タナランブログ

<< 佐々木健“ Wear a second skin without foundation“ | TOP | THE6 GALLERY PROJECT - 3 >>

企画展|翁 譲 −ひとつひとつの物たち−

2019.01.16 Wednesday | ギャラリー情報

A4_ 翁譲展 1mini.jpg


翁 譲
−ひとつひとつの物たち−

3.11は、日本国民のみならず、世界の人々の何かを変える大きな出来事だった。
私自身にとっても、60年余りの作家生活を支えてきた様々なことを、根底からひっくり返され、押し流されてしまったと言っても過言ではない。
大自然が起こした想像も出来ない悲劇。
この事をどのように考え、何をなすべきかが全く自分の頭から生まれ出てこない。
もうとにかく動くしかない。行動をしていく中で何か自分の方向性が見えてくるのではないか、彫刻家としてとか、アーティストとしてとか言っているときでは無く、まず人として何をすべきか、自分のできる事は何か、と家族や友人たちと共に様々な試みをしてきた。
その一つが仙台の実家を助けに行くことだった。
4日目に仙台へ、そして他の被災地にも自らの身を置くために荒浜、閖上などにも向かう。
自分の足で歩き、目で見、手で触り、匂いに包まれる。
その後も時期を変えながら、いろいろな町を訪れた。
すると、その土地土地の浜や、町だった場にあった物たちが私に言葉を投げかけてきた。
誘われるようにそれを手に取り持ち帰る。
そしてその物たちが、私の表現する記憶を呼び覚ましてくれた。
そうして数点の作品が生まれた。

ターンアラウンドの場を得、この作品たちが人々の中からどんな言葉や心を探し出せるかに立ち会い、考える12日間になるだろう。

2018年12月17日
翁 譲



研生英午(みがき えいご)text
クリックしてください↓
荒らぶる水霊(みづち)研生英午web.pdf


■会期
 2019年2月26日(火)−3月10日(日) 月曜休廊
 11:00-19:30、日曜-17:00まで 入場無料

■会場
 Gallery TURNAROUND
 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
 地下鉄東西線大町西公園駅より徒歩5分


■会期中イベント

 『小野越郎 津軽三味線コンサート〜巡る音〜』

 2019年3月5日(火)17:30-18:30 
 入場無料/定員28名/要予約 
 ご予約は下記までメール又はお電話ください
 info@turn-around.jp、022-398-6413(月休)
 
小野 越郎[おの えつろう] 津軽三味線 演奏家

秋田県出身。18歳より津軽三味線を山田千里師に師事し、本場青森県は弘前にて修行を積む。秋田県を拠点にする「劇団わらび座」の三味線奏者として数々の作品で国内・海外公演に参加。舞台作品の作曲・編曲にも携わる。その後独立し宮城県白石市に拠点を移し、伝統曲・自作曲を織り交ぜたソロ演奏の他、日本各地の芸能を基に新たな舞台作品を創作するグループ「和力」や、和楽器奏者の木村俊介氏との笛と津軽三味線によるDUOなど様々に活動。また世界的な民族音楽フェスティバル「WOMAD」(イギリス・オーストラリア・ニュージーランド)や「WOMEX11」(デンマーク)「Rainforest World Music Festival」(マレーシア)などをはじめ世界20ヶ国以上の音楽祭などに招聘出演し好評を得る。津軽三味線の持つ力強さや独特のリズム・音色の多彩さを基に独自の表現を求めて創作活動を続けている。
2014年ソロCD「九つの物語」をGreenfin Recordsよりリリース。



■作家経歴
翁 譲 [おきな ゆずる]

1947 彫刻家翁朝盛の二男として、宮城県に生まれる
1971 多摩美術大学彫刻科卒業
1988 宮城県芸術選奨受賞(1987年度)

[個展]

