タナランブログ

中島ノブヤ展「海岸線」

2018.05.13 Sunday | ギャラリー情報

第9回 中島ノブヤ展「海岸線」


〇会期:2018年5月22日(火)-27日(日)

〇時間:22日火曜は昼1時OPEN
    26日土曜は特別営業時間の朝8時〜夜7時半まで、
    27日日曜も特別営業時間の朝8時〜夕方5時まで
    その他の曜日は11:00-19:30

〇会場:Gallery TURNAROUND
    仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
    (地下鉄東西線「大町西公園駅」〜徒歩5分)
    
〇イベント:
 レセプションPARTY + Live「金本麻里 sings at タナラン」
  2017年日本ジャズヴォーカル賞新人賞を受賞の実力派シンガー金本麻里さんが、タナランで歌います。
  イベント写真も彼女のアルバムからインスパイアされて描いた作品です。
  14時から17時の予定で、ゆるゆるとレセプションパーティを開催。その中で、お客様の雰囲気を感じながら、
  曲をチョイスして歌っていきます
 ・5月26日土曜日 14時〜17時
 ・予約不要、参加無料、差し入れ大歓迎
 ・「金本麻里 sings at タナラン」はおひねり歓迎


〇略歴
中島ノブヤ
1967年5月26日生まれ 千葉県松戸市出身、仙台在住

2013.5 第1回個展「come and dance」(Gallery TURNAROUND・仙台)
2013.11 第2回個展「タナラン収穫祭」(Gallery TURNAROUND)
2014.7 第3回個展「がんばれ!ナカG特訓中!」(Gallery TURNAROUND)
2015.5 第4回個展「BRAND NEW SONG BOOK」(Gallery TURNAROUND)
2016.5 第5回個展「EVEN PACE」(Gallery TURNAROUND)
2017.5 第6回個展「Moonlight and Roses」(Gallery TURNAROUND)
2017.10 第7回個展「中島ノブヤ展」(開運橋のジョニー・岩手県盛岡市)
2017.11 第8回個展「新しい町」(清航館・福島県いわき市)
2018.5 第9回個展「海岸線」(Gallery TURNAROUND・仙台)


29883479_1625957390824871_1888587997_o.jpg
29893364_1625957247491552_985570411_o.jpg

「ぽつんとてん」 菅原睦子

2018.05.12 Saturday | ギャラリー情報

mini菅原睦子個展18-1_ページ_1.jpg


ぽつんとてん 菅原睦子


岩手県北上市出身、仙台在住の菅原睦子による個展です。
「ぽつんとてん」―― 映画を観て感じたこと、音楽を聴いて感じたこと、ニュースを見て感じたことなど日常から、ひとり、ぽつんと人がいる風景を思い浮かべて、ペンで描かれた大小15枚程のモノクロ作品を展示します。



会期
 2018.5.15火曜−20日曜
 11:00-19:30、日曜-17:00まで

会場
 Gallery TURNAROUND
 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
 地下鉄東西線大町西公園駅より徒歩5分



菅原 睦子  すがわら・むつこ

岩手県北上市出身、仙台在住。
「ショートピース!仙台短篇映画祭」の実行委員に所属して17年目。
デザイングランプリTOHOKU(東北地区印刷協議会会長賞2009/2010/2012、優秀賞・仙台市長賞・MCAA賞/2016)に参加して9年目。
「幕の人」名義で映画に関する講座や上映企画を行って6年目。
 →2018年は、4月、8月、12月に映画講座開催(講師:濱口竜介(映画監督))
2012年から年1回個展を行うが2016年泣く泣く1回休み。
2017年から再始動。




菅原睦子個展18-1_ページ_1.jpg

菅原睦子個展18-1_ページ_2.jpg

臨時休業のお知らせ

2018.05.07 Monday | お知らせ

いつもお世話になっております。

誠に恐れ入りますが、
5月8日火曜日から11日金曜日まで、店舗はお休みさせていただきます。
また、12日土曜日は町内会行事のため、14時頃より営業いたします。
御用の方は、メール又はスタッフ携帯までご連絡いただければと思います。
何卒よろしくお願い申し上げます。


