タナランブログ

<< 「朱夏展」 artist:来喜 ART | TOP |

菊地良博 「生成する肉」 / Yoshihiro Kikuchi:Flesh Generates

2019.03.19 Tuesday | ギャラリー情報

kikuchiyoshihiro omote m.jpg

菊地良博 「生成する肉」
Yoshihiro Kikuchi : Flesh Generates



1980年、宮城県生まれの菊地良博の、仙台では約9年ぶりとなる個展です。

本展では、アダルトビデオの映像信号と音声信号を逆転させた最新のインスタレーション作品”Room Aroused”と、雑誌から引用した死体やポルノ写真を素材にしたペインティング・シリーズ”Optic Scissure”の新作、自身の血液を素材にした作品を中心に、現在まで試みられた複数のシリーズから、習作を含む未発表作品を新旧交えて多数公開します。



会 期:
 2019年4月9日(火)− 4月21日(日)
 11:00-19:30、日曜-17:00迄 月曜休廊 入場無料

トーク:
 4月13日(土)17:30-19:00 定員30名 予約優先
 登壇者:清水建人(せんだいメディアテーク学芸員)・菊地良博
 司 会:関本欣哉(TURNAROUND)

会 場:
 Gallery TURNAROUND
 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
 (仙台市地下鉄東西線「大町西公園駅」から徒歩5分)
 tel・022-398-6413 mail・info@turn-around.jp
 web・http://turn-around.jp/



菊地良博 (きくち よしひろ)
美術家/音楽家

1980年 宮城県生まれ。 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒業。
動物と峻別される、人間のみに現れる特質(言語、社会システムにおける性など)の論理的な否定的解体および再構築を、さらにはその行為者たる自身の論理性の否定を、 ドローイング、コラージュ、ペインティング、印刷、彫刻、映像、インスタレーションなどのメディアを用いて行う。
また、様々な形態で実験的な音楽を制作・演奏する。音源リリース多数。
AISHO MIURA ARTS(東京)、AISHONANZUKA(香港)、APT Beijing/MutualArt(北京/ロンドン) 所属。

主な展覧会
個展
2019年 「Super Processor」 AISHONANZUKA、香港
2016年 「Dldap/Enogo/Auxar/Dgaen」 AISHONANZUKA、香港
2015年 「Solo Exhibition」 Autocenter、ベルリン

グループ展/アートフェア
2019年 「Feeding Your Demons」Galerie Gebr. Lehmann, ドレスデン (今秋開催予定)
2016年 「アート・ケルン」 ケルン
2016年 「VOCA展 2016」上野の森美術館、東京
2015年 「PROCESS」CMAE、アストゥリアス、スペイン

http://yoshihirokikuchi.org



dm:130×210
kikuchiyoshihiro omote.jpg

kikuchiyoshihiro ura.jpg


企 画:TURNAROUND|miyagi art singularity -
*「miyagi art singularity」は、宮城を拠点に活動するアーティストの展覧会及びトークをシリーズで企画、発信するものです。
協 力:コトバ事務所
後 援:(公財)仙台市市民文化事業団

美術手帖web
https://bijutsutecho.com/exhibitions/3591

−−−−−−

【関連イベント】
Talibam! Japan Tour 2019 仙台公演

菊地良博がニューヨークから来日するバンド、
Talibam!を招いてライブ・イベントを企画します。

日 時:2019年4月6日(土) 開場17:30、開演18:00
会 場:Gallery TURNAROUND
入場料:1,800円
出 演:Talibam!
    Koji Shibuya’s Eternal Calamity(澁谷浩次ほか)
    菊地良博

Facebook
https://www.facebook.com/events/301955150468349/304570593540138/?notif_t=admin_plan_mall_activity¬if_id=1551257341383973