オンラインショップへ

仙台・Eメール・アート展

SCHEDULE

さくまいずみ「雪のほら」
2021.12.1㈬-12㈰(月休)

  • DM
  • DM
展示情報
タイトル さくまいずみ「雪のほら」
期間 2021.12.1㈬-12㈰(月休)
時間 11:00-19:30、㈰-16:00迄
作家 さくまいずみ
内容 ふる ふる ふる
 木の実はうずくまり 星はたっぷりかしがって
 パチンとはじけて仄かに燃える
 鳥や魚や草や石は 生き生きと それぞれ 光っている
 ふる ふる ふる
 木々のざわめきや 先人のささやきが 空にのぼって ふってくる
 雪原の中 夢中でこさえたほらの中 こほる影
 遠くと近くが混ざり合い 拍子と拍子がかさなる
 うつらうつらと なんだかわからなくなって あかるく広がってとけてゆく
 
プロフィール 北海道生まれ、仙台市在住のさくまいずみの個展です。 めぐる季節を味わいながら、拾い上げた枝や木の実などと、身の回りの素材をもとに作品を制作しています。本展では、冬を題材に、小さな頃に遊んだ“ほら”をイメージした新作のオブジェを展示いたします。心を辿るように拾われたものたちから生まれたあたたかな造形から、ささやかなメッセージを感じとって頂ければと思います。

1968年 北海道札幌市生まれ
1991年 東北生活文化大学生活美術科卒、仙台市在住

主な展示
2021年 STAY ART Ⅷ/SARP
2020年 「ゆらゆらと」2人展/秋保の杜佐々木美術館&人形館
    SARP定点観測/SARP
2019年 第20回T家の恐るべき子どもたち/せんだいメディアテーク
2018年 仙台藝術舎/creek展vol.2「私と、ユーレイ」/Gallery TURNAROUND
2016年 野外展『風薫る「青葉の森」は美術館』/青葉の森
2015年 生活美術学科創設50回記念特別企画美術展/せんだいメディアテーク
2013年 個展/SARP
2012年 せんだいモリオカアートⅡ/旧石井県令邸
2011年 個展/SARP
その他、多数。
会場 ギャラリー ターンアラウンド
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
(地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分)

青野文昭 個展 次から次へと、、、、
2021.12.14(火)―26(日)

  • DM
  • DM
展示情報
タイトル 青野文昭 個展 次から次へと、、、、
期間 2021.12.14(火)―26(日)
時間 11:00-19:30,日曜-17:00まで 入場無料
作家 青野 文昭 Aono Fumiaki
内容 「次から次へと、、、、」
埋らない欠落―終わらない不安(定)―片付かない世界。そして拡張。
(なおす・代用合体・連結)
欠片=不安(定)。欠片(不安・定)は完全(安・安定)を希求する。
しかし完全・(完全な安定)は半永久的には存在しえない。欠落の補完は常に不完全に終わる。さらなる安定を希求する。
つねに不安(定)であり、つねに安定を求めざるをえない。だからつねに他の何ものかー補完するために―すでに失われたはずの何ものか―あるいは代用物?―を希求している。
それが生きるということなのかもしれない。
何ものからから何ものかへ。終わない不安(定)。埋らない欠落。
そうして人生は続き人類は継続し拡張し、どこに行くつくこともかなわないままに、道となり、分岐し、伸びていく。

欠片を補完する―欠落部を埋める。何ものかで補おうとする時に内在する何らかの方向性。
形作られていく人型の表象から想起される動きとその方向性。
異なる次元の「方向性」を重ね合わせながら、伸ばし結ぼうとして生まれる形、道筋。


青野文昭


-
1968年宮城県仙台市生まれ。90年代より「復元」をテーマに制作を続けており、各地で拾った様々な欠片への「なおし」を試みながら、多様な問題を浮かび上がらせようとしている。本展では、拾った雑誌の切れ端にある人影などを追ったドローイング、壁面作品を中心に展示します。
CV 青野 文昭 Aono Fumiaki
1968年宮城県仙台市生まれ。90年代より「復元」をテーマにかかげ、各地で拾ってきた欠片へ様々なパターンの「なおし」を試みながら、多様な問題を浮かび上がらせようとしている。パブリックコレクションに、宮城県美術館、愛知県美術館、金沢21世紀美術館、リアス・アーク美術館など。2005年、宮城県芸術選奨(彫刻)、2015年、第26回タカシマヤ美術賞受賞。