次回展覧会(5/15火曜〜)
「ぽつんとてん 菅原睦子」展


Gallery TURNAROUND

企画展 『ちょっとした流れ星』樋口佳絵展

2018.04.03 Tuesday | ギャラリー情報

流れ星フライヤーomote mini.jpg


企画展
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ちょっとした流れ星
樋口佳絵展


KAE HIGUCHI Solo Exhibition

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
あなたもわたしも日々ながれながれて。
いろんな速度ですすむ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−


宮城県仙台市出身の樋口佳絵による展覧会を企画しました。
ターンアラウンドでは2015年の個展『ぱんぱかぱーん』に続いて二回目の開催となります。

樋口は地元仙台を拠点に各地で個展を行うなど活動を続けており、主にテンペラと油彩の混合技法により、淡い色彩と、艶の抑えられた独特の乾いた質感で曖昧な気配の心象風景を制作しています。
本展では、新作を含む絵や版画、立体など約30点を展示予定。

*

初日24日は17時頃より、ゆるゆるとささやかに、オープニングレセプションを開催いたします。BGMのセレクターとして中古レコード店vol.1(ver.)さんをお迎えし、絵が面白く色づくような、素敵なCDやレコードの販売も。
さらに、会期中スペシャルスイーツとして、盛岡の喫茶cartaさんによる、樋口佳絵原画のオリジナルクッキーも販売いたします。




◎会期
 2018.4.24火曜-5.6日曜
 4.30月曜休廊
 11:00-19:30、日曜-18:00まで、最終日-16:00まで


◎会場
 Gallery TURNAROUND
 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
 地下鉄東西線大町西公園駅より徒歩5分


◎オープニングレセプション|4月24日(火)17:00頃より

 ウェルカムドリンクと音楽とて、お待ちしております。
 BGMセレクターとして中古レコード店 vol.1(ver.)さんをお迎えし、
 絵が面白く色づくような、素敵なCDやレコードの販売も予定しております。
  vol.1(ver.) https://twitter.com/sendaivol1
 

◎スペシャル スイーツ
 
 盛岡市の喫茶cartaさんによる、
 樋口佳絵原画のオリジナルクッキーを販売いたします。
  喫茶carta http://kissa-carta.com
 



樋 口 佳 絵 Kae Higuchi

1975 仙台市生まれ 仙台在住。
東北生活文化大学卒業
2005 宮城県芸術選奨新人賞受賞

[個展]
2002 宮城県美術館・公開制作『つくる私を描く私』
2003 『耳を塞いでみる』ギャラリー五番街(宮城、仙台)
『あまもよう』cafeMatisse(宮城、仙台)
2004 『返事は小さな声で』ギャラリー五番街(宮城、仙台)
『もすりん』cafeMatisse(宮城、仙台)
2005 『NE-blood vol,16 樋口佳絵展』リアスアーク美術館(宮城、気仙沼市)
『24℃』APS西村画廊(東京)
2007 『耳鳴り』APS西村画廊(東京)
2009 『エンシンリョク』APS西村画廊(東京)
2011 『針がとぶ』KIDO Pres,Inc.(東京)
2012 『I’m here.』ROPPONGI HILLS A/D GALLERY
『みずたま』art room Enoma(仙台)
2013 『樋口佳絵展@軽井沢現代美術館』軽井沢現代美術館(長野) ‘15年
2014 『katari kotori』桜華書林(長野)
2015 『ねこの月、佳日』喫茶carta (岩手) ‘16年 ‘17年
『ぱんぱかぱーん』TURNAROUND(宮城、仙台)
2016 『フラフープ論』Cyg art gallery+喫茶carta(岩手)
2017 『E』日本橋高島屋 6階 美術画廊X (東京)

