タナランブログ

【アナラン会場企画展】「Satoru Sato Exhibition−drawing/printing」

2023.08.10 Thursday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

サトル

Satoru Sato Exhibition
drawing/printing


−新作ドローイングと、盒金短(ギャラリー青城)預りの旧作版画展−

この度、ターンアラウンドは、宮城県登米市出身でパリを拠点に活躍する美術家、佐藤達の個展を、仙台フォーラス7階「TURN ANOTHER ROUND」を会場に開催します。
作家は、1970年(当時25才)、砂漠の上に建つギゼのピラミッドに出会い幾何学構成アートの原点に触れました。以後ヨーロッパの抽象絵画を学び始め、シュプレマティズム、ロシア構成主義、デ・スティル、ネオ・プラスティシズム、バウハウス等の幾何学構成絵画を追及しながら、日本とフランスの異なる文化を統合させるのではなく共存を求め、絶対空間を構築させました。
本展では、昨年パリの展覧会でも好評を博した和紙を用いた新作のドローイングのほか、1975年に仙台市青葉区錦町に開廊し、長きにわたり佐藤氏の活動を支える「ギャラリー青城」盒金短畆茲螳靴い竜貂酥撚茲鮠匆陲靴泙后
パリという異国の地で長年活躍しながら、日本に帰国した際には、地元画廊での発表や、登米市の文化振興に尽力してきた作家の作品を通して、アートが地域にもたらす魅力を改めて感じていただければ幸いです。


●会期|2023.9.2sat - 9.14thu
●時間|10:00-20:00、最終日18:00まで 会期中無休
●会場|TURN ANOTHER ROUND 仙台フォーラス7階even内
    980-8546 宮城県仙台市青葉区一番町3-11-15-7階
    Tel|022-796-3308 Mail|info*even-sendai.com(*を@に) 
    Facebook|@TurnAnotherRound
●主催|TURNAROUND  
 協力|ギャラリー青城
 助成|(公財)仙台市市民文化事業団


●ハガキ
サトル1
サトル2

●略歴
佐藤 達 Satoru Sato
1945年宮城県登米市生まれ。1969年東洋美術学校卒。同年パリ国立美術学校に留学し、グスターヴ・サンジェ教授のもとで1974年まで抽象絵画を学び、在学中の1970年にパリの Pont des Arts でハプニング、1972年に招待サロン Réalités Nouvelles に出品、パリのギャラリーで初の個展を開催。その後もパリを拠点に活動を続け、パリ招待サロン、グランエジュンヌドオジュドウイ運営審査委員を18年間、国立パリ大学第八造形芸術学科講師を16年間、パリ招待サロン、レアリテー・ヌーヴェルの審査委員を8年間勤める。国内では、東京、京都、宮城等での個展やグループ展で作品を発表している。(GalleryTURNAROUNDでは、2015年に個展開催。)また、2019年に在仏50周年を記念した作品集がパリで出版され、記念企画展がパリや東京など各地で開催された。
これ迄に、個展101回、グループ展400回、環境造型作品制作設置は43点を超え、30ヶ国で発表。キト国立公園野外立体作品に対して、エクワドル政府より第一等文化功労賞。韓国山清市の国際彫刻シンポジュームで大賞受賞。釜山国連共同墓地公園の作品に対して釜山広域市南区の名誉区民賞受賞。2006年、アンドラ公国、郵政省より野外立体作品の写真切手が30万部発行される。
2007年、登米市にサトル・サトウ・アート・ミュージアム(登米市中田生涯学習センター内)開館。
https://www.city.tome.miyagi.jp/satorusatoartmuseum/index.html

