タナランブログ

<< 吉田愛美「私がいなくなる時」 | TOP | 仙台藝術舎/creek展 vol.3 「2056」 37年後について >>

「朱夏展」 artist:来喜 ART

2019.03.10 Sunday | ギャラリー情報

2016年制作 無題 m.jpg
〈来喜 ART|「無題」2016年・スプレー〉


朱夏展
artist:来喜 ART


東大阪を拠点に活動する東洋的抽象芸術集団『来喜 ART』によるグループ展。

日本各地での壁画制作を始め、オリジナルスタイルの文字を追及した作品や、時に色々な意味でファニーな面を見せるキャラクター・世界観でファンのみならず一目見た者の脳裏にもお邪魔してきた彼ら。今回は日本各地の風景写真をアーカイブしている『umwelter』の声掛けにより、仙台にて初展示。
本展は約 70 点ものキャンバス作品等で構成される展覧会となります。

『TURNAROUND』での展示開催前日、前夜祭として仙台 『CLUB SHAFT』 にてオープニングパーティーを開催。当展示内容の一部を SHAFT 内でも展示します(TURNAROUNDとSHAFT では展示内容が一部異なります)。前夜祭では音と絵を交えながら交流を深めていただければと思います。
また、会期中の 4/30・5/1 には国分町にあるシェアオフィスビル『enspace』にて壁画制作予定となっておりますので展示と併せて足を運んでいただければと思います。




■展覧会会期:
 2019/4/30(tue)〜5/5(sun)
 11:00〜19:30 (日曜は16:00まで) 入場無料

■展覧会会場:
 Gallery TURNAROUND
 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
 (地下鉄東西線大町西公園駅より徒歩5分)

■イベント

 【OPENING PARTY】
  会場:CLUB SHAFT
     青葉区国分町2-7-22
  日時:4月29日(月) 22:00~5:00
  入場:2000 円(1ドリンク付き)
  http://www.clubshaft.com/schedule/index.html

 【LEGAL WALL(壁画制作)】
  場所: enspace 1F ガレージ
     青葉区国分町1-4-9
  日時:4月30日・5月日(両日ともお昼過ぎから電気が消えるまで)
  見学無料
  https://www.enspace.work/


■作家略歴
来喜 ART

2008 年結成の東洋的抽象芸術集団。
Graffiti をバックボーンに併せ持ちながらもジャンルレス。日本文化の”和”を軸に、その時々の美的感覚を最大限追求し進化する集団。

2009 年
「現代美術インディペンデント CASO 展」at 海岸通ギャラリー・CASO
2010 年
「CRAZYCRIMERS vol.1」at 海岸通ギャラリー・CASO
2011 年
「CRAZYCRIMERS vol.2」at 海岸通ギャラリー・CASO
2012 年
「来喜 ART 展」at NEW OSAKA HOTEL 心斎橋
2013 年
「三十路展」at NEW OSAKA HOTEL 心斎橋
2015 年
「Grateful Beer Live Festival」at 名村造船所跡地
「お茶会」at NEW OSAKA HOTEL 心斎橋
「LAMPLIGHT vol.3」at 来喜 ART 倉庫
2017 年
「LAMPLIGHT vol.4」at 来喜 ART 倉庫
「春の秘蔵 蟲干展」at 夜喫茶アルカ
2018 年
「LAMPLIGHT vol.5」at 来喜 ART 倉庫
「LAMPLIGHT vol.6」at 来喜 ART 倉庫
2019 年
「LAMPLIGHT vol.7」at 来喜 ART 倉庫


■フライヤー
image1.jpeg
image2.jpeg


■過去作(タイトル全て「無題」)
2016年制作 無題 2m.jpeg
image1m.jpg
image2m.jpg
image3m.jpg
image4 m.jpg
image6m.jpg
image7 m.jpg
image8 m.jpg
Copyright (c) 来喜 ART All Rights Reserved.