タナランブログ

お休みいただきます。

2023.05.06 Saturday | お知らせ

【大手町店、臨時休業のお知らせ】

勝手ながら、大手町ターンアラウンドは下記の通りお休みさせていただきます。

・5月13日土曜〜14日日曜
 月曜定休
・5月16日火曜
・5月19日金曜〜21日日曜


※大手町店休業日は仙台フォーラス店に在廊しております。
 よろしくお願いいたします。

OF HOTEL LOCAL SESSION|Hiroyuki Murakami exhibition

2023.05.06 Saturday | お知らせ

村上裕之

OF HOTEL LOCAL SESSION
Hiroyuki Murakami exhibition

ローカルの魅力を共創するライフスタイルホテル OF HOTELでは、「東北との新しい出会いの場」として、さまざまなジャンルのプロジェクトを展開しています。
今回は、仙台を拠点に活動する村上裕之氏をお迎えし、近年の創作テーマである「立体へとアプローチする平面」のドローイングシリーズを展示します。
テープ、プラスチック板、ドローイングの破片など様々な素材が紙の上で展開される様は、ほんの少しの”重力”を感じさせます。新緑の季節、2階ラウンジ、カフェの空間のなかでゆったりと作品と対峙していただければ幸いです。

主催 OF HOTEL
運営 TURNAROUND


会期
2023.4.27木 – 6.27火

観覧時間
10:00-16:00 (カフェ営業時間内)
*カフェご利用のお客様がおられる場合は鑑賞にご不便をおかけする場合もございます。

会場
OF HOTEL (オブホテル)
980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1丁目4-14
https://of-hotel.com/
JR仙台駅より徒歩6分 / タクシーで約5分
ホテルには併設の駐車場がございません。近隣駐車場をご利用ください。

問い合わせ先
OF HOTEL
TEL:022-748-5772
お問い合わせフォーム:https://of-hotel.com/contact/

https://of-hotel.com/event/hiroyuki-murakami-2023


●CV
村上 裕之 Hiroyuki Murakami

1978年宮城県気仙沼市生まれ。美術家。
2000年代中頃より抽象絵画を描き始める。
震災を経験し故郷の街などが激変したことで物質と非物質の関係を探り、創作・表現へと反映させる事を少しずつ開始していく。
記憶が物質に取り残されたような経験をもとにその反対に幻想や記憶が肉体、物質などの存在性を求めたらという仮説を平面の地平線上に投射する。
近年では、平面=壁にかけるもの・立体=地に置くものという、暫定的な定義をベースに様々な素材を用いたアプローチで平面絵画における支持体の可能性を追求。

-近年の主な展示歴-
2023 上海:介末ギャラリー
2022 仙台:SLANT WORKS
2020 仙台:damo kaffee haus 
2018 東京中目黒:dessin
2016 仙台:Gallery TURNAROUND

Instagram:@hrykmurakami


Hiroyuki Murakami postcard2.jpg
Hiroyuki Murakami postcard1atena.jpg

臨時休業のお知らせ

2023.04.15 Saturday | お知らせ

【臨時休業のお知らせ】

・4月16日日曜 大手町休業
・4月17日月曜 定休日
・4月18日火曜 大手町休業
・4月19日水曜 大手町休業予定
・4月20日木曜 営業日 12時〜18時
・4月21日金曜 大手町休業
・4月22日土曜 大手町休業予定
 23日以降は通常営業予定

※大手町店休業日は仙台フォーラス店に居ります。
 恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。


ターンアラウンド

【OF HOTEL】イタリーさとう 写真展 〜もののあっぱれ〜

2023.03.26 Sunday | お知らせ

追加情報

イタリーさとう 写真展 トークショー

2023年4月22日(土)
18:00〜19:30(開場 17:30〜)

参加無料
定員 15名 ※先着順

お申し込みは下記のGoogleフォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/tcA65CUMw9nNBaCf8

出演者
・イタリーさとう
写真家。カメラマン。広告写真の仕事をする傍ら、仙台を中心に路上で「そう言わずにはいられないもの」撮り集めている。
・奥口文結
ファシリテーター、ブランドデザイナー。株式会社エフエム仙台入社、ラジオパーソナリティとして番組制作に携わり、フリーランスに。宮城を拠点に、もの・ことのブランディングデザインを手がける「FOLK GLOCALWORKS」主宰。


イタリーさとう写真展

OF HOTEL|イタリーさとう 写真展 〜もののあっぱれ〜

ローカルの魅力を共創するライフスタイルホテル OF HOTELでは、「東北との新しい出会いの場」として、さまざまなジャンルのプロジェクトを展開しています。
今回は仙台でカメラマンとして活動する「イタリーさとう」の展示会を開催いたします。
路上にて染み染みとした趣「あはれ」な美的価値を感じながらも、思わず「あっぱれ」と言いたくなる発見”もののあっぱれ”と感じた写真を展示します。
展示期間に合わせ、桜の写真群と、普段から撮り集めている”そう言わずにはいられないもの”2つの内容で構成します。
カフェ内でお茶しながら、あはれな趣に浸りあっぱれなものの面白さを楽しんでもらえれば幸いです。