夏季休暇のお知らせ

2023.08.07 Monday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

【夏季休暇のお知らせ】

暑中お伺い申し上げます。
日頃よりご愛顧賜り誠にありがとうございます。

ターンアラウンド大手町店は、
8/7〜9/6まで長期お休みさせていただきます。
(臨時OPENの際はSNS(X)でお知らせいたします)
期間中は仙台フォーラス7階evenにスタッフが常駐しておりますので、
ご用の際は恐れ入りますが、even迄ご連絡をお願いします。

even/TURN ANOTHER ROUND
〒980-8546 宮城県仙台市青葉区一番町 3-11-15仙台フォーラス7階
電話 022-796-3308
Email:info*turn-around.jp(*を@に)
https://www.facebook.com/TurnAnotherRound/


次回展覧会
青野 文昭 展
未来の復元・迷走する時間
―かつて仮構された街のチラシ欠片から― 1996〜2011〜2023
●会期|2023.9.7㈭〜21㈭ 月曜休廊
●時間|11:00-19:30,日曜及び最終日は17:00まで
●会場|Gallery TURNAROUND 

 


【仙台フォーラス7階「TURN ANOTHER ROUND」ご案内】

■飯沢耕太郎 写真詩集刊行記念『完璧な小さな恋人』展
 7月29日(土)〜8月8日(火)

■It's All Good. 熊谷和徳 Art Exhibition 2023
 8月16日水曜 〜 8月30日水曜 *初日等イベントご予約受付中。
 http://turn-around.jp/sb/log/eid969.html

■TOHOKU FUKUSHIMA MEDAL PROJECT 2020-23(アナラン2にて)
 8月19日土曜〜24木曜

■渋谷剛史展「同居人の病理」(アナラン2にて)
 8月27日(日)〜9月7日(木) 
 9/2土曜、ギャラリートークあり
 http://turn-around.jp/sb/log/eid967.html

■佐藤サトル個展
 9月2日土曜〜14日木曜


●仙台藝術舎 / creek
 第5期:2023年8月〜2024年2月【受講生募集中】
 http://turn-around.jp/sb/log/eid970.html

●せんだい21アンデパンダン展2023
 エントリー受付延長中です。8/12まで。
 http://turn-around.jp/sb/log/eid963.html

受付中|第12回 せんだい21アンデパンダン展2023

2023.08.01 Tuesday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

【〆切延長しました】

アンパン2023m.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第12回 せんだい21アンデパンダン展2023

自由と独立を意味する[independants]を冠した無審査の美術展。
エントリー8/4まで受付中。→更新・8/12まで受付延長しました

せんだいアンパンweb
http://sendai21-independants.com/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1884年、フランスのパリからはじまった自由と独立を意味する[independants]を冠した無審査の美術展[アンデパンダン展]。表現者にとってかけがえのないその精神は日本、そして仙台にも伝わってきました。かくして21世紀の仙台、無審査で出品される表現は観るものにどんな感動をもたらしてくれるでしょう。本展は仙台のギャラリースペースが協力、連携し、誰にでも等しく開かれた場を設け、新たな時代の表現を目撃しようとする試みです。 あなたの自由な精神に満ちた出品作品に期待します。フランスではアンリ・ルソーが、アメリカではマルセル・デュシャンが、そして仙台では糸井貫二(ダダカン)がアンデパンダン展から登場しています。

本展では、ジャンル、趣向、年齢、経歴、主張、価値…あらゆる垣根を越え、誰にでも等しく開かれた表現の場であることが目指されます。


主催:せんだい21アンデパンダン展実行委員会
令和5年度 仙台市青葉区まちづくり活動助成事業
題字協力:糸井貫二(ダダカン)




●募集作品:平面、立体、映像、屋外展示作品、パフォーマンス

●エントリー〆切:8月4日(金曜)(※定員になり次第締め切ります)
 →更新・8/12まで受付延長しました。入金は8/15までにお願いします

●エントリー:1点3,500円、2点6,000円(※サイズ規定あり)