[主なグループ展]
2004 第21回グラフィックアートひとつぼ展 ガーディアンガーデン(東京)
2006 A★MUSE★LAND★2006 SweetMemories 北海道立近代美術館(北海道)
2007 アートみやぎ 宮城県美術館(仙台市)
VOCA2007 上野の森美術館(東京)大原美術館賞
2009 西村画廊35周年記念展 西村画廊(東京)
2013 『オオハラコンテンポラリー』大原美術館(岡山)
2014 『4人の絵画』ZEIT-FOTO SALON(東京)
2015 『ペットショップにいくまえに展2015』URESICA(東京)
    『第25回ブラティスラヴァ世界絵本原画ビエンナーレ』スロバキア国際児童芸術館
2016 『BIB50周年ブラティスラヴァ世界絵本原画展』うらわ美術館、岩手県美術館、ほか

[出版]
2007 『耳の器』文/渡部亨、絵/樋口佳絵
2014 『かがみのなか』出版/岩崎書店 文/恩田陸、絵/樋口佳絵 編/東雅夫
2017  『猫自由律◎にこげの日々』
出版/喫茶carta 文/加賀谷真二、加賀谷奈穂美、宮川正人、樋口佳絵 絵/樋口佳絵

[パブリックコレクション]
大原美術館、 ルチアーノ・ベネトンコレクション



流れ星フライヤーomote.jpg
流れ星フライヤーura.jpg


〔会場 テキスト〕

「雛形 そして流れ星。」


同じ形でも、また同じ空間でも、

やはりどうしても一つ一つは違ってしまい、個であり別である。

そしてまた同じでもある。


DNAは99.9%は変わらないけれど、0.1%が違って、あなたと私になる。

それでも、たくさんの原子が集まって出来ている同じ物質でもあり、

そうなると隣り合った人や頬と寄りかかった窓ガラスなど、

それらの境目は、粒子を纏める些細な膜にも感じられ。

顕微鏡や望遠鏡を覗くようにものごとをみると、輪のように繋がって、

違いの先には同じがあり、同じの先には違いがあり。

そうして、ひとりひとり、色々と考えて進んでいるのだと思うのです。


この世界にはここにもどこかにも同じように出来事が降り注いでいて。

嬉しいことも、悲しいことも、何もかもが粒子として降り注いでいて。

それぞれが受け取るかを選びながら。

流れ星を見たり見なかったりするように。




2018年4月

樋口佳絵





企画|TURNAROUND

大竹徹祐・塗敦子・松浦繁 3人展 -豊色の眼-

2018.04.02 Monday | ギャラリー情報

hoshoku_outlined-1mini.jpg

大竹徹祐・塗敦子・松浦繁 3人展
豊色の眼


本展は、宮城県在住の大竹徹祐(1977年生まれ)・塗敦子(1971年生まれ)・松浦繁(1971年生まれ)による3人展であり、日常にあるモチーフや作品制作の過程のなかに色彩の豊かさや鮮やかさを見出していく彼らのまなざしに着目していきます。
大竹は日常で目にするモチーフをコピー用紙やチラシの裏紙などに繰り返し描きます。塗は白黒写真を描く過程で自身のイメージする色を起こし、松浦は「地球」というテーマのもとに木と向き合いながら形を彫り起こし色をのせていきます。彼らのまなざしを通して、私たちが暮らす世界にあるはずの色たちに出会い直す機会となれば幸いです。

(本展は、東北リサーチとアートセンター(TRAC)で開催される「つくる手 さぐる手 かきわけて」(https://artnode.smt.jp/project/trac)の関連展とされます)


◆会期:
 2018年4月17日(火)- 4月22日(日)
 11:00-19:30(最終日は17:00まで)

◆会場:
 Gallery TURNAROUND
 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
 地下鉄東西線大町西公園駅より徒歩5分
 022-398-6413