- 近年の主な個展 -
2014 「Reincarnation:Memories from the Great Tsunami 転生・大   津波の記憶」 アラリオギャラリー(ソウル)、「Time Sharing 隣り合わせの時間 第3期 青野文昭」沖縄コンテンポラリーアートセンター(沖縄)
2015 「パランプセスト―記憶の重ね書き」 gallery αM (東京)
2017 「コンサベーション_ピース ここからむこうへ partA 青野文昭展」 武蔵野市立吉祥寺美術館(東京)
2019 「青野文昭 ものの,ねむり,越路山,こえ」 せんだいメディアテーク(宮城)
2019~20 「青野文昭-その思考の変遷を辿る- 1989~2019」Gallery TURNAROUND(宮城)
2020 「青野文昭-総合的復元」Gallery TURNAROUND(宮城)

- 近年の主なグループ展 -
2013 「あいちトリエンナーレ2013―揺れる大地―」(愛知)
2016 「いま、被災地から ―岩手・宮城・福島と震災復興-」東京藝術大学美術館(東京)、「Royal Academy of Arts’ Summer Exhibition.2016招待出展」Royal Academy(ロンドン)
2017 「コンニチハ技術トシテノ美術」せんだいメディアテーク(宮城)
2019 「六本木クロッシング2019 つないでみる」森美術館(東京)
2020 「ヨコハマトリエンナーレ2020 AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」 横浜美術館(神奈川)、 「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020」山形芸術工科大学(山形)
2021 高島屋創業190周年「悉皆(shikkai) -風の時代の継承者たち-」高島屋大型各店(大阪、京都、横浜、新宿)

作家Web|http://www1.odn.ne.jp/aono-fumiaki/
会場 ギャラリー ターンアラウンド
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
(地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分)
企画 TURNAROUND 
助成 (公財)仙台市市民文化事業団

CALENDAR

ARCHIVES

DM
櫻胃園子個展 「関係の脱衣所」
2015.04.28~05.03
DM
「春の日、マキアート」
2014.04.01~04.20
DM
タノタイガ個展 風が 吹くとき
2012.11.10~12.02
DM
青野文昭展 どくろ杯Ⅱ
2012.07.06~7.22
DM
青野文昭展 髑髏杯
2011.05.10~05.29
DM
Noboru Kojima Exhibition
2011.2.4〜2.27
DM
“ある空間”-at a certain space-
Machiko Shikano
2010.12.15~2011.1.16
DM
「WAVE OBSESSION」
石川雷太
2010.10.15〜12.12

ABOUT

主な業務内容
  • アート作品の販売・展覧会企画・運営等
  • ギャラリイ・カフェ運営
  • パブリックアートコンサルタント・アートレンタル
  • 大判カラープリント、カッティングシート作成等
  • 住宅、店舗等の設計からインテリア・アートコーディネート
  • アートレンタル、デザインブランド、建築関係、オンラインショップ
  • ワークショップ・絵画教室 開催(要望があれば出張いたします)

→ アートレンタルについて

ポスター印刷などもご相談ください
  • 大判カラープリント(ポスター印刷 -A1ノビまで-)
  • ラミネート加工
  • のぼり
  • カッティングシート

→ 印刷料金を見る

ご連絡先
  • gallery&atelier TURNAROUND
    -ギャラリー&アトリエ ターンアラウンド-
  • cafe HANGaround
    -cafe-
  • 〒980-0805
    宮城県仙台市青葉区大手町6-22 久光ビル1階
  • 【お車でお越しの方へ】
    駐車場もご用意ししております。
    以下のマップ【P】をご覧ください。
  • 【クレジットカードもご利用いただけます】
  • 022-398-6413
  • メールアドレス

→ Google Maps で見る


より大きな地図で カフェ&ギャラリー ターンアラウンド を表示

CAFE

ハングアラウンド店内写真
タナラン文庫
文学、アート書籍、建築、写真集、デザイン書 → 詳細
ハガラン物販コーナー
仙台のアーティストを中心にセレクト【カードも可】
ハガランギャラリー
カフェスペースのギャラリーもございます → 詳細