●会 期:2023年9月27日(水)-10月8日(日)
     パフォーマンス日は10/1(日)
     定休日未定

●会 場:
 中本誠司現代美術館 (青葉区東勝山)
 GALLERY ECHIGO (青葉区双葉ヶ丘)
 SARP 仙台アーティストランプレイス-A(青葉区錦町)
 ギャラリーチフリグリ (宮城野区五輪)
 Gallery TURNAROUND (青葉区大手町)
 野外展示会場のりっぱ (青葉区大手町)
 TURN ANOTHER ROUND(青葉区一番町)
 野外パフォーマンス会場 (未定・決まり次第お知らせします)
  ・営業時間は会場ごとに異なります
  ・展示会場は実行委員会で決定します


その他詳細は応募用紙両面やwebでご確認下さい
https://sendai21-independants.com/


応募チラシ
アンパン1
アンパン2

篠原良太展 パイロンズ3

2023.07.28 Friday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

shinohara1m.jpg

篠原良太展 パイロンズ3

さまざまな歴史上の肖像画を、円錐形(もしくは円錐に近似したフォルム)に再構築する「パイロンズ」シリーズ3回目の作品展を開催します。

新作を交えてミニマムに展示します。

-

profile: 1970年生まれ。グラフィックデザイナー/イラストレーター。
大学での教育・研究活動と並行して3DCGを用いた作品制作を行う。
東北工業大学ライフデザイン学部産業デザイン学科 教授。
https://www.switcher.jp



会期:
 2023年8月1日火曜〜6日日曜
 11:00~19:30、日曜~17:00 入場無料

会場:
 Gallery TURNAROUND
 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
 info@turn-around.jp
 市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分

ハガキ:
篠原1
篠原2

「TOJU 生誕 誕生 1953 - 2021」

2023.06.21 Wednesday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

toju0


TOJU
生誕 誕生
1953 - 2021


Instagram @toju_an
Twitter @TOJU_an

TOJU [画家]

1953-2021
本名:鯨井久樹。東京都出身。

仙台を制作拠点として活動。1979年より仙台、ドルナッハ、パリ、ニューヨーク、東京にて個展、グループ展を行う。
晩年は、中国北宋南宋時代絵画の「気」と造形技術工程を「生命宇宙的自己実現」の方法と捉えて、造形思考によって研究。
竜の口溪谷でのパフォーマンス「天然自然の中での内実的実験行為」(1984〜1986)、インスタレーション、オイリュトミー、CORVUSとのコラボレーション等、その多様な試みは、一貫して《人間は自然を如何に見るのか》という表現以前の造形の問題に収斂する。


◎会場
 Gallery TURNAROUND
 980-0805 仙台市青葉区大手町6-22-1階
 地下鉄東西線「大町西公園駅」〜徒歩6分
 Instagram @galleryturnaround

◎会期
 2023年
 ■1st.
  7月18日(Tue)〜7月23日(Sun)
 ■2nd.
  7月25日(Tue)〜7月30日(Sun)

 *1stと2ndでは展示作品が異なります
 *月曜休廊

◎時間
 Open 11:00〜19:30
 *7/30最終日のみ16:00 Close


◎Event schedule
・7/18 Tue 19:00
 「献杯の夕べ」

・7/21 Fri 19:00* Performance
 定方まこと

・7/22 Sat 19:00* Performance
 鯨井謙太郒

・7/23 Sun 17:00〜18:30 トーク
 八巻寿文 × 鯨井謙太郒

・7/30 Sun 13:00〜16:00
 「TOJUを語ろう」


*Performance回のみ、Ticket/1,000円
イベントは予約制です(定員あり)
ご予約は下記アドレスまでメールでお願いします。
 0713tojuan*gmail.com(*を@に)



◎フライヤー
toju1

toju2


■portrait
 高木由利子
■主催
 KENTARO KUJIRAI コンペイトウ
 Sonoko Kujirai
 Erika Kujirai
■協力
 TURNAROUND

