タナランブログ

<< THE6 GALLERY PROJECT - 14 浅倉 伸 | TOP | 増子 静 展  闇と闇を重ねて、 銀粉の煌めくぼんやりとした光の声 >>

「こころの声を纏う」阿部由布子×田村萌絵

2021.04.01 Thursday | ギャラリー情報

写真面m.jpg

「こころの声を纏う」
阿部由布子×田村萌絵

2021.4.27火曜〜5.2日曜
11:00~19:30、日曜~17:00迄

Gallery TURNAROUND
980-0805 仙台市青葉区大手町6-22久光ビル1階


あなたの「震災にまつわる想い」を聞かせてください
-
 このところ「東日本大震災の発生から10年の節目をむかえる」といったフレーズをよく耳にしますが、ひとの抱く「想い」は本来、数的に測ったり、一様に区切りがつけられるものではありません。報道が減り、被災地に対する社会的関心が薄れた現在、外側から突きつけられる「節目」を前に、心に秘めて来た「想い」を語ることを躊躇ったり、吐露する機会を逸して苦しんでいる方がいるかもしれない......そうした個々人の「想い」や付随する感情について、想像をめぐらせ共有しようとする優しさが、この社会には足りていないように感じられます。

 あなたが飲みこんできた「震災にまつわる想い」、だれかと共有したかった、かなしみ、怒り、喜びを、いま、ここに明かしてくださいませんか?

 ひとの心に秘められたエピソードを感情とともに読み取り、アート作品として発表する活動を続けてきた阿部由布子と田村萌絵は、いま、あらためて「震災にまつわる想い」を募るプロジェクトに取り組んでいます。「想い」はデータとして記録することが難しい対象ですが、実は他者の共感を力強く呼び込むことのできる、可能性に富んだ情報源でもあります。マスメディアが取り上げるようなスペクタクルだけが震災の事実ではありません。震災と向き合った「ひとりひとりの想い」の全体像こそ、次代に引き継がれるべき記憶であると私たちは考えています。
 下記サイトよりご回答いただいた内容をもとに制作した作品は、今回の仙台展を皮切りに、各地で発表して行く予定です。回答締め切りは設けていません。

https://j.mp/3bKaVKS


阿部由布子:キュレーター/メディアアーティスト。宮城県仙台市に生まれ、塩竈市で育つ。2013年より秋田公立美術大学美術学部助教。
田村萌絵:造形作家。秋田県秋田市出身。2020年秋田公立美術大学美術学部卒業。


DM
宛名面.jpg
写真面.jpg


※感染症対策として、マスクの着用・消毒・換気・混雑時の入場制限などを行っております。ご協力をお願いします。
※芳名帳または芳名カードを利用してのご記帳をお願いします。
※体調の優れない方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、本展内容に変更が生じる場合もございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。