◆トークイベント「福祉の現場×アートの現場」
 4月22日(日)14:00-15:30
 参加費500円、予約優先
 ご予約は会場mailまで ▷ info*turn-around.jp (*をaに)
 出演:関本欣哉(ギャラリスト)、瀬尾夏美(画家・作家)、ほか


◆出品作家:プロフィール
大竹徹祐(おおたけ・みちひろ)
1977年生まれ、宮城県亘理町在住。幼少期、自分を負ぶう母親の背中に絵や文字を描く。一時福祉事業所に通い、造形活動を行う。現在は自宅で日々を暮らし、幼い頃に見たテレビ番組や数年前に描いたモチーフを、記憶を頼りに繰り返し描いている。


塗 敦子(ぬり・あつこ)
1971年生まれ、仙台市在住。1999年、通所している福祉作業所でアート活動に参加。現在は、同所の日中活動として、スタッフが選んだモノクロ写真をモチーフにし、カラフルで多様な線を用いた絵を日々描く。アトリエ「あーとらんどくらぶ」にも通っている。


松浦 繁(まつうら・しげる)
1971年生まれ、宮城県大河原町出身、仙台市在住。1990年、脳内出血にかかり、4年間の闘病とリハビリの生活の中で木彫と出会う。退院後、木彫教室「アトリエ創」に通い、以降およそ10ヶ月に1作品のペースで制作を続けている。


hoshoku_outlined-1.jpg

hoshoku_outlined-2.jpg


主催|TURNAROUND、NPO法人エイブル・アート・ジャパン、一般社団法人NOOK




●関連展覧会 
立ち上がりの技術 vol.02「つくる手 さぐる手 かきわけて」


 本展出品作家3名が参加しています。会期中イベント多数。詳細は下記サイトへ御覧ください。
 
 会期:2018.3.23(火)-4.22(日)12-18時(月曜火曜は休室)入室無料
 会場:TRAC東北リサーチとアートセンター
    仙台市青葉区大町2-3-22第五菊水ビル3F
    (タナランから徒歩8分です、大町西公園駅より徒歩1分)
 主催:せんだいメディアテーク、やわらかな土から
 https://artnode.smt.jp/event/20180227_3143

【つくる場所をつくる!DIY PROJECT】

2018.04.02 Monday | お知らせ

仙台に、アーティストやプロダクトデザイナー、ものづくりをする人たちが自由に使えてなんでも試せる「生み出す場=スタジオ」が欲しい、それなら自分たちで作ろう、ということで、とうほくあきんどでざいん塾さん主催のプロジェクトが始動しました。
そして、プロジェクト・リーダーとして、当ギャラリーの関本欣哉が関わらせていただくことになりました。
近い将来、仙台から新しい表現者が生まれる現場になることを、あきんどでざいん塾さんと共に願って、微力ながら励みたいと思っております。

どうぞ詳細を御覧いただき、まずは14日の説明会へご予約お願いいたします。(対象条件がありますので必ず概要をお読みください・説明会への参加が必須となります)



【つくる場所をつくる!DIY PROJECT】

募集概要:こちらのあきんど塾さんサイト必読です↓
http://tohokuakindodesign.jp/event/2392/

上記概要にもありますが、応募に際し、以下の[説明会]への参加が必須となります。ご予約のうえ、会場まで足をお運びください。

[説明会]
〇日 時
 2018年4月14日(土)12:00-13:30
  ※14日は卸町で「春のふれあい市」開催中です。
  駐車場込み合いますのでなるべく公共交通機関をご利用ください。
〇会 場
 イベント倉庫 ハトの家(仙台市若林区卸町2-15-6)
〇内 容
 あきんど塾からの説明、プロジェクトリーダー紹介、会場見学、質疑応答
〇持ち物
 返却不要の過去実績がわかるポートフォリオ(A4サイズ3枚程度)
〇参加方法
 メールのタイトルを「DIY説明会予約」とし、本文に氏名(ふりがな)・所属先・年齢・携帯電話番号・職種を明記のうえ、info@tohokuakindodesign.jp 宛に送信してください。
〇対 象
 ものづくり系作家、アーティスト、木工職人、工芸家、プロダクトデザイナー、研究者など、スタジオを必要とする方のほか、大工仕事やDIYに関心のある方、建築、ディスプレイ系職種の方など、本プロジェクトへの参加を検討中の皆様
〇主 催
 とうほくあきんどでざいん塾