Two Years 〜杜の都で出会った人〜 Yoshihisa Nemoto Exhibition

2023.06.19 Monday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

根本展0

Two Years 〜杜の都で出会った人〜
Yoshihisa Nemoto Exhibition


作家  根本 義久
撮影パートナー : 成瀬ひろ香さんとの2年間の作品創りの集大成


●会期|2023.7.11tue―7.16sun
●時間|11:00-19:30 日曜日17:00まで
●会場|Gallery TURNAROUND 
 980-0805 宮城県仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F 
 E-mail|info*turn-around.jp(*を@に) Tel|022-398-6413
 仙台市地下鉄東西線「大町西公園駅」西1出口より徒歩5分
●入場無料


●ハガキ
根本展1
根本展2

NAKED QUILT / POPUP IN 仙台 ★最終日は14時閉店です

2023.06.17 Saturday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

NAKED quilt

NAKED QUILT
POPUP IN 仙台

スラッシュキルトのハンドメイドブランド「NAKED QUILT」、仙台初POPUPです。

NAKED QUILT

TOKYO🇯🇵/現代キルト作家/児玉 晃野
AKINO KODAMA/QUILT ARTIST

Instagram @naked_quilt


〇日程
 2023
 ・7/7(金)16:00-19:30
 ・7/8(土)12:00-18:00
 ・7/9(日)11:00-17:00 変更★最終日は14時閉店です

〇会場
 Gallery TURNAROUND 
 980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F 
 地下鉄東西線「大町西公園駅」西1出口より徒歩5分

-おねがい-
・住宅街にあるため、お並びになる方はお静かによろしくお願いいたします。
・ステッカー類を除くキルト作品のご購入は、おひとり様5点までとさせていただきます。
・お会計は現金/クレジットカード(VISA/MASTER/JCB)のみになります。


最新の情報はアーティストInstagramをご覧ください。
https://www.instagram.com/naked_quilt/

GALLA EXHIBITION

2023.06.06 Tuesday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

盒況短

GALLA EXHIBITION


●会 期|2023年6月14日水曜〜6月18日日曜 
●時 間|11:00-19:30 最終日は16:00まで
●会 場|Gallery TURNAROUND 
    980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
    TEL. 022-398-6413 
    web. http://turn-around.jp/
●最寄駅|地下鉄東西線「大町西公園駅」西1出口〜徒歩6分
●Instagram|@galleryturnaround

*作家在廊は12:00―17:00を予定しています。


仙台市在住。
キャンバス・ダンボール紙に油彩、鉛筆、木炭で描いた作品を発表します。

 

●ハガキ
盒況短1
盒況短2

企画展|樋口佳絵 個展「それはクラッカーを合図にして。」

2023.05.27 Saturday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

news:
.▲肇螢 ラフールさんとのコラボお菓子セットを販売します。
 ▶タナラン会場では、作品のモチーフに使ったクラッカーと缶バッチ、クッキーのセットが販売されます。
 ▶IGOONE会場では、作家とラフールさんが以前にコラボしたオリジナルクッキー缶の販売と、
 合わせてクッキー缶に使用された作品の原画も展示されます。

