タナランブログ

<< 企画展|菊池聡太朗「喫茶 荒地」 | TOP | 11/8夜イベントのご案内 >>

せんだいメディアテーク「青野文昭 ものの、ねむり、越路山、こえ」+ターンアラウンド企画展 「青野文昭―その思考の変遷を辿る―1989~2019」

2019.10.25 Friday | ギャラリー情報

11/2よりせんだいメディアテークで開催されます青野文昭展と、
同時期に行うターンアラウンド企画展のご案内です。


無題.png

⻘野⽂昭 ものの, ねむり, 越路⼭, こえ

「なおす」ことを主題に、家具や日用品 などを用いながら廃棄物の欠損箇所を補完することで、新たな形態を生みだしている美術作家 青野文昭。長く仙台で活動してきた青野のこれまでの作品とともに、震災以後の表現の変化もふまえた、新たな展望を紹介します。

■会期:2019年11月2日(土)から2020年1月12日(日)
■公開時間:11時から20時(入場は19:30まで) *11月28日は休館、12月29日から1月3日は年末年始休館
■会場:せんだいメディアテーク 6階ギャラリー4200
■入場料:一般500円(大学生・専門学校生含む)、高校生以下無料(豊齢カード、障がい者手帳をお持ちの方は半額)
■主催:せんだいメディアテーク(公益財団法人仙台市市民文化事業団)

■関連イベント
・作家と学芸員によるギャラリーツアー数回
・福住廉(美術評論家)× 青野文昭 対談
・青野文昭による作品解説
・椹木野衣(美術評論家)× 青野文昭 対談
・小森はるか新作上映会(青野文昭の制作ドキュメンタリー)
・シネマてつがくカフェ
詳細↓
 https://www.smt.jp/projects/aono_ten/2019/07/post-4.html


その他、概要、プロフィール、作家による構想メモなど
カテゴリーごとに掲載されています↓
https://www.smt.jp/projects/aono_ten/






ターンアラウンド企画展
「青野文昭―その思考の変遷を辿る―1989~2019」
※詳細決まり次第随時更新します

合体1 昭和16年の新聞の復元1996 41×27 トリミングa m .jpg
青野文昭「昭和16年の新聞の復元1996」

近年、より大規模な展示を行ってきている青野だが、その表現の源泉は、学生時以来からの地道な試行の積み重ねの中にある。
それらの多くは、限られた範囲でのみ提示されてきたこともあり、十分に認知されてきたとは言えない。
本展は、せんだいメディアテークでの企画展「青野文昭 ものの,ねむり,越路山,こえ」2019,11,2~2020,1,12(近作・新作を中心とした大規模な展示を予定)に、連携かつ補完するかたちで、現在の基盤となってきているはずの、青野の長い試行の変遷を、3期に分けて紹介し、あらためて今日の視点から、光を当てていこうとする試みである。

●会 期
 2019年11月26日(火)− 2020年1月11日(土)
 ※3期に分けて展示替えを行います(日程変更の場合あり)
  第1期|11/26(火)〜12/8(日) テーマ:初期・その他
  第2期|12/10(火)〜12/22(日) テーマ:無縁−有縁 修復
  第3期|12/24(火)〜1/11(土) テーマ:異界交流 合体
●イベント
 未定(ゲストを招いてのトークイベント等予定、
 その他、青野文昭―関本欣哉対談報告会)
●会 場
 Gallery TURNAROUND
 980-0805仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
 市営地下鉄東西線・大町西公園駅下車、徒歩5分 
 せんだいメディアテークから徒歩17分
http://turn-around.jp/
●営業時間:11:00-19:30、日曜-17:00迄 月曜及び12/31-1/5休廊
●入場無料
●企 画:Gallery TURNAROUND(miyagi art singularity -此
●助 成:(公財)仙台市市民文化事業団
●協 力:コトバ事務所