「はないけ」

2018.03.31 Saturday | お知らせ

4月に能-BOXで行われます下記イベントの前売り券取り扱い中です。
https://www.facebook.com/hanaikesendai/

A4_TT  はないけ 表mini.jpg


A4_TT  はないけ 表.jpg
A4_TT  はないけ 裏.jpg


■LIVE:2018.4.20(fri) 19 :00~/21(sat)13 :00~ の二回公演
■入場料:一般前売り3,000円/当日3,500円/高校生以下:1,500円
■会場:能−BOX
 宮城県仙台市若林区卸町2-15-6 サンフェスタ隣り
 地下鉄東西線をご利用の場合、卸町駅下車「北1」出口より徒歩約10分。
 (仙台駅からの乗車時間 約9分)

■出演者紹介
 はないけ:花道家 上野雄次
 Sound design:APE TOPE(エイプトープ)DJ:中里広太、関本欣哉


はないけ:花道家 上野雄次
1988年花生けを学び始める。2005年より「花いけ」のライブパフォーマンスを開始。
地脈を読み取りモノと花材を選び抜いていけることで独自の「はないけ」の世界を築き続けている。
創造と破壊を繰り返すその予測不可能な展開は、各分野から熱烈な支持を得ている。詩人、写真家、
ミュージシャン、工芸家等とのコラボレーションも多数行っている。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100002841132753


Sound design:APE TOPE(エイプトープ DJ:中里 広太 、関本 欣哉)
YouTube :https://www.youtube.com/channel/UCJBrCRLFkHQnikNZpJAwtew



通販も対応します。(手数料ご負担願います)
どうぞよろしくお願い致します。

「ヤッホー!」 中野浩二彫刻展

2018.03.25 Sunday | ギャラリー情報

DSC_3650_web 広報用mini.jpg
<作家アトリエにて撮影 2018>



 本展は、岩手県生まれ、神奈川県を拠点に活動する中野浩二による仙台で初の個展です。
ターンアラウンドではこれまでに、2014年グループ展「きたかぜとたいよう」、2017年グループ展「本を、つくってみた」(仙台/東京の7会場で開催)でも作品を発表しています。

 中野による人体彫刻は、人間の体の構造に対して自身が抱くイメージ、また自身の日常的な体の動きや感覚をベースに制作されています。
 
 昨年行われた「本を、つくってみた」展では、感情や偶然を複製することをテーマに、同じ製法で複数の人体彫刻を発表しました。

 本展ではそれをさらに発展させ、複製をテーマに制作した作品が持つ方向や数の連続性をもとに人体彫刻への多角的なアプローチを試みるとともに、複製物が持つオリジナル性について考察します。




「ヤッホー!」中野浩二彫刻展

■会期
 2018年4月3日(火)〜15日(日)
 月曜休廊
 11:00〜19:30(日〜18:00、最終日〜17:00)

■会場
 Gallery TURNAROUND
 980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
 市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分

■イベント
 4月3日(火)
 18:00〜 レセプションパーティー
 19:00〜20:00 アーティストトーク
  聞き手:関本欣哉(TURNAROUND)
  イベント参加費500円、
  予約優先、定員25名
 


中野浩二 Koji Nakano

1977 岩手県生まれ
2000 東京造形大学造形学部美術学科美術粁狢感
2002 同大学研究生修了

個展
2017 Quick/XYZ collective(東京)
2015 こねてまるめてまぶしてのせて 中野浩二の世界展/パークホテル東京(東京)
2014 少年大統領 /日本大学芸術学部(東京)
2013 ワレァ デンデェ/roid works gallery(東京)
2011 NAKANO KOJI SCULPTURE/gallery FuTaBa roid works gallery(東京)
2010  現れた骨格/ギャラリーKINGYO(東京)

