タナランブログ

<< 企画展|青野文昭 個展「次から次へと、、、、」 | TOP | 大晦日生配信!仙台フォーラスevenから生電話 >>

仙台藝術舎/creek オンライン特別講義のご案内

2021.12.15 Wednesday | お知らせ

TURNAROUNDで企画展開催中の青野文昭氏によるcreek特別篇です。

creek2021特別篇m.jpg

仙台藝術舎/creek
2021.12.22 オンライン特別講義
塾生募集中


仙台藝術舎/creekは、次世代のアーティストやアートに携わる人材を育成する学校です。2016年から始まり、毎期約10か月に渡り、美術家、美術批評家、キュレーターや、他県からの特別講師を迎え、講義やワークショップを実施しました。2020年、2021年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響から休校中でしたが、2022年の再開に向けて、今回オンラインによる特別講義を行います。


仙台藝術舎/creek
青野文昭特別講義 「いま、あらためて”修復”」
オンライン開催《予約者のみ/前日までにURLをお送りします》

〇 日 時 : 2021年12月22日水曜 20:30〜22:30予定 
〇 定 員 : 20名程度   
〇 対 象 : 美術に関心のある方
〇 受講料 : 無料
〇 締切日 : 12/20月曜 23時
 
・講義はZoomウェビナーを使用。PC等各自の端末から参加となります。
 (接続に関する問い合わせは受けておりませんのでご了承ください)
・講義最後に質疑の時間を設ける予定です。
・講義は録画し、仙台藝術舎/creekでアーカイブ、来年以降の活動で活用
する場合もございます。
・受講者による録音、録画等は禁止します。

〇 お申し込み方法(先着順)
〔樵亜´年齢と差し支えなければ職業 
メールアドレス づ渡暖峭罅
コ萋偉髻過去作などの資料(特にない方はその旨記載してください)
参加動機 У鐔暫楼
以上を下記フォーム、またはメールでお申し込みください。
▶フォーム→ https://forms.gle/Z2TTSUoHeysPAAKA6 
▶アドレス→ info*turn-around.jp(*を@に)

〇 講 師 : 青野文昭 美術家
仙台で制作活動を続けてきた自身(青野文昭)のこれまでの思索(「表現のみち・おく」)を一つのテキストとしつつ、古今東西の表現、日本列島の特性、問題点などをより広くかつ掘り下げていく。
現在それぞれが生活している風土・現実、および自らの観点において、物事や作品を見、考え、あるいは何らかの表現・作品を生み出していけるような、各自の土壌、意欲を育くむ。
予習▶http://www1.odn.ne.jp/aono-fumiaki/ 内の「表現のみち・おく Theory」

□青野文昭(あおの・ふみあき)
1968年宮城県仙台市生まれ。90年代から「修復」をテーマに、空き地や海岸などに捨てられたものを収拾して、その欠損部分を「なおす・修復する」というスタイルで制作・発表を続けている。主な展覧会に、「ヨコハマトリエンナーレ2020 AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」横浜美術館、「青野文昭 ものの,ねむり,越路山,こえ」2019・せんだいメディアテーク(宮城)、「六本木クロッシング2019-つないでみる」森美術館(東京)、「コンサベーション_ピース_ここからむこうへ part A 青野文昭展」2017・武蔵野市立吉祥寺美術館(東京)、「いま、被災地から−岩手・宮城・福島と震災復興−」2016・東京藝術大学美術館、「あいちトリエンナーレ2013」愛知県立美術館など。パブリックコレクションに、宮城県美術館、愛知県美術館、金沢21世紀美術館、リアス・アーク美術館など。2005年、宮城県芸術選奨(彫刻)、2015年、第26回タカシマヤ美術賞受賞。

◉開催中ー青野文昭個展「次から次へと、、、、」
 2021.12.14〜26 @Gallery TURNAROUND
http://turn-around.jp/sb/log/eid842.html


creek202112

お問い合わせ:仙台藝術舎/creek 事務局
〒980-0805 仙台市青葉区大手町6-22 久光ビル1階 ターンアラウンド内
mail : info*turn-around.jp *を@に
tel : 022-398-6413(月休)
Facebook : https://www.facebook.com/sendai.creek/

主催:仙台藝術舎/creek、TURNAROUND
助成:(公財)仙台市市民文化事業団