:1点3,000円、2点5,000円


規定サイズなど、これまでと若干の変更もあります。詳細はアンパンウェブサイトや応募用紙をご確認下さい
http://sendai21-independants.com/

お問合せは事務局ターンアラウンドまで
info@turn-around.jp
022-398-6413(月休、その他臨時休業あり)


2019A4_omote_out.jpg

2019A4_ura_out.jpg


主催:せんだい21アンデパンダン展実行委員会
助成:(公財)仙台市市民文化事業団
後援:河北新報社、TBC東北放送、KHB東日本放送、ミヤギテレビ、仙台放送
題字協力:糸井貫二(ダダカン)

THE6 GALLERY PROJECT|PROJECT - 5 佐藤 達

2019.05.29 Wednesday | お知らせ

satoru 1m.jpg


THE6 GALLERY PROJECT
PROJECT - 5
佐藤 達


THE6 GALLERY PROJECT
2018年10月より、春日町のシェアオフィス「THE6」と共同企画がスタートしました。
THE6の壁面を活用し、TURNAROUNDが仙台・宮城を中心としたアーティストの作品をディレクション、展示いたします。THE6の営業時間中はどなたでもご覧になれます。また、展示されている作品は購入可能のものもございます。ご希望の方はスタッフまでお声がけください(ターンアラウンドにご連絡いただいてもかまいません)どうぞよろしくお願い致します。



■PROJECT - 5
 展示期間:2019年6月4日〜2019年7月31日(平日のみ)
 artist:佐藤 達

■会場
 THE6
 980-0821 仙台市青葉区春日町 9-15 THE 6 3F
 平日9:00〜18:00 (土日祝日休み)
 http://the6.jp/
 ※作品の撮影は会場の指示に従ってください
 ※会期中展示替えを行う場合もございます

■作品についてのお問合せ
 Gallery TURNAROUND
 info@turn-around.jp
 022-398-6413 担当:関本、安部(月休)


佐藤 達 さとう・さとる

1945年宮城県登米市生まれ。1969年東洋美術学校卒。その年、パリ国立美術学校に留学、グスターヴ・サンジェ教授のもとで1974年まで抽象絵画を学び、在学中の1970年パリの Pont des Arts でハプニング、1972年に招待サロン Réalités Nouvelles に出品、パリのギャラリーで初の個展を開催。その後もパリを拠点に活動を続け、パリ招待サロン、グランエジュンヌドオジュドウイ運営審査委員を18年間、国立パリ大学第八造形芸術学科講師を16年間、パリ招待サロン、レアリテー・ヌーヴェルの審査委員を8年間勤める。
これ迄、個展90回、グループ展400回、環境造型作品制作設置は43点を超え、30ヶ国で発表。キト国立公園野外立体作品に対して、エクワドル政府より第一等文化功労賞。韓国山清市の国際彫刻シンポジュームで大賞受賞。釜山国連共同墓地公園の作品に対して釜山広域市南区の名誉区民賞受賞。2006年、アンドラ公国、郵政省より野外立体作品の写真切手が30万部発行される。
2007年、登米市にサトル・サトウ・アート・ミュージアム(登米市中田生涯学習センター内)開館。
GalleryTURNAROUNDでは、2015年に個展開催。


○今年在仏50周年を記念した作品集が出版され、記念企画が各地で開催されます。
[出版記念展覧会]
Galerie wagner(パリ)、Galerie Pierre Francois Garcier(パリ)、ギャラリーせいほう(銀座)、サトル・サトウ・アート・ミュージアム(登米)、ギャラリー青城(仙台)、大衡村ふるさと美術館(大衡村)




dm ハガキサイズ
satoru 1.jpg
satoru 2.jpg

[仙台藝術舎/creek : 2019.6月開講 第4期生募集中]

