タナランブログ

<< EVENT『アートと、仙台のまちのこれから』 -ポストコロナ時代の、東北における仙台の新しい可能性を考える @旧ホテルパーク仙台 リノベーション工事現場内 | TOP | 第12回 ナカジマノブヤ展「グランドオープン」 >>

宛先のない作用 #0:ダイガクにねむるモノにまつわるゲイジュツ展

2020.09.28 Monday | お知らせ

ご案内|仙台フォーラス 7Fギャラリー

フライヤー mjpg.jpg

宛先のない作用 #0:ダイガクにねむるモノにまつわるゲイジュツ 展

□出展作家
 石倉美萌菜 菊池聡太朗 白鳥大樹 SAYAKA 高村拓弥 田村光平
 千葉大 南城拓哉 二宮雄大 Mio 吉田愛美 東北大学五十嵐太郎研究室

□企画監修
 五十嵐太郎 加藤諭 関本欣哉 田村光平 土岐文乃

□会期
 2020.10.01thu-10.12mon 10:00~20:00 無休

□会場
 SENDAI FORUS 7F / TURN ANOTHER ROUND(アナラン)
 仙台市青葉区一番町3-11-15
 アナランInstagram|turn_another_round


ダイガクという場所にはさまざまなモノが眠っている。すいぶん昔に掘り起こされた縄文時代の器。人間よりもはるか昔に生きていた生物の痕跡。地球の内部、時には宇宙からさえもたらされる結晶物質。無関係にみえるそのモノたちは、かなり長い時間をかけて互いに影響しあいながら共存している。それらと出会ったわたしたちは、はっきりとはわからない何かを受け取った。どこの誰に向けられたわけでもない影響をおよぼす力。わたしたちもその一部になれるだろうか。

東北大学五十嵐太郎研究室および東北大学学際科学フロンティア研究所は、学術資料および資料が属する学術領野への新規視点の創出を目的として、学術資料の新たな見方を創造し、その見方を紹介するプロジェクトを実施しています。本展はその一環として、Gallery TURNAROUND が主催する芸術学校〈仙台藝術舎 /creek〉とコラボレーションした成果です。〈仙台藝術舎 /creek〉受講生が東北大学所蔵の様々な学術資料に閃きを得て制作した作品をお楽しみください。


五十嵐太郎研究室 web https://igarashi-lab.tumblr.com/

□主催
 東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻 
 東北大学学際科学フロンティア研究所
 仙台藝術舎 /creek
□協力
 市川紘司 大山幹成 菅野智則 黒柳あずみ 長瀬敏郎 藤澤敦 
 東北大学自然史標本館 東北大学植物園 東北大学史料館
□展示協力
 一色智仁 石田大起 石原拓実 菊池奈々 盒橋
□助成
 (公財)仙台市市民文化事業団
□本展お問合せ
 東北大学学際科学フロンティア研究所(担当:田村)
 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-3 mail:kohei.tamura*tohoku.ac.jp(*を@に)

*本展示は東北大学学際科学フロンティア研究所領域創成プログラムおよびJSPS科研費JP19H04410の研究助成によるものです。

東北大学web
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2020/10/event20201002-01.html
東北大学学際科学フロンティア研究所web
http://www.fris.tohoku.ac.jp/feature/study_group_info/detail---id-816.html


〇仙台藝術舎/creekは、次世代のアーティストやアートに携わる人を育てる学校です。10か月に渡り、美術家、美術批評家、キュレーターや、他県からの特別講師を迎え、講義やワークショップを実施しています。
本展には4期メンバーが参加。5期は新型コロナウイルス感染症の影響により開講を見合わせていますが、準備が出来次第ご案内いたします。
http://sg-creek.jp/

仙台フォーラス7階ギャラリースペース TURN ANOTHER ROUND(アナラン) と 仙台藝術舎/creek についてのお問い合わせは Gallery TURNAROUND まで。
Gallery TURNAROUND
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル mail:info*turn-around.jp(*を@に)
Tel:022-398-6413