主催|OF HOTEL
運営|TURNAROUND
問い合わせ先|OF HOTEL
TEL:022-748-5772
お問い合わせフォーム:https://of-hotel.com/contact/
ホテルweb https://of-hotel.com/event/italysato-2023



■展示期間
 2023.3.30木 – 4.25火

■観覧時間
 10:00-16:00 (カフェ営業時間内)
 *カフェご利用のお客様がおられる場合は鑑賞にご不便をおかけする場合もございます。

■会場
 OF HOTEL (オブホテル)
 980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1丁目4-14
 https://of-hotel.com/
 JR仙台駅より徒歩6分 / タクシーで約5分
 ホテルには併設の駐車場がございません。近隣駐車場をご利用ください。

■CV
イタリーさとう / Sato Yosuke
1993年宮城県仙台市生まれ。
広告カメラマンとして商業写真に携わる。OF HOTELのHP用の写真も一部担当。
仙台を中心に身の回りの写真や、「そう言わずにはいられないもの」を路上で探し歩き撮影している。

Instagram:@italysato
twitter:@italysato

ハガキ
イタリーさとう写真展1
イタリーさとう写真展2

【OF HOTEL】WOW Edition exhibition

2023.03.02 Thursday | お知らせ

OF HOTEL|WOW Edition exhibition

ローカルの魅力を共創するライフスタイルホテル OF HOTELでは、「東北との新しい出会いの場」として、さまざまなジャンルのプロジェクトを展開しています。

今回は、東京、仙台、ロンドン、サンフランシスコに拠点を置くビジュアルデザインスタジオ、WOWの展示会を2階ラウンジにて開催いたします。
WOW Editionは、ビジュアルデザインスタジオWOWの映像作品の世界観を踏襲し、
さまざまな印刷手法と素材を用いて1枚の絵として新たな作品として発表するプロジェクトです。
また、1階レセプションにて、流れゆく陰影で空間をほのかに演出する、美しくコンセプチュアルな灯り LUX(ルクス)をご覧いただくことができます。

ぜひ、OF HOTELの空間とのコラボレーションをお楽しみ下さい。


主催|OF HOTEL
運営|TURNAROUND
問い合わせ先|OF HOTEL
TEL:022-748-5772
お問い合わせフォーム:https://of-hotel.com/contact/
ホテルweb https://of-hotel.com/event/wow-exhibition


展示期間
2023.3.2木 – 3.28火

観覧時間
10:00-16:00 (カフェ営業時間内)
*カフェご利用のお客様がおられる場合は鑑賞にご不便をおかけする場合もございます。

会場
OF HOTEL (オブホテル)
980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1丁目4-14
https://of-hotel.com/
JR仙台駅より徒歩6分 / タクシーで約5分
ホテルには併設の駐車場がございません。近隣駐車場をご利用ください。

■WOW Edition
ビジュアルデザインスタジオWOWの映像作品の世界観を踏襲し、さまざまな印刷手法と素材を用いて1枚の絵として新たな作品として発表するプロジェクト。デジタル情報がますますリアリティ(=存在感)を増しつつある中、非物質である映像作品と住空間などの融合を試みる作品「motion texture 02」をベースに、映像の世界観を “一枚のリアリティ” として印刷(=物質化)し、アートピースとして展開。
(WOW Webサイトより引用)
https://www.wowstore.jp/art


■LUX(ルクス)
LUXは、BLUEVOX!というプロジェクトから生まれたプロダクト。
WOWが手がけてきたビジュアルデザインには、3Dデータを駆使したモノが多い。フォルム、質感、ライティング……。
それらに対するアーティスティックなこだわりや技術を駆使して実際に存在するモノに落としこんでいくのが、この「Bluevox!」プロジェクトである。
WOWが培ってきたさまざまなこだわりを、“機能性を持ったアート作品“のようなカタチで発信している。
https://www.bluevox.tokyo/concept

試みたのは、照明と呼ばれる器具ではなく“光の振る舞い”そのものをデザインすること。
流れゆく陰影で空間をほのかに演出する。美しくコンセプチュアルな灯りが、ここに。
(WOW Webサイトより引用)
https://www.wowstore.jp/bluevox-lux


■インスタレーション作品「TEIEN」
1階エントランスでは、OF HOTELのために「WOW」が制作したインスタレーション作品「TEIEN」が常時展示されております。宮城県産の玄昌石、秋保石や、秋田県産の十和田石を採用、内と外をつなぐ庭園に見立てた演出が印象的です。