1973 にれの木画廊 (東京)
1975 村松画廊 (東京)
1980 村松画廊 (東京)
1982 鎌倉画廊 (東京)
1983 ギャラリー絵美詩 (岐阜)
1985 ビデオパフォーマンス サウンドファクトリー (東京)
   村松画廊 (東京)
1987 ビデオギャラリー 宮城県美術館
   ギャラリーQ (東京)
   宮城県美術館県民ギャラリー
1990 「デモンストレーション『木をきく』」宮城県美術館
2000 「木をきく−静かにそして静かに」CHIMENKANOYA (東京)
2001 「木をきく−静かにそして静かに」 芸館 (東京)
2003 「翁譲1971-2003 心にふれたいと思うことは」
   ギャラリーブリキ星 (東京)
2006 「心にふれたいと思うことは−22時25分」ちめんかのや (東京)
2009 翁 譲 − <1週間シャッターをあける>
   (埼玉県 杉戸町・宮代町)
2009 特別講演会「1週間シャッターをあける」仙台美術研究所(仙台)
2010 「水のみる夢」カルスタすぎとオープンギャラリー(埼玉県)
2011 翁譲の木のアクセサリー展(埼玉県 杉戸町)
2012 「一週間SARP」(仙台)
2012 「一週間荒町、南鍛冶町」(仙台)
2014 「こわれた訳」画廊・珈琲 zaroff (東京)
2018  翁譲「木の遊び」ギャルリーフロレゾン(東京 京橋)

[主なグループ展など]

1964 「第1回宮城県芸術祭 選抜美術展覧会彫塑・工芸展」丸光
   (仙台/以降毎年出品、'73年芸術祭賞など)
1971 「第2回現代国際彫刻展」箱根彫刻の森美術館
1972 「6人展」村松画廊 (東京)
1974 「2人展」紀伊国屋画廊 (東京)
1975 「6人展」神奈川県民ギャラリー
1976 「第12回現代日本美術展」東京都美術館、京都市美術館
1982 「第14回日本国際美術展」東京都美術館、京都市美術館
1983 「現代のリアリズム展」埼玉県立近代美術館
1984 「彫刻3人展」宮城県美術館県民ギャラリー
1986 「世田谷美術館所蔵作品展」世田谷美術館
1989 「世田谷美術展'88」世田谷美術館
  「美術の国の人形たち」宮城県美術館
1992 「みちのくの造形供歐佑里たち」宮城県美術館
1993 「開館記念展」相生森林美術館(相生町/徳島)
1999 「みやぎ秀作美術展1999」せんだいメディアテークほか
   (以降2001年、'04年、'07年選出)
2007 「アートみやぎ2007」宮城県美術館
2008 「もうひとつのページェント展vol.1」ギャラリーsenbi(仙台)
2009 「6人展ふたたび−since1975−」画廊るたん(東京)
2009 「分岐点」栗橋町いきいき活動センターしずか館(埼玉県)
2009 「もうひとつのページェント展vol.2」ギャラリーsenbi(仙台)
2010 「竹のアート 2010」(埼玉県 宮代町)
2010 「もうひとつのページェント展vol.3」ギャラリーsenbi(仙台)
2011 「東日本大震災チャリティーアート選抜作家展」
                 ギャラリーsenbi(仙台)
2012 石巻復興応援イベント「一週間岸本家」
            アートチャリティー展(埼玉県 幸手市)
2013 「第一回鹿首展」 [] 10月 ギャラリー zone (東京 代々木上原)
           [] 12月 画廊・珈琲 zaroff (東京 初台)
2014 「第二回鹿首展」アノニムギャラリー(茅野市)
2016 「第三回鹿首展」丸多田中屋(諏訪市)
2017 「幸手アートさんぽ展」(埼玉県 幸手市)
2017 「10人の彫刻家」始弘画廊(東京 青山) 
2018 「幸手アートさんぽ」 (埼玉県 幸手市)

[空間演出]