 アトリエ ラフール
 https://www.instagram.com/lafour.icingcookie.bakeshop/


樋口佳絵×タナラン、オリジナルクリアファイルを販売します。
 ▶こちらは両会場でお求めいただけます。

6/4日曜午前は市内で市民マラソンがあります。
交通規制にご注意ください。
https://www.sendaihalf.com/traffic/




樋口佳絵展0


樋口佳絵 個展
それはクラッカーを合図にして。

2023.5.31〜6.11


このたび、仙台市出身・在住の画家、樋口佳絵の個展を開催致します。
地元大学を卒業後も仙台を拠点に画家として活動を続け、近年は装画や絵本原画など"本"にまつわる作品発表の場も増えています。
主にテンペラと油彩の混合技法で描かれる子供の姿と広がる背景からは、幼少期に抱いた感覚や、続く違和感のようなものが思い起こされます。それらの曖昧な感情をぼんやりとそのままに、少し怖ろしく、時に滑稽に描き出されることで、ある瞬間を共有できることが樋口作品の魅力のひとつではないでしょうか。
本展では、パーティーなどで使用する”クラッカー”が多く描かれています。華やかな意味合いを感じますが、絵の中でそれを鳴らす子供はどこか浮かない表情です。一般的な意味づけが、現実には必ずしもそうではないという、現代社会でも度々感じるモヤモヤとした不思議な空気感や温度差。
それらを吹き飛ばすように鳴らすクラッカーの音を合図に、何かが切り替わり、それぞれが進む機会になればと思います。
また、今回はサテライト会場として、東西線で繋がる若林区荒井の「イグーネ荒井」でも装画を担当した書籍や原画の一部、ドローイング作品などを展示します。
地域交流と、地元アーティストの活動を広く知っていただく機会になれば幸いです。
ホワイトキューブとカフェ、それぞれの空間と共鳴する作品群を是非ご覧ください。

最新の情報はHP、SNSをご覧ください。


主催 企画 TURNAROUND
共催 IGOONE ARAI
〜東西線が繋ぐターンアラウンドとIGOONE ARAIのART企画〜



【個展会場】 Gallery TURNAROUND
●会 期|2023年5月31日水曜〜6月11日日曜
  ※6/4日曜午前は市内で市民マラソンがあります。交通規制にご注意ください。
●定休日|月曜
●時 間|11:00-19:30 日曜日は17:00まで
●会 場|Gallery TURNAROUND 
    980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
    TEL. 022-398-6413 
    web. http://turn-around.jp/
●最寄駅|地下鉄東西線「大町西公園駅」西1出口〜徒歩6分
●Instagram|@galleryturnaround


【サテライト会場】 イグーネ荒井
●会 期|2023年5月31日水曜〜6月11日日曜
●定休日|無休
●時 間|10:00-18:00
●会 場|イグーネ荒井 
    984-0030 仙台市若林区荒井東1丁目2-7
    TEL. 022-762-5520
    web. https://igoone.jp/
●最寄駅|地下鉄東西線「荒井駅」中央1出口〜徒歩4分
●Instagram|@igoone.arai

●作家略歴
樋口 佳絵  Kae Higuchi

1975 宮城県仙台市生まれ
東北生活文化大学卒業、仙台在住

<近年の主な活動>
2013 『オオハラコンテンポラリー』出品 大原美術館(岡山)
2015 個展『ねこの月、佳日』喫茶carta(岩手・盛岡)’16年’17年’18年’19年
    個展『ぱんぱかぱーん』TURNAROUND(宮城・仙台)  
2016 『ブラティスラヴァ世界絵本原画展』出品 うらわ美術館、岩手県立美術館ほか
    個展『フラフープ論』Cyg art gallery+喫茶carta(岩手・盛岡)
2017 個展『E』日本橋高島屋 美術画廊X(東京)
2018 個展『ちょっとした流れ星』TURNAROUND(宮城・仙台)
2019 個展『日々が聴こえる』Cyg art gallery+喫茶carta(岩手・盛岡)
2020 個展『もしかしたらの物語』URESICA(東京)
2021 個展『綴り、束ね、積み続けること。』TURNAROUND(宮城・仙台)

<出版>
2007 『耳の器』文:渡部亨 絵:樋口佳絵
2014 『かがみのなか』文:恩田陸 絵:樋口佳絵 編:東雅夫(岩崎書店)
2017 『E エーデル版画集』詩:杉本真維子 版画:樋口佳絵(桜華書林)
『猫自由律◎にこげの日々』出版:喫茶carta 文:加賀谷真二、加賀谷奈穂美、宮川正人、樋口佳絵
2021 『きつね (えほん遠野物語 第三期)』著:京極夏彦 絵:樋口佳絵 企画・原案:柳田国男(汐文社)

<装画を担当した書籍>
『彼女の名前は』(著者:チョ ナムジュ、出版:筑摩書房/2020)、『シーラと言う子』(著者:トリイ・ヘイデン、出版:早川書房/2021)、『タイガーと呼ばれた子』(著者:トリイ・ヘイデン、出版:早川書房/2021)など。