デジタルアートの鑑賞時間
15:00-24:00

作品のついての解説はこちらから
https://note.com/of_hotel/n/n4bf09c3b7a83


---
---
WOW inc.
東京、仙台、ロンドン、サンフランシスコに拠点を置くビジュアルデザインスタジオ。
CMやコンセプト映像など、広告における多様な映像表現から、さまざまな空間におけるインスタレーション映像演出、メーカーと共同で開発するユーザーインターフェイスデザインまで、既存のメディアやカテゴリーにとらわれない、幅広いデザインワークをおこなっている。
HP:https://www.w0w.co.jp/

【会場/OF HOTEL】丸森の希少和紙を使ったインテリアパネル展−artのnecco−

2023.01.26 Thursday | お知らせ

会場/OF HOTEL


丸森の希少和紙を使ったインテリアパネル展−artのnecco−


ローカルの魅力を共創するライフスタイルホテル OF HOTELでは、 「東北との新しい出会いの場」として、さまざまなジャンルのプロジェクトを展開しています。2月は宮城県伊具郡丸森町の400年の歴史のある和紙を使ったart展を開催。紙の原料をつなぐ役割があるトロロアオイのneccoように、空間も物と物がつながって出来上がる、artと空間の導線を感じていただけたらと思います。


展示期間
2023.2.1水 – 2.28火
※初日は18時から。HOTEL宿泊の方のみご覧いただけます

観覧時間
10:00-16:00 (カフェ営業時間内)
*カフェご利用のお客様がおられる場合は鑑賞にご不便をおかけする場合もございます。

会場
OF HOTEL (オブホテル)
980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1丁目4-14
https://of-hotel.com/
JR仙台駅より徒歩6分 / タクシーで約5分
ホテルには併設の駐車場がございません。近隣駐車場をご利用ください。

期間限定オンラインストアからもお求めいただけます。
https://turnaround2.base.shop/

主催
Premium Standard 佐藤 あき

共催
OF HOTEL

運営
TURNAROUND

問い合わせ先
info@turn-around.jp (Gallery TURNAROUND)

作家略歴
佐藤 あき Aki Sato

仙台市出身/インテリアコーディネーター
空間を考え、提案することを生業とする、現役のインテリアコーディネーター。
丸森和紙に魅せられ、和紙を使ったデザインパネルを制作。
今回が初の展示となります。

HP:https://premium-standard.net/

2022年もありがとうございました。

2022.12.31 Saturday | お知らせ

今年も一年ありがとうございました。
タナラン大手町は12/28で年内営業を終了しました。
新年は1/10から、引き続き青野文昭展を延長再開します。
(延長期間 1/10〜15)

仙台フォーラス7階「even」は、
12/31は18時まで、1/1休館、1/2は朝8時から営業します。
引き続きニシナリヨシオ展と亀井桃展をお楽しみください。

今年は春にスタジオ開墾の休止があり、卸町でお世話になった皆様には改めて御礼申し上げます。開墾で耕したものたちを大切に、新年も頑張ります。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。


ターンアラウンド
関本欣哉

臨時休業のお知らせ

2022.10.16 Sunday | お知らせ

【お知らせ】

いつもご愛顧いただきありがとうございます。
11月一週目の大手町タナランは、準備期間の為お休みさせていただきます。
仙台フォーラス7階evenにスタッフおりますので、よろしくお願いいたします。



【even・アナラン展覧会】

◎佐藤才子◩盒況短辧installation & oil painting
 会期|2022.10.29㈯―11.3㈭ 無休
 時間|10:00―20:00 *最終日は17:00まで
    *作家在廊は11:30―17:00を予定しています
 会場|TURN ANOTHER ROUND

◎KYOSO MIWAKO EXHIBITION「Her interior life」
 会期:2022年10月22日(土)〜11月17日(木)
 時間:10時〜20時
 会場:even (仙台フォーラス7F/上りエスカレーター正面)


次回タナラン展覧会は、
門眞妙「まあたらしい庭」です。
2022年11月8日火曜− 20日日曜 月曜休廊


よろしくお願いいたします。

SEVEN BEACH Light Up Fes 2022

2022.10.01 Saturday | お知らせ

SEVEN BEACH Light Up Fes 2022
〜光のミチヒキ〜


2019年にも参加させていただいた七ヶ浜菖蒲田浜での「SEVEN BEACH Light Up Fes」。今回もアートエリアのディレクターとして代表関本が関わらせていただき、タノタイガさん・喜多直人さん・佐々瞬さん・ダウナーズ(菊池聡太朗さん、千葉大さん、吉川尚哉さんのユニット)の四組のアーティストの作品を展示します。
海岸という特殊な場所での作品展示、お隣の音楽エリアでのフェス等の影響や、様々な問題・課題など、四苦八苦させてしまいましたが、それぞれの作品を完成していただき、いつものことながら本当に皆様に感謝です。
今回は入場料が少々かかりますが、ご都合合いましたら是非会場に足をお運びいただき、めっきり(特に夜間)寒いので、防寒対策をしながら、アートと音楽と食と自然をお楽しみいただければと思います。