1975 第14回現代舞踊協会新鋭中堅公演 <現代舞踊>
   「野坂公夫『砂丘』(虎ノ門ホール/東京)
1977 第16回現代舞踊協会新鋭中堅公演 <現代舞踊>
   「野坂公夫『丘の枯れ木を見ていただけよ』」
    (虎ノ門ホール/東京)
1982 加藤みや子ダンススペース25周年記念公演 <現代舞踊>
   「加藤みや子『白い壁の家』」(調布グリーンホール/東京)
1989 現代舞踊協会新鋭中堅公演 <現代舞踊>
   「秋谷ひとみ『花鎮め』」(虎ノ門ホール/東京)
1992 加藤みや子ダンススペース公演 <現代舞踊>
   「加藤みや子『白い壁の家』全編初演(青山円形劇場/東京)
1993 加藤みや子ダンススペース公演 <現代舞踊>
   「加藤みや子『白い壁の家』改定再演」(草月ホール/東京)
1994 FREE PACKAGE vol.4 <現代舞踊>
   「北野啓子『皮膚下のうす笑い』」(俳優座/東京)
1995 加藤みや子ダンススペース公演 <現代舞踊>
   「加藤みや子『イエルマ』」(スペース・ゼロ/東京)
1996 加藤みや子ダンススペース公演 <現代舞踊>
   「加藤みや子『イエルマ vol.2』」(青山円形劇場/東京)
1996 ルナの会プロデュース公演 <演劇>
   「ルナの会『Chieko』 『バーサよりよろしく』」
    (CHIMENKANOYA/東京)
1998 HOT HEAD WORKS 1998 <コラボレーション>
   「翁譲・深谷正子・田口敏子 『7月27日砧公園晴れ』」
   (アネックス仙川ファクトリー/東京)
1999 ジァンジァン企画公演 
   「宮下恵美子・アベレイ 音響詩『少年は石を拾った』」
   (渋谷ジァンジァン/東京)
2003 tatopani 内野敦子 FASHION SHOW
   『あたたかい水』(そば処 ゆう/東京)
2006 第1回 ACKid 2006 <コラボレーション>
   「翁 譲・斉藤直子・田口敏子」
   (キッド・アイラック・アート・ホール/東京)
2006 畦地's ダンスパフォーマンス <コラボレーション>
    畦地 真奈加・畦地 亜耶加 (ちめんかのや/東京)
2007 アートみやぎ2007
 <アーティスト・トーク+ダンス・パフォーマンス>
     翁譲(彫刻)・遠藤 豊(ダンス)・熊地勇太(音楽)
    (宮城県美術館)
2008 第3回 ACKid 2008 <コラボレーション>
   「翁 譲・遠藤 豊・熊地勇太」
   (キッド・アイラック・アート・ホール/東京)
2009 翁 譲−<1週間シャッターをあける> 同時企画
「きよじ屋書店朗読会」 翁 譲 (彫刻)・佐藤 昇 (朗読)
(きよじ屋書店 / 埼玉県杉戸町)
2010 「七夕朗読会」(弥生湯 / 埼玉県杉戸町)
2010 竹のアート 2010「鎮守の森朗読コンサート」(埼玉県 宮代町)
2011 東日本大震災被災者義援コンサート「めぐる春日」(埼玉県 宮代町)
2011 「七夕朗読会」(埼玉県 杉戸町)
2012 石巻復興応援イベント
   「いつかきっと石巻 in 幸手」
「一週間岸本家」
    アートチャリティー展・朗読会(埼玉県 幸手市)
2012 幸洋堂朗読会(仙台)
2013 畦地拓治WAVE展 (BankART Studio NYK/横浜)
2013 第一回鹿首展
   [] 10月 ギャラリー zone (東京 代々木上原)
   [] 12月 画廊・珈琲 zaroff (東京 初台)
2014 「第二回鹿首展」アノニムギャラリー(茅野市)
2016 「ベストプレイス第10回記念公演」さいたま芸術劇場小ホール(さいたま市)
2016 「第三回鹿首展」丸多田中屋(諏訪市)
2017 「幸手アートさんぽ展―鎮守の森の宴」(埼玉県幸手市)
2018 「第12回ベストプレイスダンスパフォーマンス」
    さいたま芸術劇場小ホール(さいたま市) 

[パブリック・コレクション]

宮城県美術館「ビデオ作品『WALK』」
世田谷美術館「彫刻作品『羽化羽化』」「ビデオ作品『WALK』」
相生美術館「彫刻作品『木をきく−機戞
せんだいメディアテーク「ビデオ作品『WALK』」


はがれ落ちる心にふれることは mini.jpg
「はがれ落ちる心にふれることは」
2005年作/木・鉄
<2018「幸手アートさんぽ」>成田金物店/幸手市


フライヤーA4
クリックしてください↓

A4_ 翁譲展 表.jpg

A4_ 翁譲展 裏.jpg