グループ展
2017 STATION TO STASION/アートエリアB1(大阪)
2017 本を、つくってみた/Gallery TURNAROUND(仙台)Loophole(東京)
2017 引込線2017/旧所沢市立第二学校給食センター(埼玉)
2017 Do sculptors Dream of electric car ? (TOYOTA prius)/GALVANIZE gallery(宮城)
2015 CSP3ー絵画と彫刻のあり方ー/桑沢デザイン研究所(東京)
2015 是是非非 /青山スパイラル(東京)
2014 きたかぜとたいよう/Gallery TURNAROUND(宮城)
2014 なんでふもののつくべきぞ/アートラボはしもと(神奈川)
2014 ひいな遊美/遊美工房(岡山)
2013 ミタカからの視座/三鷹(東京)
2013 AGAINーST/日本大学芸術学部(東京)
2012 AGAINーST/東京造形大学(東京)
2011 三木俊治東京造形大学退職記念特別企画展:行列から放れて/ギャ ラリー砂翁(東京)
2008 fancy mirror/ギャラリーKINGYO(東京)
2007 中之条ビエンナーレ/中之条町(群馬)
2006 マインドリーダー/遊美工房(岡山)
2005 立体作家11人展/相模原市民ギャラリー(神奈川)
2005 立体作家11人展 小品展/スペース遊(神奈川)
2003 OPEN STUDIO展/相模原市民ギャラリー(神奈川)
2002 CLIP SIGN/はざま整骨院跡(神奈川)

逐次刊行物
「球体5 GROUND」 季刊誌 2012





企画|TURNAROUND

「TURNAROUND小品展」

2018.03.21 Wednesday | ギャラリー情報

小品展2018 広報用2-2mini.jpg

TURNAROUND小品展
2010年よりスタートしたターンアラウンドの初めての小作品展です。
64名の招待作家とともに、二期に渡って開催いたします。


  • 会期

  • □第1期 | 2018年2月27日(火)〜3月4日(日)終了しました
    □第2期 | 2018年3月27日(火)〜4月1日(日)
     11:00〜20:00、最終日〜17:00迄 


  • レセプション

  • Reception Party -
    3月3日(土)18:00-20:00
    **
    Reception Party -
    3月31日(土)18:00-20:00

    レセプションパーティーはどなたでもご参加いただけます


  • 会場

  • Gallery TURNAROUND
    仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
    tel.022-398-6413
    地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分


  • 一期/出展作家名

  • 浅倉 伸
    aya
    荒井 貴裕
    荒木 悟
    伊藤 トオル
    越後 しの
    岡沢 幸
    翁 ひろみ
    菅野 泰史
    木村 良
    京増 見和子
    熊谷 琴音
    形而工作室
    後藤 和紀
    齋藤 知佳
    佐藤 由佳
    城田 清弘
    清水 直土
    菅原 睦子
    鈴木 健太
    鈴木 泰裕
    盒 健太郎
    たたた工作室
    多田 由美子
    花立 ゆかり
    中島 ノブヤ
    畠山 卓也
    細川 幸子
    本田 仁平
    増子 静
    椋尾 倫己
    大和 知子


  • 二期/出展作家名

  • 青野 文昭
    今村 仁
    宇田 義久
    大泉 りさ
    大嶋 貴明
    小山 維子
    勝又 豊子
    菊池 聡太朗
    工藤 夏海
    小林 知世
    櫻胃 園子
    佐々木 健
    佐々 瞬
    佐藤 ジュンコ
    佐貫 巧
    渋谷 七奈
    関本 欣哉
    瀬尾 夏美
    高山 登
    立島 夕子
    タノタイガ
    中里 広太
    Hani Dallah Ali
    はまちひろ
    樋口 佳絵
    樋口 徹
    樋口 裕二
    ふくだみさと
    村上 裕之
    八木 史記
    吉田 愛美
    ラベンダーゲロ