イベント全体情報は主催webサイトをご覧ください。
https://www.sevenbeachproject.com/


主催Instagramでも情報ご覧いただけます。
Instagram / @sevenbeachlightupfes
https://www.instagram.com/sevenbeachlightupfes/


日 程:2022/10/7(金)〜10(月・祝)
開催地:七ヶ浜町菖蒲田海水浴場
   985-0803 宮城県宮城郡七ヶ浜町菖蒲田浜字長砂
時 間:開場15:00 / 閉場21:00
料 金:一般チケット大人/\5,000 小中学生\1,000 未就学児無料

主なエリア:
◎LIVE STAGE【有料エリア】
 『ハマギクビーチステージ音楽ライブ』
◎NIGHT WAVE【有料エリア】
 〜光のミチヒキ〜
◎ART【有料エリア】
 アート展『いつかのつづきと生きる』
 artist/喜多直人・佐々瞬・タノタイガ・ダウナーズ
 art director/関本欣哉
 ビーチに美術作品を展示するというのは世界でも稀有なことです。今回、宮城県にまつわる美術作家が、菖蒲田浜を舞台に、テーマである「いつかのつづきと生きる」を表現します。
◎FOOD
◎RESTAURANT【有料エリア】
 浜辺のレストラン
◎ACTIVITY【有料エリア】
 ヨガ・ビーチサウナ・バギークルーズ

有料エリアのチケット購入方法などはコチラ
https://www.sevenbeachproject.com/lightupfes2022-ticket

T.I.P at OF HOTEL|OF HOTEL LOCAL SESSION Vol.002

2022.08.25 Thursday | お知らせ

ご案内---

T.I.P at OF HOTEL|OF HOTEL LOCAL SESSION Vol.002

T.I.P(TUAD INCUBATION PROGRAM)は、東北芸術工科大学芸術学部美術科にて4年次に行われる選抜作家育成プログラムです。選考で選ばれた学生には通常授業で使用するアトリエとは別に特別なアトリエが用意され、充実した制作の場が与えられます。アトリエでは日常的に教員やゲストと表現をめぐる活発なコミュニケーションも形成され、アーティストとしてこれからの時代を生き抜いていくための方法論を自ら考え、タフなアーティストを目指す場にもなっています。

ローカルの魅力を共創するライフスタイルホテル OF HOTELでは、東北・山形のアートを発信するQ1(キューイチ)のキュレーションのもと、このT.I.P 2022年度アーティストの作品展を開催します。会期終了後もホテル内に作品が常設展示され、東北の若手アーティストの作品を年間を通してご覧いただけます。

参加アーティスト/菊地那奈、北村啓人、栗原巳侑、鈴木藤成、林谷美香、和田竜汰


■会期:2022.8.2(火)─ 9.21(水)
■時間:10:00〜16:00(カフェ営業時間内)
 ※カフェご利用のお客様がおられる場合は鑑賞にご不便をおかけする場合もございます。ご了承ください
 ※会期終了後は2023年7月まで常設展示となります
■主催:OF HOTEL https://of-hotel.com/event/2022tip
■企画・協賛:株式会社Q1
■協力:東北芸術工科大学、TURNAROUND


■T.I.P アーティストによるトークセッション
・日時:9.21(水)19:00〜20:00(開場 18:30)
・定員:15名(要予約・先着順)
・お申し込みフォーム:https://forms.gle/5BooEPe9ArY2N95u5
 ※新型コロナウイルス感染症対策のため、お一人ずつのお申し込みとさせていただいております
 ※トークセッションの模様は、T.I.P YouTubeチャンネルにてアーカイブ配信されます
・登壇:菊地那奈、北村啓人、栗原巳侑、鈴木藤成、林谷美香、和田竜汰

・お問い合わせ:TURNAROUND MAIL(info@turn-around.jp)

■T.I.P プロフィール
T.I.P(TUAD INCUBATION PROGRAM)は、東北芸術工科大学芸術学部美術科にて4年次に行われる選抜作家育成プログラム。2019年より開始され、2022年の今年で4期目となる。4期目の選抜アーティストは、菊地那奈、北村啓人、栗原巳侑、鈴木藤成、林谷美香、和田竜汰の総勢6名。

Instagram:https://www.instagram.com/tuad_tip/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCC-er_979HEHtT78m_iYk0w