2019.05.14 Tuesday | お知らせ

creek4omote m.jpg

【仙台藝術舎/creekでは、2019.6月開講 第4期生を募集しております】

仙台藝術舎/creekは、次世代のアーティストやアートに携わる人材を育成する学校です。
10か月に渡り、美術家、美術批評家、キュレーターや、他県からの特別講師を迎え、講義やワークショップを実施します。参加者同士や講師陣とのコミュニケーションを重視するため少人数制とします。プログラムの最後には、仙台市内の会場でグループ展を企画・実施します。経験やスキル以上に、熱心に学ぶ姿勢を重視します。


4期 募集概要

〇 受講期間 : 2019年6月〜2020年3月 
  主に夜間開催/1回90分程度
〇 定員 : 15名程度      
〇 講座回数 : 全30回程度 (講義/ワークショップ/展覧会)
〇 対象 : 10〜30代で美術に関心のある方(限りではない)
〇 受講料 : 5.5万円 (学割3万円 、継続3.8万円)
     *一部授業で材料費など発生します
〇 申込方法 :
 〔樵亜´年齢・職業 〒住所 づ渡暖峭罅´ゥ瓠璽襯▲疋譽后
 Τ萋偉髻過去作などの資料(特にない方はその旨記載してください)
 Щ臆弾圧 ,鯡正の上メールにて申し込みください
〇 4期講師 :
  青野文昭、五十嵐太郎、清水建人
  小岩勉、千石英世、市原研太郎、佐々瞬 他


その他はチラシ、webをご覧ください

creek4omote.jpg
creek4ura.jpg

web:
http://sg-creek.jp/
Facebook:
https://www.facebook.com/sendai.creek/
Twitter:
https://twitter.com/creeksendai2017


ご興味ある方はお気軽にお問合せください。
宜しくお願い致します。

仙台藝術舎/creek 
事務局(ターンアラウンド内)
info*turn-around.jp(*を@に)
022-398-6413 
月休・その他臨時休業あり

助成:(公財)仙台市市民文化事業団

THE6 GALLERY PROJECT|PROJECT-4 工藤夏海

2019.05.14 Tuesday | お知らせ

5月末まで開催中です。
宜しくお願い致します。



6gallery-4工藤夏海1m.jpg

THE6 GALLERY PROJECT
PROJECT - 4
工藤 夏海


THE6 GALLERY PROJECT
2018年10月より、春日町にありますシェアオフィス「THE6」と共同企画がスタートしました。
THE6の壁面を活用し、TURNAROUNDが仙台・宮城を中心としたアーティストの作品をディレクション、展示いたします。THE6の営業時間中はどなたでもご覧になれます。また、展示されている作品は購入可能となっておりますのでご希望の方はスタッフまでお声がけください(ターンアラウンドにご連絡いただいてもかまいません)どうぞよろしくお願い致します。



■PROJECT - 4
 展示期間:2019年4月2日〜2019年5月31日(平日のみ)
 artist:工藤夏海

■会場
 THE6
 980-0821 仙台市青葉区春日町 9-15 THE 6 3F
 平日9:00〜18:00 (土日祝日休み)
 http://the6.jp/
 ※作品の撮影は会場の指示に従ってください
 ※会期中展示替えを行う場合もございます

■作品についてのお問合せ
 Gallery TURNAROUND
 info@turn-around.jp
 022-398-6413 担当:関本、安部(月休)


工藤夏海 くどう・なつみ
1970年宮城県南三陸町志津川生まれ。1988年より仙台市在住。
ミニコミ誌『TEM』('94-98)の制作のほか、拾った家具や古着に絵を描いて販売したり、壁画を描いてもいい壁を募集し制作するなど、美術と生活と社会のあわいで多様な表現活動を行う。1997年人形劇団ポンコレラ結成。2011年より喫茶ホルン経営。yumboの管楽器担当。みやぎ民話の会叢書第14集『語りたいこんな民話』(再話 小野和子、2015)では、挿絵を担当した。
近年の主な個展に、2017「世の中グラデーション」(仙台/Gallery TURNAROUND)、2018「まちがいの実」(東京/ブックギャラリー ポポタム)」など。



dm ハガキサイズ
6gallery-4工藤夏海2.jpg

6gallery-4工藤夏海1.jpg
工藤夏海 「zo-ken」(2019年 225x280mm 紙、ダーマトグラフ、オイルパステル) 