<収蔵作品>
大原美術館
ルチアーノ・ベネトンコレクション

webサイト https://kaehiguchi.work/
Instagram @kaehiguchi


●DM(A5size)

樋口佳絵展1
樋口佳絵展2

ご案内1
・作品リストをご希望のお客様はターンアラウンドまでお問い合わせください。その際、お名前とご連絡先をお知らせ願います。初日5/31のオープン後、メールで送付させていただきます。お時間については確約できませんことご了承願います。会期前のご予約はお受けしておりません。
 メール info*turn-around.jp(*を@に) 022-398-6413
 *snsダイレクトメッセージでのお問い合わせはご遠慮ください。



ご案内2
仙台フォーラス7階、TURN ANOTHER ROUNDでは、浅倉伸さんの個展が開催されます。
あわせてぜひご覧ください。

浅倉伸個展「滅びない2023」

●会期|2023年5月27日土曜〜6月8日木曜 無休 
●時間|10:00-20:00 最終日は18:00まで
●会場|TURN ANOTHER ROUND
    980-8546 仙台市青葉区一番町3-11-15 仙台フォーラス7F even内
    tel.022-796-3308
★東西線ご利用の場合、最寄りは「青葉通一番町駅」、徒歩4分です。




画像の無断転載を禁じます。
Copyright (c) TURNAROUND,Kae Higuchi All Rights Reserved.

第15回ナカジマノブヤ展「Sunny Side Chair」

2023.05.10 Wednesday | ギャラリー情報 > Gallery TURNAROUND

ナカジマノブヤ0

第15回ナカジマノブヤ展 
Sunny Side Chair


通りが見える軒先に 古びた椅子を置いてみた
梅雨の晴れ間の夕どきは ラムをコーラで割ってみる
残暑の秋は昼間から 安いワインに氷をひとつ
霜が降りたらセー タ ー着込み 湯呑のお湯に洋酒を落とす梅の曾がふくらめば 納戸の酒をコップでするり
通りを歩く若人の シャツがいよいよ軽くなり
風の香りも変わったら やさしく冷えたビールだね
無邪気に攻め込む光を浴びて 泡の弾けるビールだね
椅子の埃をきれいに拭いて ついでにグラスを新調しよう陽向に流れる人の波横目にぐいっといきましょう

●会期中liveを予定。最新情報は随時更新します。


会期
 2023年5月23日(火)〜 28日(日)
 11:00〜19:30、最終日は17:00まで

会場
 Gallery TURNAROUND
 9800805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
 地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩6分

作家略歴
ナカジマ ノブヤ
1967年生まれ。千葉県松戸市出身、仙台在住。
2010年頃から少しずつ絵の制作を始める。
2013年、画家として本格的に活動スタート。年数回の個展を開催するほか、近年は、喫茶店や工務店、インテリアショップ、酒屋など街の様々なスペースでの展示会も行っている。

主な個展歴
2013.05 第1回個展「come and dance」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2013.11 第2回個展「タナラン収穫祭」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2014.07 第3回個展「がんばれ!ナカG特訓中!」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2015.05 第4回個展「BRAND NEW SONG BOOK」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2016.05 第5回個展「EVEN PACE」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2017.05 第6回個展「Moonlight and Roses」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2017.10 第7回個展「中島ノブヤ展」(開運橋のジョニー/岩手盛岡)
2017.11 第8回個展「新しい町」(清航館/福島いわき)
2018.05 第9回個展「海岸線」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2019.05 第10回個展「プラスマイナスゼロ」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2020.05 第11回個展「Sing on!!」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2020.10 第12回個展「グランドオープン」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2021.03 第13回個展「桃」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2022.05 第14回個展「百」(Gallery TURNAROUND/仙台)
2023.05 第15回個展「Sunny Side Chair」(Gallery TURNAROUND/仙台)

その他、展覧会、イベント、グループ展等多数参加。


ハガキ
ナカジマノブヤ1
ナカジマノブヤ2