タナランブログ

<< コンテンポラリー 仙台湾(仙台湾=仙台+台湾) | TOP | アートノード・TALK 「Bio-diversity 〜食べたり食べられたり〜 」 >>

増子静展「辰夜の翡翠の香り 風の化身〜レクイエムは子守り歌」

2019.08.29 Thursday | ギャラリー情報

増子静展1m.jpg


増子静展
辰夜の翡翠の香り 風の化身〜レクイエムは子守り歌


2019.10.8 tue ~ 10.13 sun
11:00-19:30、日曜-17:00

Gallery TURNAROUND
仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1F
地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分

『幻蝶の踊り』出演:守田幻蝶
10.12(土)pm4:00 入場無料


守田幻蝶(舞踏)
守田法子(アニメーション)
アニメーション/平面/立体/ニット/舞踏

1961年2月生まれ。宮城県出身。
現在は娘と長野、諏訪在住。

1980年より、アニメーション制作を始める。13作品あり。クレヨン、版画、ガッシュ、切り紙等、様々な画材で制作している。
ミュージシャン、映像作家、造形作家と様々な形態の表現とクロスオーバーしつつ、ギャラリー、イベント、野外、ライヴハウス等で全国各地で活動している。
1984年より、舞踏を始める。石井満隆、大野一雄に師事。
現在は、からだと意識の調整をしつつ、庭仕事、つぶつぶ雑穀料理にはまりつつ、細々とアニメーション制作中。

代表作『女郎花抄』、『プチプチアニメ』、『ハスの妖精 ぼにょぼにょ』、『連句アニメーション 冬の日』に参加。

2001年、イギリス、ロンドンの教会で、アニメーションとダンスのコラボレーションに参加する。
2003年、東京、鷹の台にあった松明堂ギャラリーにて「やみ から ひかり 守田法子展」開催。
2006年、フランス、クレモンドフェランドのビデオフォーラムに、舞踏で参加。
2012年、ポルトガル、リスボン、MONNSUTRA ANIMATED FILM FESTIVAL で、アニメーション上映、舞踏で参加。



増子 静(ますこ・しずか)
宮城県出身、在住。
1980年代より美術作品の制作、発表をはじめる。

[個展]
1987−「ミルクの海から蓮の華がうまれて」/仙台 ラ・メール
1988−「光の麻しんドローイング」/仙台 フォーラスギャラリープリズム
2002−ガラスの骨〜大気に吸われていく夕闇 /東京表参道 Galerie 412
2009−枯葉曼荼羅華展 /仙台 アートスペース宙
2013−晨星の深夜の蜃気楼〜煙人との会話2 一瞬と永遠/仙台 Gallery TURNAROUND
2015−オルフィニウムの花粉〜煙人との会話3 黄泉がえり/仙台 Gallery TURNAROUND
2017−Jadeite Jade Series〜the Milky Way  Galaxy dance/仙台 Gallery TURNAROUND

その他グループ展多数参加


増子静展B4二つ折裏.jpg

増子静展B4二つ折表.jpg
チラシ:B4二つ折り