Talibam! Live in Sendai

2019.04.03 Wednesday | お知らせ

[臨時休業のお知らせ]

4/4(木)、4/5(金)、4/7(日)は大手町店舗はお休みさせていただきます。
4/6(土)は「Talibam! Japan Tour 2019 仙台公演」開催↓↓↓


talibam466m.jpg
Talibam! Japan Tour 2019 仙台公演

菊地良博がニューヨークから来日するバンド、
Talibam!を招いてライブ・イベントを企画します。

日時:2019年4月6日(土) 開場17:30、開演18:00
会場:Gallery TURNAROUND
   仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
料金:1,800円
出演:
 ◎Talibam!
 ◎Koji Shibuya’s Eternal Calamity
   澁谷浩次 bass, vocal
   皆木大知 guitar
   佐藤ゆか clarinet
   相原洋 trombone
   山路智恵子 percussion)
 ◎菊地良博


Facebookイベントページにて情報随時公開中です↓
https://www.facebook.com/events/301955150468349/304570593540138/?notif_t=admin_plan_mall_activity¬if_id=1551257341383973

問い合わせ: info*yoshihirokikuchi.org(*を@に)



◎そして、次週の展覧会はこちら↓↓↓

菊地良博 「生成する肉」
Yoshihiro Kikuchi : Flesh Generates

http://turn-around.jp/sb/log/eid686.html

TALK |社会彫刻とクラフトジン −仙台と札幌の「2056」年を考える

2019.03.10 Sunday | お知らせ

creekTALK0321 omote2.jpg


TALK
社会彫刻とクラフトジン −仙台と札幌の「2056」年を考える



出演:
 端 聡 (美術家・アートディレクター・CAIアートスクール代表)
 テラダ エイジ (始める自由人・社会彫刻家・社会探検家)

司会:
 斉藤 真由子 (仙台藝術舎/creek-3期生・CAIアートスクール21期卒)
 関本 欣哉 (仙台藝術舎/creek代表)

北海道発の現代アート研究所として1996年に札幌で誕生したCAI現代芸術研究所の代表を務める端聡氏と、CAI現代芸術研究所が運営する「CAIアートスクール」の19期生であり、日本各地でユニークな活動を続けるテラダエイジ氏を迎え、札幌のアートシーンのこれまでとこれからについて、端氏が深く関わる札幌国際芸術祭の話も交えて伺います。
仙台藝術舎/creekは、東北・宮城・仙台でアートに携わる人を育て、新たなアートの潮流となることを目指す学校です。その仙台藝術舎/creek 3期生の展覧会「2056」に合わせて開催する今回のTALKでは、仙台と札幌という地方都市においてアートスクール事業を展開する両校の代表とその生徒が、それぞれの歴史や文化に根差し、どのような問題に向き合っているのか、そしてそこにどのような可能性を見出しているのか、共に考えたいと思います。当日はテラダエイジ氏が手がける北海道発のクラフトジン「9148」もお楽しみいただけます。




端 聡(はた・さとし) 
1960年生まれ。札幌を拠点に活動する美術家。1995年ドイツ学術交流会DAADの助成によりドイツに滞在。以降国内外で多数の個展、グループ展で発表。主な展覧会に、「ブダペスト国際彫刻絵画ビエンナーレ’96」(Vigado Gallery 他[ハンガリー]、1996)、「VOCA展’96ー現代美術の展望・新しい平面の作家達ー」(上野の森美術館、1996 奨励賞受賞)、「Anstiftung zu einer neuen Wahrnehmung」(ブレーメンヴェーザーベルグ現代美術館[ドイツ]、2001)、「グローバル・プレイヤーズー日本とドイツの現代アーティスト」(Ludwig Forum美術館[ドイツ]、2006)、「あいちトリエンナーレ2016」旧明治屋ビル[名古屋]、2016)、札幌国際芸術祭2017など。2004年札幌文化奨励賞、2012年北海道文化奨励賞を受賞。

