タナランブログ

<< 工藤夏海 個展 『世の中グラデーション』 | TOP | 本を、つくってみた -アーティストブックの制作と展示- 追加情報 >>

「後藤徹光 ボールペン画展」

2017.12.24 Sunday | ギャラリー情報

「後藤徹光 ボールペン画展」
絵柄面2-2.jpg

私は日々、この現代社会がどのように成り立っているのかを、足りない頭で考えながら過ごしてきました。
そうした生活の中で、一見無関係のように思える自身の体調や、様々な人たちとの関わり合いが、巨大で複雑なこの社会の縮図だと思い至ったのです。

個人的で身近な実感こそが、実は個人では捉えきれない普遍的事象を理解させてくれる一旦になるのではないかと、心動かされました。

私たちの基礎となる人体は、複雑な現代社会と同じように緻密に成り立っています。この相対的な視点を捉える手段として、私はボールペンを選びました。
文字を伝達し文化を発展させてきた筆記具の中でも、とりわけボールペンは1940年代以降に浸透した現代社会における日常的道具です。
ひとつをかたちづくるのに時間を要してしまう線と線の表現は、不器用に絡み合いながら歩み続ける社会の過程と重なっているのではないでしょうか。


(後藤徹光「無題10」ボールペン/1030×728弌



会期|2018年2月13日(火)-18日(日)
   11:00-20:00、日曜-18:00 入場無料
会場|GalleryTURNAROUND
   仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階
   地下鉄東西線「大町西公園駅」〜徒歩5分


後藤 徹光 GOTO AKIMITSU
1988 山形県山寺生まれ
2011 山形大学地域教育文化学部造形芸術コース卒業
現在神奈川県在住



絵柄面3-2.jpg
宛名面2.jpg