    皆様のご来場、心よりお待ちしております。
    Gallery TURNAROUND

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    小品展2018 広報用.jpg

    仙台藝術舎/creek展 vol.2 「私と、ユーレイ」

    2018.03.20 Tuesday | ギャラリー情報

    creek2 exhibition 1 mini.jpg

    仙台藝術舎/creek展 vol.2
    「私と、ユーレイ」


     仙台藝術舎/creekの第二期では、「ゴースト・幽霊」を共通課題として制作に取り組んできました。本展は、その成果を発表するものです。
     現代のアートは、新奇性を優先するあまり、オリジナリティや自己表現という言葉に傾きがちです。しかし、そうした言葉に依拠して、かたちにあらわされた作品としての「わたし」は、現在の情報システムにオートマチックに与えられるネット空間のID(Identificationの略)と、どこか違いがあるでしょうか。すでに「わたし」も「アート」も、自然や起源とはかけ離れた人工的な社会システムの虜なのかもしれないのです。
     7年前の東日本大震災は、その高度なはずの社会システムの脆さを明らかにしました。そして量産された「わたし」らしきものだらけの社会に、被災というかたちで突然に線引きをして「他者」を生んだのです。そのことは、「わたし」という存在の不確かさや、そんな「わたし」が構成する共同体の虚構性を意識させました。しかし7年という時間の経過は、不安としてあらわれた気づきを忘れさせ、わたしたちは、再びシステムへの依存を高めることで安定を得ようとしています。
     「わたし」と「他者」のあいだに、曖昧な存在として立ちあらわれる「幽霊」。その不確かな次元を注視することで、「わたし」をシステムの外へと、再び揺り動かそうと試みます。

    仙台藝術舎/creek



    【展覧会参加者】
    尾崎森平 黒崎モモ さくまいずみ 
    櫻胃園子 佐立るり子 関野頼利 千葉宏美
    千葉里佳 樋口健介 森エリナ 


    ●会期
     2018.3.20(火曜)-25(日曜)
     11:00-20:00、初日講評会の為18:30迄、最終日17:00迄

     ★最終日15時〜17時、会場内でcreek生向けワークショップがあります
      ワークショップ中も展示は御覧いただけます。 


    ●レセプションパーティー

     3.24[SAT] 18:00-20:00
     
      どなたでもご参加いただけます。
      差入れ歓迎
      
      19時位からパフォーマンス行います
      出演:千葉里佳、千葉宏美、音のゲストでAPE TOPE


    【会期中パフォーマンス】
     3/21水曜 14:00〜黒崎モモ、16:00〜千葉里佳
     3/22木曜〜23金曜 19:00位〜千葉里佳
     3/24土曜 19:00過ぎ位〜 千葉里佳、千葉宏美、音:APE TOPE
     3/25日曜 14:00位〜 千葉里佳



    ●会場
     Gallery TURNAROUND
     仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
     地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分


    creek2 exhibition 1.jpg
    creek2 exhibition 2.jpg

    主催|仙台藝術舎/creek
    平成29年度まちづくり活動助成事業


    仙台藝術舎/creekは、
    次世代のアーティストや
    アートに携わる人を育てる学校です。


    「creek」には「川、流れ、支流」という意味があります。
    「いくつもの支流が合わさり本流を形成する」ように、「仙台・宮城から生まれる新たな表現・表現者が支流を作り、それらがやがて本流と成り得る」という思いを込めています。
    現在の社会の中で藝術の教育環境を共創するという試みは、実験的であり挑戦的だと考えます。しかし同時に、必ずやこの支流が大きな流れとなって仙台にたゆたうであろうことを確信しています。


    ●第3期、2018年6月開講予定
    hp : http://sg-creek.jp/
    Facebook : https://www.facebook.com/sendai.creek/
    連絡先▷mail:info*turn-around.jp(*を@に) tel:022-398-6413