テラダ エイジ 
1970年生まれ。奈良市出身。自称、「始める自由人・社会彫刻家・社会探検家」。この社会に何かを付け加えるべく、様々なことをしている。具体的には、教育関係では、北海道大学と札幌学院大学の非常勤講師として政治学・NPO論を担当し、代表理事を務めるNPO法人CANで若者への教育事業を行う。ビジネス関係では、個人投資家がベースにあり、6社(クラフトジン、ワイン、カレー通販、公園運営、不動産賃貸)の代表取締役と、3社(ベルギービール輸入、カードゲーム、メディア広告)の取締役を務める。アート関係では、紅櫻公園芸術祭主催やワインエチケットコンクールを主催し、アートギャラリーレジデンス(沖縄)を運営する。映画関係では、札幌のシアターキノ運営委員のほか、短編映画製作や映画館の新設(奈良市)にも取り組む。


日時:2019年3月21日(木・祝)
   15:00 - 17:00 (開場14:40) 

定員:30名、要事前申し込み
   ご予約はmailで、info@turn-around.jpまで

料金:500円(1ドリンク付・二杯目以降は有料です)

会場:大手町親和会集会所
   仙台市青葉区大手町7-5


当イベントについてのお問い合わせ・お申し込み
仙台藝術舎/creek事務局(Gallery TURNAROUND内/月曜定休)
HP:http://sg-creek.jp
Facebook:https://www.facebook.com/sendai.creek/
E-mail:info@turn-around.jp TEL:022-398-6413

企画運営 仙台藝術舎/creek
主催   せんだいメディアテーク(公益財団法人 仙台市市民文化事業団)
協力   CAI現代芸術研究所、Gallery TURNAROUND

creekTALK0321 omote.jpg
creekTALK0321 ura.jpg


・・・・・

関連展覧会

仙台藝術舎/creek展 vol.3
「2056」 37年後について

2056-1.jpg
a 2056_2_3 ol.jpg
2056-4.jpg

http://turn-around.jp/sb/log/eid683.html

仙台藝術舎/creek-3期特別講義(公開)「ニューメディアを活用したアート作品とその展示」講師:阿部由布子

2019.02.27 Wednesday | お知らせ

仙台藝術舎/creekより、3期特別講義のご案内です。
今回は一般の方にも受講していただけますので、
ご希望の方は下記までメールでお申込みください。

ビジュアルm.jpg


仙台藝術舎/creek-3期特別講義(公開)
「ニューメディアを活用したアート作品とその展示」
講師:阿部由布子


・・・・・
映像作品やインタラクティブアート作品など、デジタル機器を用いた展覧会を設計/施行する際のポイントやコツを簡単にご紹介します
・・・・・

日時:2019年3月1日(金曜)19:00-20:30

会場:THE6
   仙台市青葉区春日町 9-15 THE 6 3F
   http://the6.jp/

料金:500円

予約:仙台藝術舎/creek事務局まで氏名、連絡先をメールで
   info@turn-around.jp(ターンアラウンド内)
   定員になり次第締切ます

阿部 由布子(あべ ゆうこ)
宮城県仙台市生まれ。「OGAKI BIENNALE 2004」「Ars Electronica 2004」「ASIAGRAPH2008」「ASIA DIGITAL ART AWARD」「ゼロダテ/大館展2010」他の展覧会においてメディアアート作品を発表。「ネオ・クラシック・カクノダテ」ディレクター(2011年〜)、「文化庁メディア芸術祭 秋田展」キュレーター(2013年)、「かみこあにプロジェクト」コーディネーター(2017年)等を務める。2013年より秋田公立美術大学助教。



仙台藝術舎/creek
http://sg-creek.jp/